佐賀市議会9月定例会 決算審査の3日目

決算審査の3日目。


今日は、議会全体としては「予備日」となっていて、委員会によっては休みのところもありますが、総務委員会は午前中に開催され、我が文教福祉委員会は9時から6時過ぎまでみっちりと審査しました。


昨日、教育委員会所管の決算で資料要求していたものが出されて、朝一番にその質疑の続きをやり取りして1時間。


その後、国民健康保険、国保診療所、後期高齢者医療などの特別会計決算、民生費、衛生費など保健福祉部所管の決算審査に入りましたが、避難に支援を要する人々の登録事業、配食サービスなど介護予防の段階での生活支援事業、障がい者福祉に関する問題などで議論が深くなされました。
画像

画像


この間、盲ろうの方のことを考える機会があったので、佐賀市の盲ろうの方がどの位掴まれているか尋ねたところ、身体障害者手帳の視覚障害と聴覚障害の両方で保持している方が27名おられるとのこと。
しかし、まだ市として意識的に把握されてはいなかったので、コミュニケーションや外出・移動に関する支援のあり方を検討する段階になかったというのが実情です。
今回の質問と資料請求を機会に、実情把握に努めるとの答弁がなされました。
画像


ちなみに、先日、Eテレで盲ろうの方たちの生活実態を考えるテーマでの番組(バリバラ)が放映されました。全国で唯一の盲ろう者向けのグループホームを取材し、そこで暮らしておられる方たちがスタジオにも登場して、思いや実態を語っておられました。その再放送が7日午前0時(木曜深夜)にありますので、ぜひ、ご覧ください。


http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=838#top
画像


#佐賀市議会
#決算審査
#保健福祉部
#市民共同
#Eテレ
#バリバラ
#密着盲ろうライフ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック