山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 【災害に思いをはせる「月命日」@宮城県人会さが7月例会】

<<   作成日時 : 2018/07/11 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮城県人会さがでは奇数月の11日に例会が開かれ、宮城に思いを馳せながら会員同士の交流と親睦を図っています。


当初はもちろん宮城をはじめとする東日本大震災の被災地画像中心でしたが、「被災地支援」というくくりの中で、熊本地震や九州北部水害などで被災された地域にもメンバーを通じて何らかの形でつながりを持つようになってきました。


そして、今回は西日本大水害を経ての7月例会ということで、会員のひとことコメントでも災害への構えの話などが大きな話題になりました。


東日本大震災で津波被害に遭い、文字通り命からがら多賀城市から佐賀に避難してこられたOさんは、今回の大雨の時はお住いのアパートの1階に住むお年寄りを順番に車で避難所に連れていかれたとのことで(ご自身は2階住まい)「まさかうちは大丈夫だろうから避難せんでもよか」という方に対し「何十年に1度の大雨というからには早めに避難しないともして遅れになったら後悔する!多賀城で津波を生き延びてきた自分のいうことを聞け」と説得しながら連れ出したそうです。


その話がきっかけになって、佐賀が震源になった地震も、あれですまないかもしれない、とか、もしもの時に何を揃えるべきなのか、どういう発想でいなくてはならないのか、など、さながら防災ミニ講座になりました。


そのOさん曰く、せっかく避難してきた佐賀で縁ができてつながった人たちが1人でも怪我や亡くなったりしたら嫌だから、本気で訴えたいのだ、とのこと。切実な思いとしてありがたく受け止めました。


こうした強い思いをつなげて行くことが、守りあう上でも大事なことではないでしょうか。宮城県人会さがの存在がそのプラットフォームの1つとなって、他のさまざまな取り組みとも繋がって行けますように。


なお、7月7日に宮城県人会さがもサポートして取り組む予画像定だった山口光貴さんのライブが大雨特別警報発令のために前日に延期を決めたという経緯があったのですが、その山口光貴さんからメンバーにお菓子の差し入れも頂きました。ちなみにミッキーのライブは9月初めに予定されています。詳しいことが決まれば、またお知らせします。


#宮城県人会さが
#被災地支援
#つながりあう
#7年目の月命日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【災害に思いをはせる「月命日」@宮城県人会さが7月例会】 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる