【「多様性とわたしたち〜パートナーシップ条例の今」五十嵐ゆりさんによるオンライン研修】

 夜は、性的マイノリティに対する理解を広げるための情報発信や啓発を行っているNPO法人レインボー・スープ理事長の五十嵐ゆりさんによるオンライン研修に参加しました。主催は前・唐津市議の福島尚美さんが主宰するハチドリ。

 性的マイノリティをどう捉えるか、LGBTの人たちを取り巻く状況、オリンピック憲章に見る国際的な潮流と日本の立ち遅れ、保育や教育の現場、学校や職場、家庭での状況、災害時の避難所での問題、自治体の取り組みとしてのパートナーシップ制度の意義などが熱心に語られました。

 全国では1月8日現在で74自治体がパートナーシップ制度を導入し、総人口の3分の1をカバーする規模とのこと。九州では福岡市、北九州市、長崎市、熊本市、宮崎市など7市町で取り組まれています。

 婚姻制度と違い、法的拘束力はないものの、公立病院での家族対応や公営住宅への入居など自治体独自の対応がなされることで、生きづらさを少しでも制度的に緩和することができます。

 佐賀市ではLGBT成人式や各種の啓発活動などが行われていますが、さらに踏み込んだ対応が求められる段階ではないかと感じました。
F5D7168F-AEEA-4E27-9C5D-B9C7C1546E7B.jpeg
#ハチドリ
#福島尚美さん
#レインボウスープ
#五十嵐ゆりさん
#LGBTQ
#多様性
#パートナーシップ制度

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント