佐賀市でLGBT対応施策がさっそく前進~LGBT成人式も!

画像
11月議会の一般質問で、LGBT(性的マイノリティ)の人たちの権利が尊重される地域社会をめざして、というテーマを取り上げました。

その中で、相談体制の確立や、当事者やその家族、友人、あるいはこのテーマに関心のある方など気軽に集いあえるサロンのような場づくり、当事者を孤独にさせないために理解促進をはかること、などの積極的な取り組みを求めました。


昨日、仕事納めの市役所に行ったら、男女共同参画課の窓口カウンターがレインボーカラーで賑やかなことになっていました。


啓発用の書籍紹介、来年1月に開く毎年恒例の男女共同参画フォーラムでLGBTのことをメインテーマに取り上げることを知らせるチラシ、支援団体が取り組む講座の紹介チラシ、LGBTのことを伝える小さな啓発カード、LGBTの理解者であることを表明するシール(これは課長の手作りで、職員や議員の名札にはさめるような小さなサイズ)などが並べられていました。


中でも目を引いたのは、「第1回 佐賀 LGBT成人式」のチラシです。
これは支援団体が取り組むものですが、たしかに大勢の成人達が晴れ着を身につけはしゃいでいる中で、自分の性認識としっくりいかないままの気持ちで過ごすのは心が羽ばたけないだろうな、と思います。


日程は1ヶ月ずれてはいますが、相談コーナーも設けられ、ゲーム交流や写真撮影があり、着付けの希望も受け付けられています。


しかも、年齢やセクシャリティ(性的指向)を問わないということですから、二十歳以上であっても、自らを生き直すきっかけや、成人式に抱えていたモヤモヤを解き放つきっかけにもできるのではないでしょうか。こういうところに光を当てた取り組みと、それを支援する佐賀市の姿勢はなかなかのものだと思います。


一般質問で初めて取り上げたテーマでしたが、このことがさっそく形として見えてきたことを心強く思います。

画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック