【災害時の電源確保は命綱!@えびすFM エイブル・オン・ラジオ】

 毎週月曜日の夜7時からコミュニティFM「えびすFM」で放送中の障がい者情報発信番組「エイブル・オン・ラジオ」。
1A1FB87A-242D-4AC2-8301-00A6C7EAC7C8.jpeg
 「◯◯な障がい者の会」の内田勝也会長はじめメンバーの皆さんがパーソナリティを務めておられるもので、以前、私もバリアフリー映画をつくる「みないろ会」としてゲストにお呼ばれした事がありました。

 今日は災害時に電源が確保できないと命に関わる医療的ケア児の立場からのお話と電源確保に関わる発電機等購入補助制度(県の障がい福祉課)、蓄電システムのこと(専門業者さん)、福祉避難所全般について、など盛り沢山のテーマを約1時間にたっぷり詰め込んでの特集でした。

 そして、そのゲストスピーカー5名のうち3名が「佐賀の障がい福祉を考える会」のメンバーですし、元々のパーソナリティの皆さんも「考える会」の方々でもあるので、これは聞き逃してはならじ、というだけでなく、FMスタジオが我が家から徒歩5分ほどのところにあるので、エールを送りに行きました。
4A210C1F-F2EC-4778-86DB-2539A348F193.jpeg
 以前、みないろ会で出演した時にも、通常のスタジオではなく、スタジオ外の打ち合わせに使うテーブルの方での収録だったし、「いつでも覗きに来ていいよ」と内田かっちゃんがおっしゃっていたこともあったので、番組が始まって間もない時間でしたが、ソロソロと収録部屋にお邪魔しました。
2BB59719-F4A2-45A7-B86A-D2E7CFFD6A9A.jpeg

 番組出演者が総勢9名、機材操作をしているえびすFMの池田社長、メディアの取材でお二人、と、すでに密な感じでしたが、医療的ケア当事者の山本歩夢君も文字・音声変換の器械とお母さんの通訳を通してフルで参加し、頑張っておられました。
9179077E-D004-4827-93D6-EE70310CBFCB.jpeg9179077E-D004-4827-93D6-EE70310CBFCB.jpeg

 山本さん親子は、先日の台風10号の時に市役所本庁4階に避難された経験から、「最初からどこに避難したらいいかわかるようにすること、電源確保などが具体的にどのようになっているか、ベッドや車椅子の状況などの設備も明示してほしい、また普段から避難訓練をしてほしい」と言われていました。
E67557F9-BAF9-4379-BA79-75243FC64417.jpeg

 発電機の問題では、県が「命の72時間事業」として在宅人工呼吸器使用者非常用電源整備費給付事業(自家用発電機、蓄電池、バッテリーなどの購入について上限20万円給付)を行っていること、また、業者の方からソーラー発電付蓄電池が開発されていて、それを利用する事ができるという話も出されました。


 自家用発電機は室内で使用していると一酸化炭素中毒になる事があったり、パソコンなど機材によってはつなぐと壊れてしまう場合もあるので、要注意、という話も出ました。


 なので、発電機などは購入する前にデモ使用ができるかどうかが大事だ、とのアドバイスもなされていました。


 「考える会」副会長でもある鈴木智恵子さんは、武雄での避難所支援などに関わった経験から避難訓練や個別の支援計画の必要性とともに、お互いに助け合う関係を作ることの大事さも説いておられました。それは、障がい者同士であっても助け合える、という視点も含めてのことです。
745C564D-A059-410D-AE03-4A8CF8BD6F38.jpeg

 というわけで、途中から「考える会」のもう一人の副会長・江下さんも応援に駆けつけられ、リスナーさんからもメッセージがメールやファクスで続々届く(遠くは新潟から!)など、大いに盛り上がりました。
76F79311-D87B-491E-88B9-9D7383EBCC15.jpeg

 私も、最初は自宅で聴くだけのつもりだったのが、現地に出かけて収録の様子を拝見することで、より身近に感じる事ができました。
259C6A5C-D2F4-44D2-A9AC-AF21117C0CA8.jpeg

#えびすFM
#エイブルオンラジオ
#◯◯な障がい者の会
#佐賀の障がい福祉を考える会
#非常用電源確保は命綱
#命の72時間事業
#蓄電池

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント