テーマ:映画

映画「MARCH」上映会@シアターシエマ、始まりました

今日は6時から、南相馬の中高生たちのマーチングバンドの再生の物語「MARCH」の上映とJリーグのチョンマゲサポーター・ツンさんの被災地報告の会がシアターシエマで始まりました。 前半はチョンマゲ隊のツンさんによる被災地支援のボランティア報告。世界をまたにかけての被災地報告は300回に上るというツンさん。映画の上映は7時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「MARCH」@佐賀上映委員会

このところ映画づいておりますが、いい映画はたくさんあります! 「MARCH」 上映会@シアターシエマ、いよいよ来週日曜日、7月23日の18時からです。 今度は南相馬市の小学生のマーチングバンドが原発事故で散り散りになりながらも、希望をつなぐ再生の軌跡を伝えるドキュメンタリー映画です。 この映画の制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「あい」が生んだ新しい結びつき~中西繁画伯のブログ

7月1日に上映した映画「あい」の宮崎信恵監督から、 とっても嬉しいお知らせが届きました。 あの日、佐賀での映画会に参加してくださった方が、 映画に登場された中西繁画伯に直接コンタクトを取られ、 交流が生まれているのだそうです。 紹介された中西画伯のブログでその様子が2回にわたって書かれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あい~精神障害に向きあって」佐賀上映会、無事終了!

昨日の「あい~精神障害と向きあって」佐賀上映会は、九州では3箇所目、佐賀では初めての取り組みでした。 しかも、家族の会などの関係者の主催でなく、一般の実行委員会形式で取り組み、そこに当事者の方がしっかり関わってくださったのもいい経験でした。 これまでは団体にチケットを預ける方式で取り組むのが常でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画「あい~精神障害と向きあって」上映実行委員会

今日の午前中は、映画「あい~精神障害と向きあって」の上映実行委員会でした。 この間、サガテレビの「かちかち宣伝隊」に出させていただいたり、障がい当事者でもある実行委員会のメンバーに地元紙からインタビュー取材があったり、と映画のテーマ性から見て注目していただいているようです。 来週は21日(水)の午前7時50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてのかちかち宣伝隊@ドキュメンタリー映画「あい~精神障がいと向きあって」のPR

今日は7月1日(土)に佐賀市のほほえみ館で上映するドキュメンタリー映画「あい~精神障害と向き合って」のPRのために、地元のサガテレビのかちかち宣伝隊に実行委員会の有志が出演するということで、私もサポーターとして、ポスターやボードを準備しました。 16時45分に集合してリハーサルを30分ほど行い、本番は17時51分から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画「あい~精神障害と向きあって」上映まで1ヶ月を切りました!

7月1日に予定しているドキュメンタリー映画「あい~精神障害と向きあって」の上映会まで1ヶ月を切りました。 まだ先だと思っていたら、あっという間に迫ってきまして、今日の午前中はその上映実行委員会でした。 映画が精神障がいと知的障がいの方を対象にしたB型作業所を取り上げたドキュメンタリーということで、市内の障がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ」@シエマ

シアターシエマでの映画鑑賞、「ムーンライト」を観たあと「今日で上映最終日ですよ」という声に誘われて、引き続き7時半から「サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ」を観まして、文字通り映画三昧。 もっとも、昔は2本立て、3本立てなんて当たり前でしたからね。 4月に656広場で行われた佐賀フラメンコフェスティバルで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ムーンライト」@シアターシエマ

絵画展のあとは、シアターシエマへ。シアターシエマご自慢の「王様の椅子」に座って、コーヒーフロートを戴きながらのちょっと優雅な映画鑑賞です。 いろいろ観たい映画があるのですが、時間の関係でまずは「ムーンライト」。本年度アカデミー賞作品賞の受賞作品ですし、関心はありました。 黒人だけのキャストでLGBTQにも触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あい~精神障がいと向き合って」佐賀上映会のチラシできました

今度の映画のチラシ、できました❗ ドキュメンタリー映画「あい~精神障がいと向き合って」 佐賀県内では初めての上映です。 ぜひ、ご覧くださいませ~! また、当事者をふくむ一般の個人参加での実行委員会方式での上映会ですので、精神障がいの問題に関心をお持ちの方は実行委員会にも可能なかたちでご参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪江まち物語つたえ隊から恩返しプロジェクトDVD届く

昨夜帰宅したら、「浪江まち物語つたえ隊」の小澤是寛さんからDVDが届いていました。 浪江町の避難先である桑折町への恩返しプロジェクトとして制作された最新作「浪江避難先物語 こおり」と東北まち物語紙芝居化100本プロジェクトのアニメ作品のひとつ「見えない雲の下で」の2本がそれです。 「見えない雲の下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度の映画はコレ! ドキュメンタリー映画「あい~精神障害と向きあって」

メジャーな映画館にかかりにくい作品を、より気軽に観ることができるように、との思いで、完全個人参加の実行委員会方式で、昨年のクリスマスに「ザ・思いやり」(ほほえみ館)、今年の3月11日には浪江町消防団をテーマにしたアニメ「無念」の上映と声の出演者であり元浪江町職員の石井絹江さんによるアフタートーク(アバンセホール)に取り組んできました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーションについて考えた ドキュメンタリー映画「Start Line」

耳が聞こえない映画監督・今村彩子さんが2015年7月1日に沖縄を出発して8月26日に北海道の宗谷岬まで全国縦断の自転車旅を敢行し、コミュニケーションが苦手な今村監督が自転車旅を通して出会った人々とのコミュニケーションについて考えるというドキュメンタリー映画「Start Line」が昨日から17日までシアターシエマで始まりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月11日に「福島を知る映画のつどい」

3月11日の夜に、「3・11 福島を知る映画のつどい」を取り組むことになりました。 原発事故のために、命があることを知りながら救助活動を中断して避難せざるをえなかった浪江町消防団をテーマとして作られたアニメ映画「無念~浪江町消防団物語」の上映(55分)と、アフタトークとして元浪江町国保診療所の係長として被災者対応をされてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島のドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」

原発なくそう!九州玄海訴訟原告団の主催で、ドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」の上映会が開かれました。 会場の県弁護士会館は、日中の映画上映を想定していない設備だったので、急きょ光を遮る布や紙を調達してきて張り巡らせたりと、大わらわでしたが、映画そのものはキャベツ農家で原発事故後に父親を自殺で亡くした樽川さんの話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンセン病をテーマに映画とトーク~人権ふれあい映画上映会

 佐賀市主催で人権ふれあい映画上映会がメートプラザで開かれました。  元ハンセン病患者の女性の生き方をテーマとした話題の映画「あん」(原作・ドリアン助川、河瀨直美監督・樹木希林主演)の上映と主人公のモデルとなった上野正子さん(鹿児島・星塚敬愛園在住)のアフタートークという企画で、当初午後だけの予定の上映会に大幅な申し込みがあったた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の映画見納め @シアターシエマ

今年は結構、映画を観た1年でした。 その見納めに、午後からシアターシエマで上映中の話題の映画「この世界の片隅に」を観にいきました。 美しいアニメーションと、淡々とした日常の続き向こうに戦争の影が覆いかぶさってくるリアルな表現、そしてどこか儚げな雰囲気とが混ざり合って、不思議な映画だと感じました。 話題の作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本と世界の目でじっくり考えたクリスマス~映画「ザ・思いやり」の佐賀上映会

クリスマスの1日を、ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」の上映会で過ごしました。 前に図書館の研修室(シアター)で試写会に参加した時より迫力の大画面で、より心に迫って来ました。 ちょうど来年度予算の閣議決定がニュースにもなっていたので、税金の使い道がどうなのかを考えるのにもいい機会になりましたし、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀市 ほほえみ館の新しい映像機器

25日に映画の上映会をするので、会場の機器の作動確認のために、ほほえみ館の視聴覚室に行きました。 実は、このところほほえみ館の映写機機が故障してしまったため、今回の上映会を機会に、機器を更新してくれました。 BOSEの最新のスピーカーで、細っこいのに素晴らしい音響で、いつも使うスクリーンを外して直接壁に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ザ・思いやり」の佐賀上映会

日本の国民が働いて納めた税金のうち、毎年8000億円以上が在日米軍のために使われているのをご存知でしょうか? 年金カット 、介護や医療の国民負担増、東北や福島の震災・原発被害の復興は進まない…はては消費税の増税が約束された未来なんて…と思っていたら、こんな税金の使い方しているのかと驚き呆れるドキュメンタリー映画です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑って感動!映画「WOODJOB~ウッジョブ!」

先日、林業を営んでいるS議員に勧められたこともあり、「WOODJOB~ウッジョブ!」という楽しい映画を観ました。 これは、過疎の山間集落を舞台に都会から来た林業研修生の愛と成長を描く青春ストーリーで、「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」でお馴染みの矢口史晴監督の作品です。 大学受験に失敗した主人公が緑の研修生のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑った、泣いた!温かい長崎弁満載の介護物語~映画「ペコロスの母に会いに行く」

先日紹介した漫画、「ペコロスの母に会いに行く」の映画に、今日、行ってきました。思い立ってひとりでパッと行ったのですが、ちょうど水曜日はレディースデーで1000円だったのがラッキーでした。 映画は、原作の雰囲気を壊さず、エピソードもそのままだし、むしろ原作がそのまま動き出したようなリアル感にあふれていました。 ペコロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀の市民映画「ライウマ」

 3月31日の深夜、サガテレビで「佐賀市・佐賀大学」製作による映画「ライウマ」が放映されました。  この作品は、佐賀市の委託事業として佐賀大学が請け負い、市民との恊働で製作を行なった「市民映画」でもあります。「佐賀で映画を作りたい!」「佐賀をPRしたい」という熱意から集まった学生を中心とするスタッフが主に製作にかかわったそうですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レ・ミゼラブル」に感動!

やっと観てきました! 「Les Miserables~レ・ミゼラブル」! いやぁ、舞台のミュージカルも素敵ですが、映像化によるリアリティーはまた凄かったですね。 時代の温度と匂いまで感じさせ、時には神の目にまで昇らせながら、観客は一緒に入り込んでしまうようでした。 お馴染みのナンバーを時に涙し、時に胸躍らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フードインク」上映会

今日は午後から、映画「フードインク」の上映会(主催・佐賀県革新懇)があり、最終の7時の回に行きました。 これは、すでに6月に試写会で観ていましたが、あらためてアバンセホールの大きな画面で観ると、迫力がありました。 「フードインク」とは、「食品株式会社」の意味で、2008年のアメリカ映画で、アメリカの食品産業に潜む問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エクレール お菓子放浪記」~東日本大震災から5ヶ月

 きょう8月11日は東日本大震災から5ヶ月目になります。この日に、震災前の宮城県、福島県などをロケ地とした映画「エクレール お菓子放浪記」を事務所のメンバー3人で観にいきました。これは、九州共同映画社の企画で、佐賀県内では昨日は小城市、今日は佐賀市、明日は吉野ヶ里町で上映会が行われているというものです。  「エクレール・お菓子放浪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「映画音楽の秘密」~悪魔の飽食プレ企画

合唱組曲「悪魔の飽食」佐賀公演のプレイベントとして、「映画音楽の秘密」と題して作曲家の池辺晋一郎さんと映画評論家の西村雄一郎さんのトークや合唱指導のソプラノ歌手・水頭順子先生をまじえたパネルディスカッションが、生涯学習センター・アバンセホールで開かれました。 こんな豪華な企画がワンコインで楽しめるとは…♪ まず、第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの日あの時この街で~昭和の時代にタイムスリップ

 まちなかの656広場を会場に行われた、昭和の懐かしい時代の映像を集めた「あの日あの時この街で」は、5月に656広場のそばでオープンしたえびすカフェの池田さんが企画されたもの。佐賀西高14期という池田さんは、つまりは私と同い年ですから、共通の友人もいるという関係です。  その池田さん、高校を卒業して県外に出て働いておられたそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエマでミニトーク集会

 先日、シアターシエマで上映中のドキュメンタリー映画「100,000年後の安全」を観にいった時には、まだ映画のパンフレットが届いていなかったので、あとで買いに行こうと思っていました。  すると、今日が上映の最終日だったことを思い出し、アバンセでの「フード・インク」の試写会が終わった足で、今度はシアターシエマに足を伸ばし、パンフレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フード・インク」の試写会

  佐賀県革新懇が9月上旬に、TPP問題を食の安全との関連で考える上で、映画「フード・インク」の上映会を計画しています。今日は、6時半からアバンセでその上映会にむけての試写会があるということだったので、所用を済ませて出かけてみました。  「フード・インク」とは、食品工場という意味です。農作物や畜産物が、もはや畑や牧場で作られ、農民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more