【父とソーシャルディスタンス面会】

 昨日、届け物があって父のグループホームに行ったときに、いつもはタイミングがずれて父がうたた寝しているから、とか、お手洗いで席を外しているから…などの事でなかなか実際に顔を見るチャンスがなかったのですが、昨日は久々に部屋の奥から玄関前まで出てきてくれました。
0AA87BF3-7FC7-4C67-ABB1-BFBC33E2FCEE.jpeg

 玄関はオープンで通気性も抜群な環境になっていますが、新型コロナの感染拡大防止という事で、施設としても訪問の制限やソーシャルディスタンスにたいそう気をつけておられる中、父がつい車椅子を私に近づけようとするたびに「あ、あ、虎さん、そこまでにしようね…」とスタッフさんに声をかけられて引き戻される父の姿がちょっとやるせない気がしました。


 県内での新型コロナの感染者の方の中に、別々の介護施設に関係する方がおられ、施設利用者やスタッフの方々全員にPCR検査をしたところ、幸いにも全員陰性だったそうで、「判明するまで生きた心地がしなかった」というコメントは本当に共感するものがありました。


 やはり、感染したら重症化リスクの高い方がおられる医療・介護施設に対しては、環境整備や感染防止・防護についての研修など感染症対策の支援を強めてほしいとあらためて求めたいところです。


 とはいえ、あいかわらず父はカメラを向けるとVサイン、というのがイイですね。
ADC1B46F-798F-417A-B5E5-C00A21198483.jpeg

#家族の肖像
#新型コロナ
#感染拡大防止
#医療介護施設へのさらなる支援強化を
#現場は必死です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント