【医師会立看護専門学校と佐賀市休日等急患センターの内覧会】

今日は県立病院好生館跡に移転新築された佐賀市医師会立看護専画像門学校と佐賀市休日等急患センターの内覧会が行われました。


准看と高等看護学校が一体的に整備され、定員400人の中には社会人枠もあると言うユニークな佐賀市医師会立看護専門学校は、もともと昭和37年に創設されたそうです。



そこから場所を変えながら続いて来たのですが、現在の校舎が老朽化しているとのことで、好生館跡地に佐賀市の休日等急患センターと合築して整備されることになりました。



佐賀市の休日等急患センターは休日夜間子ども診療所と保健福祉センターほほえみ館内の休日歯科診療所と合わせてほほえみ館の横に小さな建物として作られていましたが、ピーク時には1日300人の患者が押し寄せるという状況で、手狭でもあり感染症対策などに対応できるスペースや駐車スペースも余裕がない状態だったので、これも好生館跡のメディカルセンターに隣接する場所に移築することが合理的だったと思われます。



今日は建物全体を拝見して、いろいろ質問もさせていただきました。



ここが市民の医療の拠点の1つともなり、ナースの卵がここから誕生していくことに期待が持てるものでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック