【初舞台公演のない春、退団スケジュールも変更に@宝塚歌劇団】

 新型コロナ対策であらゆるイベントや公演が中止、延期を迫られています。

 宝塚歌劇団も例外ではありません。3月から小刻みに公演中止の知らせが出ていましたが、新型コロナ緊急事態宣言が出された7都府県のうち、東京、大阪、兵庫、福岡に深く関わっている同劇団としては、腹をくくったというところだと思いますが、今日付で6月末までの公演中止の告知が出されました。
1BD389A8-F197-41A8-A837-B91BAB846474.jpeg
 毎年4月から6月にかけて、初舞台生による本拠地宝塚大劇場と東京宝塚劇場での初舞台公演が行われるのですが、それがない、ということになります。
 大劇場付近での「すみれ売り」の光景も今年は見られないことになるのでしょう。

 あの阪神大震災で大規模な被害を受けた時でさえ、3月末に見事に復活して大劇場公演で初舞台を踏む事ができたことを思うと、多分戦時中に劇場が閉鎖され再開されるまでの間を除いて途絶えたことのない流れが、ここで奪われてしまったことについては、106期初舞台生のみなさんへの何らかの対応が劇場再開の時になされればいいのに、と思います。

 また、この5月から10月にかけて退団を予定しておられたトップスターの方々も、さよなら公演までのタイムスケジュールを見直すことになります。
F1614B6B-2BFA-4731-AAE3-294D324F070A.jpeg
 舞台公演だけでなく、スポーツはもちろん出版系などいろいろな分野でこうした事が起きているのだと思うと、「そこだけは時間をとめてほしい」という思いを持つ方が少なくないと思います。

 なんとか元気に復活の日を迎えられるように、と願うとともに「そのタイミングだから巡ってきたはずのこと」に対する何らかの思いを致すことも大事だ…と感じています。

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20200311_001.html

#新型コロナ感染防止
#いのちを守る
#文化の灯を守る
#宝塚歌劇団
#初舞台公演

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント