アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
山下明子の幸せの黄色いニュース
ブログ紹介
こんにちは!佐賀市議会議員「市民共同」(元・日本共産党)の山下明子です。
1990年から始まった議会報告ニュース「幸せの黄色いニュース」のブログ版です。
日常のあれこれもまじえて、肩のこらない気軽なサロンとしてお立ち寄りください。

 <連絡先>〒840-0826 佐賀市白山1−5−6
        TEL / FAX 0952-29-5996

♪山下明子への直接のメールはこちらへ♪


zoom RSS

今年度の議会報告会のまとめ報告@佐賀市議会

2017/09/19 11:43
常任委員会採決のあと全員協議会が開かれ、広報広聴委員会として今年度の議会報告会の総括報告をしました。

8年前に議会報告会が始まった時は、おおむね中学校区画像単位に開くということで、全部で8班つくり16カ所で開催していました。その当時から「小学校単位で開いてほしい」という意見が出されていて、当時広報委員会の副委員長を務めていた頃には、その事を改善課題として捉えていたものです。

ところが、改選を重ねるにつれ「校区単位にこだわらなくても」という意見が出され、なぜかこの2年間は5班で9カ所となりました。「前任者からの引き継ぎだった」という委員長に、「そんなはずはない、小学校単位で検討すべきではないか」と申し出ていましたが、それは結局実現しませんでした。


今日のまとめの中で「会場については86%が『よかった』と答えている」と委員長報告があっていましたが、実際には今回は小学校区どころか2つの中学校区を1つにまとめており、5班のうち1つは1箇所しか担当していないという状況だったので、本当にこれでよかったのか疑問に思うところではあります。
広報委員会の報告のあり方について事前にじっくり協議するということでもなかったので、今日の報告を聴きながらこれでは小学校区ごとの開催という課題から遠ざかるなあ、と感じてしまいました。


私には、下駄履きで行けるような雰囲気で議会の懇談会を開いてほしい、という声が寄せられていますし、年に2、3回開いてほしいという声もあります。議会として、地域に出かけて声を聞くという仕事は優先的に位置付けてしかるべきだと思います。無事に選挙をクリアできたら、あらためて新しい議会で問題提起してみたいと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


公営掲示板の設置開始〜いよいよ佐賀市議選、秒読み段階へ

2017/09/19 09:42
今日は議会の常任委員会採決と全員協議会です。


市役所前に来たら、10月8日告示、15日投票の市長・市議選に画像向けた公営掲示板のポスター設置の最中で、報道陣に囲まれていました。


いよいよだなあ、という気になりますね。


それにしても、安倍首相の解散風の吹きようときたら、呆れるばかりです。


8月2日の市長・市議選挙説明会の時に「総選挙と重なったらどうなりますか」と質問したのですが「それは国の動き次第ですが、市議選の日程は変わりません」という答えだったのを思い出します。
結局、重なるではありませんか。


佐賀市は2週連続になるので、きっと総選挙の期日前投票が増えるだろうと思います。あとは政党のみなさんが市議選の投票日当日に総選挙のお願いと絡めて市議選の「お礼」「投票に行こう」の電話を集中してかけられたりするのかなあ、と思ったりして、それはそれでアンフェアな気もします。

ま、細かいコトですが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


戦争はイヤだ!9・18佐賀県集会

2017/09/18 18:49
昨日とはうって変わった青空の広がるもと、安保法制が強行成立してから2年目に「戦争はイヤだ!9・18佐賀県集会」がどん3の森広場で開かれ、約800人が集まりました。

集会では佐賀空港のオスプレイ配備反対地域住民の会の代表や宗教者、弁護士、被爆者団体連絡協議会の代表など12名が発言。
91歳の父も参加し、親子でパチリ。


会場周辺やデモ行進の時には右翼の宣伝カーがえらく回っていて、ものすごい絶叫調で周囲を驚かせていました。


こういう雰囲気が強まるのは困るなあ、と思いつつ、平和のパレードは平和裡に進んでいきました。
画像

画像

画像

画像

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


山下明子事務所びらき、無事に決行!

2017/09/17 20:54
今日は、心配していた台風18号の接近時間が予想よ画像り遅れたこともあり、雨もそうひどくなく、無事に事務所びらきを決行することができました。


とはいえ、ニュースで「昼過ぎから接近」と報道するので、朝から欠席のご連絡を頂いたりして、前日に椅子の数を半分に減らしておいて正解だったかな、この半分も来てくださったら御の字かなぁ…などと言いつつ、事務所スタッフのみなさんと準備をしておりました。

9時半過ぎ頃からじわじわとおいでいただき、欠席予定だったけれど台風のために行事がなくなって参加できるようになった、という逆のパターンの方もいらっしゃるなどで、最終的には立ち見も出るという嬉しい嬉しい状態になりました。


後援会の田中哲雄さんによる画像開会挨拶に始まり、地元自治会長、元佐賀大学学長の長谷川照さん、元市職員OBの大島一紀さん、宮城県人会さが代表の富田万里さん、東島浩幸弁護士、佐賀北高14期同級生の江川悦子さん、15期の大島一樹さんらによる心温まる激励の言葉に胸がいっぱいになりました。


今までは、国会議員や県議といった方たちのご挨拶も頂いていましたが、そういう方抜きで、まったく自由闊達な雰囲気でそれぞれの言葉で語られる珠玉の一言ひとことが、私自身の心に刻まれました。



メッセージも地元校区自治会の小城原会長、佐賀北高同窓会北楠会の枝國会長、佐賀大学教授で宝塚ファンつながりの畑山教授、行きつけの美容室のマスター、元自衛官のシ画像ンガーソングライターの山口光貴さんといった、これまでとうって変わった顔ぶれの方にお寄せいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。



こうした激励の言葉やメッセージをふまえて、私もこれまでの活動姿勢やこれから歩むにあたっての政策と市政への思い決意を、精いっぱい述べさせていただきました。



宮城県人会佐賀有志のみなさんからは前日に豪華な胡蝶蘭の鉢植えが贈られていたのに加え、代表の富田万里さんお得意の手作りタペストリーが飾られ、ちょっと薄暗いガレージも大家さんの心遣いでスポットライトをつけて頂いたりで、ライブ会場のような雰囲気の中での感動的な事務所びらきとなりました。


画像
閉会後に、参加者のおひとりが篠笛で「花は咲く」を吹いてくださり、残っていた人で歌を口ずさむという場面もあり、まさにライブ会場となりました。



おかげさまで事務所も事務所らしくなりました。



台風の接近の中で雨をついてご参加いただいたみなさま、いろんなご都合で参加はできなかったけれどお心を寄せていただいたみなさま、準備かれこれに力を貸してくださったみなさまに、心からお礼を申し上げます。


あと1ヶ月足らずですが、最後までお力添えをよろしくお願いいたします。
画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


事務所らしくデコレーションの準備@深夜作業

2017/09/17 00:46
事務所びらきを控え、事務所らしくしなくては、ということで、北高14期のお誕生会のあと事務所に戻り、そこからのデコレーションづくりに取り組みました。画像


今までは政党のポスターの他に組織ルートでお願いしていた印刷屋さんからのタペストリーや特大の写真ポスターなどが届いていましたが、今回はすべて自前です。


「山下明子事務所びらき」の横断幕はもちろん、リーフに掲げた政策をもとにした政策ポスターをレーザープリンターで1枚ずつ出しては貼り合せ、できたポスターは12枚!


う〜ん、なかなかいいではありませんか!事務所らしくなりましたね。

これで今夜から明日にかけての台風の行方を気にしながら、できればルートがずれたり、弱まってくれることを祈りつつ、眠るといたしましょう。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北高14期誕生会@亜麻色

2017/09/16 22:11
事務所びらきを前にして、の第2弾は、北高14期の有志で続けられているお誕生会。

私は6月生まれの該当の時には行けなかったのですが、今回、7〜画像9月生まれを対象としたお誕生会に参加しました。「お魚が泳いでいる!」のキャッチフレーズで一度行ってみたかった「亜麻色」での宴で盛り上がりました。


確かにお魚がどれも美味しくて、ランチタイムにはすぐ満杯になるというのもよくわかります。お魚好きにはコタエラレナイお店でした。


お誕生会の該当者はゲストの12期さんをふくめ3名の方で、それぞれに名前の入ったバースデーケーキが並び、まずはお誕生セレモニー。
それから美味しいお料理とおしゃべりを楽しみつつ、お誕生当事者のK君から参加者へのお土産も頂きました。彼はUFOキャッチャーの名人で、よくこんなのキャッチしてくる、と驚くのですが、今回もネックピローやタオルケット、壁掛け時計といった豪華な景品が登場し、みんな感心しておりました。

台風接近と言われながらも、こんなに呑気でいいのか、明日は事務所びらきというのにこんなに呑気でいいのか、など心配しつつも、明日は明日の風が吹く、という北高らしい豪胆な心意気で元気をいただきました。

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


持続可能な地域経済の発展のために〜岡田知弘先生の講演会

2017/09/16 18:06
事務所びらきを前にした慌ただしい時間ではありまし画像たが、前々から私が関心を寄せて来た中小企業振興基本条例に関する講演会があるというので、出かけて来ました。


講師である自治体問題研究所の岡田知弘所長のお話は、議員向けの講座や中小商工団体向けの講座などで何度も聞いているのですが、佐賀においでになるというので、ぜひ、今の段階での話を聞いておきたかったのです。


大災害があちこちで頻発している日本で、そこからの立ち上がりが早いのは、地域経済を支えている中小零細規模の業者や農林水産業者などを大切にした施策を展開している自治体だ、ということが東日本大震災での陸前高田市や長野県栄村の取り組みなどを紹介しながら語られました。


そうした中小零細規模の事業者役割をきちんと条例画像で位置づけるためにも、条例化が大事だということを改めて認識しました。


これまでライフワークの1つとして、この問題を捉えて来ましたが、いよいよ全国47都道府県のうち条例化されていない4県になっていることも踏まえたキャンペーンが必要ではないかと思います。


岡田先生の基調講演の後、しばらくぶりにご挨拶をさせていただき、エールをいただきました。


この問題を引き続き取り組むためにも、10月の市議選をクリアしなくては、と決意を新たにしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


台風接近のもと、事務所びらきを決行するか否か

2017/09/16 10:55
明日は事務所びらきを予定しているのですが、台風18号が接近しており、果たしてどうしたものか…と気を揉んでおります。


事務所びらきをする会場に、当初予定していた数を半分以下に減らして借りた椅子を並べてみたら、けっこう入ります。


ちなみに事務所は母屋のほうです。


昭和の香り高い、落ち着いた雰囲気は、なかなかクールです。先日、友人の富田万里さんが事務所に見えたときに、黒電話の存在が大いにウケていました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【明子リーフ 期待の言葉C】

2017/09/15 23:45
明子リーフ(幸せの黄色いニュース 号外)に、期待の言葉をお寄せいただいた方々を、改めて少しずつご紹介します。今回は第4弾です。

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さよなら原発 金曜アクションは冬時間へ@佐賀県庁前

2017/09/15 19:16
9月半ばになると、日暮れの時間も早くなりましたので、毎週金曜日の「さよなら原発佐賀連絡会」の金曜アクションは、今週から冬時間です。


毎週金曜日、5時半から1時間、佐賀県庁前の楠の栄橋でのアピール行動は、どなたでもご参加いただけます。


玄海原発の再稼働が来年1、3月に迫るなか、「原発ではなく安全な再生エネルギーで安心の未来を」と訴えました。

画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【明子リーフ 期待の言葉 B】

2017/09/14 23:52
明子リーフ(幸せの黄色いニュース 号外)に、期待の言葉をお寄せいただいた方々を、改めて少しずつご紹介します。今回は第3弾です。

画像

画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


佐賀市が東京に再びオフィス開設へ 〜 佐賀市ビジネスハブ

2017/09/14 15:39
今日の常任委員会での議案審査のあとに委員研究会が開かれ、執行部からいくつかの案件が示されました。画像


その中で、佐賀市が市の物産の販路開拓やビジネスマッチング、市のPR活動をするためのオフィスを開設するという案件がありました。


東京駅近くの日本ビルヂング3階の地方創生オフィスフロアの一角を借りて「佐賀市ビジネスハブ」として活動するというもの。

かつて、佐賀市の東京事務所が必要なのか、と議論になり閉鎖されたことがありますが、近年はネットでのやり取りだけでなく、結局は顔と膝を付き合わせて、というのが求められるので、そういうこともありか、と思います。


立地は東京駅近くで、気になる賃料は年間310万円。常設の佐賀市の職員はおかず、当面は佐賀県の首都圏事務所派遣職員が活動拠点を管理する形だそうです。


同じフロアに、他の自治体も入居するようなのでどこが入るか聞いたところ、今わかっているのは宮城県、福島県、石川県、兵庫県、そして佐賀市、そのほかも入って今満杯になっているとのことです。
この顔ぶれ、私にとっては宮城県人会さが、福島支援、宝塚市のある兵庫県、と、非常に馴染み深いところなので、なんだか楽しみです。


10月20日にオープンとのことなので、無事に市議選をクリアして、上京する機会があればぜひ、行ってみたいと思います。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【明子リーフ 期待の言葉 A】

2017/09/13 23:32
【明子リーフ 期待の言葉 A】


明子リーフ(幸せの黄色いニュース 号外)に、期待の言葉をお寄せいただいた方々を、改めて少しずつご紹介します。今回は第2弾です。

画像


画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


意見書への各派の姿勢を知るには、議運の傍聴がイチバン@佐賀市議会

2017/09/13 13:55
今日の朝イチで、2回目の意見書調整会議が行われました。1回目は提案会派からの趣旨説明を行い、2回目は大まかな各会派の賛否の方向性を示し、その後は必要な文言修正や再度の協力要請を個別にしていくことになります。


私は市民共同として「核兵器廃絶国際条約の批准を求める意見画像書案」を発案しているのですが、これについて昨夜、新聞切り抜きの整理をしていたところ、興味深いものを見つけました。
それは、佐賀新聞の9月8日付に創価学会が出した意見広告で、核兵器廃絶国際条約が7月に成立したことにふれ、核兵器のない世界を求めて頑張ります、というなかなかまともな内容です。これでまさか「平和の党」を標榜している会派が反対することはないでしょう。


6月議会にも「核兵器廃絶国際条約の実現に向けて政府が役割を果たすことを求める意見書案」を提案したのですが、社民、共産、さが未来と市民共同の賛成少数で不採択になっていました。


しかし、すでに成立した条約の批准を求める意見書でもあるし、意見書調整会議では、佐賀市議会が非核平和都市宣言決議を全会一致で採択した議会であること、なども踏まえ、さらには新聞の意見広告も示し、各会派の理解を求めました。


ところが、賛否の方向性を問われたのに対し、自民系会派、公明党、民進系会派までもがまたもや反対の意思表示をしました。理由を述べてほしい、と言いましたがそれはなし。公明党の代表は「さっき示された意見広告は、ここでは関係ないので」と一言。政教分離は当然ですが、創価学会と公明党の考え方が違うというのはあまり聞いたことがありません。というか、この意見広告に沿って真面目に核兵器廃絶を願っている学会員の方に対し、なんと説明されるのか、聞いてみたい気がします。



正式には21日の議会運営委員会で閉会前の議事運営についての協議の中で、意見書・決議案についての各派の態度表明が行われ、そこで理由が語られるのですが、本会議ではこういう意見書に反対するときも理由はダンマリのまま、ということになりがちです。


そういう意味では、21日の議会運営委員会を傍聴しにきてくださるのが最もリアルに各派の姿勢をご覧になれるはずです。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


明子リーフ 期待の言葉 【1】

2017/09/13 04:24
明子リーフ(幸せの黄色いニュース 号外)に、期待の言葉をお寄せいただいた方々を、改めて少しずつご紹介します。

画像


画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


明日は議案質疑

2017/09/12 21:18
明日は一般質問の最終日&議案質疑です。


最後のおひとりの質問のあと、議案質疑は私ひとり。


これまた、任期中最後の質疑です。


先月の原発ゼロカフェで佐賀市のバイオマス都市構想と余剰電力販売についてのミニ学習をした際に、いろいろ出されたご意見の中で、清掃工場北側に、藻類培養拠点施設を整備することについての質問が出されていました。

今回はそれを踏まえ、清掃工場北側の21ヘクタールの用地購入、という議案について質疑いたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宣伝カーの代替わり

2017/09/12 18:35
1999年から使っていた宣伝カーに代わり、新しい宣伝カーがや画像って来ました。と言っても中古車です。


これまでの車も中古車でした。実は99年の市議選告示直前に、存命中の連れ合いの軽ワゴンが宣伝カーを兼ねていたのですが、彼が自損事故を起こしてしまい、オシャカになったため、大急ぎで代わりの車を探していたところ、とある中古車センターで巡り合ったのが、この三菱の軽ワゴン ブラボーでした。


それまではシルバーの車体でしたが、明るいアイボリーだし、ナンバープレートが10-00だったのも「トーセン」に通じる感じで幸先がいい、ということで即決で購入しました。


連れ合いはもともと「小は自転車の鍵から大は自衛隊のレーダーサイトまで整備する」という腕の持ち主で、共産党の中央の宣伝カーの整備もやっていたということもあり、車内の改造から看板まで、すべて手作りで整えてくれ、無事に告示に間に合うことができたのでした。


翌年の2000年4月に連れ合い画像は逝ってしまったのですが、それから実に18年間、この宣伝カーはあちこち走り回って活躍してくれました。
途中でくたびれて来た時に何度か車屋さんから買い換えを勧められましたが、連れ合いの形見のようなものでもあり、なんとかなだめすかしながら6回の市議選を闘ってきた「戦友」でもあります。


看板もカーテンレールを利用して前方のRをかたどったりして凝っていたので、プロの看板屋さんも褒めてくださっていました。


とはいえ、かなりサビも来ていたし、2月に党を外されてからは、この看板をつけて走るわけにもいかず、駐車場に停めっぱなしで放置状態でした。


いくら何でもこのままでは難しい、と思っていたところ、おなじみの車屋さんから「いいのが入りました」と連絡を受けたので見せていただいたのが、今度も三菱のちょっと新しいタイプのの軽ワゴン。
窓が大きくて、スッキリしているのも気に入って、これに換えることにしました。


車屋さんも、これまでの経緯をご存知なので、できるだけ希望に沿うように、と、スピーカーの土台を特別仕様に加工してくださったり、ナンバープレートも100-00を引き継いでくださいました。


看板はこれからですが、新しい車に希望と勇気を乗せて、元気に駆け回りたいと思います。
画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


佐賀空港へのオスプレイ配備・軍用化問題で 市民の声を聴く場を設けよと求める〜一般質問@

2017/09/11 23:25
今日の一般質問で私は5番目の登壇でしたが、なんだかんだ言っても休憩をはさんで2時半頃から始まりましたので、通常のパターンに近かかったと思います。
しかも、4問中2問はすでに先に質問がされていたから早く済むと思っていましたが、やはり舞台は生き物、ならぬ議会は生き物、ということでいつものように60分の時間いっぱい使い、答弁がちょっとはみ出してしまいました。最後の最後まで「時間が足りない山下明子」となってしまいました。


というわけで、何回かに分けてご報告します。

【佐賀空港へのオスプレイ配備・軍用化問題】

佐賀空港へのオスプレイ配備・軍用化の問題で「広く全市を対象として市民と情報を共有し、意見を聴く場を設けるべき」と求めました。


 この問題では9回目の質問でしたが、6月議会での質問の直後に県議会が「受け入れ容認決議」をあげ、知事も「県民の代表としての県議会の決議は重い」として受け入れの方向を示唆するなどの動きを見せていることについて、秀島市長は「確かに6月議会の時より事態が動いていることは認識しているが、正式に市に対しての要請があっているわけではない」として、従来からの「協定の立会人として、自衛隊との共用は『しない、させない、ありえない』という基本的考え方にたつ公害防止協定覚書付属資料についての整理がなされるのを見守る」という立場を強調。



 私は、「南部だけの問題ではなく、低空訓練が行われている北部も含め全市の問題。5月から取り組んでいる市民アンケートでも『説明不十分』『わからない』などが7割以上にのぼっており、市民に対して市が置かれている状況を報告し情報を共有し、広く市民の意見を聴く場を設けるべき」と求めたのに対し、市長は「今はそういう時期ではない」との答えにとどまりました。



 私は、防衛省がこれまで用地購入費や調査費などを「地元の理解が得られていない」と予算執行できずにいたにもかかわらず、来年度の概算要求に「工事造成費」を計上していることについて「県議会の決議や自民党県連の動きに後押しされたものであり、外堀が埋められようとしている」と指摘。柳川市が独自の論点整理をまとめて佐賀県に提出したことなどにふれ「空港立地の佐賀市としての独自の調査などに取り組むべき」と求めるとともに「県が協定見直しの要請をしてきてから動くつもりか。スケジュールは意識しないで構えるのか」と質したのに対し「仮定の話は控えたい」と述べるにとどまりました。



 佐賀市の将来に関わる重要な問題であり、10月の政治の季節に大いに議論されるべきと思います。オスプレイ配備反対地域住民の会のみなさんは、市議選に出馬予定者にたいし、この問題でのアンケートを取り組むとの報道がありましたが、議会に臨む人々も自らの考えをしっかりと示す責任があると私も思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日、5番目に一般質問

2017/09/11 09:51
おはようございます。


今日は任期中最後、16回目の一般質問です。


5番目ですから午後ですが時間は流動的です。頑張ります!
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


佐賀市消防団が第1回消防操法大会

2017/09/10 10:36
 これまで、各地域で行われてきた消防団の消防操法大会が一堂に会する形で、9月10日に第1回佐賀市消防団消防操法大会が県消防学校の屋外訓練場で行われました。


火災現場で迅速に消火活動に向かうために、消防団のみなさんは日頃から機器の取り扱いと点検とともに、ホースの連結・取水・放水の訓練に勤しんでおられます。

今日は各消防団の代表チームがその成果を発揮され、大和の消防団が見事、記念すべき第一回の優勝を果たされました。

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


セクシャルマイノリティーについて考える、地域の人権講演会@勧興まちの駅

2017/09/09 13:52
勧興公民館で毎月第2土曜日に行われている「勧興まちの駅」画像で、9月は人権講演会として「セクシャルマイノリティ〜多様な性のあり方について考える」という講演会が行われました。


講師の廣瀧まどかさんはLGBT当事者で、これまでも佐賀市や男女共同参画ネットワーク「結い」の学習会、市内の小中学校での講演会で多様な性のあり方についての理解を呼びかけてこられました。


「多様な性のあり方」とは何か、廣瀧さんご自身の小学生の頃から現在(40代)に至るまでの意識の問題や経験を通して、セクシャルマイノリティをとりまく環境、課題についてじっくり語っていただきました。


私も市議会で初めてこのテーマで質問した時の思いや、現在の佐賀市の取り組みについて少し発言させていただきました。二十数名の参加者でしたが、こうした問題での偏見をなくし、生きづらさを抱えている人たちが共に暮らしていける地域づくりがいっそう進むためにも、貴重な講演会だったと思います。



画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今日から一般質問

2017/09/07 16:52
8月議会前半の決算審査をひと区切り終え、今日から一般質問が始まりました。
画像

いつもなら30名弱の議員が質問するところですが、今回は選挙モードなのか、20名にとどまっています。
また、4年間の集大成、ということよりもコンパクトにまとめて1項目か2項目に絞っている方が多く、いつもは3枚綴りになる質問通告表がなんとウラオモテ一枚に収まっています。これはいつになく少ないように思います。

とはいえ、その少ない中で、私の質問項目4問のうち2項目が他の議員とダブっており、今日はその1つ、豪雨災害との関係での砂防ダムとため池の維持管理の問題が出ました。

もともと中山間地にお住いの松永幹哉議員で、詳しくわかっておられる立場からの質問ですから、私自身も聞いていて勉強になりましたが、後から私が何を聞くのか…とちょっと焦ってしまいました。

が、もともと7月から8月にかけて開いた市政報告懇談会の中で出された意見・提言を基にした質問ですし、下流域の住民としての素朴な疑問を出していく、ということになりそうです。取り下げにはしません。


もう1つは明日、佐賀空港へのオスプレイ配備問題です。社民党の松永憲明議員で、同じ問題意識を持つ立場からの質問ですから、これまた明日のやり取りを聞いてからの詰めとなります。


なお、今日は自民党議員から平和展に関する質問が出され、子どもたちの教育現場で戦争体験者の話を聞く機会を積極的に位置づけるべき、といういい話が出ましたし、障がい者の雇用について岡山県総社市の【障がい者1000人雇用】の取り組みを基にした質問も聞きごたえがありました。

私も頑張らなくては!
画像

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


決算審査のまとめ作業 附帯決議に向けて

2017/09/05 14:02
今日は決算審査の委員会ごとのまとめで、附帯決議として意見・提言をあげるための文章整理作業の協議が各委員会で行われました。


私の所属する経済産業委員会では、前回は森林セラピスト育成事業とエビスを生かしたまちづくり事業、観光のインバウンド推進事業の3項目を候補に挙げていましたが、画像インバウンド推進事業は委員長報告に盛り込むことになり、2項目に絞られました。


森林セラピスト育成事業は、20万円足らずの経費で説明の対象からも外れていたのですが、議会の森林林業活性化推進議員連盟として研修を重ねていたことが、この事業に光を当てることにつながったと言えると思いますし、今後、森林に目を向けてもらえるきっかけになっていけばと思います。


エビスを生かしたまちづくりについては、担い手のみなさんの高齢化などの問題もあるので、街中に息づく暮らしの財産としてのエビスを生かした事業が勢いを作れるような支援策につながれば、と思います。



建設環境委員会では、バイオマス事業に関連する問題でけっこうツッコミがなされるのだと思いますが、これも潰してしまえ、というわけではなく、佐賀市として担っていけるなら大きな可能性のある分野には違いないので、適切なチェックをかけて行くという意味になると思います。
新しい事業に取り組む時の難しさ、特に科学や技術に関する問題は専門性も問われるので、議会としては相当勉強しないと対抗できないものがあると思います。


以前、下水浄化センターで汚泥の堆肥化事業に取り組むという時は、保守系の議員とも共同して、佐大の微生物の研究をされている先生を招いての勉強会を独自にひらいたり、宮崎までいっしょに視察に行ったりして、懸念される課題の提起をしてきました。


さいわい、今のところ当時の懸念材料についての問題は起きていないようで、今はさらに進んだバイオマス事業にふみこまれているので、当時の段じゃないほどの勉強が求められているわけです。


あとは、文教福祉や総務委員会の状況も聴きながら、決算議案全体についての「市民共同」としての態度を決めて行くことになります。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


明子リーフレット できました

2017/09/03 21:24
遅まきながら、リーフレットができました。


これは「幸せの黄色いニュース」の号外で、コンパクトではありますが、4年間の議会活動の総まとめの意味を込めたものにしています。

否応なしに、2月から無所属になったことについて触れないわけには行きますんが、それを含めて、これからも「住民こそ主人公」を貫きます、という決意を込めています。



そしてありがたいことに、多彩な方が期待のコメントを寄せてくださっていますので、いくつかバージョンを替えて作っています。どのバージョンがお手元に届くかはお楽しみに、ということです。


ご協力いただいたみなさま、ありがとうございます。

画像

画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


柳川でもオスプレイ反対の声〜福岡の県南集会に参加

2017/09/03 16:26
午前中に続いて、午後は福岡県柳川市で開かれた「辺野古埋立土砂搬出・オスプレイ佐賀空港配備を許さない 恵みの海・豊かな大地を守ろう!県南集会」に参加しまし画像た。

沖縄の辺野古埋め立てのための土砂が西日本から運ばれていくことに対し「ふるさとの土を一粒たりとも戦争のために使わせない」として北九州で頑張っておられる方、辺野古と福岡を往復して現地の様子やいまの沖縄の報告をされる方、辺野古だけでなく宮古島にも新基地が造られようとしていること、など、沖縄関連の話を3名の方がされた後、佐賀空港への自衛隊オスプレイ等配備反対地域住民の会の古賀初次さんが佐賀の実態を報告してくださいました。


古賀さんは、防衛省が計画を持ってきたところから、今年に入って県議会や知事が受け入れ容認になったことへの憤りを込めて切々と訴えられました。


報告の後、地元で平和運動に取り組んでおられるグループからの活動報告もなされましたが、大牟田でスタンディングしておられるグループの方が「自民党が公明党とくっついて悪いことを進めようとしている時に、こちらが分裂している時ではない。くっつく努力をして、戦争への道を食い止めよう」と言われていたのが印象的でした。
画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


原発に頼らない自然エネルギーへの可能性に確信 「日本と再生」

2017/09/03 14:11
原発に頼らなくても大丈夫なのか、自然エネルギーの可能性画像は?
という素朴な疑問に、スッキリと解決方向を示してくれるドキュメンタリー映画「日本と再生」を観にきました。


ドイツやアメリカ、ハワイ、アフリカ、アイスランド、そして中国などなど世界は原発や枯渇性燃料から抜け出して自然の条件を生かした恵み豊かなエネルギー源に視点を移しています。しかもこれが雇用を生み出し、儲けにもなり、地域循環型の振興策につながるうえに、災害にも対応できるという視点は、あらためて新鮮に受け止めることができました。


国内でも原発被災地の福島県はもとより長野県や北海道、宝塚市などなど、これまた太陽光、風力、地熱などを生かした市民電力発電が取り組まれています。佐賀のように海も山も川もある土地でできないはずはありません。


深刻でなく、地域を元気にする道筋でもあるし、楽しくなる映画でした。


午後2時からも上映されますので、お近くの方はぜひ佐賀市天神のアバンセホールへお越しくださいませ。チケットは700円です。

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


決算審査から意見・提言に向けての委員会論議

2017/09/01 13:55
今日は常任委員会ごとの決算審査の中で、まとめにおいて意見・提言を行うべき案件についての再討議が各委員会で行われました。画像


私の属する経済産業委員会では、森林セラピスト育成事業、えびすなどを生かした商店街活性化事業、インバウンド推進事業の3項目が対象となりました。いずれも内容充実や改善を求める立場からのものです。
森林セラピスト育成事業は19万円程度の事業で、決算報告の時には特に説明がなかったので、その後の質疑の中で私が取り上げました。


というのも昨年秋に、議会の森林林業活性化議員連盟で福岡県みやまの森林林業活性化の取り組みの視察をした際に、森林浴セラピーのミニ体験をさせていただいたことが念頭にあったからです。


森林浴が心身ともに療養効果のあること、里山に関心を持ってもらうこと、中山間地の観光振興にも役立つことなど、可能性の大きい分野ですが、まだ佐賀市では「森林セラピスト育成事業」という事業名でありながら、森林浴ガイド育成自体は4年前に一度行なっただけで、あとは市としての森林浴体験ツアーを春秋に2回実施したという決算だったので、ガイド育成に継続的に力を入れると当時に、裾野を広げる意味からも森林浴体験PR旺盛にすること、などが大事だと思います。


そんなこんなで、決算報告の時には割愛されていた19万円ほどの事業にスポットを当てて、委員会の意見・提言に盛り込むことになったのは良かったと思います。


往往にして、説明は「額の大きいもの、前年に比べて大きく変化したもの」などに絞られがちですが、見落としている事業もたくさんあるかも、ということにもなります。
議員の側もしっかり勉強してチェック力を高めなくては、とあらためて気の引き締まる思いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐賀空港 オスプレイ配備に向け 防衛省が造成工事費14億円要求

2017/09/01 13:52
来年度予算に関する報道で、社会保障費の増大が大きな問題だとして、いかにこれを抑えるかという話がある一方で、過去最大規模の防衛費が組まれようとしていることを見逃すわけにはいきません。


中期防衛力整備計画における陸上自衛隊のオスプレイ配備について、今年度は佐賀空港西側の用地取得、調査・設計の予算30億円がついていますが、地元との関係でこれまでも見送られてきたもので、今年度も執行できるかどうかわからない状態というのが実態です。

にもかかわらず、来年度予算の概算要求に造成工事費として14億円計上したという連絡が九州防衛局から市議会に入ってきました。

冗談ではありません。

地元は何も同意していないのに、県議会や県知事の前のめりの行動がこういう事態を招いているのではないでしょうか。
北朝鮮がミサイル発射をしているからといって、オスプレイ配備とは直接リンクする話でもありません。
こういう国の押しつけがましい態度は、はねのけたいものです。

https://drive.google.com/open?id=0B9Jyal3xPwd-RC1QVV9kTEkwVkE
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


8月のラストサンデーに、いのちの話を

2017/08/27 10:03
早くも8月最後の日曜日です。昨日は雨のお陰でずいぶん涼しくなりましたが、今日はまた暑くなりそうですね…。


Facebookのお友だちのコメント欄にも書いたのですが、画像8月生まれだった祖父へのオマージュとして、命のエピソードをひとつ。



8月生まれの祖父が、産まれたばかりで呼吸が止まっていたので死産と思われ、夏なので全身に腐敗防止のグリセリンを塗られてベッドに置かれていたところ、しばらくして火のついたような泣き声がするので看護師さんが様子を見に行ったそうな。



なんとエサ(グリセリン)に引かれてやって来た蟻に全身覆われて真っ黒になっていたそうです。で、その蟻に噛まれて赤ちゃんだった祖父が蘇生したのだそうです。



それがもとで、祖父は「蟻はおじいちゃんの命の恩人だ」と、絶対に蟻を殺しませんでした。
今ならヒアリのことなどで、そうとばかり言えないのかもしれませんが…。


それにしても、人間の潜在力ってスゴいですね〜。


生命力溢れる8月から実りの9月への架け橋となるラストサンデー、みなさまにも充実の1日となりますように!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日も「さよなら原発さが」金曜アクションに

2017/08/25 20:35
夕方ギリギリまで、明日の学習会の資料整理をしてから、「さよなら原発さが連絡会」の金曜アクションに参加。


スピーチの順番が回ってきたので、明日の予行演習ではありませんが、佐賀市のバイオマス事業や電力の地産地消の取り組みに触れながら「せっかくいい事しているのだから、『原発ゼロへ』と打ち出してこそ首尾一貫するのでは」と問題提起型で訴えました。


今日も車からクラクションと手ふりで激励してくださる方などあり、ちょっと涼しくなった金曜アクションになりました。


そうそう、参加者の中でお二人が、ご自宅に植わったニラや冬瓜を持ってきて分けてくださいました。これに豚肉を合わせたら、めっちゃ美味しい夏のお食事になりそうです。
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる