北高14期同窓会記念誌班のうちあげ会~バルサミコ酢の夜はふけて・・・・

 佐賀北高14期同窓会の記念誌が9月にようやく完成し、発送も終画像えたところで、記念誌班だけの打ち上げ会を開きました。場所は開成5丁目の「びすとろ大石」さん。
 メンバー9名のうち、1組の黒田さんをのぞく8名が参加して、おしゃれな「おまかせコース」のディナーをいただきながら、おしゃべりに花を咲かせました。

 びすとろ大石さんの今日のお料理は、海の幸から山の幸まで色とりどりで、デザートまで含めて目で見ても美味しい、美しいメニューが並びました。

 最初にパンかライスかを聞かれたのですが、はじめはライスをと思っていた私を含め、「手作りのパンで、おいしいですよ」とのスタッフの方の一声で「じゃあ、パン!」といっせいにパン派になってしまいました。
 
 はじめに、イチジクのカクテル。
 カクテルグラスにおしゃれにはいったイチジクをいただいたところで、「乾杯」をしていなかったことに気づいて、みんなで空のカクテルグラスをかざして乾杯しました。みんな車で来ていたので、アルコール抜きだったのです。
画像


 次にお刺身と野菜の前菜。これに茶色いソースがかかっているので、チョコレートかと思ったら、バルサミコ酢でした。しかも、このプレートのソースは、ケチャップやマリネソース、それにわさびまでつけてあって、複雑な美味しさでした。
画像


 その次は、ホタテのグラタン。貝殻の上にのっていて、これもおしゃれです。

画像


 続いて、キャベツのポタージュです。キャベツがポタージュスープになるなんて、驚きましたが、とてもいい仕立てになっていました。


 さらに、海老とアマダイのムース。これは大きなお皿の真ん中が帽子のように繰り込んであって、そこにムースが入っていました。そして、ここにもバルサミコ酢がかけられています。

 
画像


 メインのお肉料理は牛肉のステーキと、大根や人参、オクラなどの野菜と一緒に、またバルサミコ酢がかかっていました。

画像


 最後はプリンとアイスクリーム、シャーベット、フルーツの組み合わせで、このプレートにもなにやら茶色のラインがひかれています。こんどこそチョコレートかと思ったのですが、やっぱりバルサミコ酢でした。
 デザートにバルサミコ酢というのは、「どんなものだろうか」と惧れをなしていると、スタッフの方が「アイスクリームとあわせたらおいしいですよ」とおっしゃるので、試してみたら、本当にヨーグルトのような美味しさとなりました。

画像


 結局、びすとろ大石のメニューはバルサミコ酢でもっているという感じがします。

 お食事のあとは、記念誌を広げながら作業中の苦労話や思いで話に花を咲かせ、あっという間に3時間がすぎてしまいました。
 苦労もあったけれど、宮地実行委員長の懐の深さに助けられ、あしかけ3年、同窓会を楽しめたねえ、よかったねえ・・・・とお互いを称えあって解散しました。

 月末の30日には、実行委員会の大打ち上げが予定されています。またそこで会う約束をして別れた記念誌班レディースでありました。

 バルサミコ酢の夜は更けて・・・・・・。 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Sugi
2010年10月20日 10:42
バルサミコ酢のおかげで、身体もより柔らかくなるんじゃないですか?
(^^)
先日のダンスのビデオをヒーマン国王から見せてもらいましたよ。(^^)

まだまだ若い!
管理人 明子
2010年10月20日 19:18
>Sugiさん、こんばんは!

 バルサミコ酢が何にでも対応できるということはよくわかりました・・・・。記念誌班レディースは、みんな身体が柔らかくなったかなあ?
 まだまだ若いのはまちがいありません!

ヒーマン国王のビデオには私は突っ伏してしまいました(--;

この記事へのトラックバック