テーマ:震災救援

被災地を駆け足で視察

 第56回自治体学校が仙台市で開かれたので、この機会を利用して最終日の午後、塩釜地域の復興支援ボランティアセンターの中川邦彦さん(前塩釜市議)の案内で中山重俊議員、鳥栖の尼寺省吾議員とともに被災地をいくつか見て回りました。  私は3年前の10月に塩釜、多賀城、七ヶ浜に救援ボランティアに行った際にも周辺の被災地を視察しましたので、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3・11から3年~講談師・神田香織講演会故郷フクシマを語る

女性講談師・神田香織さんが佐賀にやってきます。 神田香織さんは1954年、福島県いわき市生まれ。舞台女優を経て1980年に2代目神田山陽門下となられました。 2つ目以降ジャズ講談や一人芝居の要素をとりいれた独自の講談を次々発表し、講談の新境地を切り開いておられます。 1986年「講談はだしのゲン」公演で日本雑学大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城からの贈り物

先日参加した宮城県人会さがの新年会のときに、震災前の宮城の風景を集めた写真集が紹介されたので、その「海と風と町と」という本をさっそく注文しておりました。 それが今日届いたのですが、一緒に当日の集合写真もつけてくださいました。で、問題は写真ではなく、その写真を入れた袋です! 何と宮城県人会さが代表の富田万里さんがお得意の手…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

宮城県人会さがの例会~今日は震災から10ヶ月目

 今日、1月11日は東日本大震災から10ヶ月目に当たります。地震が起きた2時46分には議会で委員会があっていたので、すっかり頭からぬけていたのですが、そういう日常の中であの大地震と津波が起きたのだと思うと、本当に大変だったと思います。  去年の12月26日に、ひょんなことから宮城にゆかりがあるよということで飛び入り入会した「宮城県…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「おらほのラジオ体操」で石巻市に20万円の寄付!

 昨日このブログでもご紹介した石巻の地域復興プロジェクトの一環として販売されている、石巻弁でのラジオ体操CD「おらほのラジオ体操」は1枚500円のうち、200円を石巻市への支援金として位置づけられていますが、ネット上でも評判を呼び、10月からの発売で1000枚以上になったとのことで、昨日、その売上金の一部20万円を石巻市に送られたそうで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おらほのラジオ体操

宮城県人会さがの富田万里さんからのお薦めで、こんなCDを買いました。おなじみのラジオ体操の掛け声が石巻弁というもので、一枚500円の一部が被災地の支援カンパになるという石巻市の復興プロジェクトのひとつだそうです。 先日、新日本婦人の会の集まりの時、休憩時間を活用してこのCDを使ってラジオ体操をしたら大ウケでした。 これをYou…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「人間失格」の歌と被災地の画像

今日、NHKラジオで今年一年を振り返る曲を紹介する中で流れていた「人間失格」ていう曲が耳について離れませんでした。 偶然、YouTubeで東日本大震災の被災地の写真と組み合わせて、「人間失格」が流れている画像を発見しました。 タイトルとはうらはらに、1日1日を大切に生きなくては、との思いがこみあげてくる画像です。ぜひ、ご覧く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11東日本大震災のまとめ映像

海外メデイアがとらえた、3.11東日本大震災の地震から津波に至る各地の映像をまとめたYou Tubeの動画です。 1時間あまりの編集で、音声は英語に置き換えられていますが、うっすら聞こえる日本語と画像は、私たちに忘れてはいけないものとして迫ってきます。 2011年という年を振り返る時に、ぜひとも残しておきたい映像としてご紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県人会さが

大学の同窓生で、つねに柔らかい頭としなやかな行動力で周りをひきつける富田万里さんは、宮城県のご出身です。 3月の東日本大震災で故郷が大きな被害に遭ったことをきっかけに、佐賀で宮城県人会を発足されました。 これまでにカンパに取り組んだり、映画「エクレールお菓子放浪記」の上映会やみかん狩りをして仮設住宅に送ったり、石巻弁…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

震災救援ボランティアの友からのお便り

10月に宮城・塩釜地域に救援ボランティアに行ったときに一緒に活動した長崎の青年・N君から、ボランティア活動と被災地を記録したDVDが送られてきました。 N君は、9月初めから11月下旬までボランティアで常駐していたので、九州の共産党ボランティアの中では一番長く頑張っておられたことになります。私はほんの4日くらいしかご一緒してな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「復興デパートメント」

 東日本大震災の被災3県で、再建めざしてがんばろうとしている業者のみなさんを後押しするために、ネット販売のサイト「復興デパートメント」が今日、立ち上げられた、とのニュースを先ほど見ました。  ネットで確認していたら、CMも作られていましたので、ご紹介します。 http://youtu.be/kBDeWW-h97o
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地塩釜へのボランティア第4陣、今日から出発!

 日本共産党の震災救援ボランティアの、佐賀県頭部地区としては第4陣が今日から8日までの4日間の予定で出発しました。メンバーは女性2人。  私と一緒に10月にボランティアに行かれたみやき町の益田清町議のお連れ合いの由美さんと、鳥栖の成冨牧男市議のお連れ合いの悦子さんのお2人です。  私の実感から言うと、衣類などの仕分け作業や青空市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災被災者支援センター「くらし塾」

やっと行ってきました。東日本大震災被災者支援センター「くらし塾2号館」。 身の回りの物を持ち寄っての展示バザーをしながら、売上金を被災者支援に充てるというやり方で、無理なく続けて行けるように工夫されています。 この場所は、地元の松尾建設が開業していたレストランの閉鎖後の空き店舗を無償で借り受けてNPO団体が運営されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8ヶ月目の11日、午後2時46分

早いもので、あの東日本大震災が起きてから8ヶ月目の11日、午後2時46分が近づいて来ました。 ちょうど市役所の受付の横にある東日本大震災の被災者支援プロジェクトの広告ボードが目に留まり、約5分の映像に釘付けになりました。 私が塩釜地域の支援に行ったのはちょうど1ヵ月前だったのですね。もっと昔に思えます。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県議選の支援で、志位委員長が塩釜の商店街に!

塩釜にいる友人N君からのレポートが届きました。 一昨日から始まった宮城県議選で、塩釜選挙区に立候補されている天下さんの支援で志位委員長が駆けつけています。 以下はN君から。 雨の中多くの人が商店街に集まり、志位さんは原発問題・被災者支援・市民への想いを親身に、そして熱く語られております〓 (^^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩釜からの便り~日本共産党九州沖縄交流ニュースより 3

 日本共産党の「救援・復興 被災地と心ひとつに 九州沖縄活動交流ニュース(No.28)」が送られてきましたので、みなさまにご紹介いたします。  毎度の事ながら、お読みいただいてご協力いただけるようであれば、このブログを見た、ということでご連絡をいただければ幸いです。                    *     *    *…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

塩釜からの便り~日本共産党九州沖縄交流ニュースより

 日本共産党の救援・復興 被災地と心ひとつに 九州沖縄活動交流ニュース(NO.27)が届きましたので、皆様にご紹介いたします。お読みいただいてご協力いただけるようであれば、このブログを見たということでご連絡をいただければ幸いです。                     *     *     *  23日は、塩釜市と多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀市が被災地からの避難者に新たな支援

 今日、議会の総務委員研究会がひらかれました。そのなかで、福島の原発事故から逃れ佐賀市に避難してこられた被災者のみなさんへの新たな支援策が示されました。 これは、ふるさと納税制度で「避難者の役に立てて欲しい」との50万円の寄付の申し出にこたえたものです。 具体的には、商工会議所が取り扱う義援金付きのプレミアム商品券(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体操から被災地報告、記念講演DVD視聴まで~ある支部会議

 今日は、この間、日程の都合でなかなか参加できていなかったとある支部の会議に、パソコン持参で参加しました。  目的は、震災ボランティアの報告をさせていただくことと、テレビの故障とかで「党創立記念講演」DVDが観られないとのことだったので、その手立てを講じることのふたつでした。  被災地の写真はまだ未整理の部分が多かったのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れの青空

今日も陽射しのまぶしい秋晴れの青空が広がっていましたね。 天気予報では、明日は雨の確率が60%と出ていますが、それが信じられないくらい気持ちいい1日でした。 今日は午前中に共産党の地域支部の会議があり、震災ボランティアの報告をさせていただきました。 「実際の話を聞くと、共産党の政策提言の的確さがよくわかる」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行列のできる青空市 七ヶ浜仮設住宅からN君の報告

 16日に行われた宮城県七ヶ浜町の仮設住宅での「青空市」にとりくんだボランティア活動の報告を、長崎のN君がメールで寄せてくださいました。ぜひ、ブログで紹介したいから、とお願いしていたものです。  遅くなったのにはわけがありまして、せっかくのメールがなんと「迷惑メール」に仕分けされていたからのです。  行列のできる青空市になったとのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩釜地域の日本共産党救援センターのおたより

 日本共産党の塩釜地区委員会を拠点に塩釜救援センターが開設され、九州の日本共産党としては、ここに支援に入っています。その活動を交流するニュースが発酵されているのですが、私が佐賀に戻る前に、青空市の取り組み方などをみなさんと話し合いながら一定の流れを提案してきたことが生かされているようで、嬉しい報告となっていますので、ここで紹介させて頂き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雄勝中学校の復興輪太鼓

 夜のテレビニュースを観ていたら、石巻市雄勝中学校の「復興輪太鼓」のことが報じられていました。  雄勝町は、津波で屋根の上に観光バスが流されて残ったままの公民館の光景でよく出てくる場所です。私も被災地の視察の時に現地に行きましたし、その奥のほうで中学校が見えたのを覚えています。近寄ろうとしたら工事車両が出入りしているので、保安要員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十六夜の月

佐賀に着いてから、その足で議会事務局に立ち寄って議会だよりの原稿チェックをしたついでに、事務局の残業組のみなさんに塩釜ボランティアの報告、いったん自宅に着替えに戻って、今度は実家に「萩の月」を持っていったついでに、これまた塩釜報告、ようやく地区委員会の事務所にたどり着いたのが10時。 そこで留守を預かってくれた向井副委員長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣類の仕分け

今朝は、ゆっくりめに朝食を食べたあと、午後からの「青空市」に備えて衣類の仕分けにいそしみました。この2日間の経験から、衣類の仕訳はなるべく細かくしておいた方が、あとで青空市をやるにしろ、個別の要望に応じてお届けするにしろ扱いやすいだろうと思われるので、まず、仕分け表をあらためて作りました。 それから、あらかじめ大まかに男女と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただいま福岡到着

あっという間の塩釜ボランティアが終わり、仙台からは小さなANA・IBEXの飛行機に乗って、先ほど無事に福岡に到着しました。 3日間の活動については、おいおいご報告させていただきます。 とりあえず、佐賀についたら、明日朝の佐賀中部広域連合議会の広報特別委員会の準備と、日曜日の佐賀県母親大会での分科会の助言者の準備とが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩釜の最後の朝は曇り空

塩釜に来てあっという間に最後の朝を迎えました。昨日は久しぶりに歩き回りしゃべり回り、身体の芯までくたくたになったので、爆睡しました。しかも、あまり寒くなく、心地よい目覚めの朝でした。 今日は薄曇りで、ほどよくひんやりしたお天気です。 塩釜最終日は、午前中かけて、衣類の仕分け、仕分け、仕分け…。何しろ昨日の仮設のみな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つの仮設住宅訪問~青空市と聴き取り活動

  今日は、午前中に衣類の仕分け作業をしたあと、午後から2ヶ所の仮設住宅を回りました。  昼過ぎには七ヶ浜の仮設住宅で、「困りごとはありませんか」のアンケートと支援米を2㌔ずつ手渡し、木陰の広いところにブルーシートを広げて、救援の衣類を並べての『青空市』を展開。80世帯の仮設で、特に責任者もなく個々バラバラだといわれていましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀城公園の仮設へ

夕方から、前に訪問した多賀城公園の仮設住宅に行き、困りごとアンケートの回収と、留守宅への再訪問を行います。 大急ぎで、留守宅に置いてくる手書きの手紙をつくって、さあ、出発です!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ七ヶ浜の仮設住宅へ

 午前中に仕分けした救援物資を持って、七ヶ浜の仮設住宅二ヶ所に向かいます。青いボランティア服が目印だそうで、私たちもしっかり身に付けました。 するとさっそく目についたのか、事務所前で荷物を積み込んでいると、通りがかりの若い女性が立ち止まって荷物をみて「わあ、こんなに!いいですね~、今から必要となるものばかりですね。どちらへ?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more