東北復興支援バザー@宮城県人会さが

 今日は佐賀県が主催している東日本大震画像災写真展の会場で、宮城県人会さがとして東北復興支援バザーが行われました。

 11日の例会で「売り子スタッフで参加できなくても、ぜひ、買い物に来てけらいん♪」ということだったので、午後の街頭宣伝の合間を縫って、ゆめタウンに足を延ばしました。

 さすがに休日のゆめタウンなので、人出も多く、けっこうお買い求めいただいていたようです。私も、いつものように仙台あぶら麩と鯨の大和煮缶詰でしめて1000円なり、ということで頂きました。

 写真展の方も、当時画像と今とを比べる定点観測的なものから、当時の被災三県の地元新聞のパネルなどが展示されていて、南三陸町や石巻など、私も訪れた地域の写真は特に食い入るように見るうちに、涙でにじんでしまいました。

 当時の新聞の中で、福島原発の1号機の水素爆発のあと、立ち入り禁止区域でもたまらずに自分の田んぼを観に行ったという農家の方のコメントがあり「もう、コメはできないかもしれんな・・・」とつぶやいた、とあったのですが、まさか4年経ってもなお、状況が変わらないことになるとは、この頃は思われなかったかもしれない・・・・と、胸がつぶれそうになりました。

 帰宅してテレビをつけていたら、ニュースでこの取り組みのことが紹介されたので、嬉しくなりました。

 被災地のことは忘れない、という取り組みが、いろんな形で行われることがいまとても大事だとあらためて思います。
画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック