【公共交通空白地域での交通課題解決のためのガイドライン@佐賀市】

 佐賀市の北部中山間地域を運行してきた民間の昭和バスが撤退することになったのを機会に、富士・三瀬地域での公共交通空白地域における地域内交通の導入について地域と行政とで検討を重ねられ、今年度からマイクロバスでの地域内運行やデマンドタクシーなどの導入が始まります。


 この間の協議検討内容を今後に活かすためにガイドラインとしてまとめられた冊子が議会に届きました。
39A72C79-6014-4583-ADFE-4B65B250A7F7.jpeg

 全体はゆっくり読み込むとして、概要版を見て感じたのは、地域内交通については地域が主体的に取り組むことを前提とし、行政はそのサポートをする、という流れになっているのですが、そうなると地域力が問われてくるということです。
6D60EEDF-1450-44D8-A7CE-2CD2B8B0B938.jpeg
757C00A7-F6B3-4F3C-B43C-B40A46455DAC.jpeg

 しかし、こうした公共交通空白地帯は、少子高齢化・過疎化が特に進んでいるわけで、今はなんとか元気でこの課題の解決を担っていこうという人たちがいるとしても、そのあとはどうなるのか、あるいはそういう地域力が育っていないエリアに暮らす人はどうなるのか…など想定すると、本当は地域力に関わらず「公共交通」についての「公の責任」というものを国はもっと果たしていかなくてはならないのではないか、と思います。


 先日、鉄道の果たす役割をテーマとした特集番組を見たのですが、東日本大震災後、JRや三陸鉄道などが地域の中でどう復活を図るのか、鉄路での復活かバス路線での復活なのか、地域を支えるのはどちらなのか、と考えさせられました。


 全ての国民に同じサービスを保障するためには、本当は交通やエネルギー、郵便、通信など全国民の生活に関わる分野は民営化ではなく昔のように国の責任で進めるべきではないか、ということも考えながら、この冊子を手にしたところです。

#佐賀市
#公共交通空白地域
#地域内交通の導入ガイドライン

"【公共交通空白地域での交通課題解決のためのガイドライン@佐賀市】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。