佐賀市立図書館入り口の「図書館運営方針」~図書館の自由に関する宣言

 「はだしのゲン」の閲覧制限問題が議論になったときに、図書館の自由に関する宣言のことを紹介し、佐賀市立図書館の入り口に、このことが掲げられている、と書きました。
画像


 高校生平和大使の国連からの帰国報告集会が市立図書館で開かれたので、久しぶりに入り口ロビーで、この「運営方針」をカメラに収めてきました。

 あらためて読んでみると、やはり、いい文章です。

 【佐賀市立図書館運営方針】

運営の基本:市民と共に育てる視点で図書館運営を行う。

1、真理と愛情を基本に、市民のひとりひとりに血の通った図書館サービスをすすめます。

2、資料・情報提供を基礎に、市民の要求に図書館組織網で応えると共に、市民相互の交流を図り、地域の文化環境の向上に努めます。

3、図書館法、佐賀市立図書館条例・施行規則に基き、あわせてユネスコ公共図書館宣言、ユネスコ学習権宣言、図書館の自由に関する宣言、図書館員の倫理綱領を尊重して運営します。

                               1996年7月


【図書館の自由に関する宣言】


 図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由を持つ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し、実践する。

 第1 図書館は資料収集の自由を有する

 第2 図書館は資料提供の自由を有する

 第3 図書館は利用者の秘密を守る

 第4 図書館はすべての検閲に反対する

          1979年 日本図書館協会

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック