夢をあきらめない!佐賀北高が大逆転で甲子園優勝!!!!!

 すごい!すごい!!すごい~!!!
 画像
 今日は、定例の会議を12時半過ぎで終わらせて、甲子園観戦モード全開でした。
 どこで見ようか、迷いましたが、街中のテレビの前がどうなっているか、様子を見ながら、やはり甲子園にいけなかった分、せめて北高仲間と心ひとつに観戦したいので、北高会館(同窓会館)に行きました。
 すでに、北高の敷地には車が満杯。同窓会館に行くと、立錐の余地もないという感じでしたが、報道陣の合間をすり抜けて、部屋画像の隅っこの壁際にスペースを確保し、立ちっぱなしで観戦しました。

 やはり、集団で観ると、ちょっとしたことで「おおーっ!」とか「あ~っ!!」とか、悲鳴や拍手や掛け声で盛り上がるものですね。

 今日の北高ナインは、正直言って昨日までの調子がいまひとつ見られない感じで、広陵高校に2点先取されてから、なんだか体の動きが硬いような、「おいおいどうしたの~」という状態だったように思います。
 途中でさらに2点追加され、久保投手はデッドボールを繰り返すし、こちらの攻撃の時にはなかなか今までのような打線が出てこないし、応援の声も、ちょっとしめりがちになっていたのですよ。
 ここまできたことでよし、とするのか、いやいや昨日の常葉菊川のように、9回裏で連続得点のチャンスもあるし・・・といろんな思いが交錯してつらいつらい7回までの時間でした。

 そしたら、なんと!8回の裏!まさかのフォ画像アボールで満塁になりながら押し出しの1点がまるで点から降ってきたように得点できたではありませんか。しかも、そのときも満塁!
 「うそっ!次の打者は誰!?」「副島くんだ~!!」「ぎゃ~ッ!!」という感じ、わかりますか?

 今日、あまり調子が出ていなかった副島くん、これまでの試合では本塁打を恐れてフォアボールで歩かされたりしていたし、もうここで打てなかったら後悔するんじゃないかな~と祈るような気持ちで見ていたら・・・・・やってくれましたよ、満塁ホームラン!!!

 ぎゃ~っ!!!という歓声と、ホームランとわかったときの地鳴りのようなどよめきで、北高会館が揺れたかと思ったほどです。じわ~っと涙が出てきました。あとは、「奇跡だ~」「こんなことがあるなんて!」「あきらめないでよかった~」との声、声、声・・・。

 そして、9回表で広陵の打線を抑えき画像れるかどうか、というところでしたが「こっち、こっち、流れはこっち」のコールで激励。2アウトまでもってきたところで「あと一人!」の嵐のようなコール。最後の打者を3振でおさえて試合終了!

 夢のような一瞬でした。「うそ~!」「信じられな~い」「よくやった~」などの歓声と万歳と校歌のエール・・・・。
 今日まで歌って7回目。他の人も覚えてしまえるような短い校歌を、2回、歌いました。

 その後、優勝旗の授与のときまで待って、みんなで祝福しあいました。

 涙を拭きながら観ていたら、NHKのインタビューを受けましたが、映るかどうかは別ですね。ただ、テレビ朝日系の「めんたいワイド」という福岡のテレビ番組では中継が入り、一言インタビューの最初に卒業生として一言、マイクがまわってきました。
 「失礼ながら、県立の普通高校ですよね、画像どうですか!?」というインタビュアーに対し「はっきり言って自慢です!!嬉しいです!」と答えました。

 閉会式の講評の中でも、北高について、佐賀県勢として県立普通高校が優勝したことは県立佐賀商業高校につづいて2度目だということを「さわやかな風を吹かせてくれた」と評価してくれました。

 それにしても、開幕試合から決勝戦まで、佐賀北旋風をまきおこしてくれた選手のみなさん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
 北高から帰るときには、なんと手回しのよいことか、もう選手の写真入で『優勝おめでとう』の朝日新聞のポスターと吊り下げ用のステッカーができていて、配られましたので、一枚ずついただいて帰りました。
画像



画像画像

"夢をあきらめない!佐賀北高が大逆転で甲子園優勝!!!!!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント