テーマ:地域経済

【夜の岡田ゼミ@地域づくりの経済学入門 ①】

 自治体問題研究所の主催で、岡田知弘先生(橘大教授・京大名誉教授・自治体問題研究所理事長)の著書「地域づくりの経済学入門 地域内再投資力論」を著者の岡田先生を囲んで全12章400ページを少しずつ分けて読みながら講義を受け、ゼミ形式で学びあうというzoom講座「夜ゼミ」に参加しました。  岡田知弘先生は、地域経済・地域づくりの研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【コロナ支援の返礼品届く ②】

 先日に続いて、「コロナ禍での大量廃棄になりそう!」という食品関連業者さんのクラウドファンディングで支援したもう一つのところから、また返礼品が届きました。  こちらは冷凍のいなりや肉巻きおにぎりなどを作っておられる企業さんだそうで、半信半疑でクラウドファンディングに挑戦したところ、びっくりするほどの反響で…とのことでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【本の話】地元経済を創りなおす

以前、佐賀にも講演にみえた枝廣淳子さんの「地元経済を創りなおす」を改めて読みなおしています。 佐賀市が中小・小規模企業振興条例の制定をめざしている時だからこそ、地域経済の振興のあるべき姿を共通認識にしたいな、と思います。 佐賀市が独自に産業連関表に基づく「域債収支」を分析したことはとてもよか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ミッション2;地域経済振興めざし佐賀市に要請@佐賀民主商工会】

昨日の第2のミッションは、午後から佐賀民主商工会の対市要請への同席です。 中小・小規模企業振興条例の制定や国保税の負担軽減、住宅リフォーム助成生制度の復活、消費税増税中止や所得税法56条の廃止を求める国への働きかけ、申請に基づく地方税の換価の猶予制度の周知など12項目の要請項目を12月に提出されたものに対し、佐賀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続可能な地域経済の発展のために~岡田知弘先生の講演会

事務所びらきを前にした慌ただしい時間ではありましたが、前々から私が関心を寄せて来た中小企業振興基本条例に関する講演会があるというので、出かけて来ました。 講師である自治体問題研究所の岡田知弘所長のお話は、議員向けの講座や中小商工団体向けの講座などで何度も聞いているのですが、佐賀においでになるというので、ぜひ、今の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀市の地域経済構造分析

 今度の市議会一般質問では、昨年12月に続いて中小企業振興基本条例の制定を求めつつ、地域循環型の経済再生の問題を取り上げることにしています。  その準備の中で、昨年3月に佐賀市が発表した「佐賀市の地域経済構造分析」報告書をじっくり読んでみると、佐賀市の産業の姿、消費動向、佐賀市が生み出した財と出ていく財の関係などが、産業分野・業種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業振興基本条例の制定を・・・一般質問より①

 今日一般質問した内容から、中小企業振興基本条例の制定を求める質問について紹介します。 【小規模基本法をふまえた市の対応は】  明子 昨年制定された「小規模企業振興基本法」により、従業員5人以下を含む小規模企業の振興に関して、国は5年ごとの基本計画を策定し、国会に年次報告すること、国・地方・支援機関等関係者相互の連携を図る責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀の森林と環境を守る「佐賀の木になる紙」をご存知ですか?

 佐賀市は林業再生につながる取り組みとして、利用価値の低いとされる間伐材を、誰もが使う「紙」として再生されたものを市役所全体で購入する「グリーン購入」を2009年から実施しています。「佐賀の森の木になる紙」には富士大和森林組合の間伐材が多く使われており、これを購入することで、①佐賀県内の間伐が進み、森林の荒廃を防ぎ防災機能も維持される、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地産地消と循環型まちづくりへ、佐賀県革新懇が地域経済シンポジウム

 午後からは佐賀県革新懇が「地産地消と循環型まちづくり」をテーマに多久市中央公民館で開いたシンポジウムに参加しました。  玄海町の旅館経営者、多久市のビワ農家の方、元相知町長でNPO「調和の森」の大草秀幸氏、佐大農学部の染谷孝教授らがパネラーとなり、豊かな自然を生かしたグリーンツーリズムのとりくみ、ビワの葉まで生かして付加価値をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more