テーマ:地方自治

【滋賀県野洲市の独自の対応~国の放射線副読本をめぐって】

国が昨年、小中高向けに作った放射線副読本が全国的に配布されていますが、滋賀県野洲市では「原発事故のことや今後の廃炉問題より、原発の安全性ばかりが強調されており、原発事故での被災者への配慮が足りない」として、この副読本を回収しているとのこと。 「国が作ったものだから使うのが当然」となりがちですが、きちんと自らの考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2期連続の無投票はちょっと…@多久市議選】

昨日の地元紙の1面と地域面で「多久市議選が2期連続で無投票か?」という記事が載っていて気になっています。先の3月議会で定数削減により16→15と減らされているにもかかわらず無投票というのは、どうしたものでしょうね。 とくに現職では中島慶子さん(自)と服部なつみさん(共)の2名の女性議員がおられ、服部さんは30代の子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【練馬区議会のびっくり3件~歴代議員銘板と議席札と傍聴席】

練馬区での視察項目の研修を終えたあと、議場の見学をさせていただいたのですが、本会議場入り口の横に練馬区議会の歴代議員の銘板が設置されていたのに驚きました。 そういえば板橋区から独立して以来ということですから、歴史はそう長くないのですが、戦後間もない昭和22年以来の議員の名前がズラリと期ごとに並んでいるのは壮観でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第60回 自治体学校in福岡 ⑤ナイター企画~生活保護を考える】

朝9時半から16時まで分科会でみっちり学んだあと、ひきつづき16時半から18時までナイター企画も行われ、これは事前申し込みなしで希望するところに自由に参加できます。 ①自治体問題を考える「まち研」活動の交流、②生活保護を考える、③2017年九州北部豪雨問題、④自治体労働者の交流、という4つのテーマに分かれている中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第60回 自治体学校in福岡④ 地域公共交通政策の分科会】

自治体学校の分科会は社会保障、地域経済、防災、災害対策、上下水道、原発・エネルギー問題、自治体財政、公務員制度、それに開催地域ならではの現地分科会(今回は大木町の環境行政、熊本地震災害の復興と現状、諫早干拓と有明海問題)など23講座におよぶ盛りだくさんな内容で、いつも目移りして困ります。 いつもは地域経済の分科会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第60回自治体学校in福岡 ③分科会は西南学院大学】

今日は終日、分科会とナイター企画が行われます。会場は福岡市西新にある西南学院大学。 このキャンパスは初めて来ました。サザエさん通りというのがすぐそばにあるらしく、サザエさんのモニュメントが敷地内にもありました。 第1講は9時から始まります。私は地域交通政策の分科会に参加します。 #第60回自治体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第60回 自治体学校in福岡】② 初日の全体会

初日の全体会では、自治体学校の八幡一秀学校長のあいさつ、現地実行委員長の石村善二氏の歓迎あいさつがあり、58年前に80数名で始まった自治体学校が、60回目にして初めて関門海峡を越え、九州での初開催となったこと、国民をないがしろにする政府のやり方に対し、【憲法を暮らしに生かす 地方自治】をテーマに掲げ、地方から政治の流れを変えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more