昨夕の陸自ヘリ墜落事故に関する九州防衛局からの情報伝達

昨夕の陸自攻撃ヘリアパッチの墜落事故以降、九州防衛局から関係団体に情報伝達が継続して送られており、佐賀市議会にも伝えられています。


11時過ぎに7回目の情報が入っていましたので、ここでもお知らせします。



【以下、伝達文】


各位


お世話になっております。

陸上自衛隊AH-64の事故情報について次のとおりお知らせします。



件名:陸自・目達原駐屯地所属ヘリAH-64の墜落

発生日時:平成30年2月5日(月)1643頃

発生場所:陸自・目達原飛行場の南2マイル

所属部隊:西部方面航空隊第3対戦車ヘリコプター隊(目達原)

機種:AH-64D

事案概要:目達原の第3対戦車ヘリ隊AH-64Dが試験飛行中に墜落した模様。
1657、目達原管制塔から東側から西側に飛行中、機首から落下した様子を確認。

死傷、損害の程度:搭乗員1名は死亡、他1名は未発見
         2月6日
  0715警察と自衛隊が合同で、残りの隊員の捜索を開始
  0806警察、消防が不明者1名を発見(人定は難しいような状態で、未発見の隊員であるかは未確認)
 墜落した機体は、テールローター以外損失。墜落機体へは武器・弾薬の搭載なし。

 機体にはエンジンの点火装置に放射性同位元素(クリプトン)を使用。

部外の被害、影響等:民家全焼2棟、部分焼1棟、住民1名が軽傷


以上。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック