塩釜からの便り~日本共産党九州沖縄交流ニュースより

 日本共産党の救援・復興 被災地と心ひとつに 九州沖縄活動交流ニュース(NO.27)が届きましたので、皆様にご紹介いたします。お読みいただいてご協力いただけるようであれば、このブログを見たということでご連絡をいただければ幸いです。

                    *     *     *


 23日は、塩釜市と多賀城市の2か所で青空市。九州から届いた支援画像物資を、被災者のみなさんへ届けました。
 午前中は、塩釜市営船に大量の物資を積み込んで朴島(ほおじま)と寒風沢島(さぶさわじま)へ。寒風沢では、協の漁民センターで青空市。用意した防寒着や肌着、カイロなどほとんどなくなりました。朴島は、島民の半分が残ってあり、九州からの支援米を全戸に届けました。

 午後は、多賀城中学校の仮設住宅(33戸)で青空市をひらきました。開始時間にほぼ全世帯のみなさんが出てきて、品物を手にとっていました。この仮設住宅は、「支援物資が来ない」と言われていた地域だったので、「初めてだよ。こんなの嬉しい」「良いものが揃ってるね」「これもいいの?」と大変喜ばれました。
 宮城、東北地方は、これからひと雨ごとに寒くなるようです。引きつづき支援をよろしくお願いします。


ひきつづき、支援物資をよろしくお願いします!

塩釜救援センターの現在の在庫状況は次の通りです。
支援物資の在庫の状況は、その都度変わりますので、可能であれば事前にセンターまで連絡してください。

▼毛布…残りわずか
▼こたつ布団、座布団、掛け布団…在庫なし
▼衣類…男性用は在庫薄。防寒着は子ども・男性・女性用いずれも在庫薄です。肌着や靴下も少なくなっています。(直接身につけるものは新品を送ってください)
▼使い捨てカイロ、洗剤、石けん…在庫なし。
▼マスク、タオル…在庫あり
▼お米…約200キロあり。今週届けきる予定。


 ●連絡先 日本共産党塩釜救援センター  ℡ 022-364-3222

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック