【いま、社会派映画が少なくなっている理由は】

映画「新聞記者」を観ながら、これを今作った関係者の問題意識や勇気を尊敬しつつも、それでも何か物足りないものを感じた部分を、この記事がフォローしてくれたような気がします。

☆プレジデント オンライン→https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00029272-president-soci&p=1
635D0413-73E3-4D19-93C3-B436575ABA19.jpeg

この記事へのコメント