テーマ:環境問題

【市役所市民ホールで環境問題を考える展示@佐賀市】

 市役所1階の市民ホールで環境政策課による廃プラスチックを減らすための取り組みやマイバックの展示が行われています。  面白いのは、市役所職員のみなさんが実際に使っているマイバッグをコメント付きで展示されているのと、新聞紙で作るマイバッグなどの作り方、環境ぬりえなどのチラシもなかなか興味深いものがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諫早干拓、長崎地裁が開門確定の高裁判決に逆行判決

諫早干拓の開門調査を命じた福岡高裁の確定判決の期限が迫る中で、まさかの逆行判決が長崎地裁で下されました。 判決の要旨を見ていると、開門したら農漁業が続けられなくなるとか、国の示す試験開門の方法で解決できる可能性は低い、などと述べられているようですが、この十数年に及ぶ有明海沿岸漁業が壊されてきた現実、自ら命を絶った漁業者の苦しみ、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職員異動・・・・年度末を実感

 今日は市役所の人事異動の大まかな内容が地元紙に掲載されました。  佐賀市は地方自治法改定に伴い、副市長を2名置くことになりなりました。それはこれまでの大西助役、古賀収入役が就任されますが、副市長といえばこれまでと違い、ある程度自分の判断で政策的にも切り開いていける権限を持つことになります。ある意味、これはすごいことだなあ、と思い…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

プルサーマルは破滅への道

 昨日、保険医協会主催でプルサーマル問題の市民公開講演会が7時からアバンセでありまして、時間の許す範囲で参加しました。テーマは「プルサーマルは破滅への道~地球・人類の歴史とエネルギー」ということで、講師は京都大学原子炉実験所の小出裕章先生。会場は立ち見が出そうなくらいで、150人くらいでしょうか、ぎっしりでした。  専門家の難しい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

プラスチックごみの処理施設周辺は・・・・?

 廃プラスチック処理施設の周辺では、住民生活にどんな影響が出ているのか?そんな疑問に答える視察報告を×第二迷信様からご紹介いただきました。  「京都民報」のWEB版です。「京都民報」は学生時代から私も読んでおり、いまも京都の香りを少しでも感じていたいので、郵送してもらって購読を続けています。   → http://www.k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やっかいなごみ」の話

 カラス対策から話が広がって、×第二迷信さんから、こんどは京都の消費者団体のサイトをご紹介いただきましたので、これまた、あらためて貼り付けておきますので、環境問題に関心のある方は、ぜひごらんになってください。  ×第二迷信さま、ありがとうございます。  →http://hc2.seikyou.ne.jp/home/syoda…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カラス対策 その2

 「その2」とつけたからといって、妙案が浮かんだわけではないのですが、昨日の「カラス対策」にどろぶったさんや×第二迷信さんからコメントをお寄せいただいて、いろいろアイデアやご意見を拝見する中で、やはり、生ごみをいかに減らすか、という根本的な対応がまず必要だということをあらためて痛感。  佐賀市は、ごみの分別をかなりがんばって実践し…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

からす対策

 おととい、地元校区の環境衛生実践本部の会議があって、議員として参加したのですが、そこで出された話の中に、「カラスの害」の対策問題がありました。  いま、佐賀市では生ごみの回収場所にカラスが群れることに対して、「ネット」をかぶせてごみの散乱を防いでいるのですが、とうてい防ぎきれなくなっているのです。  中心部の目抜き通りや、飲食…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more