2つの仮設住宅訪問~青空市と聴き取り活動

  今日は、午前中に衣類の仕分け作業をしたあと、午後から2ヶ所の仮設住宅を回りました。

 昼過ぎには七ヶ浜の仮設住宅で、「困りごとはありませんか」のアンケートと支援米を2㌔ずつ手渡し、木陰の広いところにブルーシートを広げて、救援の衣類を並べての『青空市』を展開。80世帯の仮設で、特に責任者もなく個々バラバラだといわれていましたが、「青空市」を聞きつけてきた方たちが、嬉しそうに品選びをする様子を見て、いい交流の場にもなったのでは、と思いました。

  夕方は多賀城公園仮設住宅に行き、前に行って留守だったところを回りつつ、アンケートの回収をしたのですが、「仮設に畳がないので寒い」「お風呂の追い炊きができるようにしてほしい」「急な階段と砂利道の坂道が年寄りには大変」などの声が出されました。162件の住宅を2組に分かれて一気に訪問したので、リアルな声が聞けてよかったと思います。九州から来たことをとても喜んでくださいました。

"2つの仮設住宅訪問~青空市と聴き取り活動" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント