【女性候補3名で「注目選挙区」になった佐賀市の県議選】

今朝の地元紙の1面で「女性候補複数 注目区」という見出しが躍っています。


1月初めには「無投票かも」と言われていた佐賀市選挙区が、一転して少数激戦の注目区となったのはすごいこと。


引き金となったのは新人の中島ゆみ子さん。2月中旬に中島さんが出馬表明した記事が載った時には、「選挙になっちゃうのか…」という現職勢の声(特に保守系)が聞こえていましたが、率直に言ってまだゆるい雰囲気でした。


それが呼び水となった形で、いちのせ裕子さんが2月下旬に出馬表明した時はカラー写真で紹介され(これは中島さんの時と比べて公平性に欠けると思いました)、フリーアナウンサーという知名度の高い新人の登場に、全体的に色めき立ったという感じがします。


とにもかくにも、1名はみ出しではなく、2名はみ出しとなった事で、どの陣営も必死の取り組みになっておられると思います。


その点で、何の組織的バックもないまま、ほぼ裸一貫で県議選への挑戦を決意した中島ゆみ子さんの勇気に感謝したい思いです。


この記事では、「国政課題絡む南部が鍵」とも書かれており、佐賀空港へのオスプレイ配備に対する各候補の姿勢も問われる事が書かれています。


私としては、県議会の圧倒的多数を占める自民党・公明党議員によって、まともな県民議論もないままに「オスプレイ容認決議」をあげるような流れを少しでも変えるために、今まで「オスプレイ反対」で頑張ってこられた現職の方々に加えて、一緒に声を上げてくれる議員が増えることを願っています。
画像

#県議選佐賀市選挙区
#政策決定の場にもっと女性を
#県議会の流れを変える力をもっと太く
#県政課題は山積み
#オスプレイ配備反対

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック