山下明子の幸せの黄色いニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイに体験搭乗した報道記者の回想

<<   作成日時 : 2015/05/20 08:15   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月18日にハワイのオアフ島で海兵隊のMV−22オスプレイが墜落し、1人が死亡、多くがけがを負う事故が起きたことで、あらためてオスプレイの「安全性」に疑問が呈せられているにもかかわらず、米軍は事故の翌日に普天間からオスプレイを飛ばし、日本政府は「訓練中止」を求める沖縄県知事の要請を無視し続けています。

 昨年12月に熊本で行われた米軍オスプレイの訓練を視察した時、佐賀市議会の議長や特別委員会委員長をふくむ自治体関係者や報道関係者が体験搭乗をしました。
 その時に同乗した朝日新聞の記者が、あらためて、当時を振り返る記事をアップしています。その時、操縦していた機長は「オスプレイが特段危険とは思わない、我々は充分訓練している」と述べていたそうですが、その記者は「安定した条件のもとでの飛行をもって『安全』とはいえないのではないか」との感想を語っています。

 先日のハワイでの事故は、まさにそのことを物語っていると思います。

 先日、視察で東京に行った機会に、空軍オスプレイが配備される予定とされている横田基地周辺に初めて行きましたが、夕方5時から基地の横に沿った商店街や住宅地を歩いていると、わずか50分の間に基地を離発着する米軍機に4回遭遇しました。まさに頭上をかすめるような低空の時もあり、ハワイでの着陸失敗事故のようなことが横田や佐賀空港周辺で起きないとも限らない、と思うと、あらためてゾッとするものがあります。

 ハワイの事故後、平気で普天間拠点のオスプレイ訓練を続ける米軍に対し、沖縄県民は「沖縄の負担軽減どころか新たな負担強化だ」と怒りの声をあげています。佐賀空港へのオスプレイ配備・軍用化は、決して沖縄の負担軽減にはならないことの証でもあると思います。


◆朝日新聞のデジタル記事→http://www.asahi.com/articles/ASH5L652LH5LTIPE03F.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイに体験搭乗した報道記者の回想 山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる