山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 家庭裁判所参与員のお仕事

<<   作成日時 : 2015/11/25 17:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は家庭裁判所参与員の仕事が入りましたので、議案勉強会のあと、ばたばたと家庭裁判所へかけこみました。

 家庭裁判所の参与員とは、家庭裁判所で行われる、名の変更、戸籍訂正、未成年者の養子縁組などの家事審判事件の手続の際に、審判に立ち会ったり、あらかじめ提出された書類を閲読したりして,裁判官が判断をするのに参考となる意見を述べます(家事事件手続法第40条第1項)。また、離婚訴訟などの人事訴訟事件の証拠調べや和解の試みなどに立ち会い、率直な意見を裁判官に述べるなどして、紛争を解決に導きます(人事訴訟法第9条第1項)。⇒http://www.courts.go.jp/saiban/zinbutu/sanyoin/

 私は、裁判員制度が始まるという頃に、裁判員ではないけれど、紛争解決に一般市民の感覚を取り入れるという参与員に関心を持ち、応募したことから始まります。

 初めの頃は裁判に立ちあうこともありましたが、ほとんどは名の変更や養子縁組などの案件で、当事者からの話を聞きながら、その申し立てが妥当であるかどうかを判断し、意見書を書くということをしています。

 ここしばらくは事件が回ってこなかったので、年1回の研修会のみというのが続いていましたが、久しぶりに案件が回ってきまして、ちょっと緊張して前日から予備調査をさせていただいたりして臨みました。

 参与員も、司法が身近になり、「市民感覚」が生かされる手法としては大事だと思います。また、人間社会のいろいろな側面をみることにもなり、議員としてのチェック力や発想力を鍛えることにもつながるなあ、と毎回心してかかっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家庭裁判所参与員のお仕事 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる