ハワイのオスプレイ墜落事故、「砂吸いエンジン停止」と米誌~しんぶん赤旗より

 7月20日付のしんぶn赤旗によると、米オンライン軍画像事専門誌「ブレイキング・ディフェンス」(16日付)で、5月17日にハワイで墜落したMV22オスプレイの事故は、エンジンが地上から巻き上げた砂を吸い込んで停止したことなどが原因だと報じたそうです。

 それによると、米軍内部ではエンジンの吸気口フィルターの改良を求める声が以前からあったものの、放置されていたとのこと。今回の事故を受けて改良される可能性はあるが、2017年以降になるとの見通しを示しているそうです。

 日米両政府は「機体の安全性に問題はない」として配備を継続するものとみられますが、しんぶん赤旗は「オスプレイは高出力のエンジンを備えており、離着陸の際は地面に対して強い吹きおろし(ダウンウォッシュ)を引き起こすため、エンジンが砂や泥、雪などを吸い込むリスクは、通常のヘリより高くなっている。したがって、今回の事故はオスプレイの構造的欠陥に起因するものといわざるを得ない」と指摘しています。

 先日の市議会特別委員会でも、ハワイの事故の原因については、まだ照会後の回答がない、との市の説明でしたが、こうした米誌の情報なども市として把握しておく必要があるのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック