山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 【消費税増税の根拠ゆらぐ中、各種使用料などいっせい値上げの条例】

<<   作成日時 : 2019/03/22 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍政権が10月に強行しようとしている消費税10%への増税の動きに、保守層も含めて各界から「待った」の声が上がっています。


「戦後最長の景気拡大」と強気の姿勢とは裏腹に、現実はその実感がない、ということがあらわになってきました。


そのうえ、「統計不正」問題で「アベノミクス」が偽装だったと言わざるを得ないことも見えてきました。


こうした中で、昨日の新聞では「政府、景気判断引き下げ〜外堀埋まり軌道修正」の大きな見出し記事。
画像


これまで2度、消費税増税を延期してきた安倍首相ですが、今度も参議院選挙直前に「延期」を打ち出す可能性が強まってきたように思えます。実際、国内各地で大規模災害が頻発し、その生活再建に取り組まなくてはならない今の状態で、国民全体に負担を負わせる消費税増税を強行すれば、国民生活はもっと厳しくなるのは明白です。増税を食い止めるべきなのは必至です。


ところが、一方では「消費税増税を見越した対応」が進んでいるのも事実で、自治体の予算組みでもそうだし、増税にともなう各種使用料・手数料の引き上げも各地で提案されています。


佐賀市でも、消費税率改定に伴う各種使用料・手数料の引き上げ条例がこの議会に提案され、対象となる74件中、文化会館使用料、市バスの初乗り運賃など44件の値上げ案となっています。
この条例は消費税増税予定の10月1日施行となっていますが、もし増税が延期されたら、いったん条例廃止の議案をだし、改めて適切な時期に再提案することになる、との説明です。


保育・幼児教育の無償化や年金受給者への福祉的給付なども増税と引き換え、となっています。まるで人質扱いです。
しかし、ポイント制による還元だのまやかしの「軽減」のために費やする手間とコストを考えたら、増税をやめたほうがスッキリすると思います。


そんな思いもこめて、今日は議会最終日の討論に立ちます。
画像


画像


#佐賀市議会
#2月定例会
#最終日
#議案への討論
#市民共同
#山下明子
#消費税増税
#暮らし破壊
#たたかう主権者




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【消費税増税の根拠ゆらぐ中、各種使用料などいっせい値上げの条例】 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる