テーマ:原発ゼロ

【5月の原発ゼロカフェ@佐賀市】

毎月第4土曜に開いている原発ゼロ佐賀市の会の「原発ゼロカフェ」。 5月の例会は、2014年5月に大飯原発の差し止め裁判で差し止め判決を出した樋口英明元裁判官の判決の特長と意義について、東島弁護士からのミニ講演、また中間貯蔵施設の問題について原発ゼロ佐賀市の会メンバーの杉野さんからのレポートを受けて、質疑と交流を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【原発ゼロカフェ@佐賀市】

メーデー集会を途中で抜けて、毎月第4土曜日の「原発ゼロカフェ」に参加しました。 今回は、東島弁護士から先週の玄海原発裁判での弁論に使った資料に基づいて「原発災害の避難計画に実効性はない」という問題提起、当日のお二人の方による意見陳述の紹介、基準地震動の問題、などの盛りだくさんの学習と意見交換が行われました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【原発停止の可能性】

原子力規制委員会が、テロ対策の具体的対応が期日までにできなければ、停止中の原発の再稼働は認めないし、現在運転中の原発も稼働停止となる、との見解を発表しました。 これは極めてまっとうな判断であり、もともと対応策の計画だけ示して実施していないのに再稼働を認めてきた方が間違っていると思います。 国も「原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【原発ゼロカフェ@佐賀】

今日の午前中は、毎月第4土曜日の原発ゼロ佐賀市の会主催による原発ゼロカフェに参加しました。 今日は東島弁護士により、裁判をめぐる情勢と今後の取り組みの考え方、昨年取り組んだ県内自治体訪問の報告を受けました。 #原発ゼロカフェ #原発ゼロ佐賀市の会 #原発なくそう九州玄海訴訟
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小泉元首相が「原発ゼロ」で講演@佐賀】

3・11の福島原発事故以来、それまでの原発推進の姿勢を180度転換して「原発ゼロ」を訴えている小泉純一郎元首相を迎えての講演会(佐賀県保険医協会・主催)が午後から行われ、第2会場まで含めて900名を超える幅広い参加となりました。 小泉氏は首相時代、経産省のいう「原発は安全、低コスト、クリーン」という言葉を信じて原発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら原発アクション@佐賀

夕方には毎週金曜日のさよなら原発アクション。 6月からは夏時間で、6時から7時まで。 日も高くなりましたね。 #さよなら原発金曜行動 #さよなら原発佐賀連絡会
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【原発ゼロカフェ@原発ゼロ佐賀市の会】

毎月第4土曜日の原発ゼロカフェが今日も開かれ、約20名が参加しました。 今日は、前半で再稼働めざしている玄海原発4号機の一次冷却ポンプ異常が起きたのに、九電や県の対応や反応が鈍いことについての問題提起、冷却ポンプの異常とはなんだったのか、という勉強しました。 後半は先日の原発裁判の報告と論点、今後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロカフェ

メーデーの売り子から一転、毎月第4土曜日の原発ゼロカフェに参加しました。 今日は、九州玄海訴訟原告団として提出した玄海原発再稼働差し止め仮処分却下に対する抗告の内容について、東島弁護士からの解説、玄海3号機が再稼働1週間後に2次系統配管から水蒸気漏れを起こしたことの意味をスリーマイル島の原発事故の時に遡っての解説を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【さよなら原発 300回目の金曜アクション】

毎週金曜日の夕方、県庁前の楠の栄橋で「さよなら原発佐賀連絡会」で続けてきた金曜アクションが300回目を迎えました。 今日は久々に30名ほどの参加者となり、訴えにも元気が出ました。 東日本大震災・福島原発事故から7年経ってもなお原発の炉内の全容が掴めず、4万数千人の方が故郷に帰れぬ日々を送ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄海原発4号機再稼働への抗議アクション

玄海原発3号機に続いて4号機の再稼働に向け、燃料充填が行われるということで、朝から九州電力玄海原発前での抗議行動にやって来ました。 佐賀を6時半に出発して8時過ぎに現地に2番乗りで着きました。九電側の警戒態勢は厳重ですが、抗議にきた私たちは怒りを隠してほほえみ外交…。 しかし、それぞれの訴えは力がこもっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【本の話・福島に関する2冊の本】

3月末から4月初めにかけて、原発事故以降の福島に関する2冊の本を集中的に読みました。 1つは「しあわせになるための『福島差別』論」(かもがわ出版)。学者、研究者、元教師、絵本作家、市民活動家など14名の執筆者によって福島の今をどう考えるかが記されています。 放射能の問題を科学的に冷静にみること、避難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「漂流するトモダチ~アメリカの被ばく裁判」@最近読んだ本】

先週、友人から回してもらって一晩ちょっとで読んだ本が「漂流するトモダチ~アメリカの被ばく裁判」(朝日新聞出版)。 3・11の震災時に米空母ロナルド・レーガンをはじめとする米艦隊が東北の被災地支援に駆けつけたことは【トモダチ作戦】として讃えられていました。 しかし、あの時福島第1原発事故で「放出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇団風の子東北【フクシマ発】@佐賀市諸富公民館

午後から諸富町公民館で行われた劇団風の子東北のひとり芝居【フクシマ発】(おはなし連絡会Morodomi主催)を観に行きました。 先日、偶然市立図書館のインフォメーションコーナーにあったポスターを見て面白そうだな、と携帯で写真に撮って予定に入れていたものです。 劇団風の子東北は福島県に拠点を置く児童劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【原発ゼロカフェ@さがで、仮処分申立て棄却の佐賀地裁決定文書の分析学習!】

今日は毎月第4土曜日恒例の原発ゼロ佐賀市の会による原発ゼロカフェの日でした。 今回は、20日の佐賀地裁の仮処分申立て棄却や昨日23日の玄海原発3号機再稼働という悔しい動きを受けてのゼロカフェでしたが、長谷川照団長や東島浩幸弁護士のお話と解説を聴くうちに、かえって闘志が湧いてきました。 今回の地裁決定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄海原発3号機再稼働に抗議!@さよなら原発金曜アクション

毎週金曜日の【さよなら原発佐賀連絡会】のアクションに参加しました。 今日は、ついに動き出した玄海原発3号機の再稼働に抗議し【抗議】のプラカードを掲げてアピール。朝から玄海原発周辺に集まって抗議行動に参加した杉野さんが渾身の訴えを行い、私も少しマイクを握りました。 信号待ちで停車中のドライバーの方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州玄海訴訟の長谷川照原告団長(元 佐大学長)のコメント

玄海原発再稼働差し止め仮処分の請求人でもある、九州玄海訴訟原告団長の長谷川照さん(元 佐大学長)のコメントです。写真はRKBのテレビ放送画面より。 【毎日新聞ネット記事より】 <玄海原発>「司法は遅れている」申立人の元佐賀大学長 3/20(火) 13:25配信 毎日新聞 <玄海原発>「司法は遅れている」申立人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【玄海原発再稼働差し止め仮処分請求棄却!でも私たちは負けない!】

議会運営委員会が終了後、すぐに弁護士会館に駆けつけたら、ちょうど抗議集会が始まったところでした。 玄海原発3、4号機再稼働差止仮処分を棄却するという不当決定について、弁護団からの報告が行われました。 今回の決定の最大の欠陥は、7年前の福島第一原発事故のもたらした重大な被害をまったく直視していな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄海原発再稼働反対、唐津で九州総決起集会

午後から唐津に向かい、「玄海原発再稼働を許さない 12・2九州総決起集会」に参加しました。 脱原発に関わる9団体が賛同しての集会で、私も「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団と毎週金曜日に県庁前でのアクションを続けている「さよなら原発!佐賀連絡会」の一員として参加したのですが、佐賀市議会の松永憲明、野中康弘、富永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀市も原子力災害対策の避難計画をぜひ!

佐賀市は玄海原発から近いところで30数キロから50キロ以上離れています。 しかし、もし重大事故が起きた場合、風向きによっては50キロ以上離れていても全村避難を余儀なくされた飯舘村のようなことにならないとも限りません。 それなのに、「避難計画が義務付けられていないから」という理由で佐賀市民を守るための独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の原発ゼロカフェは盛りだくさんの中味でした

毎月第4土曜日の「原発ゼロカフェ」、今月は内容が盛りだくさん! ①コープさが生協が10月末に実施した「ふくしまを訪ねる旅」に参加された末崎さんの報告。 ②「九州玄海訴訟」原告団で発行したパンフレット「脱原発はみんなの願い」の紹介(100円)や知事へのハガキ作戦の呼びかけ ③11月24日付佐賀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら原発 金曜アクションは冬時間へ@佐賀県庁前

9月半ばになると、日暮れの時間も早くなりましたので、毎週金曜日の「さよなら原発佐賀連絡会」の金曜アクションは、今週から冬時間です。 毎週金曜日、5時半から1時間、佐賀県庁前の楠の栄橋でのアピール行動は、どなたでもご参加いただけます。 玄海原発の再稼働が来年1、3月に迫るなか、「原発ではなく安全な再生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発に頼らない自然エネルギーへの可能性に確信 「日本と再生」

原発に頼らなくても大丈夫なのか、自然エネルギーの可能性は? という素朴な疑問に、スッキリと解決方向を示してくれるドキュメンタリー映画「日本と再生」を観にきました。 ドイツやアメリカ、ハワイ、アフリカ、アイスランド、そして中国などなど世界は原発や枯渇性燃料から抜け出して自然の条件を生かした恵み豊かなエネルギー源に視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も「さよなら原発さが」金曜アクションに

夕方ギリギリまで、明日の学習会の資料整理をしてから、「さよなら原発さが連絡会」の金曜アクションに参加。 スピーチの順番が回ってきたので、明日の予行演習ではありませんが、佐賀市のバイオマス事業や電力の地産地消の取り組みに触れながら「せっかくいい事しているのだから、『原発ゼロへ』と打ち出してこそ首尾一貫するのでは」と問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から8月定例市議会、私は明日の「佐賀市の地産地消発電」の学習会準備へ

今日からいよいよ任期中最後の8月定例議会が始まりました。 とはいえ、初日の本会議は議事日程を決め、市長の議案提案理由の説明があっただけで10分程度で終了し、その後は代表者会議や各議員の一般質問のヒアリングなどが行われ、それぞれにザワザワとしております。 私はといえば、明日ひらく毎月第4土曜日の「原発ゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然エネルギーについて考える映画「日本と再生」佐賀で上映します

私も加わっている、「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団で こんな映画の上映会に取り組みます。 「原発なしで、エネルギーは安定的に供給できるのかなぁ」「自然エネルギーの可能性はどこまで頼れるのかしら?」などの疑問や関心に応えられる中身です。 原発の賛否を問う前に、一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スライダーのような1日~地域要求からジェンダー啓発、原発問題申し入れまで

今日の午後は、ダブルブッキング&スライダーのように過ぎていきました。 まずは、とある地域の水路の護岸問題。市の事業で計画されていた時に、当時の事業精査でカットされたらしい部分で護岸の崩れが生じてきたということで、市の担当課にも立ち会ってもらいながら今後の対応策を話し合いました。 結局は私有地の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口知事が玄海原発再稼働の容認を表明!

佐賀県の山口知事が3時に玄海原発再稼働の容認記者会見をする予定というので、1時ごろから県庁ロビーに再稼働に抗議する人々が集まり始めました。玄海や武雄、福岡からも駆けつけ、容認の記者会見の前に、市民、県民にこれまで提起してきたことへの説明をすべき、と知事との面談を求めて待機しておりました。 知事は会見前には市民に会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口知事が明日にも玄海原発の再稼働に同意表明ですって⁉

昨日、世耕経産大臣と面談した山口知事は「国の責任もってやる決意がうかがえた」といいますが、現に続いている福島原発事故の収束と被害者の生業再建について、とうてい責任を果たしたと言えないのに、何を基準にしているのでしょう。 また、使用済み核燃料や高レベル放射性廃棄物処分の加速、ということについても、核燃料サイクルは破綻している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロカフェから世耕経産大臣への県庁前抗議アクションへ

午前中は「原発止めよう!九州玄海訴訟」の佐賀市の原告団による毎月第4土曜日の「原発ゼロカフェ」に参加。 この間の県や国の動き、私たちの取り組みについて話し合いました。 県民説明会や意見箱でも「再稼働反対」や慎重意見が圧倒的に多い中で、「県民の理解が進んだ」とは到底言えないし、安全性の確認だってまともにできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪江まち物語つたえ隊から恩返しプロジェクトDVD届く

昨夜帰宅したら、「浪江まち物語つたえ隊」の小澤是寛さんからDVDが届いていました。 浪江町の避難先である桑折町への恩返しプロジェクトとして制作された最新作「浪江避難先物語 こおり」と東北まち物語紙芝居化100本プロジェクトのアニメ作品のひとつ「見えない雲の下で」の2本がそれです。 「見えない雲の下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more