【6月議会一般質問の通告締め切り@佐賀市議会】

 今日は6月議会の一般質問の通告締め切りでした。


 17時締め切りで、16時半過ぎに出した私が最後だったようで30名の通告でした。中止となった2月議会の時と同じで、ほぼ予定通りです。


 今回は新型コロナ関連の質問が集中するだろうということで、正式会派では質問者をひとりに絞られた事もあり、このテーマを取り上げているのは11名です。そういえば、昨年の8月豪雨災害を受けての11月議会の時にも関連テーマでの質問が11名でした。


 私は、以下の3点について質問します。
1、新型コロナ感染対策、
2、生活保護行政、困窮世帯への支援、
3、福祉タクシー利用助成券の対象拡大を

 質問順は明日の議会運営委員会の後の抽選で決まります。新型コロナ関連の質問で順番が後になったら重複分を減らしていく事になるというのを想定して、細項目を7つ掲げています。


 通告一覧でほかの方たちの質問項目を拝見したところ、それぞれなりの訊き方があるなあ、と興味津々です。


 詳しい日程などは明日お知らせします。
22EDD5AA-3DBB-409E-B47A-06B7BBC76133.jpeg

#佐賀市議会
#6月定例会
#一般質問
#通告締め切り
#市民共同

【ダンシング・バオバブ】

 さて、いよいよ今日から6月です。

還暦の誕生月がやってきました。


 先日、面白い形のバオバブを見つけたのでお部屋に置いてみました。
EEA2146B-900F-4E4D-B7E3-F6AF8E5D22C8.jpeg

 なんだか踊っているように見えませんか?


 このダンシング・バオバブのように元気に50代最後のひと月を過ごしたいものです。


#今日から6月
#50代最後のひと月
#月末には還暦
#ダンシングバオバブ

【次亜系消毒液の配布の件で、上下水道局に訊いてみました@佐賀市】

 5月21日付の投稿で、佐賀市の上下水道局が医療機関や介護施設、保育施設などの事業所に次亜系消毒液を無償配布しているということを紹介したのに関連して、全国的に消毒液を配布している取り組みを調べて紹介しておりました。


 そこでも述べていたのですが、市民向けにペットボトル500ml程度の配布をしているところと、佐賀市のように事業所向けに配布しているところ、手指消毒用とそうでない場合など、いろいろあったようです。


 これについて、Facebookの方で「次亜塩素酸ナトリウム水の噴霧は有害なので推奨しない方がいい」「次亜水は不安定で効果は長持ちしない」「金属系に使用したら錆びる」などのご意見やご指摘がありました。


 そこで、佐賀市の場合について上下水道局の浄水課に話を聞きにいきました。
CED2A843-4AE0-4451-9735-65655A8654EE.jpeg

 それによると、佐賀市の場合は、業者から次亜塩素酸ナトリウム水を購入して配布するやり方ではなく、もともと水道水の消毒に使用している次亜水を数年前から施設の消毒に活用しているとのこと。

 ちなみに、原液は12万ppmだそうで、水道水には0、5〜1ppm、施設で使用したり事業所に配っているのは0.1%で1000ppmとのこと。市販のハイターなどは50000〜60000ppmだそうです。

 
 事業所からの予約制で、予約を受ける時点で、使用にあたっては、①手指消毒用ではないこと、②手袋の着用、③スプレー容器で使わない、④ほかの洗剤などと混ぜない、などの注意事項を伝え、配布時にその注意書きを渡しているとのこと。


 また、効果については、浄水課で定期的に濃度測定をしているそうですが、冷暗所に密閉保管していた場合に1ヶ月以上もてたそうです。ただし、これから気温が上がってくれば、そこは短くなるだろう、とのことでした。


 佐賀市の場合は目的と効果、留意点をきちんと伝えられる範囲での取り扱いになっているようでした。
DEAE2656-87E8-4F02-A0F0-81718787225C.jpeg
7BC5D75B-0E4B-4193-92DD-3C61C838A81E.jpeg

#新型コロナ感染拡大防止
#佐賀市上下水道局
#次亜系消毒液の配布
#事業所向け