【維新博メモリアル映像の音声ガイド脚本づくり@みないろ会】

夜は、みないろ会の緊急ミーティング。というより、先週のミーティングで作業中断していた、維新博のメモリアル映像に音声ガイドをつける脚本づくりに集中しました。
7783188E-F809-46CC-919A-3F3BDA8DBCA7.jpeg

今日は急は呼びかけのもとで、10名の参加でしたが、動画を見つつ、あらかじめ脚本の草案を作ってくださっていた南さんが読み上げるのを聴きながら、いろいろと表現の工夫をしていきました。


パッと耳で聞いてイメージのわく言葉、あまり説明しすぎないようにして想像力をかきたてる表現方法、それでも画面に映る感動を伝えたい…という思いのせめぎ合いで、視覚障害当事者の森きみ子会長と小嶋あいちゃん、難聴当事者の古賀道子さんのご意見も聴きながら、ああでもない、こうでもない、と話し合いました。


17分と26分の2本の動画に音声ガイドをつけるのですが、何とか2時間あまりで仕上げることができました。実際の音声ガイドは、今回はプロの方に録音していただきますが、その後の編集などはみないろ会の責任となるもようです。


責任重大ですが、みないろ会の認知度アップにも繋がると思いますので、みんなで頑張っております。
メモリアルシアターはすでに始まっていますが、音声ガイドは年内に着く予定です。お楽しみに。
0F5CCD7C-05D2-4228-9936-CD2BBD676C92.jpeg
BA9F4EF9-5803-4C76-A945-D14D7D00AEA9.jpeg
3E60D15C-9FE7-4B8B-95CD-9A407E6ED36D.jpeg

#みないろ会
#バリアフリー映画
#音声ガイド
#維新博メモリアル映像
#脚本づくり

【父の再入院】

先週、室内で転倒した父が精神的なショックもあってか、その後食欲もあまりなく、「オレはもう自信がない」「オレ、なんか変なこと言ってない?」と言い出すようになりました。


「大丈夫だよ、ちゃんとしてるよ」と言いつつも、食欲のなさが気になるし、何より呼吸が浅くてキツそうなのが見ていても心配だったのですが、今日、デイサービスから佐大医学部病院の心臓血管外科に検査に連れて行ったところ、心房細動の不整脈による頻脈があまりにひどいので看護師さんが用心のために、と車椅子ではなくストレッチャーでの移動に切り替えてくださいました。


私としては、そんなに深刻なのかと改めて驚いた次第です。
9CB401CE-0798-4F6D-9539-6200663E5DBA.jpeg
2145C451-F56A-4715-A366-A313BFFD8352.jpeg

そもそもの検査目的だった血管大動脈瘤については、特に心配された肥大化はなかったものの、採血結果の腎機能や肝機能の低下の方を心配され、「うちでは高齢の方を長期に診るのは難しいので」とおっしゃるので「それなら神野診療所で」と連携をお願いしました。


幸い、神野診療所も受け入れ可能とのことだったので、そのまま連れて行き、10日目にして再入院となりました。


それにしても、佐大医学部病院での担当のドクターや看護師さん達の手際の良さと親切さには惚れ惚れしました。でも、入院するなら神野診療所のような規模のところがホッとできるし慣れているし、デイサービスに通う母も見舞いに連れて行きやすいとあって、父も診療所の待合室に着くと「ここまでくればもう安心」と言ってました。


かなりキツそうだったので、自宅で心配するよりは診療所で安静にしてみてもらう方がずっと安心です。というわけで、またもや母1人を残すことになったので、「トコロテン」方式に私が実家に通うことになります。
D9D785CB-8ACE-4F24-A5EA-0CBB2E20D8C8.jpeg
#家族の肖像
#いやはや介護日記
#父の再入院
#佐大医学部病院
#心臓血管外科
#心房細動
#佐賀県医療生協
#神野診療所

【臨時議会前に自民会派が分裂】

今朝、実家で新聞整理していたら、西日本新聞の19日付に「佐賀市議会の自民会派が分裂」との記事。
57D08EE4-B84E-4566-80BC-E37EFF4BFA4A.jpeg
2年に1度、議長選挙や委員会など議会構成を変える臨時議会が10月末に迫っており、それに合わせて会派の異動がある場合、先週18日が締切だったのです。

地元の佐賀新聞には掲載されていなかったようですし、議会メールでも特に通知がなかったので、意識から外れていました。

自民系が3会派なるのは久しぶりですが、これで正式会派が6、凖会派が5、と、かつても11あったのが再現されました。

果たしてこれで、議論が白熱する議会にむけ、さらに発展するのかどうか。

凖会派としては、これまで長年にわたって積み上げてきた「少数意見の尊重」「多様な意見の反映」の仕組みが、これからも機能できるかどうかが関心ある部分です。

#佐賀市議会
#2年に一度の議会構成
#会派の異動

【ラグビー日本、ありがとう!】

ラグビー準々決勝、強豪南アフリカに対し26ー3で敗れたものの、最後の1秒まで大健闘した日本チーム。

両チームとも、素晴らしい試合をありがとう。

日本はこれで終わるのが淋しいけれど、W杯はまだ続く!

準決勝、決勝でのいい試合を期待します。
B2F1C6AE-C1D8-4772-A620-C041967F3E01.jpeg
#2019ラグビーワールドカップ
#決勝リーグ
#準々決勝

【月刊「幸せの黄色いニュース」10月号】

遅まきながら、月刊の議会報告「幸せの黄色いニュース」10月号が届きました。


今回は保育の無償化問題などが大きな案件として取りざたされていた9月議会の報告を中心としています。一般質問は4項目取り上げたのですが、スペースの関係でまちづくりのテーマは次号回しとなります。
A76E0570-C011-4A86-BBAF-958D87FEFBF8.jpeg
CC547283-A3C7-476A-AEB2-3B91D5D76C41.jpeg

#幸せの黄色いニュース
#月刊もあります
#10月号できました

【富士町市川の天衝舞浮立】

今日は午後から、富士町市川の諏訪神社で奉納される天衝舞浮立を観に行きました。
0F031CFA-A4E5-4F4F-B4A5-9DF849EFB810.jpeg

これは、昨年7月の豪雨で被災したアスパラ農家の救援ボランティアに出かけたのがご縁で、その農家さんから地元の重田議員を通じてご案内をいただいたものです。


実は、市川の天衝舞浮立の事は写真では知っていましたが合併以来、実際に観たことがなかったので、とてもいい機会でした。


大楠に囲まれた諏訪神社の境内には浮立に出られる方のご家族や観客がたくさん詰め掛けておられ、写真の撮れそうなスポットを見つけて私も拝見しました。
6FFE4398-9489-4CC1-9DA1-64D7A060441C.jpeg
9C6AACFB-4E84-4E39-80D0-DD3CF0110127.jpeg

浮立に出るために大阪から帰ってきた方もおられるそうで、勇壮な天衝舞や鐘・太鼓、小さな少女たちの舞もあり、華やかでもあり厳かなひと時でした。


神社の奉納の後、行列で近くの西福寺まで移動し、そこでもまた奉納がありました。ここでは少年、青年たちの太刀合わせもありましたし、お声かけいただいたアスパラ農家の方も裃を着て唄い方を務めておられました。
8AFDBDE6-E4D6-4FFF-95D0-A7581D978419.jpeg
AB0AF35D-E989-4268-9C37-E78397578AD6.jpeg
F5F73D03-2B8F-40D1-9D5F-64D03E617675.jpeg
B1B7990F-DDEF-4F5E-ACA4-8C41D3360568.jpeg
7D4A5CD2-402D-46F5-9280-05618499DECA.jpeg
196EB0E3-5495-4724-A8D1-0D52625ACE44.jpeg
27D6F099-A977-40CB-BC9A-D13AAF006C66.jpeg
02FD397B-A942-47B4-86CE-7AF35855D103.jpeg
29A619B1-EB30-4BFC-AAD8-E689347F291E.jpeg
A37EBDA0-65F4-479A-B940-415567BDD752.jpeg

ちょっとのつもりが、いつのまにか雰囲気に惹かれ山里の浮立見物をたっぷり楽しみました。
75238D50-EE24-4A46-BF65-57318F3A2496.jpeg
DF107951-A0B3-4B14-88A6-60C59923C538.jpeg
#佐賀市富士町
#富士町市川天衝浮立
#諏訪神社
#西福寺

【佐賀さいこうフェスでジャズタイム】

夜は城内一帯で開かれている「佐賀さいこうフェス」の夜のライブ「夜フェス」へ。


佐賀市出身のジャズシンガー・高島みほさんが里帰りライブをやるというので、ご近所や同級生などが駆けつけるなか、私もほぼ最前列近くに陣取ってみほちゃんにエールを送りました。
12F595A7-3D02-4AF6-A2BA-DE46F68B0F8E.jpeg

高島みほさんは、ちょうど昨年のさがさいこうフェスの時に陣痛が起きて、長男の「まるちゃん」を出産。「来年はあの舞台に立ちたい、と思ってました!帰ってきました〜!」というみほちゃんに「お帰り〜!」の歓声。


一児の母になって、より深みを増した高島みほさんの歌声に惹き込まれました。とくに「8月の豪雨水害の時に東京から佐賀を思って、何もできない無力さを感じた。その故郷への思いを乗せて歌います」としたラストの「からたち野道」には心が揺さぶられ、涙が湧いてきました。


会場にはFacebook友達の由美ちゃんなど友人や知人の姿もあり、月夜の下でいい時間を過ごすことができました。
7403EAEA-B8EF-4B6A-BB66-CB2197505C00.jpeg
0E3A7A73-F22A-4CA6-96FD-272556AF1ACB.jpeg
1FC716B7-BD18-4EA4-8E45-1ADD7B42EEA0.jpeg
830F294C-23B3-48D6-A166-042F13CA11F3.jpeg

#佐賀さいこうフェス
#夜フェス
#高島みほ
#ジャズシンガー
#からたち野道

【ミュージカル「生きる」@WOWOW】

黒澤明監督・志村喬主演の名画「生きる」がミュージカルになるという記事を見た時は、ホンマか?あの作品がミュージカルになるの?と半信半疑でしたが、ぜひ観たい、と思っていました。


その舞台がWOWOWで放映されるというので、楽しみにしていました。
B24D4E21-F96C-42CC-8CBD-F997E949AD12.jpeg

宮本亜門の演出で、市村正親主演版の放送でしたが、市村正親さんがまるで志村喬さんのようで、ちょっとビックリしました。


余命半年と悟った市民課課長が、定年退職を目前に「自分の生き方を変える」として、ドブ川のある地区に子どもたちが遊べる公園をつくろう、と地域住民とともに奔走する姿や、お葬式の場面、ブランコに乗って「いのち短し恋せよ少女…」と歌う場面などは映画とほとんど同じで、再現率が高いと思いましたが、舞台ならではのダイナミックな演出も効いていて、現代に通じるテーマとして、いい作品になっていると思います。
E62205C7-7FBC-46A7-9407-FB6CBAC96873.jpeg
64447DE0-1C08-4403-AC08-188C540384B1.jpeg
5DF8A63C-CE43-4D3D-A48D-97D470978575.jpeg
836068E9-5AA7-4A58-BA8D-B6DBF6AA2795.jpeg
895CE344-9948-41D9-9141-D216ADB4D9CB.jpeg
61D80166-E181-437F-A537-FA532ABB544F.jpeg

放映後、宮本亜門さんのトークの中で「日本のオリジナルミュージカルとしてブロードウェイに打って出たい」という意欲を示しておられました。いかにも日本的な作品だと思っていましたが、イギリス映画などでもこういうテーマが取り上げられていることを思えば、十分世界で愛される作品だと思います。


井上ひさしさんが小林多喜二を描いたミュージカル「虐殺」といい、こうした日本のオリジナルミュージカルがもっと生まれてもっと観てもらえるようになるといいですね。


#ミュージカル生きる
#日本のオリジナルミュージカル
#宮本亜門
#市村正親
#WOWOW

【超党派で「佐賀県女性議員ネットワーク」が発足】

午後から小城市の「ゆめぷらっと小城」へ。


佐賀県女性議員ネットワークがついに発足しました!
93FFF59F-FB1E-4791-BE93-09B64B4A38B2.jpeg

これまで伊万里の盛市議や佐賀の白倉市議ら無所属議員の方を中心に「女性議員政策研究会」が活動されていたのですが、当初、政党に属していた私は、せっかくだから超党派で県内の女性議員が全体的にネットワークを組めたらいいな、とずっと感じていました。


この間、盛泰子さんが伊万里市議会の議長になって多忙を極めたりしたこともあってか、その女性議員政策研究会が活動休止状態になっていたそうで、その間に行われた地方選挙で県議会も含めて新しい女性議員も誕生した事など、取り巻く環境が変わってきたことをきっかけに、超党派で県内17議会34名のすべての女性議員に呼びかけてネットワークを作ろうということになったとのこと。


白倉さんや盛さんからその話を聞いた時は、とても嬉しく、発足の会のご案内には即、出席の返事を出したのでした。


この日は、公務や生活相談などさまざまな事情で参加できなかった方やネットワーク参加の返事がまだない方もあり、15名の出席でした。この日の出席議員の中では1991年4月から28年務めている私が最長でしたが、県内には10期、11期と務めておられる先輩議員もおられます。


一方で、2期目や今年4月の選挙で当選したばかりという議員もおられ、自己紹介を聴いていると、「子育て中の思いを届けたい」「学童保育の現場に携わってきて、現場の声を反映させたい」「自分の育った地域を飛び出して東京で働いてきたけれど、母の介護のこともありUターンして来た」「市民活動を通じて繋がった方達から選挙の2ヶ月前に推された」など、それぞれがドラマに満ちていて、「1人2分」ではとても足りない思いでした。


また、8月豪雨災害の武雄市や大町町の議員からは被災後の実情なども出され、これから考えていくこととしては議会改革の視点とともに、子育てや介護、環境問題、女性の視点からの防災対策など幅広い分野があるな、と夢や期待が膨らみました。


また、いろいろな活動方針について話し合う中で、新人の議員の方達がとても積極的で理路整然としておられるのが頼もしく思われ、私も大いに刺激を受けつつ、初心に帰って頑張らねば、と思いました。
9C8B59B4-AAA2-4D5E-AB8B-49DE05B1FFF4.jpeg
FDD86387-B513-459A-A6AF-1347F6E21EA1.jpeg

ネットワークの活動としては、全体を4ブロックに分けて持ち回りで勉強会などを企画し、全体に呼びかけながら進めていくこととし、会長には盛泰子さん(伊万里市議)、事務局に白倉和子さん(佐賀市議)と内野さよ子さん(白石町議)を選出、ブロックごとの責任者は当面、出席者の中から選ぶこととし①鳥栖・三養基・神埼ブロックは大久保由美子さん(基山町議)、②佐賀市ブロックは私・山下明子、③小城・多久・杵島ブロックは藤瀬都子さん(大町町議)、④武雄・鹿島・嬉野・唐津・伊万里・太良町ブロックは猪村利恵子さん(武雄市議)が務めることになりました。

ネットワーク発足に向けて準備していただいた方々に心から感謝しつつ、このネットワークのチカラがこれから大いに発揮され、佐賀の地方政治において女性も男性も活発な動きが強まっていきますように、私も力を尽くしてまいります。
7BB571E4-CABF-4A75-829C-F1CBD40CF7BC.jpeg
011DB27B-4F7D-4C29-8450-A3482259A96E.jpeg
07A11EB3-B06C-42F4-B22E-BB36329A8D2C.jpeg

#佐賀県女性議員ネットワーク
#超党派
#大いに議論
#細やかな視点
#率直な課題提起

【議会だよりの2校@佐賀市議会】

今日は議会広報広聴委員会で、議会だよりの2回目の校正作業でした。


初校の時に見逃していた部分の気づきや、あらためて「ここは変えた方がいい」という点の話し合いで、それなりに時間がかかりました。


また、県立佐賀商業高校と議会広報広聴委員会との意見交換会の日程も11月15日と決定し、新たな広報手段として「ぷらざ」の運営するサイトに市議会だよりも掲載する方向が決まりました。


あとは最終校正を事務局と副委員長とで行うのみで、わが広報広聴委員会の任期中の会議は今日が最後となりました。
DF9DE230-4E11-43C6-A79A-D98584EE4AD4.jpeg
#佐賀市議会
#広報広聴委員会
#議会だよりの2回目の校正
#県立佐賀商業高校との意見交換会

【佐賀市ボランティアセンターの反省会】

夜は8月の佐賀豪雨にともなって佐賀市社会福祉協議会を中心に佐賀市で初めて立ち上げられた災害ボランティアセンターの反省会が行われ、県防災士会から益田副会長、小林事務局長とともに参加させていただきました。


8月30日にボランティアセンターが立ち上げれられ、被災状況とニーズの把握を行なった上で9月1日からボランティアを受け入れ開始して以来、9月23日で大規模なボランティアセンターを縮小したものの、個別の支援要望に対応して来られました。


この10月17日をもって一応収束となったことで、この間まともに休みもとらずに頑張って来られた佐賀市社協のスタッフの皆さんを始め、県社協、佐賀市協働推進課、防災士会など関係者で労をねぎらいつつ、初めての活動で気づいたこと、今後の取り組みに生かすべきことなどを食事もしながら出し合いました。
0DE99CE1-3DCB-4E5D-AEF5-C560404C2452.jpeg

わたし自身、これまで各地の被災地支援ボランティアに参加したことはあっても、受け入れ側に立ったのは今回が初めてで、いろいろな苦労があることも認識を新たにしました。
8月末から9月中旬の暑い中で県内外からボランティアに駆けつけていただいたみなさまには心から感謝申し上げます。


県内の他市よりボランティアセンターの立ち上げが1日遅れたことやボランティアの受け入れが8月31日の土曜ではなく9月1日からとなったことについて「遅れをとったのではないか」との意見もあったそうですが、実際に被災状況を把握し、支援のニーズを把握しないうちにボランティアを受け入れても適切な対応はできないわけで、東日本や熊本地震の時にも「現地が落ち着くまではボランティア受け入れはまだできない」ということはありました。ですから、佐賀市の対応自体は間違っていなかったと思います。


ただ、8月30日にセンターを立ち上げたのであれば、それを早く知らせ、支援の要望を受け付けることを市民に広く知らせれば、ニーズ把握の迅速化や掘り起こしにも繋がったのではないかと思います。


また、各自治会で被災状況を把握してもらうことについても、単なる被害の数字ではなく、「早急につかんで救援できるように速やかに報告をしてほしい」という意義を徹底すべきだったのではないか、と思います。地域によっては被災の濃淡はあるので対応に温度差が生まれがちなのはしかたありませんが、行政が「全体が出揃ってから」という構えでは、どの地域に被害が集中しているかがわからないし、やみくもにニーズのほりおこしに、となっても限られた人員では限度があります。


さらに、消防団との関係では、もともと地域に密着して活動されている消防団の力をもっと借りてもいいのでは、ということです。つまり、自治会だけだと自治会に加入していないアパートやマンション、事業所などは視野から外れがちになりますが、消防団なら「現在地救助の原則」により、自治会加入の有無や一般住宅か事業者かの区別なく対応することもできます。配慮を要する家庭の状況もある程度日頃からつかまれているわけですから、それらの情報と自治会の調査を合わせて集約してもらうことができれば、情報共有もしやすくなると思います。


なお、今回のボランティアセンターから佐賀県では当日ボランティア保険に登録する方には一律350円頂くようにしたそうです。それで、子どもづれで参加した方や高校生のグループでの参加の場合などで若干クレームもあったとのこと。


しかし、本来ボランティアに参加する場合は事前にボランティア保険に加入しておくのが原則です。これまでは被災地の負担になってはいけない、という意味でも事前登録を呼びかけていましたが、ボランティアセンターの受け入れ側から見ても、「加入」「未加入」の班分けをして、未加入者の手続きをしていると早くから出てきて待っている加入済みの方にも迷惑がかかるし、全体の作業班編成も遅れ、作業着手も遅れてしまいます。
何より、事前にボランティア保険に加入していれば、センターに向かっている途中に事故にあっても補償の対象になりますから、「ボランティアをしたい人は年度始めに保険加入を!」というキャンペーンをしたらいいと思います。


また、熊本地震の時にはメートプラザでボランティア活動希望者への大きい規模のオリエンテーリングがあり、そこで心構えなどをきちんと聴くことができたのもいい経験だったので、時々でもそういう研修会があってもいいのではないかと思います。


佐賀豪雨のあと、台風15号、17号、そして現在も被災状況の深刻さが刻々と明らかになっている台風19号など、全国各地で甚大な被害が起きる災害が続いています。
もう災害が起きないでほしいけれど、毎年こういう事になるかもしれない、という心構えを持って、それぞれの持ち場で頑張っていこうと誓い合いました。


#2019年佐賀豪雨
#佐賀市災害ボランティアセンター
#佐賀市社会福祉協議会
#佐賀県防災士会
#災害は忘れるまもなくやって来る
#ボランティア保険には事前加入を




【みないろ会「ひいくんのあるく町」出前上映会の告知でラジオ出演@NBCラジオ佐賀】

8月末のドキュメンタリー「ひいくんのあるく町」のバリアフリー上映会の告知に続いて、その時の様子と10月27日に佐賀県立盲学校で行う出前上映会について、またまたNBCラジオ佐賀のよしのがり牟田さんと元タカラジェンヌ・穂高ゆうさんがパーソナリティを務める番組「ただいま、ラジオ」に出演しました。
BE3B8068-6066-4C70-AF12-54A279AFF733.jpeg

今回は、みないろ会メンバーでもある県立盲学校PTA会長の世戸亜希さんと私・山下明子で担当させていただきました。


番組の冒頭に、常連リスナーでみないろ会メンバーでもある「愛ちゃん」から番組へ送られてきた点字メッセージを牟田さんがご紹介下さいました。
愛ちゃんはいつも番組へのメッセージを寄せて下さるそうですが、みないろ会のメンバーの出演の時は、特に愛に溢れているように思えます。


「私も通う盲学校で行う「ひいくんのあるく町」の上映会のことを話して下さるそうで楽しみ」「みないろ会では音声ガイドを作るときに花組、月組、宙組と班分けしましたが、今度作品を作る時はどんな組になるのでしょう、ゆうさん、どんな組がいいですか」など見事なフォローをしてくれて、世戸さんも私も勇気百倍でした。


ちなみに、本来なら世戸さんと一緒に、保護者でもありみないろ会の制作班でもある愛ちゃんのお母さん(小嶋さん)が出演してもらうのがいいと会でも話していたのですが、あいにくお仕事が重なっていたため、前回のつながりもあって私が代わりを務めたような次第です。


よしのがり牟田さんはいつものように引き出し上手で、「世戸さんは初めまして、ですね。山下さんはお馴染みさん」と言われたので「まだ2回目ですよね」と返すと「2回目でお馴染みさん、3回目からは常連さんです(笑)」とのこと。


で、最初は8月の上映会の様子や参加者の反応について聞かれたので、それは私が答え、今回盲学校での出前上映会に至った経緯を世戸さんから語っていただきました。


私は、前回の番組での告知の甲斐あってかその時点で50数名と言っていた参加者が81名と会場いっぱいになり、ひいくんと監督がおいでになったことで、温かい雰囲気になったこと、上映会の冒頭にに音声ガイドのタイミングが合わず苦労したこと、それでもエンジニア担当の奮闘で無事に音と画面があい、アンケートでも「初めてバリアフリー映画をみた」「目をつぶっても町の雰囲気が伝わった」などの好評を得たことを紹介しました。


また、出前上映会についての苦労としては、今回に限らず著作権の関係で配給会社とのやりとりで色々なハードルがあること、本来は映画の製作段階からバリアフリー字幕や音声ガイドを組み込んでほしいということを述べると、「まさにここからがスタートですね」と牟田さん。私も「私たちの活動を通じて配給会社や映画の作り手の方たちに気づいてもらえるといいと思う」と述べました。


世戸さんは盲学校の保護者としてのあふれる思いを語られ、視覚障がいのお子さんを育てながら「子どもが楽しそうに食べ、過ごしている姿をみていると『幸せはつくるものではなく感じるもの』だと思うようになった」「視覚障がいの体験をしてもらって、『ああ、自分は障がいがなくてよかった』と思っても『あっちの世界』ということになってしまうけれど、◯◯があれば△△ができるよね、と一緒に考えてくれる人が増えたら世の中が変わっていくと思う」と。

また、「みないろ会は世戸さんにとってどういう存在ですか?」との牟田さんの問いに「みないろ会は私にとって勇気を与えてくれる存在」「対等でいられる心地よい場」とおっしゃっていただき、普段なかなかゆっくり聴くことのなかった世戸さんの思いが聞けて、横でうるうるしていました。


10分ほどの予定を今回も多分オーバーしてしまいましたが、よしのがり牟田さんと穂高ゆうさんの温かい雰囲気に乗っかって、初体験の世戸さんもリラックスされ、私も例によって時々合いの手を入れながら、楽しくおしゃべりさせていただきました。


この番組をお聞きいただいた方が、10月27日の盲学校での「ひいくんのあるく町」の上映会に1人でも多くお越し下さいますように。
F51F6B9D-6F7A-4643-851E-047477F1DCAB.jpeg
93CA4318-2521-4A45-BC33-CFF0127624A1.jpeg

#みないろ会
#ひいくんのあるく町
#出前上映会
#佐賀県立盲学校
#NBCラジオ佐賀
#ただいまラジオ
#よしのがり牟田
#穂高ゆう
#愛ちゃんありがとう

【室内転倒で傷だらけの父の人生…】

今朝、朝の服薬のフォローで実家に行くと、なんと血だらけでご飯を食べている父の姿が目に飛び込んできました。


聞けば、カップみそ汁にお湯を注ごうとしてか注いだあと(みそ汁ができてたので多分、注いだあとと思います)、父が転倒したのだそうです。


額や腕を擦りむき、左手指の付け根に切り傷があり、血がちゃんと止まらないままに下着を交換しようとしたらしく、どれも血だらけ…!「ひぇ〜…」と動揺しつつも、取り敢えず消毒綿で傷をふさぎ汚れていない下着と服を着せて落ち着かせました。


そんな時でもご飯を食べようとする父のたくましさと、横で若干動揺しつつもやはりご飯を食べ続ける母の度胸には感服しました。


「今日はデイサービス休む?」と父に尋ねたところ、母が「怪我しただけだからデイサービスを休まなくていいんじゃない?」とこれまた医者の娘らしく的確な判断。


どちらにしろ、今日は定期の通院日なのでデイサービスの後に神野診療所で診察してもらうためにも、横になっていていいからデイサービスに、ということにしました。


結局、午前中にいったんデイサービスから診療所に移して、怪我の治療をしてもらったらしく、夕方、通院の2人を迎えに行ったところ、待合室には満身創痍の父と見守る母、という図で座っていました。
0F9DD059-9B56-4280-A8D7-E79546869F34.jpeg

せっかく退院したのに、えらく気の毒な父の「傷だらけの人生」となりました。幸い、骨折などにはなっていませんでしたが、それとは別に、心房細動の関係で退院後またむくんでいるし、血管大動脈瘤の気になる所見があるので、専門に診てもらったほうがいいとの判断で、月曜日に佐大医学部病院に連れて行くことになりました。


いやはや、いやはや…です。
39CE85D8-CD38-470A-B73D-C98E3A22C293.jpeg
DBA5888F-27BB-4BD3-8258-702C6061BAA6.jpeg
1FAA5975-73EE-447D-8ED3-80498A39CA29.jpeg
A31525C7-B761-4F36-8A84-CE93F17882EE.jpeg

#家族の肖像
#いやはや介護日記
#傷だらけの人生

【台東区の対応、さらに差別的な意識の根深さを感じる案件】

台東区が、ホームレスの方の避難所利用を「区民ではない」「住所不定だから」と断った問題で、実は別に外国人観光客や帰宅困難者を受け入れるために東京文化会館など2カ所を避難所として用意して開放したのに、そこに避難しようとしたホームレスも、入り口付近で雨風をしのごうとしていたら「入り口だから離れて」と言われたとのこと。


当然、ここでは区民かどうかを問う場面ではないわけです。


本来なら、「雨風が強くなってきたから、中に入ってください」というべきでしょう。テレビやラジオ、行政無線などで「命を守る行動を最優先に」というアナウンスが繰り返されている一方で、信じられない対応に、路上生活者に対する差別意識とも取れる認識の根深さを感じます。


この問題を論じる時に「税金を食い物にしているから」「自己責任だろう」などというコメントが時折見受けられるのも、災害時になにより命を優先すべき、という意識が徹底されていないことの表れに思えます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00010001-bfj-soci&p=1

06ABFF89-1E12-4E43-A163-09BE867CAEB2.jpeg

#台風19号
#避難所利用
#命を守ることを最優先に
#現在地救助の原則
#台東区の対応

【みないろ会メンバーミーティング@シアターシエマ】

夜はバリアフリー映画作りの「みないろ会」のメンバーミーティングでシアターシエマへ。


今回はとある媒体からの取材もあり、シアター内での集合写真やミーティング中の撮影などもありましたが、私たちは目前に迫った県立盲学校での「ひいくんのあるく町」の出前上映会の打ち合わせや次なる長編作品の制作に向けた段取りについての協議、佐賀県から幕末佐賀維新博のメモリアル映像に音声ガイドをつけるための脚本作りを委託されたことについての試写に集中しました。
21F47B09-C10D-4086-A5FA-9B30763DDCA0.jpeg
D9DCEBDB-4296-4A23-B172-AD99301C1152.jpeg
A9F2F5A9-2D2A-4942-9646-8C6ADA1064FB.jpeg

「ひいくんのあるく町」は8月末に一般上映会をシエマで行いましたが、シエマになかなか出てこられない方たちのために出前上映会にも取り組もうということです。


今回は県立盲学校の授業参観日にあわせて、保護者会が企画してくださり、みないろ会として全面協力するというものです。

10月27日(日)13時半から県立盲学校の視聴覚室で行います。参加無料で、どなたでもおいでいただけます。

この際、盲学校の見学も兼ねておいでになりませんか?この日の時点で一般申し込みは9名とのことで、まだまだ募集しておりますよ!

なお、この出前上映会の告知も兼ねて、10月17日(木)11時20分からNBCラジオ佐賀の「ただいまラジオ」にみないろ会メンバーで盲学校PTA会長でもある世戸亜希さんと私・山下明子が出演予定です。よかったらお聴きくださいね!
048A2FAC-5F55-496E-81D8-C450C95B9808.jpeg
D72984B4-11EC-4B28-B480-E1FA7C953BFE.jpeg

#みないろ会
#バリアフリー映画
#シアターシエマ
#はじめての出前上映会
#ひいくんのあるく町
#佐賀県立盲学校
#NBCラジオ佐賀
#ただいまラジオ

【議会広報広聴委員会で議会だより編集】

午後から議会広報広聴委員会が開かれ、9月議会報告の議会だよりの編集作業や11月に予定している佐賀商業高校生徒の意見交換会の日程調整などを協議しました。


今回、諸般の事情により委員長が欠員となったのですが、議会構成の入れ替え時期が間近に迫っていることもあり、10月いっぱいは委員長欠員のまま副委員長で進めることになりました。


今度の議会だよりには8月豪雨のことなどもちゃんと載せなくては、と、手持ち写真の提供など積極的な話し合いとなりました。
A3654EF2-C80B-47E9-944C-022F18456222.jpeg
#佐賀市議会
#議会広報広聴委員会
#9月議会報告
#佐賀市議会だより

【ホームレスの避難所利用を断った台東区の防災対応】

ホームレスの方の避難所利用を断った台東区の対応は明らかに問題ありです。
6FFFAAFE-EC07-4EC7-A2EB-CB0B8FBB4E28.jpeg

台東区の地区防災計画は区の避難所は区民しか対象にしていないとのことですが、住所がどこにあろうと、旅行者や行きずりの人も含めて、「そこに住む人、働く人、滞在する人の生命と安全を守る」ことが自治体の役割のはず。


そうでなければ「観光客誘致」だってできないし、区外からの来訪者や外国籍の人はどうするのか、台東区民が出かけた先で「地元住民ではないから」と避難を断られたらどうなのか、と考えてみるべきだと思います。


世の中ではSDGsなどと叫ばれているというのに、共生社会づくりからかけ離れた自治体の対応には首を傾げてしまいますし、防災計画のあり方、施設利用のあり方など、いろいろな分野でこうした視点をもって見直す必要があると改めて思います。


#台風19号
#避難所の利用
#台東区が住所不定者を断る
#地区防災計画
#SDGs
#共生社会づくり

【偲び草】

尊敬する方が亡くなられて10年目の命日を前に偲ぶ会が行われるというので、前から案内を受けていたので日帰りで上京しました。


台風19号の直後なので、どうなるかと思いましたが、一応無事に空の便は確保できました。佐賀のお天気は良かったのですが、昔から「雨女」と言われていたその方らしく、やはり東京は雨でした。


偲ぶ会では、懐かしい方、会いたかった方達にも会えて、その方のおかげでつながったもの同士、思い出を語り合い貴重なひと時となりました。
14D9A0D6-F771-4BC8-B2CD-CAF01859CCCC.jpeg
4453BD7D-28D2-42FC-A33A-E1CC45C53B51.jpeg
51ED1A6D-F553-4BB7-96CA-7824E67BE47B.jpeg
69F8B59D-0160-418E-A84D-73E204A63A67.jpeg


#偲び草
#雨女
#10年目

【第26回勧興ふれあい大運動会@勧興小学校】

台風19号が東海から東日本一帯に猛威をふるう中、遠く離れた佐賀でも昨日から強い風が吹き荒れていましたが、空は晴れ渡り、予定通り地元の小学校と地域合同のふれあい運動会が開かれました。
9BF69147-737E-4FF5-A4B0-036E1F210A1F.jpeg

小学校の児童が減少する中、地域の運動会も独自にはなかなか開くのがしんどくなってきたということもあり、まちなかの中心部の地域ではありますが学校と地域が一体となっての「ふれあい大運動会」を開くようになって26回目となりました。


小学校の運動会だと保護者のみなさんも積極的に参加されますので、地域の運動会の若手世代の参加にもつながるということもあるし、PTAやお孫さんなどのつながりのない地域の方にとっても、子どもたちとふれあう機会になって、地域の見守りにも結びついていきます。

種目は学校主体の種目と地域主体の種目を織り交ぜて行うので、子どもにとっては出番が少なくなるという部分もあるかもしれませんので、地域の人と一緒になった種目も作られています。
AC380F69-8743-4A03-8EDE-2C63C31A5298.jpeg
CAC44469-61A4-4C10-8C59-F5D5CB29129E.jpeg
181E465E-73CB-4ACA-9BDC-9BCC22A0D218.jpeg


ただ、それでも気になるのは地域の高齢化で、地域版年齢別リレーでは、最高齢グループは「60歳以上」、最低年齢グループは「18歳以上」となっているにもかかわらず、わが米屋町自治会では最高齢は82歳のNさん、最低年齢でも30代近いなど、年齢条件が実態に合わない状況にあるということです。


Nさんはもし75歳以上、とか80代などで走ればかなり早い方だと思いますが、本当に60歳前後の方と一緒に走ると、それはハンディがあるというものです。わが町のテントの中では「年齢グループをもっと引き上げたものを作るか、80代でも頑張っているのだから10歳上がるにつれて加点するとか考えて欲しいよね」などの声が上がっていました。
69CC0D97-036D-4541-AF9D-7302C77B8411.jpeg

また、これは地域防災リーダー研修会でも出されたことですが、地域の自主防災組織を作っていく上で、住民の意識づけにもなるように、運動会の種目の中に防災活動の要素を入れていくようなゲーム感覚を盛り込むことも、今後考えて行ってはどうかな、と思います。それを子どもと保護者、地域と一緒になって取り組むと、いい機会になるのではないでしょうか。


そんなことを考えつつ、今年は高齢の両親の食事の世話で会場と行ったり来たりだったのであまり出場することはなく、得点種目としては玉入れとむかでリレー、あとは全員参加の大玉転がしに盆踊り、丸ボーロ食い競走など、気楽に楽しく参加させていただきました。結果、今年は子どもは白組の優勝、自治会は平島地区が優勝でわが町は4位だったようです。



地域と学校と一体になっての楽しい1日となりました。
5A72D58C-E29B-43B9-A376-094F46AADF41.jpeg
2B43CB6A-814F-437D-A07F-75B1316D5531.jpeg
2392F4A4-8CDF-4608-9EEC-7BC11C40D121.jpeg
D9E992C2-A8D4-42D6-9EAB-3C8B459E20FE.jpeg
C2685E05-9ADC-43C1-A0CD-F8AC8E264A80.jpeg
1AF77556-7034-44C8-8FE9-D1B0D64F1709.jpeg
A4E13A8C-10BD-4561-A428-7BD14B6A436E.jpeg
CA9AFE48-B9CE-4E25-AB5B-3E466692E4FF.jpeg
5736264C-35C2-4280-860E-2D2EF62407A1.jpeg

#勧興ふれあい大運動会
#26回目
#勧興皆一家
#学校と地域の交流
#地域コミュニティ

【SAGA. VOCALIST. FESTIVAL 2019 @ 佐賀バルーンミュージアム】

父を自宅に送り届けて、中央郵便局に行く途中に、バルーンミュージアムの横で信号待ちしていると、ミュージアム1階で何やらコーラスを楽しんでいる人々が目に入りました。
AEFBC298-2803-4C3C-91DE-60EE5CA9AF47.jpeg

そこで、郵便局での用を済ませて、ちょっとのつもりでバルーンミュージアムをのぞいてみると、11日〜13日に開かれている「ヴォーカリスト・フェスティバル 2019」の一環で、合唱やオペラの分野のコンサートがここで行われるとのことで、そのリハーサル中だったのです。
C790047B-66BD-4B7D-8D44-592EABAD8EA6.jpeg

佐賀北高OBによる北楠混声合唱団や佐賀市民混声合唱団、男声カルテット、女声混声ユニット「フェリーチェ」、山口亮史さんと森明日香さんによるオペラティックデュオというプログラムで、先輩や知り合いの方達の顔ぶれも見つけたので、リハーサルだけのつもりが本番まで鑑賞しました。
BF28B1A2-52F1-4333-B46B-B09425C0B7D9.jpeg

この企画は、松原で長く馴染まれてきたライブハウスRAG−Gが8月豪雨で浸水被害に遭い、店舗を移転するにあたり、移転先の松原川沿い一帯を盛り上げていきたいというオーナーの熱意がきっかけとなって、幅広いジャンルのバンドやグループ88組が水害からの復興支援の思いを込めて3日間かけて演奏するというものだそうです。
FF366287-2753-4FF5-ADC0-AE04EAA56406.jpeg

会場の一つにバルーンミュージアムを使うことについては、ご自身もバンド活動をしている市職員の森清志さんがつなぎ役になって、この日も総合監督役を果たしておられるようでした。
8934FAF1-5BC3-4452-AC8A-4FF59DA5B03A.jpeg

それぞれの出演団体の演奏も素晴らしく、ノリノリで楽しませていただきました。「涙を越えて」の時には大学時代のサークルを思い出しながら、踊りそうになりました。
E94B4B34-FD78-4A32-979B-E92E9419538B.jpeg
378DE6B2-5596-4708-952B-B812FDF1280E.jpeg
48B5CC78-5F72-40BF-B689-3B98E1AAA4D4.jpeg
D14F5FA0-B9EC-4CEA-9FEF-620DAA0C022D.jpeg
60A47602-AFBE-4A7D-ADED-4D6750FA951B.jpeg
ACE49EC8-2D23-4E4A-A23E-DFD808B8EDB1.jpeg
4712ABEE-A813-44B3-87A9-759D07CAEACE.jpeg
EE76FEB3-B36D-4236-893D-76935D47CBBE.jpeg
09125089-558F-4203-904D-0DABA7DE3682.jpeg

鑑賞は無料でしたが、復興支援の想いも込めての募金が呼びかけられていました。


このヴォーカリストフェスティバルが、今後も続いていくと「歌うこと」を軸としたお祭りとして、また佐賀の文化を豊かにしてくれることと思います。

#SAGAVOCALISTFESTIVAL
#佐賀バルーンミュージアム
#松原エリアを音楽で元気に
#北楠混声合唱団
#さが市民混声合唱団
#フェリーチェ
#山口亮史
#森明日香

【退院後の父は…】

退院前から「歯が痛い」と行っていた父を行きつけの平井歯科に連れて行きました。
B96DC1BC-C268-4148-936F-B18510E9C8F6.jpeg

自宅からそう離れてはいないのですが、さすがに退院早々自転車で行くのも心許ないので、新婦人の会議を少し早めに退席しての送迎となりました。


かかりつけの歯科医の先生から「山下さん、まだまだ元気でがんばらんば」と励まされて嬉しそうな父を誘って、歯科医のあるニュー寺元ビルの地下の喫茶「アリユメ」に。
8DFF718A-27DD-4F84-AA96-5E2ABA8CBA7C.jpeg

久しぶりの「アリユメ」とあって、父は自分で「退院祝いだ」とエビフライカレーを注文。かなり大ぶりなエビでしたが、父はしっかり完食でした。
BE62F4A4-6D36-46C0-B763-DD118238BEF1.jpeg
75910872-76D5-4909-ABFE-4BA5B471B726.jpeg

#家族の肖像
#喫茶アリユメ
#平井歯科医院

【新婦人佐賀支部の支部委員会】

午前中は、新婦人佐賀支部の支部委員会へ。


9月議会に提出された、保育給食(副食費)の無償化を求める請願の取り扱いについて、文教福祉委員会でのやり取りなどを報告させていただきました、
E17D08DD-E4F7-441E-BE0A-42121B253168.jpeg

請願の提出に向けて、市内の保育所や認定こども園など8ヶ所で聞き取りするなど、現場の声をふまえての取り組みだったので、議会の委員会傍聴を初めてされた方達の率直な感想も語られました。


中には、克明に議事録並みのメモを取ってくださった方もあり、「具体的にどの議員がどんな考えを持っているかがわかってよかった」「今後も、実費徴収後の状況を注視しながら、ねばり強くはたらきかけよう」「請願者の意見も聞いてもらえるように、会議規則をかえてもらうような働きかけも必要」などの意見が出ました。


なお、8月豪雨で床上浸水した会員に対して、新婦人中央本部と県本部からお見舞いがおくられるということで、母あてのお見舞金を言付かりました。ありがたいやら申し訳ないやら…。


ということで、たしかに母に渡しました。
145998E2-4451-43FD-9BE7-3FC6BBDABAB2.jpeg
1814B337-B392-4C4B-ACCB-8435D9347471.jpeg

#新婦人佐賀支部
#支部委員会
#議会傍聴
#保育給食の無償化を
#浸水被害のお見舞いありがとうございます

【父の退院】

お盆直前から入院していた父が、先週「お試し帰宅」をしたうえで、ようやく今日、退院してきました。


夕方、父を迎えに行って連れ帰るとホッとしたようにして、早速寝てしまったので、あいにく写真はありませんが、かわりに「おかえりなさいボード」をアップします。
B50AB1D3-3843-4880-876D-0BEF14AF2218.jpeg

また、母の通院日に病棟から会いに降りてきた姿も微笑ましくて、ツーショットを撮っておりました。
26C74C29-EC41-479F-9273-B8814B91F4F4.jpeg
87355A49-802A-4214-B958-06DA0EEB5F49.jpeg

とりあえず退院した父ですが、心臓血管動脈瘤があるかも…ということで、専門医に詳しい検査をしてもらうように、と主治医から言われているので、まだ油断はできません。


ということで、これまで父のベッドに寝泊まりしていた私はところてん方式に追い出され(笑)またもや92歳、93歳の老々介護の生活になるかというと、そう単純ではないようなので、私の二重生活は「通い中心」にしながらもまだ続きそうです。


#父の退院
#家族の肖像
#やっぱり自宅が落ち着くのね
#通い中心の二重生活は続く

【佐賀市中心部の内水氾濫について、市民団体が要望書】

8月の佐賀豪雨で、佐賀市内では金立地区の土砂災害とともに中心部の内水氾濫被害が特徴的に現れました。


市内の内水氾濫については、これまでも排水計画に基づいてポンプ場や樋門の整備なども進めて来られたことにより、「冠水時間の短縮」には一定繋がってきたといえます。


その一方で、水田が埋め立てられてマンションや宅地開発が進むのに有効な貯水システムが確立していないこと、もともと冠水地帯なのにマンションが建設される時に地下駐車場などが作られるような設計にゴーサインを出してしまうような建築指導のあり方、日頃からの河川やクリークの浚渫が徹底されていないことなどがまちづくりの課題と合わせて問題だと考えていました。


このほど、市内の婦人会長さんら有志による「水害からまちを守る会」のみなさんが市に対して水路・クリークの点検や計画的な浚渫を進めるように求める要望書が提出された、との記事(10月9日付・佐賀新聞)がありました。
902EA371-B7F6-47F5-ACD0-ED9AA76CF06B.jpeg

佐賀豪雨を受けて9月初旬に立ち上げ、勉強会を重ねた上での要望書提出とのことで、市民にとっても切実な課題での取り組みに敬意を表します。


そして、9日には佐賀市の排水対策検討委員会が開かれ、「この間の排水対策の成果により、1990年の水害より被害は小さかった」とする市の報告に対し、市民委員から「都市化が進む市内中心部の排水能力が落ちている」という指摘が相次いだことが10日付の地元紙に続報として掲載されていました。
CE72C38D-1C3B-4ADB-8EC9-539C55E3AA65.jpeg

これまでの成果はあったとしても、指摘されていることに基づいての取り組みを強めることが大事だと思います。
私は①今回の水害の冠水データをつぶさに解析してまちづくりに生かすこと、②建築指導の分野での開発行為に対する指導や助言のあり方を検討すること、③水路やクリークの日常的な点検と計画的な浚渫を強めること、④河川清掃時に地域で担えない場合には、市としての対応を明確にすること、⑤下流部でのポンプアップの能力強化が必要だと考えます。


#2019佐賀豪雨
#佐賀市中心部の内水氾濫
#市民団体の要望
#水害からまちを守る会
#佐賀市排水対策検討委員会
#まちづくりの課題

【放課後児童クラブの基本料値上げへ! 運営費増を理由に月額3000円→5000円へ〜文教福祉委員研究会で表明】

佐賀市は、放課後児童クラブの運営費が増加しており、来年度以降も指導員の処遇改善にかかる人件費の増加が見込まれることを理由に令和2年度からの基本料金を月額3000円から5000円に引き上げる方針であることを9月30日の文教福祉委員研究会で明らかにしました。延長保育と土曜保育については現行の1500円に据え置くとしています。
8211D7A6-B250-4529-A1B9-74891D23D58E.jpeg

市の説明では、①放課後児童クラブの利用料は国の考えとしては「保護者負担2分の1、残りを国、県、市で6分の1ずつ負担する」としている、②平成27年度に嘱託職員の導入にあたって料金改定をしたが、実際は平成30年度決算で月額4800円程度かかっており、3000円では不足している、③令和2年度から指導員の処遇改善に向けての会計年度任用職員制により、月額6100円程度の運営費となる、④一気に6000円にはできないので5000円にしたい、④多子世帯の「きょうだい半額」は維持する、とのこと。しかも10月下旬の西与賀校区を皮切りとした新入生むけ説明会で発表するといいます。
408271BC-9E96-48BB-A39F-4849096CC302.jpeg

9月30日の委員研究会では「指導員確保のための処遇改善に向けて、会計年度職員の導入に期待を持たせておきながら、それで運営費が増えるから保護者負担を増やすとは何事か」との批判が続出し、あらためて10月4日に研究会が持たれましたが、市の考えに変更はありませんでした。


県内では基本料金が3000円〜3500円のところが多く、他に唐津市が来年度の値上げを検討しているとのことですが、全国的に「会計年度任用職員」制度に移行することで運営費が増えるのは同じなのに佐賀市が引き上げるのは納得のいかないことです。
2F1639F2-36D0-476A-B07E-CFFD8E09EB6A.jpeg

#放課後児童クラブ
#子どもの最善の利益
#指導員確保
#処遇改善
#会計年度任用職員
#基本料金値上げですって
#佐賀市議会
#文教福祉委員研究会

【屯〜LGBTsとアライの交流会@地域共生社会づくりハチドリ】

夜は、お誘いを受けて「屯(Tamuro)〜LGBTsとアライの交流会」に出かけてきました。


お誘いに気づいたのは昨日の午前中で、たまたま今日の夕方以降は空いていたので、車を飛ばして約40キロ…。


着いたところは落ち着いた民家で、居心地のいいソファと小さな座机にお茶とお菓子と梨と…というお部屋でした。
A595035F-E7B0-4593-AFC7-94116CF4AAE1.jpeg
ADE9C1D3-8A67-4870-8A0C-4907D0EB24DD.jpeg

遅れて行ったのですが、じっくりと話せる規模でして、最初はいろいろな世間話から始まり、やがて中心テーマのLGBTsに関して、主催のグループ「地域共生社会づくりハチドリ」代表の「なっちゃん」の波瀾万丈のこれまでの人生を聴きつつ、私もアライ(理解者)としてこれまでの環境や何ができるか、などについて考える機会になりました。


これまでに議会でもLGBTの課題について取り上げたことはあるし、佐賀市では男女共同参画化や人権同和の分野でこの2、3年ほどはLGBTの課題について重点的に取り組まれています。


とはいえ、「人権課題として理解を広げる」というレベルにとどまっており、各地に広がりつつあるパートナーシップ条例や同性婚への認識について深めるには至っていないのが実情です。


それは当事者にとっては「なぜ?」ということになります。


例えば「男女の営みは『種の保存』という法則に適ったものだから、敢えて同性婚にこだわるのは不自然」という意見もよく聞きます。でも、「種の保存」という点だけ考えたら人工授精という方法もあるし、子育ての視点から考えれば、里親制度も考えられます。


要は、「異性でなければならない」という枠にとらわれない考え方で法的な仕組みや医療的なケアなどを検討していく時代になってきた、ということだと思います。


LGBTsとはL(レズビアン=女性の同性愛者)、G(ゲイ=男性の同性愛者)、B(バイセクシャル=両性愛者)、T(トランスジェンダー=出生時の性に違和感を持つ性的越境者)以外にQ(クエスチョン=LGBTのどれにも当てはまらない、または定まらない)、I(インターセクシャル=両性具有者)、A(エイセクシャル=他者に恒常的に恋愛感情を持たない無性愛者)など性自認に関わるさまざまなタイプを総称して「s」をつけているものです。


LGBTの当事者は12〜13人に1人の割合で存在し、sまで含めると1割に上ると言われています。となると、実はかなり身近な課題なのにもかかわらず、表面化しないためにそれぞれが内に抱え込んだまま「自分はおかしいんじゃないか」と悩み続ける人がいるかもしれない、ということです。


そういう感覚を持って、この課題に向きあい、個別にはセンシティブであっても、課題としてはもっとオープンに語られるようにしていくことが必要なのよね…という話で盛り上がりました。

13246004-02F0-4B9C-853D-CE6FF69A9BE6.jpeg

#LGBTs
#地域共生社会づくり
#ハチドリ
#以外に身近な人権課題
#当事者と理解者

【神戸市の小学校の「教諭同士のいじめ」報道 】

神戸市の小学校での「教諭同士のいじめ」事件の報道を読んでいると、暗澹としてきます。
0ED2E839-EB7B-483B-AF74-9DE7D07A4DCC.jpeg

「どんな小さなことも見逃さない」「とんなことでも相談においで」などと言っても、その相談の窓口たる教師がいじめの加害者となると、いったい誰を信じたらいいのか…ということになります。


今日の西日本新聞のコラムには共感しました。
3F78AB13-D339-4482-87A6-BB6136ED8984.jpeg

【10月10日は55年前の東京オリンピックの開会日】

台風19号が猛烈な強さの勢力を保ちながら本州の南側を通っているとのニュースで、この2日ほどの台風への備えについての呼びかけが繰り返されています。


15号、17号と台風被害が繰り返されている地域では気が気でないことと思います。どうぞご安全に。

2E4A0697-14D7-47AD-B558-7A15BB01C0FB.jpeg

今日は10月10日、55年前の東京オリンピックが開かれた日です。全国的に晴れ渡って、清々しいお天気でしたが、この時期ならだいたい過ごしやすい気候になっているのが日本です。


2020年東京オリンピックが8月に開かれるというのは、今の日本で考えると正気の沙汰とは思えません。


開催国の気候条件ではなく、アメリカの放送条件を優先させるオリンピックって一体なんなのでしょう。過酷な気候のもとで競技させることは「選手ファースト」ではなく「選手ワースト」といいたくなります。
BB8B9540-45C3-4215-A3E6-0996E852C659.jpeg

#台風19号接近にご用心
#10月10日は東京オリンピックが開かれた日
#体育の日
#オリンピックは開催国の気候を考慮せよ

【UDトークの導入、佐賀県議会に先を越された!】

9月議会で「聴こえのバリアフリーへの支援を」と取り上げ、2月議会に続いてUDトークの普及について質問をしたり、議会改革検討会や議会運営委員会でも問題提起をしてきたのですが、佐賀市としては「音声変換アプリ」についてはUDトーク以外のアプリも含めていろいろ検討しているものの、最大のネックは「セキュリティ」だとして、まだ慎重な姿勢です。


ただ、本当は文字変換の時の修正の手間の問題もネックだとしているようです。修正のための人員配置となると人件費や委託料が発生するからです。


そうは言っても、すでに唐津市議会が9月議会から傍聴席で採用するというニュースを紹介しておりましたら、今日、Facebook友達とのやりとりで佐賀県議会も9月から導入していたことがわかりました。


9月18日の西日本新聞に載っていたのですが、見逃していたようです。


政務活動費の公開度などは県より進んでいる佐賀市ですが、聴こえのバリアフリーという点では、さすがに県条例を制定しただけあって、県議会の方に先を越されてしまいました。


佐賀市議会でもできるところから早く対応すべく、先行自治体の検証を急ぎたいですね。
B2911CD4-3DB9-48EA-8D9C-6C933C7CBE70.jpeg


#聴こえのバリアフリー
#UDトーク
#議会のバリアフリー促進