市民アンケートにもとづく要望書を市長に提出

5月から取り組んできた市民アンケートには400通を超える回答が寄せられています。
画像
この中では「政治に力を入れてほしいこと」として33項目挙げたうち、上位10項目に①介護保険料・利用料の負担軽減、②非正規雇用の正規化、③国保税の引き下げ、④中心市街地の活性化、⑤最低賃金の引き上げ、⑥保育所や学童保育の増設、⑦公共交通の拡充、⑧原子力防災対策、⑨「買い物難民」対策、⑩長時間労働の解消、という要求が上がっています。

この他に身近な地域要求も数多く寄せられておりますので、今回は道路改善や交通安全対策に絞ってまとめた20項目を要望書として提出しました。

文書での回答を求めていますが、期限は「12月議会より前に」と言いました。さらなる要求を引っさげて、12月議会に臨む決意でこの2週間を頑張ります。


ちなみにアンケートは、まだギリギリまでねばって取り組みますので、アンケートをお見かけになったらお気軽にお声をお寄せくださいませ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック