17回目の京都ゆかりの会

 毎年、春秋の2回ずつ、老舗の旅館あけぼのを会場にして「画像京都ゆかりの会」というつどいが開かれています。元文化会館館長の貞森比呂志さんが会長を、またあけぼの旅館の女将の音成洋子さんが事務局長をつとめられ、目にも美しく、とても美味しいあけぼののお料理をいただきながら、京都にまつわる話に花を咲かせる、という気のおけないつどいです。

 私も、数年前にお誘いいただいてからは、一度をのぞいて皆勤賞、京都出身の母とともに毎回楽しみに参加させていただいています。
 最近は、京都にゆかりのある方とわかったら、ぜひ、とお誘いしているようなことで、毎回、新しい顔ぶれが加わっておられます。

 今回もお2人の新メンバーが参加なさいました。お2人とも京都育ちですが、お一方は2ヶ月前に佐賀においでになった若い判事補さん、もうお一方は、いつもお馴染みの地元の勧興小学校の砂後校長先生でした。砂後先生は京都から佐賀大学に進学され、そのまま佐賀に居ついてくださったとのこと。

 この会では、さまざまな業種、世代、地域を越えた人たちが集まって、ふるさと京都であったり、学生時代や赴任時代であったり、の立場から京都のよさを語りながら、同時にそれぞれの近況を語りあう事で佐賀のよさも再認識できるということで、とても楽しみにしています。

 次回は11月の予定だそうで、また楽しみなことです。

画像

画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック