mon ふれあい人権コンサート@勧興公民館

午後は地元の公民館と人権同和推進協議会の主催で、子育て画像シンガー・monさんの「人権ふれあいトーク&コンサート~うまれてきてくれてありがとう」が勧興小学校体育館で行われるとのことで、久しぶりに癒しの歌声を聴きに行きました。


地域の回覧板でmonさんのコンサートがあると知って、早くからスケジュールに入れておりました。幸い、議会の日程も午前中で終わったので、喜び勇んで駆けつけました。



すでに開演前のリハーサルを兼ねて、随時入場してくる子どもたちに話しかけながらmonさんが美しい歌声を響かせていました。



コンサートが始まると、monさんの柔らかく自画像在な歌とご自身の子ども時代の話に、子どもたちはすっかり惹きつけられていきました。



小学校2年生まで、自分の好きな時に歌ったり絵を描いたり、独り言を言ったりして授業に入り込めず、「落ち着きのない子ども」として先生からもクラスの子どもたちからも「うるさい」「変わってる」「外に出てなさい」「学校に来るな」と叱られたりいじめられたりしていたmonさん。


3年生になって出会った担任のトシミツキョウコ先生は、それまで注意されていたことについて、すべて認めてくれ、褒めてくれたそうです。そのことを通じて、周りの子どもたちの態度も変わっていき、ある日3人のクラスメートが「一緒に帰ろう」と声をかけてくれたことが自分にとって初めてのできごとで、世界中に自慢したくなる嬉しいことだったそうです。


その先生とそのクラスメートの存在があって以来、授業にも身が入るようになり、今の自分がいる、というmonさん。


子どもの世界に大人がうまく関わることで、その子の人生が変わって画像いく、何気なくかけた一言が、その人の人生を変えることもある、だから優しい言葉をたくさんかけよう、というmonさんの語りに胸がいっぱいになりました。


途中で、子どもたちに「あなたたちは一人じゃない。後ろにたくさんのささせてくれる人がいるよ。一人で抱え込まないで、大人を頼ってごらん」とmonさんが呼びかけると、いっせいに後ろの一般客席の方を振り返った子どもたちのまっすぐな瞳に射抜かれそうになりました。


コンサートの後に児童を代表してお礼の言葉と花束を贈るときに、「monさんの美しい歌をもっと聴いていたいと思いました。一人で抱え込まないで、という呼びかけをきいて、私も身近な大人に頼ってみようと思いました」というあいさつがあり、子どもたちの心に届いたのだなあ、と温かくなりました。


コンサートの後、久しぶりの再会を喜びあい、コンサートの中で歌われた中でのお気に入りの曲「本のむし」が入ったアルバムを購入しました。


ますます人々の中に「生まれてきてくれてありがとう」という温かい想いをつなげてくださいますよう、monさんのご活躍を期待しています。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


#人権ふれあいコンサート
#子育てシンガーmon
#勧興小学校
#勧興公民館
#生まれてきてくれてありがとう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック