テーマ:メディアを語る

【いま、社会派映画が少なくなっている理由は】

映画「新聞記者」を観ながら、これを今作った関係者の問題意識や勇気を尊敬しつつも、それでも何か物足りないものを感じた部分を、この記事がフォローしてくれたような気がします。 ☆プレジデント オンライン→https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00029272-preside…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【夜間中学設置でも佐賀市と県の温度差くっきり!@朝日新聞記事】

昨日に引き続き、朝日新聞さんが「夜間中学の設置」を求めた一般質問を取り上げてくれています。 しかも、佐賀市議会でのやりとりだけでなく県教委にも取材してくれて、佐賀市教委は夜間中学の必要性を認識している一方で、県教委は消極的だという姿勢の違いが鮮明になっているのも、昨日のオスプレイの記事と同じで興味ふかいものがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オスプレイ問題の一般質問@市長と知事の違いくっきり】

昨日の一般質問のうち、佐賀空港への自衛隊オスプレイ問題のことが今日の新聞に紹介されました。 ちょうど県議会でもオスプレイ問題の質問があった事もあり、山口知事と秀島市長の姿勢の違いがくっきりした感じです。 #佐賀市議会 #6月定例会 #一般質問 #市民共同 #山下明子 #佐賀空港の自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ViViの自民党広告とViViガールの言葉とのギャップ

このところネットで話題になっているViViの自民党広告。 政党助成金の使い道はこういうところにも無制限だし、お金を持っている政党がやりたい放題しているという感じです。 雑誌が特定政党を取り上げる、ということは過去にも青年誌が共産党に注目する特集を組んだりしたこともあったので、その時々のメディアがどういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛されて50周年】

今年は佐賀発のアイス「ブラックモンブラン」が誕生50周年だということで連休中に記念イベントが行われていました。 すると、同じくスタート50周年ということで、海の向こうではあの「セサミストリート」にちなんで実際にニューヨークのマンハッタン63丁目にSesame Streetを命名した通りを誕生させた、とのニュースも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【元NHKプロデューサー、安倍くんを叱る】

昨日、都内で開かれた憲法集会で、元NHKプロデューサーの永田浩三さん(武蔵野大教授)が、同じ1954年生まれどうしとして、安倍首相に対し「憲法をいじるな」とする演説をしたとのこと。 なかなかウィットに富んでいて、興味ふかい内容です。 出典が産経新聞だというのも興味深いものがありますが、実は、産経新聞はさまざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【原発政策の見直しを提起したNHK「時論公論」】

今夜のNHK「時論公論」は興味深いものでした。 政府の原発輸出政策がすべて行き詰まりを見せている今、賛成派だけでなく慎重派も含めて国民的な議論で原発からの撤退も視野に入れて見直す時期に来ている、と歯切れのいい解説でした。 #NHK時論公論 #原発輸出政策の行き詰まり #廃炉をきちんと進めること #賛成派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「政経東北」に石井絹江さん登場!】

福島に除染に行った経験を持つ友人が、それをきっかけに定期購読しているという「政経東北」という地域誌に、福島原発事故によりふるさと浪江町津島を離れざるを得なくなった、元浪江町役場の石井絹江さん(=現在・福島市で石井農園)が載ってるよと知らせてくれました。 石井さんは、昨年3月11日に浪江町消防団を描いたアニメ映画「無念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ 「ケンカツ」のススメ】

友人に勧められてハマっています。 生活保護の現場を正面から描いたドラマはリアルで秀逸です。 この前参加した自治体学校の中でも「しっかりと現場を取材して作られた原作本をベースにしているので、多くの人に見てほしい。とくにケースワーカーとして現場に関わっている職員の方達には、自分の仕事に誇りと生きがいの持てるドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小野寺防衛大臣の佐賀訪問】

今日は佐賀空港の自衛隊活用問題で、小野寺防衛大臣が佐賀県入りしました。 佐賀にいれば、9時半からの県庁前抗議行動に参加したところですが、それもかなわなかったので、 地元のニュースをシェアします。 それにしても、山口県知事と地元の漁民・秀島佐賀市長との温度差がくっきり出てき始めた感じがします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【広域豪雨災害から人々をどう守るか~NHK解説スタジアム】

昨日の富士町でのボランティア作業を受けて、今朝目を引いたのがNHKの「解説スタジアム」。 【広域豪雨災害から人々をどう守るか】というテーマで、西日本豪雨災害の取材現場から見えてきたこと、課題などを防災、福祉、経済、科学などの分野の解説委員が語り合う番組でした。 豪雨による特別警報の発令が11府県におよぶ史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衝撃的な日本の諜報活動の実態~NHKスペシャル再放送

昨夜再放送されたNHKスペシャルはすごいものでした。 拙宅のレコーダーが故障していますので、昨夜、リアルタイムで観ました。 スノーデンの映画も見ていましたので、材料自体は想定どおりではありましたが、アメリカの属国ぶりが鋭く浮き彫りにされていて、NHK報道陣の力作だと思います。 50年続いてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀市の防災ハイブリッドラジオ

えびすFMで扱われている佐賀市の防災ラジオ。 災害時に自動的にスイッチが入るというハイブリッドタイプで、災害時に役に立つものです。 現在、自治会長さん宅には無償で置かれているのですが、普通に買うと1万円で、ちょっと手が出にくいのがたまにキズに思えます。 本当は一家に一台置けるように、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おっと!朝夏まなとさんがWOWOWドラマにご出演!

何気なく番組放映予告を見ていたのですが、まさかの朝夏さんニュースです。 6月から始まるWOWOWドラマ「不発弾」に、朝夏まなとさんが出演するとのこと。写真では上段の右から2人目です。証券等取引監視委員会の課長役ですって!カッコいいですね~! 宝塚卒業後、どんな活躍の場が、と思っていたら、今日か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀新聞~憲法の価値を考える月一連載のトップに松元ヒロさん

改憲論議が高まりそうな今、憲法の平和主義、個人の尊厳といった「憲法の価値」を信じて活動する人々の生きざまを紹介しながら憲法の価値を考えていこうという月一回の連載【憲法マイストーリー】が佐賀新聞で始まりました。 その1回目に登場したのがひとり芝居「憲法くん」の上演を続けているコメディアンの松元ヒロさん。 昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民が小選挙区で全敗した「保守王国」佐賀 国政課題で厳しい目

今朝の佐賀新聞は読み応えがあります。 自民圧勝と言われる全国と違って、佐賀では小選挙区で自民党が全敗。自民党に投票した人も「消去法」との声が路上取材で見えています。 無所属で立候補した原口一博さん、「希望の党」で立候補した大串博志さん、共に政党にとらわれない個人票を築き上げての結果ともいえます。その意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府、国連に姑息な核兵器廃絶決議案

国連の核兵器禁止条約には見向きもしない日本政府が「我々は被爆国の政府として国連に核兵器廃絶決議を毎年提案している」と主張していますが、今年の「決議案」は従来よりさらにトーンダウンして核兵器使用の非人道性についての表現が後退しているとのこと。 昨年までは「核兵器のあらゆる使用」が「壊滅的な人道上の結末」をもたらすと明記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共謀罪」をめぐる各メディアの見出し~毎日新聞がまとめ

共謀罪に関する各メディアの見出しを、毎日新聞がまとめて発表しました。 地方紙が全体として良心的に頑張っているようです。 アベ首相との会食の手が伸びていないところほど、健闘しているのでしょうね。むろん、大手メディアの中で奮闘している記者のみなさんがいらっしゃるとは思いますが。 毎日新聞記事⇒http://ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島に心寄せて~今日のしんぶん赤旗

今日のしんぶん赤旗もご紹介。 こちらも昨日の玄海原発再稼働反対の集会記事が載っています。主に地元佐賀関係者のスピーチ中心に紹介されていますが、福島からの報告をされたハイロアクションの武藤類子さん(福島県三春町在住)のスピーチが紹介されていないのは、福島に心を寄せる集会の視点からちょっと残念。 その一方で「福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の玄海原発再稼働反対集会の記事とともに、辺野古基金への賛同団体が3番目に多いという記事~佐賀新聞

日刊紙の配達を終えて帰宅なう。 届いていた地元紙を開くと、昨日の玄海原発再稼働反対の集会の記事、21日から佐賀県が再稼働に対する県民意見の受付を開始するという記事、そして、沖縄の辺野古基金への賛同団体が佐賀県は福島県、東京都に続いて3番目に多いという記事。 目を引く記事が固まっていますので、一度にシェアです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんぶん赤旗日曜版の連載漫画で 巴 里夫さんのエピソード登場

しんぶん赤旗日曜版で連載中の山本おさむさんの漫画「今日もいい天気」は、ご自身が暮らすことを通して震災後の福島を描く作品として貴重な作品だと思い、いつも楽しみにしています。 震災前と震災直後を描き、今年からは完結編が始まりました。 が、今週はちょっと毛色の違うエピソードで、山本おさむさんの漫画の師匠という故・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やんばるの森を守る思いによりそう良番組「沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔」

沖縄のヘリ基地反対運動が「県外のプロ活動家の集まり」だとか「過激派」だといった言説がまことしやかに飛び交うのを、黙って聞き流すわけにはいきません。 やんばるの森を守りたいと願う土地の人たちの思いに心と耳を澄ませた、いい番組が紹介されていますので、シェアさせていただきます。 1時間弱の番組ですが、じっくりご覧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国保ネットの学習会も地元紙に!~今日は佐賀新聞祭りかな…

11月22日に「国保・介護をよくする佐賀市民ネットワーク」が主催した学習会のことが、これまた今日の地元紙に掲載されていました。 日弁連の貧困問題対策本部事務局長の辻泰弘弁護士を迎えての学習会で、当日は佐賀新聞が取材にきてくれて、事例報告者にも熱心に話を訊いていたので、いつ掲載されるかと思いつつ、もう月を越したので諦めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日のオスプレイ配備問題についての一般質問も、地元紙に

今日の佐賀新聞に、昨日の佐賀空港へのオスプレイ配備問題に関する私の一般質問の事も記事になっていました。 前日に地元川副出身の川崎直幸議員の質問に対し、秀島市長が2010年の県議会決議で「佐賀空港が軍事的利用ができないことは明らか」としている部分を引用して「私も同じ考えに立っている」と語り、「決議はもう6年9ヶ月前と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の佐賀新聞 1面に朝夏まなとさんの「ただいま!」

昨日、佐賀市文化会館で行われた宝塚宙組公演がどれだけ地元で歓迎されたかが伝わってくるような、今朝の佐賀新聞です! 朝夏まなとさんのショーでの客席降りの時の素敵な笑顔とともに「舞台上に朝夏さんが姿を現わすと満員の会場が一気に沸いた。持ち前の伸びのある歌声と切れのある動きで魅了した。客席に降りて観客の中を走り回ると歓声が響き渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の今をみつめるラジオ番組 NHK「被災地からの声をきく」

今朝のNHKラジオ「被災地からの声をきく」は、昨年9月に福島第一原発から20�圏内で初めて避難指示が解除された楢葉町の今をみつめる企画でした。 ゲストコメンテーターの獨協医大の木村真三准教授が、いまの福島の「真実」を見極める目を持つことの大切さを語られたのが、胸にしみました。 帰還した人が人口8000人のう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKラジオで憲法特集番組の再放 送

車で移動なう。 カーラジオでNHKが去年5月3日の憲法特集の再放送していて、なかなか面白い! KBCラジオとのコラボで、「憲法主義」を書いた九大の南野教授とAKB48の内山奈月さんが「観光バスで憲法ゆかりの場所をめぐりながら憲法を学ぶ旅」という、生き生きした番組。 内山さんが、憲法条文を次々暗唱するところもスゴい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「改憲勢力3分の2 濃厚」って・・・これでホントにいいんですか!?

 今朝の新聞の見出しは一様に「改憲勢力3分の2 濃厚野党共闘 伸び悩み」というもの。  これにはギョッとしました。  それ以前に、昨年の安保法制の強行成立に向けた安倍政権の暴走ぶりの記憶が薄れてしまっているのかしら、と危惧せざるを得ない気持ちです。  参院選に対する関心も、思いのほか薄いといわれていることも心配です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスプレイに体験搭乗した報道記者の回想

 5月18日にハワイのオアフ島で海兵隊のMV-22オスプレイが墜落し、1人が死亡、多くがけがを負う事故が起きたことで、あらためてオスプレイの「安全性」に疑問が呈せられているにもかかわらず、米軍は事故の翌日に普天間からオスプレイを飛ばし、日本政府は「訓練中止」を求める沖縄県知事の要請を無視し続けています。  昨年12月に熊本で行われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more