テーマ:原発

飯田哲也さんの脱原発後の環境エネルギー問題を考える講演会

 夜は、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんの講演会に参加しました。テーマは「3.11後のエネルギー戦略~地域からのエネルギーデモクラシーを」というものです。  原発ゼロの社会をめざすという時、「代替エネルギーはどうするのか」という問題が提起されますが、持続可能なエネルギー政策として、大型のものを一気に独占的に、上から作るという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11.13さよなら原発 1万5千人集会のメディア報道

 予想を上回る1万5千人の参加で大きく成功した「さよなら原発!福岡1万人集会」を、メディアはどう報じたでしょうか。  まず、当日は夕方6時台にKBCや、TNC、NHKのローカルで報じていたようですが、私は直接見ることはできませんでした。NHK福岡の8時台で映るかと思いましたが、そこでの放映はありませんでした。  翌日は新聞休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら原発福岡集会に1万5千人!

 福島の原発災害を教訓に、二度とふたたび原発事故の悲劇を繰り返さないために、原発ゼロの社会をめざし、世論を広げようという「さよなら原発!福岡1万人集会」が、福岡市舞鶴公園でひらかれ、想定を上回る1万5千人が九州各地から集結しました。  私も佐賀県の東部地域からの参加者42名をのせたバスの責任者として、行ってまいりました。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島農産物の測定データ

明日の「さよなら原発 福岡1万人集会」の出店で扱う福島のリンゴやお米については、放射能測定のデータをつけた方がいいだろう、ということで、福島県農民連から測定データを取り寄せて、テントで掲示することにしています。 今日、そのデータを送っていただきました。 農民連は独自に食品分析センターを持っていて、お米は会津・喜多方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島からの農産物とどく!~「さよなら原発 福岡1万人集会」にむけ

 こんどの日曜日に福岡市舞鶴公園で行われる「さよなら原発1万人集会」で、私たちの事務所でもテントを出します。  そこで原発ゼログッズとともに、福島の農産物を支援の意味で取り扱うことにしました。りんご、キャンペーン米、甘酒、こがね餅、大豆の会の醤油などを取り寄せることにしていたのが、今日、事務所に届きました。  朝のうちに第一…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新婦人の学習交流会で原発問題をまなぶ

 今日は新日本婦人の会佐賀支部の学習交流会が歴史民俗館の旧古賀家住宅で行われました。ふだんはひなまつりをはじめとしたイベントでお馴染みの場所ですが、ここで学習交流会というのは風情のあることでした。  午前中は弁護士・東島浩幸さんによる原発問題の学習会。主に「なくそう原発!九州玄海訴訟」の取り組みについて、その意義を、原発の持つ異質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原発なくそう!九州玄海訴訟」市民集会

 午後から「原発なくそう!九州玄海訴訟」市民集会がひらかれ、急な提起にもかかわらず佐賀県駅北館の300人入る会場いっぱいの参加者が集まりました。  低線量放射線内部被曝の影響について、長崎大学環境科学部の戸田清教授による講演がありましたが、あいにくビデオ出演だったため、音声が聴き取りにくい部分もありました。  福島からの報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発をめざす女たちの会

 今日、脱原発の市民運動を取り組んでいる知人から、「脱原発をめざす女たちの会」が発足したので、ぜひ広げてほしい、とのメールが届きました。  「脱原発」の一点で一致する女性の方ならどなたでも加わっていただけるようです。11月23日に東京でキックオフ集会が行われるそうです。  賛同人も募られています。  詳しくは、同会のホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11.13 さよなら原発!福岡1万人集会へ準備スタート!

 9月19日の東京・明治公園での「さようなら原発集会」は5万人目標にたいして全国から6万人が集まり、さすがのメディアも無視できない動きとなりました。これらの動きを、各地で草の根から広げよう、との呼びかけがあっていましたが、いよいよ九州でも福岡で1万人集会が従来のさまざまな団体の枠を超えた形で行われることになったようです。  すでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発での緊急援助活動にみる~原子力防災講演会

 今日は朝9時から昼まで共産党の地区常任委員会をひらき、昼休みを活用してある職場でミニ懇談会、そのままの流れで昼食抜きで唐津に移動しました。3時から唐津市文化体育館ホールでひらかれる、東京消防庁の装備部長・小室憲彦氏を迎えた原子力防災講演会(佐賀県消防長会主催)に参加するためです。結局、出発が遅れたために30分ほど遅れての参加となりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄海町の岸本町長が市民団体のインタビューに80分、大いに語る!

 玄海原発の立地自治体である玄海町の岸本町長が、原発に反対する福岡の市民団体の要請を受け、町長室で独占インタビューに応えています。  当初1時間程度の予定だったようですが、大幅に超えて80分となっています。  カメラを構えているにも関わらず、意外にざっくばらんで、原発に対する認識、町民の意識などについてもけっこう率直に語って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9・19 さようなら原発集会~呼びかけ人らの訴え

待ちかねていた動画がアップされました。 行きたくても行けなかった「9・19さようなら原発集会」での、鎌田慧さん、大江健三郎さん、内橋克人さん、落合恵子さん、澤地久枝さんら集会の呼びかけ人、ドイツから参加した国連環境NGO団体のフーベルト・ワイガーさん、俳優の山本太郎さん、ハイロアクション福島原発の武藤類子さんら8人の訴えをじっくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9・19 さよなら原発6万人アクションに山本太郎さんジョイント

一昨日の東京での「さよなら原発6万人アクション」のデモ行進に、沿道から激励していた俳優の山本太郎さんも参加。 神奈川のパレード隊列の先頭に立って、明るいうちから暗くなるまでマイクも握りながら歩いておられたようです。 やむにやまれぬ気持ちで立ち上がった6万人の思いが、しっかり伝わってくる映像です。 http://www.yo…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昨日のさよなら原発アクションの報道記事

昨日の明治公園でのさよなら原発アクションのをどう報道しているか、見てみました。 しんぶん赤旗は当然、一面トップで6万人と報じ、志位委員長や市田書記局長も一参加者として参加していたことも報じられていました。 地元の佐賀新聞はといえば、これまた一面の真ん中に航空写真で6万人の様子を報じ、2面で大江健三郎さんらのデモ行進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら原発!5万人集会に6万人が集結!

東京・明治公園で開かれた「さよなら原発!5万人集会」には、6万人が集結! さすがのNHKも無視できずに、6時のニュースで呼び掛け人の大江健三郎さんらの訴えやデモの様子を取り上げました。 3ルートに分かれたデモは、まだ6時過ぎでも明治通りを歩いているようです。 「原発とめろ」「放射能はいらない」「どこにもいらない」「今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀県革新懇が原発撤退ポスター

佐賀県革新懇が、独自に原発撤退ポスターをつくりました。 これは、10月15日に予定されている全国革新懇の九州ブロック交流会が佐賀で開かれるのにあわせて、幅広い団体・個人に原発からの撤退に向けた共同をよびかける目的でつくられたものです。 玄海原発を背景にして、小さな子ども2人がの笑顔が印象的なポスターです。子どもたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「9,17原発から撤退しゅう会」に500名

 3時から佐賀市民会館で開かれた「9,17原発から撤退しゅう会」には、500名が参加し「原発ゼロの日本へ、佐賀へ」の思いを固めあいました。  私は受付で1時間前から会場にいたのですが、赤ちゃん連れの若いご夫婦から学生さん、年配の方まで、幅ひろい方たちがお見えになっていました。    今日の集会の実行委員長である河西龍太郎弁護士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発止めよう!ウォーキングとトーク集会

3時半から、原発止めよう!のテーマでウォーキングとトーク集会があり、私も途中から自転車をひいて参加しました。 ウォーキングしながら「原発いらない」「電気は足りてる!」「玄海止めよう!」「子どもを守ろう!」「ここから変えよう!」「佐賀から変えよう!」「みんなで学ぼう!」「未来につなごう!」という短いフレーズを繰り返しながら、ギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発めぐり、志位和夫委員長と福島瑞穂党首が対談~毎日新聞

 8月25日付の毎日新聞の特集記事で、脱原発「老舗の党」である日本共産党の志位和夫委員長と社民党の福島瑞穂党首が、その本気度を競いつつ共同をさぐっての対談をしています。  憲法9条を守る運動や原水爆禁止の運動もふくめて、「そろそろ大同団結した方がいいのでは」「同じことをめざしているならもっと協力して、運動を大きくしたほうがいい」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古川知事が九電の「やらせメール」誘発の発言の中で、県議へのはたらきかけも示唆

 古川知事と九電の3役が会談した際に、自民党系県会議員への働きかけまで示唆していたことが明らかになりました。  これは雑誌「アエラ」の取材の中で、6月21日の会談のときのやり取りをまとめて、「やらせメール」に添付したという「内部メモ」を入手したことによるものです。この内容が本当ならば、知事の政治責任は極めて重いものがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8・5古川知事への抗議行動~デモ行進とリレートークのご案内

 古川知事の九電「やらせ」誘発発言問題への抗議をこめた脱原発アクションが行われますので、ご案内いたします。  ◆ 8月5日 午後5時 玉屋前集合  ◆ デモ行進  玉屋前→中央郵便局前→県立図書館西→県庁南→県議会棟西→県庁北  ◆ リレートーク  県庁北のくすかぜ広場に移動してリレートーク  連絡先  佐賀県原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電関連会社元社員が「世論操作」の実態を告発

「やらせメール」をはじめとする原発推進の世論操作が、電力会社や政府、自治体首長、さらにはメディアの一部までグルになって進められてきたことが、いま明らかにされてきました。 民主主義があってないような日本だったということを痛感するようなできごとです。 これを黙って見過ごしていいのでしょうか。 http://www.youtub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「九電やらせメール」誘発で古川知事への抗議の宣伝行動

 玄海原発をめぐる九電の「やらせメール」問題で、その発端に九電の幹部と古川知事の会談が絡んでいたこと、知事が原発容認の意見も反映できるように、と語っていたことについて、多くの人々が驚き呆れ、怒っています。  共産党の事務所にも、「こんなことは許せない、ぜひ、知事を追及してほしい」などの電話が寄せられています。  そんななかで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何が何だか…「やらせ」放題!!

中部電力に「やらせ」を指示していたのが原子力安全保安院だったというのに驚いていたら、なんとなんと、九電に「原発反対の意見ばかりになるといけないので、必要だと考えている経済界などの声も反映させて」と賛成意見を組織するような要請をしていたのが、古川知事だったというニュースには、メガトン級に驚きました! 6月26日の例の県民説明会…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

緊急シンポジウム「玄海原発は『安全』か?」

緊急シンポジウム「玄海原発は『安全』か?」が6時半から生涯学習センター・アバンセで開かれました。 今日の講師は、東大名誉教授で金属工学専門の井野博満氏と、美浜の会代表の小山英之氏のお二人です。 今、問題になっている老朽化した玄海原発1号機の脆性遷移温度の高温の意味や、ストレステストの意味と課題などについて解明する話でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のしんぶん赤旗一面に昨日の緊急行動!

今日のしんぶん赤旗一面の下に、昨日の玄海原発2、3号機の再稼働阻止と1号機の廃炉を求める7・9緊急行動のパレードの写真が載っていました。 左の方で、黄色い風船を掲げながら黄色いシャツを着て歩く私の姿も小さく載っています(笑) 今日の赤旗は、九電のやらせメール問題がいくつもとりあげられています。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

玄海原発2、3号機の再稼働阻止と1号機の廃炉を求め、緊急行動

今朝は9時半から、新日本婦人の会佐賀支部の支部委員会で原発問題の学習会のチューターを務めたあと、佐賀駅南の街角広場で開かれている、「玄海原発2、3号機の再稼働阻止と1号機の廃炉を求める7・9緊急行動in佐賀」に駆けつけました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民がつくる玄海原発説明会

夜は、玄海原発の県主催による説明会が多久市中央公民館で行われているのに対抗して、市民団体と研究者により「住民がつくる玄海原発説明会」がメートプラザで開かれていたのに参加しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の新聞紙面

今朝の新聞のトップを飾ったのは、やはり玄海原発再稼働困難、という記事でした。 しんぶん赤旗と地元紙の佐賀新聞です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more