【議場にパネル出現!@佐賀市議会】

 今日の議会運営委員会で確認されたことですが、9月議会までは質問・発言中もマスクを着用していたところ、口元が見えにくいとか、マスクがずれたり息苦しいなどの意見もあったので、議長席をはじめ発言者がつくところにアクリルパネルを設置し、発言の時にはマスクを外してよい、ということになりました。


 議運が終わって、勉強会の会場に行くときに、ちょうど議場にアクリルパネルを設置するところでしたので、試しに議長席からの眺めや、一問一答の質問席に立っての雰囲気を体験してみました。
505E1D03-8EC7-4160-8176-5EB6F00493A9.jpeg
9CF724D5-B3FF-498A-8E56-4DFC1AFD39D9.jpeg
16FC536C-1885-4F64-9018-B03328381568.jpeg
05DF96B7-7C78-4163-815E-D7D27B9CF638.jpeg
9006EC5C-1F35-4A4C-B4C2-692DE95A47A9.jpeg

 質問席は、上背のある議員もおられるので、かなり高いパネルになっており、三方を囲まれると、自分の声が篭って跳ね返ってくる感じで、質問が相手に届いているのかしら…という気になりました。
1B69D285-29F5-4875-8412-47D214C33F3B.jpeg
4D683A18-29F8-444E-9301-32AB731C429B.jpeg
30B5503A-A6DF-454D-A69F-AF6EA12C24EA.jpeg

 また、答弁者も遠いところにいるような距離感を覚えます。写真を撮っても反射しそうだし、慣れるまでに時間がかかりそうです。


#佐賀市議会
#11月議会
#議場にアクリルパネル
#新型コロナ感染防止対策

【一般質問、市民共同・山下明子は12月9日3番目 質問項目を変更】

 今日は9時から議会運営委員会が開かれ、11月議会の議事日程が決定しました。

 それによると、会期は11月27日(金)から12月18日(金)までの22日間で、一般質問は12月2日(水)から11日(金)、常任委員会の審査・まとめを14、15日に行う予定です。


 議運のあと、一般質問の抽選が行われた結果、私・市民共同の山下明子は全体の23番目、12月9日(水)の3番目となりました。
EA617D49-0E05-4505-9B21-F3714B9B4123.jpeg

 また、質問順や項目についての変更・調整の結果、当初提出していた障がいの特性に応じたコミュニケーション利用推進条例については、現在取り組んでいる文教福祉委員会の所管事務調査の進み具合との関係もあり、今回は取り下げることとしました。

 代わりに、9月議会の決算審査のなかで議論になった保育行政のことを取り上げることとし、調整締め切り17時ギリギリに差し替えを届けました。


 他の議員の質問と重なった項目もありますが、順番が比較的後の方なので、答弁を聞きながら質問の角度を検討したいと思います。



<11月議会の一般質問項目>

1、子どもの健やかな成長を支える保育のために

2、重度心身障害者医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度の現物給付およびこども医療費助成制度の拡充を

3、中学校給食の選択制弁当方式を完全給食に

4、種子条例の制定について~地域の農業を守り安全な食を求める立場から


 今回は31名が質問通告しており、開会前に2日しかなく、土日を挟んで3日目には質問が始まるというタイトなスケジュールなので、担当課もバタバタしながら質問内容のヒアリングの日程調整に走っておられます。


#佐賀市議会
#議会運営委員会
#議事日程の協議
#一般質問
#市民共同

【期間限定!究極の佐賀の食材による佐賀牛塩ラーメン@サガチカ】

 夕方、所用で県庁に来たついでに、地下のカフェ「サガチカ」に寄ってみました、。


 実は、お昼抜きでいろいろとやっていたため、腹ぺこあおむしの状態になっておりまして、何か食事を、と思ったら、ランチタイムは14時半で終了。あきらめかけていたら、お店の方が「次は17時から、期間限定の佐賀ラーメンを提供できますよ」と。
AA80B7D6-90B8-4900-AC91-CD874DD4AABC.jpeg

 何でも、味のマルタイ60周年記念イベントで、24日〜27日までの4日間限定で、全ての食材を佐賀産にしたラーメンを有田焼の「究極のラーメン鉢」で食べられる、というものだそうで、時計を見たら16時50分。
29090F3D-6922-4C57-A320-C6B919F50EEF.jpeg

 期間限定初日というタイミングでここにいるのも、何かのお引き合わせでしょうから、せっかくの機会にこのラーメンをいただきました。


 牛塩ラーメン、スープ、チャーシュー、ネギ、キクラゲ、卵、海苔まですべて佐賀県産だそうで、なかなか美味しかったです。
A5AEA97D-934B-40BD-85C5-279AE4731D03.jpeg

#サガチカ
#期間限定
#究極の佐賀牛塩ラーメン
#有田焼究極のラーメン鉢

【一般質問の通告締め切り@佐賀市議会】

 9月議会がおわり、まだ先だと思っていたら、もう11月定例会が近づいてきました。 先週20日に議案が送付され、今日は一般質問の通告締め切りです。

 この間、いろいろな方にあったり、現場のご意見を伺ったりする中で、取り上げたい項目がたくさんあるのですが、今回は4項目提出しました。他の方と重なることも想定して「その他」を追加しています。

 質問通告は本日17時までで、明日9時から開かれる議会運営委員会で会期や日程が決定された後に質問の抽選が行われます。

 他の議員との関係で質問順番や質問項目を調整することもあり得ますが、それも含めて、明日の17時までに確定されます。

 <11月議会の一般質問項目>

1、障がい特性に応じたコミュニケーション条例の制定について

2、重度心身障害者医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度の現物給付およびこども医療費助成制度の拡充を

3、中学校給食の選択制弁当方式を完全給食に

4、種子条例の制定について~地域の農業と安全な食を求める立場から

5、その他
449F1ED0-A7BE-4FFC-8B51-C7564E786674.jpeg

#佐賀市議会
#11月定例会
#一般質問
#市民共同

【認めあい、支えあう社会づくり 多様性について語りあおう@ Let's さがすたいるトーク】

 今日は県庁地下のカフェスペース「サガチカ」で開かれた「 Let's さがすたいるトーク 多様性について語りあおう」という企画に参加しました。
AB0E3901-CC33-4730-B50D-055587C63926.jpeg

 これは、VRとヘッドフォンを使って、①認知症体験、②視覚障がい体験、③聴覚過敏、④LGBT体験、⑤多様性の体験をしながら、当事者の方たちの感覚や思いを疑似体験することで、多様性について語り合うというものです。
7DD2615F-3C41-499F-B1CD-42B535D20B66.jpeg
CB086073-395C-4556-91C8-BBB7F23201FC.jpeg
C6CCA6BE-C22A-46D3-B91F-EB8755B49F97.jpeg

 認知症というと、物忘れや同じ話の繰り返し、ということと同時に、「暴言を吐く」「怒りっぽくなる」「介護拒否」などの「状態」が語られることがよくあります。果たして、それは認知症の症状なのか、それとも置かれた状態に対する当事者の方の反応なのか…ということで、VRをつけてみたところ…ここから先はネタバレになるので詳しくは書きませんが、認知症の方がどう感じているかを疑似体験すると、拒否反応を示したくなる気持ちもよくわかりました。
2BE01BC5-1677-494C-8837-9DC3CD08277A.jpeg

 同じように、視覚や聴覚障害のひとつの症状を疑似体験することで、「あなただったら、周りの人にどういう風に接してほしいですか」と話し合いました。
CFB803A9-DD92-444F-A4C7-9C40A31CC5B1.jpeg
AA6A7E67-6CF4-4661-9468-608E4DA12B3B.jpeg

 LGBTについても、そのことを当事者が話せる雰囲気があるのか、信頼して話せる人がいるのか、というシチュエーションがVRで示されました。
E357389D-908F-46E0-AC4A-EA019927D6E5.jpeg
20B06AEC-B120-4163-9C0B-3F9E93BA944D.jpeg

 最後に、ある飲み会に参加した職場の同僚の会話が示され、実は、それぞれが家事や介護など、いろいろな事情や背景を持っているのだ、ということが後からわかるようになると、「多様性」というのは必ずしも少数者の話だけではない、ということが見えてきます。 


 これからの多様性はマイノリティだけの問題ではなく、イントラパーソナルダイバーシティ(ジブン ダイバーシティ)自分の中にもいろいろな特性、得意分野があるわけで、それぞれがみんなの一員である、ということ。
45EF6121-0F62-4AB4-8DA7-66A4F8E9B3BB.jpeg

 最後に示されたキーワードは「同じってうれしい。違うって楽しい。」。


 4時間近くにわたる充実のワークショップでした。
CDA72EBE-1FCF-46E9-AC49-E1D97314A769.jpeg
17D5AA17-FBDD-4F50-BC62-82FA7AF10CB8.jpeg
F9107C2C-C266-4604-8E49-A3045F05E629.jpeg

#さがすたいる
#レッツさがすたいるトーク
#多様性について考える
#VRで認知症体験
#サガチカ

【お知らせ〜共生社会の道を考える講演と対話のつどい@舩後靖彦参議院議員の秘書・蒔田備憲さんを迎えて】

 重度身障者当事者で史上初の国会議員がお二人誕生しましたが、その一人、ALS患者の舩後靖彦参議院議員の秘書をされている蒔田備憲さんは毎日新聞記者で、元佐賀支局に勤務されていました。

 その時に難病患者の方達の取材を重ねられ、毎日新聞佐賀県版で連載された記事をもとに「難病カルテ」という本も出版されています。
204769AB-9817-451E-9741-9C6279A73DB3.jpeg
EF7EEC77-E2DB-4498-AD15-8FA10546DFE3.jpeg

 以前、佐賀新聞の記者コラムに「県政記者室で一緒に仕事をしていた蒔田さんが秘書として舩後議員の発言を代読している姿をテレビで見た」というのがあったのですが、せっかく佐賀にゆかりのある方なので、「重度身障者の当事者が国会に行かれたことで、何が変わったのか、どう変えていけるのか」という共生社会に向けての話を聞きたい、とお願いしたところ快諾いただきました。

 年末の慌ただしい時期だと思いますが、よろしかったらぜひ、お越しくださいませ。

◆12月20日(日)10時〜  佐賀市・メートプラザ多目的ホール
◆資料代 300円


C69AD488-F4B1-4716-9086-00B1DCB02906.jpeg
1E375158-9A06-4681-82F7-35B2F879E441.jpeg

【佐賀のシェア旅@NHK「あさイチ」】

 今朝のNHK「あさイチ」の「みんなでシェア旅」コーナーで佐賀県が登場!
6358F268-349E-480F-BC9A-0B378B6C558E.jpeg

 時間の関係で最初の部分しか見られませんでしたが、FB友の井上さんご登場で神崎そうめんの「冬にこそ美味しい」というところでは「そうだそうだ!」と大賛成。


 神埼は機械そうめん発祥の地だということや、製造して1年は倉庫に保管して熟成させて出荷すること、製造から3年(出荷して2年)が保存期間という「保存食」だということもアピールされていました。
9719A1D7-3D48-4E92-8BC3-FFF7036B333C.jpeg
6E0E71C5-090D-4AD4-9B5E-79E25AD93588.jpeg
359DEB30-A5C2-4A6D-992E-DC6CABB0423C.jpeg
64D969D3-DBCF-49ED-9E1A-E5169BC61EF3.jpeg
6DBD2B0B-A564-4A29-8971-BDC189EBC6C7.jpeg
D6BB2172-C80E-42A2-A952-A9C1A1A64176.jpeg

 そうめんをあったかいにゅうめんとしていただくのですが、サバ缶詰を合わせて食べると美味しいのよね…と思っていたら、ちゃんとレシピの中に紹介されていました!
EC221D00-AD38-4227-87A8-ED3305C00D7B.jpeg

 この後、焼き物や嬉野茶、鹿島の祐徳稲荷神社などが登場していました。
5D332445-E0F1-4CE0-A557-7D2639100E48.jpeg
D3D4D675-04B0-47C3-AD60-1278395C679B.jpeg
ACAF2031-7470-4F6B-B1E0-38DFF96FED0A.jpeg
CFEB2EE6-DC4A-4357-B0B0-6C576E701477.jpeg
D7F9064F-8B2C-4983-B638-A68A59BB465F.jpeg
88D75B1A-4667-475A-AE05-48859677C63D.jpeg
EA250576-6327-4310-86B6-DA2250E455BA.jpeg
#NHK
#あさイチ
#シェア旅
#佐賀登場

【文教福祉委員会視察@宮崎市】

 文教福祉委員会として、聴こえのバリアフリーに関する条例の制定をめざして所管事務調査に取り組んでいます。

 第1回の会合を10月に行い、現時点での佐賀市の取り組みや課題について、担当課から聞き取りをしたのですが、さらに他市の事例を学ぼうということで、宮崎市の条例(障がいの特性に応じたコミュニケーション手段の利用促進に関する条例)に関しての視察研修をすることになりました。

 今日は佐賀から宮崎への移動日です。

 佐賀駅から特急で新鳥栖乗り換え、九州新幹線で新八代へ。そこから高速バスで宮崎へ、というルートで、12時前に佐賀駅を発って宮崎駅に着いたのは15時過ぎ。

 交通手段は細切れで、一番長く乗るバスではあまり本を読んだりタブレットを見たりという作業はしづらいので、結局寝てました…。
ADE7E8E6-BF9E-491A-98E0-83D42B04317F.jpeg
 やはり宮﨑は遠い、と感じました。どうしても新幹線を作りたいなら、長崎ルートではなく宮﨑でしょう、と言いたくなります。

 高速を降りたら、数年ぶりの宮﨑のフェニックスが迎えてくれました。
4455C474-DD1E-4E86-A49F-BF9A1296E2ED.jpeg
 宮崎駅に着いたら、アミュプラザが整備されていました。まだ新しく、えらく立派だとは思いますが、果たして人口規模から見て、こんなに大きな駅ビルが必要なのかしら…と感じていたら、奇しくも、ホテルまでの移動で乗ったタクシーの運転手さんが「アミュプラザは11月20日にオープンするんですけど、半年もしたらテナントの撤退が始まるんじゃないか、と心配してますよ。人口38万人といっても、合併してかき集めての人口だから、そんなに人は来ないと思う。JR九州と宮﨑交通が運営するんだけど、ここらのタクシー運転手もJRの職員も『こんなのいらない』と言ってます」と辛口コメント。

 いきなりこういう話から始まるのは珍しい気がしました。

 ホテルに着いたら、ロビーには檜の香りがいっぱいで、とても癒されます。
634ECF77-1C19-4708-9246-04B994897634.jpeg

 さて、明日の研修に備えなくては。
522E1C6D-9637-4AF2-ADDE-7C3F89D5B262.jpeg
#佐賀市議会
#文教福祉委員会
#所管事務調査
#宮崎市
#今日は移動日
#やっぱりフェニックス
#宮崎駅のアミュプラザ

【意外にお値打ち、玉かつのとんかつ定食@佐賀玉屋レストラン】

 所用で街中に出たついでに、遅い昼食をどこで取ろうかと考え、ふと、滅多に行くことのないデパ地下ならぬデパ屋上のレストランに行ってみよう、と、玉屋南館7階のレストランに足を運んでみました。

FBC7EB92-931E-4047-BDE3-19E2C21C447F.jpeg

 玉屋で何か食べるとしても、喫茶コーナーに行くのがほとんどで、レストランフロアに行くのは何十年ぶりかになります。


 いくつかのお店を覗き、とんかつのお店「玉かつ」に入りました。


 デパートのレストランといえば、何となく高いというイメージですが、「玉かつ」のメニューは最高でも1150円。ミニサイズは別として、とんかつ定食はアフターコーヒー付きで780円というので、これにしました。
8BB7C0BC-CB9C-41F2-9710-282776E1209F.jpeg

 国産肉を使った揚げたての柔らかいとんかつは、おろし醤油の和風たれとソースのタレがついていて、どちらで食べても美味しく頂けました。
 わかめのお味噌汁も濃すぎず、優しいお味です。
CABDDB34-8437-4B5F-8039-04B4155C0CF0.jpeg

 アフターコーヒーは、淹れ置きではなく、1杯ずつちゃんとドリップしてくれたもので、丁寧に淹れられた美味しさがありました。
E2A07E51-068B-43D7-A4BA-69D1D9BE8E1C.jpeg

 「百貨店は高い」というイメージは必ずしも当たらない、と思うのは、たとえば阪急百貨店でレストランを作った小林一三さんは、家族連れでも学生さんも楽しめるように、とカレーライスを安価におさえたという話を聞きますし、先日行った小倉のリバーウォーク小倉の中に合ったカフェの中でも、阪急百貨店系のパン屋さんとセットになったカフェは、美味しそうなパンがどれも100円でコーヒーとパン3つを買っても500円以内だったのを思い出しました。


 玉屋は高島屋と同じ「薔薇のマークの紙袋」の百貨店で、今や佐賀県内唯一です。全国各地で百貨店の撤退が続く厳しい状況ではありますが、このゆったりした雰囲気は大切にしたいものです。

#佐賀市
#佐賀玉屋
#県内唯一の百貨店
#玉屋レストラン街
#玉かつ

【議会改革検討会@佐賀市議会】

 午前中は議会改革検討会が開かれるというので傍聴に出かけました。

 今日は委員会の動画配信について、というテーマとICTを推進する上で議会のWi-Fi環境を充実させてほしいということについて議会運営委員会に提言することが議題になっていました。

 が、動画配信については次回に回すということで、議会運営委員会への提言についての素案を確認するというくらいで、今回は20分くらいで終わりました。

 確かに、今の佐賀市議会では各会派の控え室に無線ルーターを設置していることでのWi-Fiはありますが、議会全体でどこでもどれだけでも使えるという環境にないため、zoom会議などをしたくても容量が不足する事態になります。

 本来は議会棟の改築の時にそこまで考えておけばよかったのですが、ここまで環境が変化するとは思っていなかったということです。

 Wi-Fi環境の整備・改善はどの議員も異論はないと思いますので、ぜひ予算付けも含めて早急に対応していただきたいと思います。
9F3904C3-2DE0-4E67-9A0F-4682E05FB284.jpeg
9443E2F6-02FD-4D71-9F8B-C8E4BA5B4855.jpeg

 ところで、議会改革に関連して、県議会の議会改革の委員会が10月終りに三重、奈良、和歌山、広島の県議会を視察したそうで、武藤明美県議の議会報告ニュースに各議会の比較表が載っていました。

 なかなかわかりやすいので、ここでも紹介しておきます。
F716F605-5C9D-460F-B770-B1A3D5EA535D.jpeg
 ちょっと驚いたのは、佐賀県議会ではまだ一般質問の形式が総括方式で、一問一答方式にするかどうかを協議中だということや、さらに驚いたのは、佐賀市議会(2016年)より早く2011年9月にiPadを全議員に持たせるようにされていたにも関わらず、いまだに「会議の場への持ち込みは禁止」となっているとのこと。現時点では、ファックスの代わりのペーパーレスが主目的になっているようです。


 佐賀市議会では、2016年にタブレットが導入されてからは「ICT推進委員会」を立ち上げて、各会派の代表が必要な検討を行い、全議員の研修を何回か実施しながら、今では本会議での市長の提案理由説明などもiPadで見るようになっていますし、むしろ委員会でも決算審査の時などに分厚い決算書と各種資料を読み分けることやメモするのが大変だからと、ノートパソコンの持ち込みも併せてOKになっています。


 今後は、本会議場での理事者側もタブレット対応できるようにしてもらうことなどを提言しているところです。


 町議会でもみやき町ではタブレットを使ってモニターに映しながら質問資料を共有するなど、先をいく取り組みをされているところがありますし、コロナ禍でICTの推進の必要性も浮き彫りになっていることから、さらに日進月歩の改革を進めることが求められている昨今です。

#佐賀市議会
#議会改革検討会
#ICT推進
#佐賀県議会

【のんびり普通列車旅】

北九州へ、行きも帰りも普通列車でゆっくりと。

 
 大阪や東京へ行っていた時は泊まらずに新幹線や飛行機で日帰りをすることが多く、いつも慌ただしいし、博多へ行く時はなんとなく特急に乗ってしまいます。


 ところが、北九州へいく、というのを以前は「博多から新幹線で20分もかかる」という遠距離に思えていたのが、昨年、どうしても見たい作品があって北九州芸術劇場に行ったときに、普通電車で行ったら、各駅停車ののんびり感がとても良くて、本を読んだりブログを書いたり、と好きなことをしながら過ごせるし、身体的な感覚もコトン、コトンとリラックスできるので、疲れ感がないことに気づきました。


 こう考えると、かなりの長距離になるならまだしも、博多〜長崎に新幹線を通すのは、財政的にも経済的にも健康的にもメリットはない、という気がしてなりません。


 しかも、劇場の場所が西小倉駅からのアクセスが良くて、助かるというのもあり、多分、博多座の次に好きな劇場になりました。


 日曜日の19時台の普通列車のガラ空きぶり…。これはどう転んでも「密」にはなりません。太鼓判です☺️
BC04167E-6B80-41CE-806F-399D37848AFE.jpeg

#電車旅
#普通電車
#西小倉と佐賀駅の往復
#のんびり自由
#新幹線はほどほどに

【語り伝える戦争の姿、舞台「ゲルニカ」にコロナ禍でも5回のカーテンコール@北九州芸術劇場】

 ピカソの「ゲルニカ」をモチーフとしたオリジナルの舞台作品が全国5都市(東京、京都、新潟、豊橋、北九州)で上演されるというのを10月半ばにTwitterで見つけ、北九州なら昨年、3・11をモチーフにして舞台をアメリカに移した作品(「チルドレン」)をみに行ったこともあるので、せっかくの機会だから、とチケットを取ってみました。実は、すでにチケット販売の時期は随分前から始まっていたし、普通ならコロナ感染拡大防止で客席数を制限するところですが、10月に入って座席制限が緩和されたことが幸いし、追加販売されたのでした。

 それでも、私が申し込んだ時は大ホールで1階の残席が10数席というギリギリのタイミングで滑り込めたのでした。
1FF2DED0-186E-407E-A04C-B6A1E89A727B.jpeg

 さて、この「ゲルニカ」は長田郁恵・作、栗山民也・演出で、上白石萌歌さん主演、テレビでお馴染みの勝地涼さんや谷田歩さん、キムラ緑子さん、そして元宝塚の早霧せいなさんもご出演ということで、この顔ぶれとでこのテーマの舞台がどう作り上げられるのか、ということにも関心があったのです。

 結論から言えば、とても重厚で野心的な舞台演出と真摯な演じ手により、胸に迫る作品だったと思います。

 ナチスやムッソリーニなどのファシズムの台頭で、世界が無差別爆撃とテロの戦争の時代へ引き摺り込まれていくときの入り口ともいえるのが、ナチスドイツによるゲルニカへの無差別爆撃だったと言われます。人口わずか数千人の村に3日分の爆弾と機銃掃射を3時間15分で浴びせかけ、壊滅させた「ゲルニカ」の爆撃は、ピカソがあの作品を描くまで世界に知られることがなかった、ということのようです。

 この作品では、バスク人とスペイン人の関係がまるで日本における沖縄やアイヌの人たちのようにも思えました。


 王政を倒して樹立されたスペイン人民戦線も、民族や政治的思想の違いでバラバラになっているところにフランコ率いる反乱軍とヒトラーが結んで侵略されていくところや、バスクの人々の独立と自由への渇望、保守的なカトリック教徒の領主の家族、流浪の民の血やユダヤ系の血、といった人種の問題など、様々な人間関係も織り交ぜて、生きることの叫びと人間の尊厳、自由や平等とは何か、など考えさせされることがぐんぐん迫ってきました。


 「ノー!パサラン!」(奴らを通すな)という人民戦線の言葉も印象的に語られました。


 人間関係も一筋縄ではいかず、複雑な背景やどんでん返し的なことも起きますから油断なりません。


 とは言え、ゲルニカ爆撃の「その時」に向けて刻々と時が刻まれていくのを固唾を飲んで見守るような思いでいましたが、いざ、「その時」になると、客席全体が轟音に包まれ、ピカソのゲルニカの絵の中に放り込まれたような演出に身がすくみました。


 そして、最後はカットアウト。舞台奥には焼け残った一本の木。


 客席全体が静寂に包まれました。


 しかし、次第に拍手が湧きおこり、何度も何度もカーテンコールが行われ、ついにはスタンディングオベーションとなり、カーテンコールは5回に及びました。考えたら、この公演ツアーの大千秋楽だったのですね。


 繰り返すアンコールの拍手で舞台に登場する役者さんたちが、本当に生き生きとしていて「観客あっての舞台だよね」という思いを客席と共有し合うような幸せな時間でした。



 テレビでお馴染みの方たちへの認識が大きく変わりまして、これからは違う眼で見ていくことになりそうです。


 そして、早霧せいなさんは海外特派員の女性記者という役で、ゲルニカの人々を客観的に見つめる立場でありながら、次第にゲルニカに心を寄せていく様子がとても自然で、早霧さんの硬質な声が理知的に響き、また熱いハートを持っている活発な女性という感じも伝わってきて、役を生きておられたな、と思います。


 そのチギちゃんが、カーテンコールの最後の方では嬉しそうに飛び跳ねて共演者のみなさんと肩を叩き合っている姿を見るのもまた微笑ましく感じました。


 この作品が、今後もいろいろな形で演じられていくことを期待しています。
D8E1E850-D9A7-4F0F-A42F-EC22B1345422.jpeg
2892E45B-CFDA-451D-BA38-FEE30C3B4C04.jpeg

#ゲルニカ
#バスク人
#スペイン人民戦線
#ノーパサラン
#栗山民也
#長田郁恵
#早霧せいな
#北九州芸術劇場
#大千秋楽

【ゲルニカ観劇@北九州芸術劇場】

 市立北九州芸術劇場はリバーウォーク北九州の6階にあります。

 大きな劇場での観劇は、コロナ禍において初めてなのもあり、入場前の並びや検温、チケットは自分でもぎる、アンケート用紙なども自分で取る、といった対応策を見るにも参考になります。

B314C7A7-3E79-4274-AEDB-365D4319DDD8.jpeg
BB5E083B-4141-4ABC-9F93-2A3B143D5444.jpeg
3C05453D-00E3-4780-9DF9-805583DC5001.jpeg
D8E1E850-D9A7-4F0F-A42F-EC22B1345422.jpeg
CAA0EE77-58DF-4E76-84B8-E6D661E38F26.jpeg
6A1611DF-8C51-43AC-9AAD-B324326CDFA6.jpeg
0BAEF266-197F-48A6-97AB-AEDA9589F187.jpeg
5AD9E46A-6A62-4BBD-A31A-90B654CBC8E5.jpeg41606BF5-3F40-4C27-8006-3266DEFFDAC7.jpeg

#北九州芸術劇場
#リバーウォーク北九州

【そして小倉】

 朝からバルーンを満喫して、その足で快速電車に乗って、今は小倉におります。


 北九州芸術劇場で上演されている「ゲルニカ」を観たくて、チケットを取っておりました。


 北九州は遠いと感じていましたが、のんびり在来線に乗ってくると、西小倉駅で降りて徒歩5分ちょっとで、北九州芸術劇場のあるリバーウォークに着きます。


 リバーウォークは小倉城と八坂神社のすぐ側なので、お散歩にももってこいです。施設の中は、昨日ハロウィーンが終わったと思ったら、もう気の早いクリスマスツリーが飾られていて、まだ11月が始まったばかりなのに年の瀬を感じさせられます。


 「ゲルニカ」はお昼からの上演なので、ちょっと一休みして腹ごしらえはおにぎりサンド。


 「コロンブスのたまご」というところで、どうやら先週オープンしたてのお店だそうです。黒ごまスムージーとアボガドチキン、野菜かき揚げのおにぎらずサンドをいただきました。
179E1E8A-B2CA-49AF-BCE9-EEF2F2AD63E1.jpeg
A05AD717-7D6E-4092-A031-75D8B8B7D2A9.jpeg
6C95D689-8D03-442B-AC39-729C7904FBBA.jpeg
4EBDCE8E-F698-4317-B51F-BC9D08E7F33D.jpeg
7FE56D9F-0222-4451-A826-452BF32E502C.jpeg
B8B342AC-B152-45D6-A4F9-1D2D66392A6B.jpeg
07BF5279-E214-466F-94E1-8044DA38388C.jpeg
8D2FC45B-21C8-4F47-AF3C-24B56BC53FCA.jpeg

#小倉
#北九州芸術劇場
#リバーウォーク
#気の早いクリスマスツリー
#コロンブスのたまご
#おむすびサンドというけれどおにぎらずだよね
#アボガドチキン
#揚げ揚げお野菜

【「おうちでバルーン」今朝はスペシャルに満喫!】

 昨日は「おうちでバルーン」と言ってもあまり見ることができなかったのですが、今朝はスペシャルでした。

 近所のスーパーの駐車場に陣取って、ベストロケーションを楽しませていただきました。

 こんな街中にバルーンが飛び交うというのは、世界各国探しても、そうそうあるものではないと思います。

 スーパーの駐車場を後にして、自宅に戻ろうとしたら、なんとなんと「やずや」のバルーンが自宅のすぐ側に飛んでいるのを見かけました。

 「やずや」のバルーンは、世界チャンピオン藤田雄大選手のバルーンです。親子で世界チャンピオンの藤田選手は、関東のご出身ですが、佐賀の空に魅せられて、佐賀の女性と結婚して佐賀市民となっておられます。

 街中では、バルーンを見上げる人たちがたくさん。近所の窓のあちこちから親子で手を振ったり声をかけたりする姿が見られましたし、自転車でバルーンを追いかけるおじいさんの姿もありました。

 それほどすごいのです、佐賀の空って。

 熱気球大会が中止になったにもかかわらず、二日にわたってバルーンを飛ばしてくださった組織委員会のみなさま、バルーニストとクルーのみなさま、ありがとうございます。
44455F91-E2A1-4C39-ABC6-64E32088475C.jpeg
5389EA74-FEC3-4F41-A193-85D44BF09C8A.jpeg
30E7640E-EB69-4487-95D1-A76E1D0E92AD.jpeg
DE1FD2CB-5680-46F2-9605-A89404B97576.jpeg
AF33A449-A872-459C-9E2B-7135D71774EC.jpeg
21E01CE6-3C41-4CE6-BE04-20F509780837.jpeg
5B3A1145-AA19-4F35-AE08-A008C52A6EFD.jpeg
5588C31E-D665-4067-95E6-80004A44F52E.jpeg

#佐賀の空
#バルーンフェスタ組織委員会
#バルーン世界チャンピオン
#藤田雄大選手
#やずや

【ラムサール条約の東よか干潟とビジターセンター「ひがさす」@佐賀市・有明海】

 アバンセでのセミナーのあと、少し時間ができたので有明海の東よか干潟に車を走らせました。

 この10月にオープンした東よか干潟のビジターセンター「ひがさす」に行ってみたいのと、天然記念植物シチメンソウが今年は久しぶりに赤く色づいたというのをぜひ、みておきたかったのです。

 「ひがさす」は17時で閉館なのですが、閉館15分前に飛び込んで、展望デッキから夕陽を受ける有明海を見ることができました。
B4F9B06F-F17A-473C-A945-B96D06855053.jpeg 

 シチメンソウの群生地は時間外でも近づけるとあって、ご家族づれの方達などが夕方になっても次々と訪れていました。

 潮の香りとトビハゼやシオマネキなどが干潟の泥から顔を出したり隠れたりするときのジュワジュワ、シュッシュッ…というかすかな音に耳を澄ませたり、という静かなひと時を楽しみました。
E63334F6-F11B-4C53-AFA0-0A4CE09F36FB.jpeg
18B2C87D-F2BD-4968-9ECF-25E29F47EA17.jpeg
DAA5272C-ADBF-4305-83EE-EC6CFAE33A1E.jpeg
956AB503-F641-471E-883A-427720B45AD2.jpeg

#佐賀市
#有明海
#ラムサール条約干潟
#東よか干潟
#ビジターセンターひがさす
#シチメンソウ
#シチメンソウまつり

【パリテ議会をめざして@政治参画セミナー①byアバンセ×佐賀市×女性参画研究会さが】

 午後から、アバンセと佐賀市、そして私も理事を務めているNPO法人女性参画研究会さがの共催による政治参画セミナーに参加しました。

 これは3回の連続講座(定員40名)の1回目で、3回目は佐賀市議会の12月議会の傍聴というオプション付きです。

 今回は福岡大学講師で福岡・女性議員をふやす会代表の富永圭子さんを講師に迎え、「パリテ議会をめざして」というテーマでお話を伺いました。
A471F785-6290-42C9-901A-C148870E9367.jpeg
580F3DBC-ABBC-48A3-B6F9-0B4BBA729D92.jpeg

 「パリテ」とはフランスのパリテ法にある「男女比50/50」で議会や審議会などでの多様性の確保をめざすものです。
 佐賀県内では女性議員が34名(県議会2、市町議会32)で全国的には女性比率11〜16%なのに対して県議会で5%台、市町議会でも9%台と低い状態にありますし、世界の中での日本の位置も毎年下がり続け、議会における女性議員割合世界ランキングは193カ国の中で1位のルワンダ(61、3%)2位キューバ、3位ボリビア、4位メキシコ、5位スウェーデン…とみて行くうちに、日本はなんと165位!

 他国が努力しているのに、日本は何もしてこなかったためです。

 フランスでは2000年にパリテ法ができ、地方議会では比例代表選挙や男女がペアで立候補する仕組み、または政党が女性比率を高めない場合は政党助成金をカットするというやり方で女性議員の比率を高めてきたそうです。もし、今の日本で政党助成金を減らす、という仕組みを当てはめるなら、310億円の政党助成金はたちまちゼロになる、とのことです。(私は政党助成金は廃止したほうがいいと思うので、これはなかなか面白いやり方に思えました)

 
 そんな中で、さすがにこれではいけない、と政治分野における男女共同参画推進法が2018年に全会一致で可決・施行されました。しかし、新しく発足した菅内閣でも女性閣僚は24名中22名。対して世界最年少の34歳で首相となったマリン首相率いるフィンランドでは、19名中12名が女性。しかも、18歳選挙権のもとで、18歳から立候補できるため、34歳のマリン首相は十分ベテランだそうです。


 そういう国際的な潮流の中で、日本の推進法が「日本版パリテ法」として実効性を持てるようにするためには、一定の議席数を確保できるようにクオーター制の導入を図るとか、比例代表制の比率を高める、あるいは投票方法に制限連規制(1回の2名まで連記できる)を復活させる(戦後初めての衆議院選挙で女性議員が39名誕生した背景には、2名連記制がとられていたからだとの事、ただし、このとき限りで、その後は女性議員が激減し、39名のレベルに達するには2005年まで待たなくてはならなかったそうです)、立候補のための休職・復職制度、地方議員がその身分のまま別の選挙に立候補できるようにする、などの制度的な改革に本気で取り組む必要がある、との提起がなされました。


 身近な地方議会で何ができるかといえば、実際には子育てや福祉、給食問題、環境を守る、など切実なテーマでの市民運動が活発なところでは女性議員が多い傾向にあるそうで、そういう意味では主権者教育が大事だといえます。
 また、子育て世代の議員や来庁市民のための託児制度、積極的な議会傍聴や女性議員との対話の場を設けること、佐賀市でも以前取り組んだことのある女性議会(平成8年に佐賀県内で初めて実施)や政治スクールの実施なども考えられます。


 女性が、というだけでなく障がいを持つ人や性的マイノリティの人など、多様な人々が地域に暮らしているという状態を政策決定の場に反映できるような仕組みづくりとして、いろいろなことを検討していく必要があるな、とあらためて感じました。


 この連続講座の2回目は11月14日です。
6C7016AA-7127-44C0-ABBD-99A0E03E1982.jpeg
DE84CC01-9347-491A-8134-AB6D04FE59D8.jpeg
8F125617-FFEA-4648-A176-CC28998E166C.jpeg
61F3CE4C-66B7-4A16-8BF0-6D8D75518884.jpeg
5955DAC9-1C4C-446F-93BE-CB1F717CD4BA.jpeg
EC24048A-EE29-4E3C-989E-47C59A6D2244.jpeg

#アバンセの政治参画セミナー
#佐賀市
#NPO法人女性参画研究会さが
#パリテ法
#政治分野における男女共同参画推進法
#地方議会でのパリテ化

【昼間も素敵な佐賀ライトファンタジー@アンブレラスカイ・プロジェクトby佐賀商業高校×商工会議所青年部】

 佐賀の街なかを照らす佐賀ライトファンタジー。

 実は、今年は昼間の見どころにもなっています。


 中央橋交差点北東の広場では、佐賀商業高校と佐賀商工会議所青年部のコラボで、カラーアンブレラを飾っての「アンブレラスカイ・プロジェクト」が展開中です。
602BD17D-398C-4F3E-805F-76CE59780C1C.jpeg
3D383828-1613-4FD2-B912-E296BE1DE49C.jpeg

 今日のような文句なしの青空の日には、色とりどりの雨傘を透かした日差しが降り注いで、植え込みのバックの白いカバーに七色の光が描かれます。


 この飾りつけをしている最中に、市の担当者の方が「この光はいい!」と、急きょ、植え込みの背景のカバーの上に白いプラ板を継ぎ足して、光を受けられるようにしたそうです。


 ライトファンタジーの初日に、ここのイルミネーションを見ていたら、その担当者さんが「実はですね、夜もいいけど昼間もいいんですよ!」と案内してくださいました。


 というわけで、晴れた日には、この虹色のファンタジー空間を満喫しにきてみませんか?
499CDFE9-293C-4076-9FD6-2EEB75487ED3.jpeg
29D32A11-5B3E-4860-86DA-4759719E1FBD.jpeg
503867FC-2BC7-47EC-822F-4FA3B460AB7A.jpeg
BB2CF0C7-8506-45C1-8367-9B25E067E957.jpeg

#2020佐賀ライトファンタジー
#晴れた昼間も素敵
#アンブレラスカイプロジェクト
#コロナの憂鬱を吹き飛ばせ
#佐賀商業高校
#佐賀商工会議所青年部
#コラボ企画
#佐賀市
#唐人町
#シンボルロード

【議会広報広聴委員会@佐賀市議会】

 午前中は、議会広報広聴委員会でした。
 
 今回は議会報告会のあり方について、前回に続いて集中的に協議しました。
2A0CE829-A7AB-4289-8C16-46391316F8C8.jpeg
 これまで5グループに分けて、市内9ヶ所で開いてきたものを、試行的に「常任委委員会ごと」に開いて1委員会2カ所ずつ8カ所で行うのはどうか、という提案について各会派で持ち帰って協議してきた結果を出し合いながら意見交換をしました。

 多くの会派が「試行的にやってみるのは良いのではないか」という意向を示していましたが、懸念されることとして「委員会ごとに開いた場合、市民の関心と結びつくのか」「委員会の所管分野以外の問題にはどう対応するのか」「市民が参加しやすい状態になるか」などの課題も出され、態度保留としていた会派もあったため、さらに議論を深めていこう、ということになりました。

 私は、もともと小学校区ごとに細かい単位で気軽に出かけられるような議会報告会・意見交換会をすべきという立場なのですが、常任委員会ごとに出向いて、たとえば文教福祉委員会なら、「教育や子育て、介護、福祉、文化などについてみなさんと対話しましょう」といった打ち出しができるのではないかとも思います。

 ただ、いろいろな分野について関心をお持ちの方にとっては、会場を何回も跨って行かなくてはならない、ということにもなりかねません。

 先日、鳥栖市議会が開いたオンライン議会報告会のように、時間をずらして1日で全ての委員会のテーマをやり上げていくという方法もあると思います。
 そういう話から、「リモート議会報告会もやれるようにするためには、zoomを学びたい」という声が出て、広報広聴委員会としてのzoomの研修をしよう、とトントン拍子に決まっていきました。
 
 広報広聴委員会としての今年度の視察研修はコロナ対策で中止としていたので、その視察研修費を活用して講師を迎えての研修を行う方向で対応してはどうか、ということになりました。
7B93D449-5343-4ECC-BC6F-A758108A1985.jpeg


#佐賀市議会
#議会報告会
#これからのあり方の検討
#zoom研修会

【学術会議の任命拒否問題、多角的な批判に答えていない菅政権のお粗末さ】

 日本学術会議の推薦名簿から6名の候補者が外された問題を、ニュースが報じた当初に取り上げたけれど、あれから2ヶ月経つというのに、菅政権は全くまともな根拠を示した回答を出していません。

 学術会議に対する構造的な問題についても、恣意的なデマを含んで「象牙の塔への無関心」という形で世論が冷ややかな状態になりつつあるのを感じます。

 当事者である各学会や研究者団体からの抗議声明について、朝日新聞のウェブサイトで津田大介氏が、多様で切迫感のある論旨が展開されていることを評価しつつ、それが世論に届き切っていないことを懸念しています。

 かつてルター派の牧師マルティン・ニーメラーが述べた言葉を思い起こしながら、あらためて自分ごとに引き寄せて考える必要があるのではないか、と感じる今日この頃です。

★マルティン・ニーメラーの言葉
「ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから
そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった」

★朝日新聞ウェブサイトより→ https://digital.asahi.com/articles/ASNBX4HGYNBVUCVL00W.html?ref=mor_mail_topix1
F277D3BE-BC5D-4021-8D25-83D4A34C7C64.png

#日本学術会議
#任命拒否問題
#マルティンニーメラー
#他人事ではなく
#いつか来た道にならぬよう

【佐賀市街なかバル、スタート@今回はパスポート式でよりお得】

 ライトファンタジーの点灯式の会場から、灯りを眺めながら唐人町を歩いていくうち、水素水でコーヒーを煎れてくださるカフェ、Aruk cafeに立ち寄り、テイクアウトのコーヒーを頂きました。ここはマスターご夫妻が私の母校、立命館大学の校友でいらっしゃいます。
C3CC2ED1-3842-4CB7-BBFC-54A95BA4D8F7.jpeg

 コーヒーを待つ間に、おしゃべりをしていたのですが、9月から店内でギャラリーも始めたそうで、売り出し中の作家さんをはじめ、12月には金立特別支援学校の子どもたちの作品も1ヶ月ほど展示されるそうです。
54E286FD-3EEE-41D7-A01C-A32F9AA4A586.jpeg
246FBEE9-1C82-4DFF-A9D0-49E72435D2B9.jpeg

 それから、カウンターにおかれた「佐賀市街なかバル」のパンフレットを発見。
 これまでは300円とか500円のチケット5枚綴りを買って、2、3日の限られた期間中にお目当てのお店に行く、というやり方でしたが、13回目の今年は1冊300円のパスポートを買って、参加店でそれを見せさえすれば、バルメニューまたはバル価格で楽しめるというやり方で、お店にとっては換金の手間が減るし、お客にとっても使い勝手が良くなります。

 また期間も10月29日から11月30日までの1ヶ月あまりに拡大されたので、今までは行きたいところがあっても時間も限られていて、行けば満席で待たされたり諦めたり、ということもあったのですが、今回は出かけるお店の範囲も広がるという点でも、お店とお客の双方にとってメリットがあります。


 というわけで、さっそくAruk  cafeさんでパスポート(このパンフレットがパスポートです)を購入しました。
 1ヶ月もある、と言いながら、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまうかもしれませんから、忘れずに利用しなくては。
1D8B15A0-5CD2-45CF-A1D1-5F1C27849CF9.jpeg

#水素水のカフェ
#Aruk cafe
#立命館大学校友
#唐人町
#佐賀カフェ
#佐賀市街なかバル
#今回はパスポート方式

【2020 サガ・ライトファンタジー点灯式@佐賀市】

 毎年、熱気球世界大会から年明けの成人の日までの期間中、JR佐賀駅から佐賀県庁まで続く唐人町から中央大通りにかけてのシンボルロードをライトアップで照らす「サガ・ライトファンタジー」の点灯式が今年も行われました。
9962A4A8-CF09-4F07-AADB-8DEBAEA20E4D.jpeg

 いつもはシンボルロードを通行止めにして、熱気球大会の選手やクルー、各種団体による賑やかなパレードも行われるところですが、今年は新型コロナ対策のため無観客でYouTubeとFM佐賀のラジオによるライブ配信を行う、という形になりました。
289AD81A-FDDB-4A41-A0C5-BF7A4C368C68.png

 点灯式の舞台は中央大通りではなく、唐人町のまちかど広場に変更されましたが、通行止めにすることなく、事前の宣伝を聞きつけて現場にやってきた方や関係者でそれなりに賑わっていました。
11566CD4-2145-4B35-980C-58E55AF218DF.jpeg

 ライトファンタジーの灯はシンボルロードの真ん中あたりの中央橋交差点の北東の広場や白山のエスプラッツ南側、松原のバルーンミュージアム周辺にも趣向を凝らして灯されています。
 晩秋から冬にかけて、佐賀の街中をホットにしてくれます。ぜひ、お出かけください。
2CB27986-700E-4481-8012-E907A9E53E80.jpeg
4D531B42-EFB1-45ED-9F1A-3F1C814EEE43.jpeg
E882AB1F-7C61-49F3-802D-D264634EC5DA.jpeg
C0147F89-6B8E-4717-A123-530E73254F8E.jpeg
69ADA8C1-3B96-4B18-8A7F-93B4C2D91291.jpeg

 また、点灯式と併せて、ロマンシング・サガの下水道マンホールシリーズのお披露目式も行われました。このマンホールはシンボルロードを中心に7か所に設置されており、サガシリーズのマンホールを探しながら佐賀のまちを歩いていただこうというわけです。


 今日は、真新しいマンホールの蓋を「いったい誰が最初の一歩の足跡をつけるのか…」と話題になっていました。
E8AF0D77-F3A1-40F5-8912-6A1E4285D602.png
F3220FC6-BBF7-423F-BE79-A12C7C9FC19D.jpeg
C77C2103-CEC4-4D0E-8641-3C02922867CB.jpeg

#佐賀市
#2020サガライトファンタジー
#ロマンシングサガのマンホール
#無観客ライブ配信
#とはいえ現場には人だかり
#佐賀の街中
#まち歩き

【地方自治の健やかな発展めざし  県内女性議員ネットワークの研修会@神埼】

 今日は、佐賀県女性議員ネットワークの研修会が新築された神埼市議会で行われ、超党派の女性議員23名が参加しました。
305EC127-6428-4A52-A8EF-427E7E360780.jpeg

 前回は8月に佐賀市ブロックが当番を務め、県議会で新型コロナ関係の学習会を行いましたが、今回は東部ブロックの当番で午前中に新庁舎建設の経緯のお話と施設の見学、午後は「各議会が閉会中にどういう活動をしているか」「それぞれが選挙をどう取り組んできたか」というテーマでグループ討議と交流を行いました。

 神埼市役所は旧神埼町役場庁舎が使われていましたが、昭和46年建設で老朽化しており、平成16年の熊本地震の時に震度5強で災害対策本部に参集したものの、余震のたびに「危険です」のアラームが庁舎内に鳴り響いたそうで、これをきっかけに庁舎改築の話が進んだとのこと。


 新しい庁舎は旧庁舎の向かい側で、地中熱発電や輻射熱パネルの活用、災害時の避難対策や日常の市民交流の場としても利用できるようなゆったりとしたロビースペースなど、さまざまな工夫がこられていました。議場では、従来の議席のマイクに加えて投票ボタンも設置されており、議場モニターに議席ごとの賛否の結果が映るようにもなっていました。傍聴席もフラットで、議会が身近に感じられる造り惰と感じました。


 午後の交流では、閉会中の活動として委員会ごとの所管事務調査や各種団体との意見交換などを定期的なサイクルとしている議会もあるなど、学ぶことの多い内容でした。また、「私の選挙の取り組み」についても、議員をめざしたきっかけやどんなことに留意して取り組んでいるか、コロナ禍のもとで今後の選挙にどう対応するか、など切実な意見交換となりました。


 このネットワークには県内女性議員34名のうち31名が参加しており、この日の全体会議であらためて「地方自治の健やかな発展を目指し、積極的な情報共有と学びを行うこと」を目的として、定期的な研修会の開催を行うことなどの規約を確認し、代表(盛泰子伊万里市議)、副代表(白倉和子佐賀市議/内野さよ子白石町議)、事務局(増田朝子嬉野市議)を選任しました。

 今回は神埼市議会の中野議長、神埼市の田中副市長と中島総務企画部長がゲストで参加され、神埼市庁舎新築に関する講演と視察案内をしていただいたり、議会事務局のみなさんには会場設営を始めとしたご配慮をいただくなど、大変お世話になりました。

 また、色々と細やかな工夫を凝らして企画していただいた東部ブロックのみなさまにも心から感謝申し上げます。


 帰りがけには、隣接する「神埼情報館」の物産コーナーでお礼の意味も込めて、にゅうめんやうどん、小物などお土産を買って「経済波及効果」を図ってきました。
1C4E59AB-1CA6-453A-9217-BB67F1525CE9.jpeg

#佐賀県女性議員ネットワーク
#超党派で情報共有と学びの場
#神埼市役所
#神埼市議会
#神埼情報館

【デザインは言葉 水戸岡鋭治さんの講演を聴く@佐賀県市町村行政講演会】

 今日は午後から市町行政講演会が開かれ、JR九州の「ななつ星」や「白いかもめ」のデザインで知られるデザイナー・水戸岡鋭治さんの「デザインは公共のために」との講演を聴きました。
CD235933-77BB-4080-9987-DA558A206741.jpeg
 水戸岡さんには、昨年8月に佐賀駅周辺整備に向けて市役所市民ホールで開かれたパネルディスカッションでもご講演いただきました。

 水戸岡さんは、公共デザインについて考えていることを14の柱で示し、デザイナーはアーティストではなく、人が思っていることを翻訳して色や形や素材を使って形に表していく「代行業のプロ」だとして、①各地でいろんな人の話を聞いて「見える化」すること、②作るからには手間暇をかけて本物を作ってこそ感動が生まれる、③比較しない、不都合を受け入れる、対立構造を作らない中でオンリーワンをめざす、④いろいろなアイデアを出して非常識と思われることにも挑戦してこそヒットする、という立場で取り組んできたことを語られました。

 また、食べていくためにする仕事とは別に、地域や社会に貢献できる仕事ができるような働き方・生き方、8時間労働制から5時間労働に短縮していけば子育てや社会活動にも取り組めること、持続可能で誰も取り残さない、一人ぼっちにしない社会を作ることが求められる、と強調。

 デザインとは見た目の話だけでなく、生き方、社会のあり方の問題にまで広く関わるということをあらためて考えさせられる機会となりました。
F32E4B16-1242-40E9-B7CE-001EFB5AC015.jpeg

#水戸岡鋭治さん
#公共デザイン
#デザインは誰のもの
#佐賀県市町行政講演会

【「タネは誰のもの」上映会のお知らせ】

 自然農に取り組んでいる友人から、今朝ご案内がありました。


 友人もトークをなさるそうで、ぜひ、出かけたいと思います。

 以下は友人からのメールです。

★ ★ ★ ★ ★

おはようございます

「種苗法改正案」の国会審議が始まろうとしている今

自主上映映画
「たねは誰のもの」を
鹿島市で上映会を開催予定です
そして
映画と私とのコラボで
イベントを開催予定です
もし
宜しければ
宣伝等をお願いしたいと思いご連絡さしあげましたm(__)m


https://kiroku-bito.com/tanedare/

お申込み・お問い合わせはこちらまで→電話:070-4416-7125(北御門)
メール;tazoucoffeeroom@gmal.com[氏名・電話番号・参加人数・ご希望の部(朝の部or昼の部)をお伝え下さい]

皆さまのご参加お待ちしております😊
B650B6C1-976C-4DB4-970D-ED313FCF7014.jpeg
C10C4526-D861-48E0-B35A-E515F966A889.jpeg

#タネは誰のもの
#鹿島で上映とトークの会
#シネマ

【父の通院同行@好生館】

 父がお世話になっているグループホームからの連絡で、ホームの連携医療機関からの紹介で県立医療センター好生館できちんと診てもらったほうがいいかも知れないところがある、とのことで、今日の午前中に予約を入れていただいていました。


 今朝になって、グループホームから「昨夜から37度台の熱がある」との連絡が。ただし、父自身は元気でコロナ疑いがあるような状態ではないので、好生館とも再度連絡を取っていただいた上で、「発熱トリアージなどで時間がかかると思うが」という条件付きで診察を受けにいくことになりました。


 そもそも、発熱があるから病院に行く、という普通の行動が、コロナ感染問題が関わるようになってからは医療機関もピリピリするようになって、なんだか本末転倒のような感じもします。もちろん、感染拡大予防という意味はわかっているのですが…。


 で、好生館の入り口で検温していただくと、父は36、5度、私は36度でした。念のためにグループホームで出がけに測ったら37、6度だったと伝えたところ、改めて腋下で測ってみるとやはり37、5度。体表温度は外気温の影響を受けますから、額だけで測るのは当てにならないことがあるということです。


 そんなわけで、いったん受診科のドクターに受付まで降りてきていただき、父の状況を見た上で診察フロアに通していただくことができました。
 さらに診察科の受付でも発熱があることを伝え、別室で待たせていただくことになりました。これは、混雑した待合ロビーから離れた個室だったので、逆に静かでリラックスできてよかったと思います。
89426DFD-257F-4DB6-86C9-A0922E6F128F.jpeg
3969C458-7A04-4AEB-9BDF-FCAF5C46765E.jpeg

 9時過ぎに最初の受付をしてから、待つこと2時間あまり。ようやくドクターが部屋に来てくださり、本来の診察をしていただきました。その結果「これは10年以上出ていた症状で、今さら手術をするというような状態ではないので、よほど痛みが出たりしていない限りはこのまま様子を見るので大丈夫でしょう」ということになりました。


 結論としては、お薬が出ることもなく、10分ほどの診察と相談で終わりました。前に循環器内科で診ていただいた時もそうですが、こちらのドクターも明るく率直で、「もし具合が悪くなるようなことがあったら、夜中でも手術しますからね」とおっしゃって下さったこともあって、父は安心した様子でした。



 最近は通院か理髪店に行く時くらいしか父を連れ出せないので、父も案外平気な状態だったこともあり、お昼まで貴重な通院タイムを過ごすことができました。
FE7D703D-8652-4C01-9BF6-D0F52494DD80.jpeg
FFC9406B-3578-4AA4-AED2-C203FB5685D4.jpeg
19D76DF1-D4D4-4808-B67F-942400D244CE.jpeg

#家族の肖像
#県立医療センター好生館
#発熱トリアージ
#通院もまた一興

【夜の岡田ゼミ@地域づくりの経済学入門 ①】

 自治体問題研究所の主催で、岡田知弘先生(橘大教授・京大名誉教授・自治体問題研究所理事長)の著書「地域づくりの経済学入門 地域内再投資力論」を著者の岡田先生を囲んで全12章400ページを少しずつ分けて読みながら講義を受け、ゼミ形式で学びあうというzoom講座「夜ゼミ」に参加しました。
BAA355DC-4369-43C1-BDBB-2B51DA703E01.jpeg

 岡田知弘先生は、地域経済・地域づくりの研究で佐賀県(唐津市)にも度々来られていますが、私は中小企業振興条例を佐賀でもぜひ制定してほしい、と学ぶ場を通じて岡田先生の追っかけとも言えるほど、何度も自治体問題研究所主催の講座などを受けてきました。

 いつもは大人数の中の一人ですが、今回はあえて20名前後の少人数でのゼミ形式ということもあり、ぜひ、参加しようと申し込んでいたものです。

 今日が1回目で、毎月第1、第3水曜日の夜8時から全部で7回に渡っての講座です。今夜、蓋を開けてみると19名の参加ということで、1つの画面に全員が収まるくらいという理想的な環境でした。

 今回は講座の狙いや岡田先生のこの本にかける思いと問題提起が述べられた後、じっくりと受講者全員の自己紹介をすることに力点が置かれました。

 北は山形、宮城、福島から埼玉、新潟、三重、奈良、京都の舞鶴、亀岡、四国は高知、ビューンと飛んで一番南は佐賀の私でした。職業としては議員の方がもっとも多く、その他障がい者福祉作業所の方や労働組合の方などさまざまで、移動距離も交通費もかからずに一堂に集まれるというのはオンラインの強みだとつくづく思います。
747F0705-96AE-4418-A780-FBB7993AB19E.jpeg

 「地域づくり」とは何か、「地域経済」は数字の話ではなく、そこには必ず人が存在するということ、人が安心して暮らし続け働き続けることのできる地域をどう再生していくのか、地域を持続させていくためには、政策的にも自分の頭で考えることのできる住民を育てることも必要(社会教育との連携)ということなどを地域循環の視点でじっくり考えていくオンラインゼミ。各地域の取り組みも交流しあいながらの学びを、ぜひ、佐賀にも生かしていきたいと思います。
3B6204C6-D52D-4861-A55C-9E771355B4F7.jpeg
9DFA9495-C8FC-4597-9017-63725D90F205.jpeg
#地域づくりの経済学入門
#自治体問題研究所の夜ゼミ
#岡田ゼミ
#岡田知弘先生
#zoomで連続講座

【コロナ支援の返礼品届く ②】

 先日に続いて、「コロナ禍での大量廃棄になりそう!」という食品関連業者さんのクラウドファンディングで支援したもう一つのところから、また返礼品が届きました。

 こちらは冷凍のいなりや肉巻きおにぎりなどを作っておられる企業さんだそうで、半信半疑でクラウドファンディングに挑戦したところ、びっくりするほどの反響で…とのことでした。

 実は、9月のとある日の真夜中、メールニュースで届いたクラウドファンディングのサイトを開いた時に最初に目についたのがこの企業さん。

 その必死の訴えが胸に刺さり、お手頃な価格での在庫品購入をしてみたのです。

 すると、同じようにメールが届いた方たちの応援が集中したのでしょう、翌日「昨夜のうちに驚くほどの応援が集まっていて…」というレポートメールが届きました。

 それから1ヶ月余りの今日、返礼品が届いたというわけです。

 地元の業者さんを支えるのと同じように、こうして結ばれたご縁も大切にしたいな、と思います。
2DF241AD-DE24-4149-B1F2-08C0A067EC78.jpeg
39E72C72-F088-4DAB-BD60-19C8510E5D5D.jpeg

#コロナ禍
#クラウドファンディング
#フードロスを防ぐ
#ごはんの里

【市議会だより2校@広報広聴委員会】

 午後から市議会だよりの2回目の校正作業で、前回訂正を求めた部分の確認をしました。

 若干の再修正が必要なところを確認し、今日はサラリと終わりました。

 今後は、前回話し合った議会報告会の方向性についての協議が行われていきます。
45F58C29-A041-48F6-850D-DB00A0DC98B7.jpeg

#佐賀市議会
#広報広聴委員会
#佐賀市議会だより