福島を忘れないために

画像
しんぶん赤旗日曜版で楽しみにしているひとつが、山本おさむさんによる連載中の「今日もいい天気」というマンガです。

ビッグコミックなどでお馴染みの人気作家ですが、この山本さんは福島県天栄村にお住まいで、東京のスタジオと行ったり来たりの生活でした。

それが、福島原発事故で故郷を奪われた人々と、自らの体験を重ね合わせての現在進行形の作品につながっていて、毎週、目が離せません。

今週は、原発のある大熊町に日本共産党の石田町議と同行して目の当たりにしたことが綴られています。
ススキやセイタカアワダチソウにおおわれた元水田だった地域に足を踏み入れ、怒りを湧かせながらその光景にシャッターを切る山本さんの言葉が胸をえぐります。

「ススキ セイタカアワダチソウ…

今 町を占領してるのは雑草たちだ

あんたらが人間を追い出し
雑草の王国にしたんだ

ドジョウ首相も官僚も
東電のエライさんたちも
自分も…

その俺たちがつくりだした風景がこれかよ

よーく見ておこうぜ

今回の事故だけじゃない
水俣病もあった

スモンもあった

薬害エイズもあった

防げたかもしれない悲劇が何度も繰り返されてきた
そしてそのたびになぜか
俺たちは忘れてしまう

その人たちが死んでも忘れる
病に苦しんでいても忘れる
血を流していても忘れる
俺たちは忘れ続ける

今も忘れるという悪魔を退治できないでいる

あいつらは知り抜いている

俺たちがテレビのスイッチを切れば
すぐに忘れて平気で飯を食う
ということを

そうやって人をコケにして
俺たちはコケにされて
今日まで来たのだ

(…略…)

そんな感情論で
何が解決するのだと
言うやつらがいたら
張り倒してやろう

感情論の何が
悪いのだ
痛ければ痛いと
言うのだ

これを見ろ
この風景を見ろ

あいつらは
痛くもかゆくも
ないんだろうよ

今日もまた
会議を開いて
どうごまかそうかと
考えているんだろうよ

忘れるな忘れるな
今度こそ忘れるな 」

この気持ちを受け止めてくれる党と候補者を伸ばさなければ…!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック