山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたの声が生かされる市政へ〜市民アンケートにご協力ください

<<   作成日時 : 2017/05/10 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【佐賀市民のみなさまへ】

 「市民共同」という新しい一人会派になって2カ月あまり。新年度の政務活動費をどう使うかを考えるにあたり、当初予算の議会には間に合いませんでしたが、あらためてくらしに根ざした要求や佐賀空港へのオスプレイ配備計画・原発再稼働などの重要問題について市民のみなさんのお考えを知りたいと思い、5月に入って、市民アンケートを始めました。

 まだ配り始めて10日足らずですが、50通を超える返信封筒が届きました。

 くらしの問題では、アベノミクスによって暮らしが前より「悪くなった」が49%、「変わらない」が37%と、「景気がよくなった」の政府広報とは程遠いのが市民の実感です。その理由として「もの値段がいっせいに上がった」「年金が減るのに介護保険の負担がふえた」「夫の給料が減った」など切実です。

 政治で力を入れてほしい分野についても、子育て、医療福祉、雇用・働き方、産業・まちづくり、生活環境、防災などで多様な声が寄せられています。特に、保育所待機児問題や障がい者の雇用・居場所問題、介護保険、中心市街地の活性化、交通マナーの問題での記述が多いのも特徴です。

 オスプレイ配備計画問題では「賛成」が2割、「反対」4割弱ですが、国の説明について「不十分」が6割を超えています。玄海原発の再稼働については「賛成」15%、「反対」54%で依然、過半数が反対です。また過酷事故が起きた場合の佐賀市としての避難や対応策については「知っている」が1割で「知らない」が7割ですが、これについては、佐賀市の地域防災計画で原子力過酷事故についての佐賀市独自の対応策はない、というのが実態であり「知らない」のが当たり前とも言えます。そして、県や佐賀市の原子力防災対策については「十分」が2%で66%が「不十分」と答えています。これも当然の結果といえます。

 原発問題では福島から避難してこられたという方から、「東京電力第一原発から69qにもかかわらず阿武隈山脈のすそ野で放射線量が高く除染しても期待ほど下がらなかった」原発が事故を起こしたら「一朝にして町は消滅、コミュニティは崩壊し計り知れない人生の大変化が生じる」と別の用紙にびっしりと書き込まれていました。

 このほか、それぞれの地域で気になる安全対策などの要求が書き込まれてありますので、今後に生かしたいと思います。

 このアンケートは、まだ始まったばかりなので、お手元に届きましたらぜひ、ご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

また、メールでのご回答も受け付けておりますので、この添付画像をご覧いただいて、質問項目に沿ってご回答頂ければ、郵送料もかからずに助かります。
このご回答については佐賀市民の方にお願いしておりますのでご了承くださいませ。

【オモテ面】
画像


【ウラ面】
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたの声が生かされる市政へ〜市民アンケートにご協力ください 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる