【みないろ会第2回役員会@シアターシエマ】

今日の午前中は、シアターシエマで開かれた「みないろ会」の第2回役員会に参加しました。


5月5日に行った「ひいくんのあるく町」の再録音の報告と、一般公開に向けての段取り、盲学校での上映会の協力依頼、夏にシエマが上映する車椅子サッカーをテーマにした映画「蹴る」の時の協力依頼のこと、など話し合い、5月22日のメンバーミーティングで協議する内容を確認しました。


電動車椅子のサッカーの映画に関しては、車椅子サッカーやバスケット、テニスなどに取り組んでおられる方たちにも関わってもらえたらいいのではないか、という話が出ました。


そのことは同時に、現在のシアターシエマが「段差あり、車椅子トイレなし」というバリアの課題を持っていることを可視化し、施設的なバリアフリー化をめざすきっかけにもなるよね、という意見も。


大歯事務局長によると、新潟の市民シアターでは、多目的トイレの整備やバリアフリー化など、そのシアターの「快適化募金」に取り組み、750万円以上の寄付が寄せられたとの経験があるそうで、みないろ会というより、シアターシエマやシエマのサポート会(シエサポ会=こちらも大歯さんが事務局長)の方で、そういう事を検討してみてはどうか、その場合はみないろ会も協力しやすいし、他の福祉団体にも協力を呼びかけやすいのでは、などの話にも発展しました。


みないろ会の会計担当として、またシエマ支配人として調整役を務めてくださっている重松さんが、もうすぐ産休に入られるので、あとを引き継ぐ役割分担について念には念を入れ…という感じですが、いろいろ言ってもみんなで動きながら考える、ということになると思います。
画像


#みないろ会
#シアターシエマ
#シエサポ会
#バリアフリー
#施設の快適化

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック