【憲法の理想に向けて政治を変えよう!~5・3憲法講演会】

午後から、「戦争をさせない佐賀県1000人委員会」主催の5・3憲法講演会に参加しました。
画像


今年は広島市立大学平和研究所准教授の河上暁弘先生による「安倍政権と憲法改ざん~憲法クーデターではなく憲法ニューディールを」というテーマの講演で、1時間があっという間に感じられるほど分かりやすく興味ふかい話でした。
画像


①元号がかわって何か新しい時代がやってくるかのようにいうけれど、新しい時代を作るのは国民自身だということ、

②新天皇は「憲法にのっとって」と言うけれど、安倍首相は「憲法を乗っ取って」としかねない勢いになっていること、

③憲法の原則は国民の深い反省と切実な思いの上に立っていること、

④憲法はなぜ改正手続きが厳格なのか(時の政府によってコロコロ憲法を変えることのないように、もっと言えば最悪の政権であっても、暴走を食い止めることのできる『権力をしばる』という機能を果たすため)、

⑤憲法の原則は神棚に大切に飾っておくのではなく、一度手にしたら雑巾のように使い倒すことが大事だと言うこと、

⑥憲法9条に自衛隊を明記するとどういう影響が想定されるか、

⑦新しい時代だから憲法も変えよう、ではなく、憲法の理想に現実を近づけるように政治を変えよう!

というような流れでした。うららかな午後の時間でも眠くなる暇なんてない!という感じでした。
画像


その後、オスプレイ配備反対住民の会の古賀初次会長、佐教組の納富美由紀さんからの訴えがなされ、最後に集会アピールを富永明美市議が提案。
画像

画像

画像

画像

集会後は元気にデモ行進でアピールしました。

ちなみに、集会の間中、会場周辺をぐるぐる回っている右翼街宣車の大音声が響いていましたが、幸い、デモ行進の時には出くわすことなく、流れ解散のゴール地点で街宣集団がやってきました。

もう、あの人たちは憲法や原発、オスプレイなど、国民運動、県民運動が嫌いで仕方ないらしく、あのようにイチャモン付けの騒音宣伝でしか発散できないというのは、情けない限りです。あれは表現の自由ではなく、耳をつんざく騒音で近隣住民とデモ参加者の平穏を侵害するものでしかありません。

ということで、デモ参加者は爽やかに終了して帰ることができました。
画像

画像

画像


#憲法記念日
#憲法講演会
#戦争をさせない
#佐賀県1000人委員会
#憲法の理想にむけて政治を変えよう
#憲法ニューディール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック