アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
山下明子の幸せの黄色いニュース
ブログ紹介
こんにちは!佐賀市議会議員「市民共同」(元・日本共産党)の山下明子です。
1990年から始まった議会報告ニュース「幸せの黄色いニュース」のブログ版です。
日常のあれこれもまじえて、肩のこらない気軽なサロンとしてお立ち寄りください。

 <連絡先>〒840-0826 佐賀市白山1−5−6
        TEL / FAX 0952-29-5996

♪山下明子への直接のメールはこちらへ♪


zoom RSS

富士小学校跡地体育館整備に関する所管事務調査 議会総務委員会

2018/11/02 17:11
骨董市の開会式のあと朝10時半から続いていた総務委員研究会は、昼休みと断続的な休憩をはさみながら、16時20分にようやく終了しました。私は傍聴席から記録しつつ見守っておりました。

今日は所管事務調査の調査項目と方法、期間などを確認したのち、調査にあたって執行部に提出を求める資料の扱いについて総務部正副部長にも出席を求めてやりとりが行われました。

決算不認定という事態の受け止めについて認識が甘いのではないか、という厳しい指摘が議会からなされるなか、月曜日に提出予定だった「この間の経過」のまとめの資料がようやく出されました。

出された資料をもとに、次回の総務委員研究会は11月14日(水)9時から行われることになりました。

会議は傍聴も可能です。

#佐賀市議会
#総務委員会
#決算不認定を受けての所管事務調査
#富士小学校跡地体育館整備について
#佐賀市
画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地元のえびすエフエムに突然の電話出演!

2018/11/02 12:50
今日、お昼休みに議会控え室にいたら地元のコミュニティFM放送、「えびすエフエム」からの突然の電話インタビューのオファーがあり、出番から20分前のムチャ振りではありましたが、気がついたら14分ほどおしゃべりしておりました!


今朝の秋の骨董市のこと、バルーンの初日の環天頂アークの画像ことやヘリコプター体験、バルーン会場のいこいの広場の話題などいろいろ自由に喋らせていただきました。

ちょうど空いていた時間で良かったです!

#えびすエフエム
#ばるーんラジオ
#佐賀はよかとこ
#2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
#突然の電話インタビュー
#ラジオ大好き
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【佐賀城下秋の骨董市スタート@佐賀市松原神社境内】

2018/11/02 12:10
毎年春の佐賀城下ひな祭りと秋のバルーンフェスタの時期にあわせ画像て開かれる「佐賀城下・骨董市」が今日から松原神社境内で始まりました。

バルーンフェスタの観客を街中に呼び込もうと平成15年から始まった骨董市も今回で31回目。
バルーンフェスタサテライト実行委員会の枝吉会長のご挨拶によると、古美術商のみなさんのご協力により、質の高い内容充実により、バルーンのついでではなく、九州内外からも含めて骨董市そのものを目当てにこ来られる方が増えており、の5年間でも4万人から6万人に来客が増えたとのこと。

私も、掘り出し物を見つけるのは楽しいもので、古美術より懐かしい日用品などを巡りつつ、古書の中から50年前の宝塚歌劇の雑誌を見つけたり、本物の赤ん坊のような西洋人形を見つけたり、古いガラス玉や古布を手に取ったり、としてきました。

今年は、開会式の場所のすぐ近くで鉄人28号の大きな人形が目を引きましたが、その他時間を作ってまた訪れたいな、と思ったところです。

4日まで、佐賀市松原神社で開かれる骨董市は、バルーン会場からシャトルバスでも行けますし、会場から歩いて2分ほどのところに世界で3つしかないバルーンミュージアムがあります。


嘉瀬川河川敷から佐賀の街中にもぜひ、お運びください。

#佐賀城下秋の骨董市
#今回で31回目
#九州一の質の高い品揃えが自慢
#佐賀市松原神社
#バルーンミュージアムは歩いて2分
#佐賀のまちあるき
#佐賀はよかとこ
#2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
#佐賀市議会
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【原発ゼロカフェ@原発ゼロ佐賀市の会】

2018/10/27 12:11
毎月第4土曜日に開いている原発ゼロカフェ。8月は小泉元首相の脱原発講演会に参加するために休みになっていて、9月は私用で私が休んだので、3ヶ月ぶりの参加となりました。

今日は@再生エネルギーが世界の流れだという話(稲村蓉子画像弁護士)、A九州電力の出力抑制の話、B汚染土と汚染水問題の話、C原発の電気でなく新電力を使おうというキャンペーンの話(以上杉野ちせこさん)という盛りだくさんな内容でした。


印象的だったのは、地球温暖化対策として考える時も再生エネルギーを優先的にして原発は除くという流れが世界の経済界では主流になりつつあるという話。


私も9月議会で再エネ問題の一般質問をした話を紹介しました。

原発問題に詳しく頼もしい新しい参加者の方もこられて、今後につながる問題提起もされました。

また、佐賀市長と意見交換会をしたいね、という要望も出されました。


#原発ゼロカフェ
#原発ゼロ佐賀市の会
#再生エネルギーを優先に
#原発なくそう九州玄海訴訟
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ドキュメント映画「願いと揺らぎ」の鑑賞と我妻監督アフタートーク@シエマ】

2018/10/20 17:35
昨日からシアターシエマで上映がスタートしたドキュメント画像映画「願いと揺らぎ」(我妻和樹監督)は、宮城県南三陸町波伝谷地区の3・11後を追った作品です。


実はこの前に我妻監督が学生時代から波伝谷地区に6年間密着して撮った「波伝谷に生きる人々」という作品があり、宮城県人会さがとしてシアターシエマで上映会をしたのが始まりでした。


その作品ではラストに3・11の東日本大震災が起きたところで終わります。我妻監督は毎年3月の第2日曜日に行われる波伝谷の「お獅子さま」=獅子舞を記録するために現地入りしていて被災したのです。我妻監督自身も宮城県白石市のご出身です。


今回の映画はその震災後の波伝谷の人々の葛藤と希望を、自らも被災者の1人である我妻監督の思いを重ねながら撮られた作品です。


我妻監督は震災後すぐに津波で家を流された青年の姿を映しますが、その後はご自身が心の整理がつかないままだったそうで、「お獅子さまを復活させたいから取材に来て」と声をかけられてようやく2年目からカメラを持ちます。


しかし「お獅子さまの復活」と一言で言っても、どう進めたいのかという方向性や思いはそれぞれであり、取り組む中での深い葛藤とすれ違う感情などが伝わって来ます。


これは被災地の物語、というのに限らず、いま全国で起きている地域コミュニティをどう存続あるいは再構築するかという悩みに通じる物語でもあると思いながら共感を持って受け止めました。


また「いつまでも被災者と言われたくない」という言葉も出て来ますが、自ら立ち上がって地域を再建しようという動きを知ることで「弱き人々」という図式に当てはめてしまうのでなく、いまそこで生きて暮らしている人々の思いをしっかり見つめ、尊重することの大事さも感じました。


大事なことは、東日本大震災から7年半経つ中で、忘れないようにすることだと思います。その後も熊本地震や朝倉の水害、大阪の地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震など全国で「 被災地」がふえています。その地域ごとに同じような思いを持つ人々がいることを意識しながら、私たちにも降りかかるかもしれない「自分ごと」として考えなくては…と思いながら鑑賞しました。


ちなみに映画のエンドロールのクレジットに「宮城県人会さが」の名を見つけて嬉しくなりました。


午前の部の映画上映のあと、我妻和樹監督、佐藤裕美プロデューサーらによるアフタートークがあり、宮城県人会さがの富田万里代表の司会で進められました。


ちなみに宮城県人会さがのメンバーは、今日の上映とアフタートークにあたって宮城の物産の販売などのスタッフとしてかかわらせていただきました。


#願いと揺らぎ
#我妻和樹監督
#東北支援
#シアターシエマ
#宮城県人会さが

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【佐賀市の放射線モニタリングポスト、常時稼働に 6月議会での提案実る〜富士、大和、諸富支所で22日か

2018/10/18 22:38
佐賀市が県から借り受けて富士、大和、諸富支所に配備されている可搬式の放射線モニタリングポストが22日から市民に見える場所で常時稼働させることになりました。


これまでは倉庫等に保管され、毎月1日に試験作動させ、その画像結果は市のホームページでも公開されてきましたが、日常的に計測していなければ異常値がわからないし、電源を入れてから計測開始までに15分程度時間がかかるということもあり、「市民の目に見える所で常時計測してほしい」との市民の声をもとに6月議会の一般質問で「いざという時に市民の命を守るためにも平時から支所ロビーなどに置いて常時計測を」と求めていたことが実ったものです。


このほど3支所のロビーにモニタリングポストが設置され、22日から計測が開始されます。


福島原発事故では原発から50キロ離れた飯舘村でも全村避難となった教訓に照らし、今後は玄海原発から51キロ程の距離にあり災害対策本部を設置することになる市役所本庁舎にも計測地点を設ける必要があると思います。

#佐賀市役所支所
#放射線モニタリングポスト
#月一回の試験稼動から常時稼働へ
#原発事故から命を守る
#さよなら原発
#市民共同
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【地域に誇りと愛着を持って暮らすヒント〜藻谷浩介氏が講演】

2018/10/17 20:21
「里山資本主義」の著者として知られる地域エコノミスト・画像藻谷浩介氏の講演会が午前中、市主催で行われました。


藻谷氏は政府統計などの実数を示し【作られたイメージと実際の違い】【持続可能な地域振興】【福岡都市圏にも近いほどほどの田舎の佐賀のよさ】について参加者とのクイズ形式などユーモアを交えて語りました。

・日本での殺人事件は増えているか?

・昨年、飛行機事故で亡くなった人は世界で何人?

・九州新幹線が開通して鹿児島の人口は増えた?

・ 佐賀の人口密度は世界の国々と比べるとどのレベル?

・日本の貿易収支でアメリカや中国に対しては黒字?赤字?画像

・日本の貿易収支でイタリア、フランス、スイスに対しては黒字?赤字?

・九州の自動車産業集積地、宮若市の人口は増えた?減った?

・企業誘致よりも農業振興?

・佐賀市のポテンシャルは?

・50年前と大きく変わった要素は何?

・人生は9回裏まである


などなど、いろんなテーマで考える材料を提示され、笑ったり意外性に驚いたり、あっという間の90分で、佐賀に住むことの魅力をじっくり考えるいい機会となりました。

#藻谷浩介
#地域エコノミスト
#里山資本主義
#そこそこの田舎
#佐賀はよかとこ
#人生は9回裏まで
画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【高齢者大学で男女共同参画の講座@佐賀市平松老人センター】

2018/10/16 13:37
佐賀市の平松老人センターで行われている高齢者大学【画像清風大学】のカリキュラムの一つとして、佐賀市の男女共同参画室と男女共同参画ネットワーク「結い」の講座が行われ、私も「結い」の草場真知子会長とご一緒に朗読劇で参加しました。


前半は市の担当課職員お二人による講話で、男性職員の方がかなりご自宅で家事育児に積極的に関わっておられる話になると「へえーっ」と感心の声がしきり。


後半は「結い」の朗読劇で、1本目は香月センター長にもご登場いただいて「ある日の公民館での光景」、2本目は草場会長と私とで「名前で呼んで」という夫婦の会話劇、3本目は受講生の中から3名でていただいての「井戸端会議」。


どれもセリフの書かれたのを読めばいいようになっているのですが、佐賀弁満載のセリフのため、受講生からの出演者3名のうち2名が熊本ご出身とあって、相当セリフまわしに苦労され、それがまた笑いを呼んでいました。
画像

画像


最後は、結いが14年取り組んできた「一言メッセージ」(=感謝の気持ちや男女共同参画に関するきづきなどを35文字以内にメッセージとして書く)のワークショップの時間をとりました。


約50名の生徒さんたちの元気なシルバーパワーに励まされるひと時でした。
画像


ところで、市内にいくつかある市立の老人センターのうち、お風呂がちゃんと温泉を沸かしたものとなっているのは、実はこの平松老人センターだけだということを、今日香月センター長に教えていただきました。65歳以上ならどなたでも入れるそうで、1日70名前後が利用されているとのこと。こんなお風呂つきの老人センターが街中にも欲しいなあ、と改めて思いました。
画像


#清風大学
#平松老人センター
#佐賀市男女共同参画室
#佐賀市男女共同参画ネットワーク結い
#温泉のお風呂
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【とーくさろん 紗知榮さんの30周年の会】

2018/10/15 22:26
昨年、ふとしたことからご縁をいただいた【とーくさろん 紗知榮】さんの30周年を祝う会にお声かけいただきました。画像


佐賀北高の大先輩でもあるママさんのお店は、靴を脱いで上がるタイプで、心地のいいカウンターとお座敷があり、20数名も入ればいっぱいになるくらいの規模です。


お酒がいけない私ですが、コーヒーとお茶でもお話好きのママさんとのお喋りが弾む、という感じです。


今日の記念の会は楊柳亭で開かれ、90歳を超える方をはじめとする常連さんから私やつい数ヶ月前に訪れたという「新参者」までさまざまな顔ぶれに囲まれ、ママさんのパワーはさらにアップしていました。


途中でサックスの生演奏で「ハナミズキ」が奏でられ、調子に乗ったママさんの無茶ぶりで私もアカペラで一曲歌う羽目になり、「吹雪の夜を歩いてきた…」と風雪を乗り越えてきたママさんに捧げる思いで「花をおくろう」という短い曲をご披露しました。


ママさんのお店での二次会には行けませんでしたが、あの人数で繰り出したら、さぞパンク状態だったのではないかと思います。


多くの方に愛される【紗知榮】さんの灯りがこれからも末永く街に灯り続けますように。

#とーくさろん紗知榮
#佐賀はよかとこ
#街の灯
#楊柳亭
画像

画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【THE. CHILDREN@北九州芸術劇場】

2018/10/14 17:54
少し前に佐賀新聞としんぶん赤旗で女優の高畑淳子さ画像んのインタビュー記事が前後して載っているのをみたのですが、その中で福島原発事故をモチーフにしたイギリス作家のお芝居のことが紹介されていました。


高畑淳子さん、鶴見辰吾さん、若村麻由美さんの3人芝居で【THE. CHILDREN】という作品で、舞台をイギリスのある場所(原発からすぐ近く)にして、原発に関わる科学者・技術者の3人が大地震と津波で原発事故が起きた後、避難しつつもやがては若い作業従事者に代わって自分たちが廃炉・収拾作業をするために戻る決意をするまでの人間模様が描かれた作品とのことでした。


ぜひ観たいと思って上演場所を調べたら一番近いところで北九州ということだったので、快速電車で西小倉の北九州芸術劇場中ホールまで足を伸ばしてきました。


700人収容のホールでの3人芝居。


セリフがまるでアドリブの連続であるかのようにリアリティに満ちていて、息苦しいような、なんとも言えない作品でした。(これでも褒めているつもりです)
ラストの場面で3人がそれぞれの動きをしながら幕が降りるのですが、鶴見辰吾さんが室内の水をかき出す傍で、高畑さんがヨガを始め若村さんがそれに倣うというシチュエーションで、上着を脱いでヨガポーズを決める高畑さんの引き締まった身体の線の美しさに目が釘付けになってしまったことを付け加えておきます。



ぜひ、佐賀でも市民劇場などで取り上げてもらえたらいいと思います。


#THECHILDREN
#北九州芸術劇場
#イギリス芝居
#モチーフは福島原発事故
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小倉・リバーウォークの本格中華家庭料理のお店 陽林閣

2018/10/14 11:52
北九州芸術劇場での観劇に備え、少し早めのランチ画像を取ろうと、劇場の入っているリバーウォークのレストラン街へ。


こういうところは少しお高めなのですが、ぐるりとフロアを回ってエスカレーターに一番近い「陽林閣」という本格中華のお店に入りました。


いわば中国版「深夜食堂」のような雰囲気の家庭料理のお店で、スタッフはみんな中国の方でした。日本語はもちろん通じてます。

そこで休日定食メニューから海鮮豆腐定食(800円)というのを選びました。


麻婆豆腐の白胡椒版という感じの少しピリ辛の豆腐にお漬物、優しい味のスープがとっても美味しく、海鮮豆腐の方もスープの最後のひとすくいまで頂きました。


お店の方によると、休日だからこの値段ですが、平日のランチはもっと安いよ、とのこと。こういうお店は助かりますね!


#北九州リバーウォーク
#陽林閣
#本格中華
#家庭料理
#海鮮豆腐定食
#休日ランチ
画像

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ローカル線の旅 佐賀〜西小倉

2018/10/14 11:33
北九州芸術劇場に行くのに、特急を使わず各駅停車で鳥栖駅乗り換えの快速に乗り継ぎ西小倉まで、ということでのんびり移動しました。


新幹線や特急ではみえない生活感があふれていて、車窓の風景もゆっくり見ることができるし、むしろ贅沢な時間の使い方かもしれません。


#各駅停車
#快速電車
#ゆっくり電車旅
#公共交通機関
#生活路線が大事
画像

画像

画像

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


【「政経東北」に石井絹江さん登場!】

2018/10/13 22:23
福島に除染に行った経験を持つ友人が、それをきっかけに定期購読しているという「政経東北」という地域誌に、福島原発事故によりふるさと浪江町津島を離れざるを得なくなった、元浪江町役場の石井絹江さん(=現在・福島市で石井農園)が載ってるよと知らせてくれました。


石井さんは、昨年3月11日に浪江町消防団を描いたアニメ映画「無画像念」の上映会の時に、被災体験を紙芝居にして上演活動をされている【浪江町物語つたえ隊】のメンバーで映画の声の出演もされている石井絹江さんにもおいでいただいて、被災体験を語っていただいたご縁で、今もFacebookで繋がらせていただいています。


「政経東北」では4ページにわたってインタビューをまとめた記事になっていて、去年の映画上映会の時にも語りつくせなかったような内容が掲載されています。


福島に移り住んでも、ふるさと浪江の復興への想いをもって農産物加工などに取り組んでおられる絹江さんの明るく力強い笑顔が印象的な写真も添えられ(とはいえ、インタビューの間では家族のこと、亡くなった馬場前町長のことに話が及んだ時に涙を堪えきれなかったご様子も伝わってきます)佐賀にいながらにして石井さんの記事を読めるありがたさを感じました。


今度はまた佐賀から石井さんはじめ、福島でご縁をいただいた方達のもとをぜひ訪れたいと思っています。

#政経東北
#石井農園
#石井絹江さん
#浪江まち物語つたえ隊
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【講演&芋煮会〜山下明子後援会 秋の企画のおしらせ】

2018/10/13 21:08
先月の打ち合わせで決めた、秋の後援会企画のお知らせチラシができあがりました。

このところコンサートやライブと議会報告を組み合わせた形が続いていましたが、今回はバルーンフェスタの開催時期でもありますし、ちょっと国際的に視野を広げて国際NGO【難民を助ける会=AAR JAPAN】佐賀事務所の久保田雅文さんにお話を聞く会と芋煮会のセットで Think global,Act local という企画になります。


「地雷ではなく花を」のキャンペーンでおなじみの【難民を助ける会】というNGO団体の佐賀事務所が、私の地元のほんの近所にあります。しかも、佐賀にあるくらいですから、全国各地にあるのだと思いきや、なんと国内の事務所は東京と仙台と佐賀だけだとのこと。


それはなぜ!というあたりから、とっかかりを作るもよし、ズバリ、シリアなどの難民問題を考えるもよし、最近佐賀にも増えている外国籍の労働者や留学生とどううまく暮らして行けばいいか、といった多文化共生の問題で考えるもよし、ぜひ、お気軽にお運びくださいませ。


芋煮会のご参加は500円、講演会のみは無料です。


どなたでもご参加いただけますので、ご希望の方はチラシの連絡先かメッセージの方でお申し込みくださいませ。


#山下明子後援会
#秋の企画
#講演と芋煮会
#AARJAPAN難民を助ける会佐賀事務所
#地球規模で考え草の根から行動を
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新婦人から「空き家」円卓会議まで

2018/10/13 19:15
今日は午前中に新婦人佐賀支部の支部委員会に久しぶりに出席しました。

「久しぶり」というのは、毎月第2土曜日には地元の勧興公民館での「まちの駅」と必ず重なることと、その他にも突発的な所用と重なったりした結果、数か月ぶりの参加となってしまったというわけです。


会議前半のミニ学習のテーマが水道の民営化につながる水道法改正問題だったので、ちょうど9月議会で提案された意見書案への賛成討論をしたことも生かして少し発言することができました。
あとは浦島花子さん状態で、おとなしく(!)みなさんの発言を拝聴いたしました。


✳ ✳ ✳ ✳ ✳


午後はTOJIN茶屋2階で開かれた【「空き家」円卓会議】に参加しま画像した。


2月に開かれた円卓会議の第2弾で、主に佐賀駅から南に伸びるシンボルロード沿線の唐人町エリアにある空き家をどうするか、ということがテーマとなってはいたのですが、10月末からバルーンフェスタと合わせて始まるライトファンタジーの電球設置のために、唐人町商店街や自治会の若い世代の方達が参加できていなかったことや、逆に久留米や県内他市からの参加も少なからずおられたことから、「空き家」をどう位置づけるか、宝の山ではないのか、といった観点で話し合うことができました。


円卓会議は、パネルディスカッションやシンポジウムのように登壇者だけが主に話して質疑応答するという形ではなく、文字通り円形にテーブルや椅子を並べ、上座下座にこだわらない平場の感覚で「話題提供者」と参加者が対等な関係のもとでグループディスカッションも交えて意見を交わすというスタイルです。


グループディスカッションの時間が総じて短いので、本当はもう少し落ち着いてじっくり話を聞きあえる環境になるとよりいいのに、と思いました。


空き家の活かし方として、商業テナントやシェアハウス、ゲストハウス、子どもや高齢者など地域の人々の居場所、移住体験型の宿泊施設など、いろいろ可能性があることが示されました。


特に気になったのは、高齢化や若者の低賃金などによる低所得化により住む場所を確保することが困難な方達への施策が重要な課題になっている中で、居住支援策への対応をしようとしている動きがあることです。これには国の助成金もついているとのことなので、佐賀市でも積極的に取り組めるのではないか、という可能性を感じました。

#空き家は宝
#空き家の活用
#居住福祉
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


週刊ニュースのダイジェスト版・幸せの黄色いニュース10月号発行

2018/10/13 18:37
週刊の議会報告のダイジェスト版でもある「幸せの黄色いニュース」10月号ができあがりました。


今回は議会が10月5日まで行われていたので少し発行が遅れましたが、9月定例議会の報告です。


#幸せの黄色いニュース10月号
#佐賀市議会
#市民共同
#山下明子
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【金沢市の介護・医療連携、認知症総合支援事業〜佐賀中部広域連合視察報A】

2018/10/12 20:44
広域連合議会視察の2カ所目の金沢市は人口約45万人、画像高齢化率26%で、介護保険は市単独で運営されているので、市の高齢者福祉施策や世帯まるごとの課題で捉える多機関連携の取組とも一体的に行われています。


介護保険料の基準額は6500円と全国の中核市の平均より高いのですが、国の目安9段階に対して第7期から高額所得部分を細分化し12段階(基準額の2.15倍)13段階(基準額の2.3倍)を設定しています。また、低所得者対策として生活困窮(生活保護費の1.2倍以下の収入、預貯金等)の場合に保険料収入を財源として独自減免がなされており、平成29年度は生活困窮で50件、災害で16件の適用をしています。


これに比べると中部広域連合画像での減免適用が全体で6件、うち生活困窮が3件という水準が異常に少ないことがわかると思います。


地域包括支援センター19ヶ所はすべて委託ですが、地域ケア会議には医師会の当番制の医師や弁護士も入ってもらえるようにしているとのこと。また、認知症の相談はどこから入るかわからないので、認知症総合支援事業として認知症支援推進委員を包括職員とは別に1名ずつ配置し、相談窓口を一本化し、訪問は抱括職員とペアで実施しているそうです。


ちなみに認知症サポーターや行政が委託して実施している認知症カフェ(66ヶ所)は人口あたりで全国一の水準だそうです。


当初、高齢者サロンと競合しないかの検証のためにモデル実施し画像たところ、認知症のことをさりげなく発信したり家族の交流の場にもできることから、認知症カフェの必要性を認識し広げてきたとこのこと。さらに地域福祉計画の中で子ども食堂とも連携した取り組みもあるそうです。


金沢市の取り組みでもう一つ特徴的だったのは介護施設職員同士の交流の場としてのケアワーカーカフェが行われていることです。社会福祉協議会内でのカフェと各施設の交流スペース持ち回りの【密着型カフェ】と月2回ずつ実施されているそうです。施設側からの批判的な意見はなく、他施設のいい取り組みを職員が直接学ぶ場にもなっているそうで、これは意義ある取り組みだと思いました。


金沢市で主に説明をしてくださった長寿福祉課長さん(写真)は、財政を理由に事業が縮小されたことに対し「今後復活を目指したい」など、徹底的に市民や利用者の立場に立って職務を遂行しようという熱意にあふれておられ、公務員のあり方としても輝いているようにみえました。


#佐賀中部広域連合議会
#金沢市
#地域抱括ケア
#認知症カフェ
画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【福井県坂井地区広域連合の介護保険についての視察】

2018/10/11 22:15
佐賀中部広域連合議会の視察の1日目は、福井県坂井地区広域連合の介護保険についての研修でした。

私は平成12年に佐賀中部広域連合議会の議員に選出され画像て以来、途中で2年間外れた以外は、ずっと就任させていただいているのですが、全国で介護保険を広域連合の制度で運営しているところはそう多くはなく、視察研修に行く場所が案外限られています。

必然的に同じ場所に伺うことにもなるのですが、実は坂井地区広域連合には3度目の視察となるようです。合併前の坂井郡6町の時代と合併後の坂井地域広域連合、そして今回となります。現在の坂井地区広域連合は、あわら市(人口約2万8千人・高齢化率32、1%)と坂井市(人口約万2千人・高齢化率27、1%)の2市で構成されています。


平成22年に福井県と東大高齢者総合研究機構が締結した「高齢者総合政策推進に関する協定」の一環で、地方都市における在宅医療普及のモデル地区として高齢者の在宅ケア支援体制の構築に取り組まれており、医療介護の地域連携に全国的に取り組むことになった今、先行して進めてこられた自治体としての検証や課題について伺える貴重な機会ともなりました。


特に広域連合と医師会、介護の現場関係者との連携が密接画像で、医師や地域包括支援センター職員による寸劇なども交えた市民講座、医師会に在宅医療コーディネーターを配置したりクラウドシステムを活用してケアマネージャーと医師が患者・利用者の情報共有を図る、医師会による「安心連携カード」の発行で入院と施設入所の移行をスムーズにする、地域包括支援センターでの医療を含めた在宅サービスのワンストップ調整など様々な取り組みが行われており、在宅ケアに対する市民の理解も深まっているとのことでした。


また東大が提唱しているフレイル予防事業にも、力を入れています。
「フレイル」とは【筋力、認知機能、社会参加】が低下し、要介護状態に至る手前の段階です。フレイルの大きな要因でもある筋力低下の予防やサロン、カラオケなど社会的なつながりをもつことの支援も行われ、こうしたフレイルチェックや予防の取り組みには、専門家だけでなく市民もフレイルサポーター(63名)となって参加しているとのことでした。


東大と県との第3次協定の段階になるそうですが、医師会との連携を緊密に取られていることにより、さまざまな取組がスムーズで市民理解も得られやすいのだと思います。こうした関係を構築する必要性を改めて痛感しました。



今回は広域連合議会の田中千賀子副議長がご挨拶だけでなく、最後まで連合事務局のみなさんとご一緒に同席してくださり、佐賀の側からも活発な質疑ができました。

#佐賀中部広域連合議会
#介護広域委員会
#坂井地区広域連合
画像

画像

画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福井お土産ドットコム@ホテルフジタ福井

2018/10/10 23:46
福井では昨日まで国体が開かれていたそうで、まちのあちこちにその名残があります。

私たちが泊まるホテルフジタ福井はフロントが5階画像にあり、1階にはいろいろな商業施設が入っています。夜9時を回るとどの店も閉まっているのですが、その中でまだ開店していたのが福井県産ストア「福井お土産ドットコム」というところ。

ちょっと面白そうだな、とのぞいてみたらホントに面白いところでした。
和紙を使ったレターセットでバルーンの模様があしらわれていたので手にとってみていたところ、オーナーの方が出てこられ、いろいろ話してくださいました。

それによると、障がい者作業所の仲間による消しゴムはんこでできたレターセットや封筒、ハガキ、ポチ袋で、バルーンの模様のものは、なんと佐賀のバルーンフェスタを観に行かれたメンバーのお一人の発案だそうで、佐賀と福井がここで見事につながりました。

それから丸岡帯を使ったブックカバーやポーチも美しくて一目惚れ。また水仙の生花をそのまま加工したというアクセサリーも素敵で、大きさもかさばらないのでお土産に求めました。
画像

このオーナーさん、とてもお話し上手でフレンドリーだと思ったら、元はツアーコンダクターさんだそうで、歴史好きでもいらっしゃるとのことで、月に一度、手書きのニュースを発行しておられるとのこと。いつのまにかお友達になってしまい、写真まで撮りあっておりました。
画像

画像

おまけに、と福井の銘菓をお試しに詰め合わせたセットをオリジナルで作っておられるのをいただきました。福井を好きになってもらおうという心意気がビシビシ伝わってくるようなおもてなしを受けました。
画像

画像

福井市役所近く、ホテルフジタ福井にお越しの際は、ぜひ1階奥の福井お土産ドットコムをのぞいてご覧くださいませ。愉快な出会いが生まれること請け合いです。

#ホテルフジタ福井
#福井お土産ドットコム
#元ツアーコンのオーナーさん
#消しゴムはんこの文具
#丸岡帯のポーチ類
#月刊ニュース越の風
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


恐竜のまちへ〜広域連合視察

2018/10/10 23:36
今日から佐賀中部広域連合議会の介護・広域委員会で福井、金沢に視察です。


佐賀を出るときは曇りでしたが、新幹線とサンダーバードに揺られ揺られて福井に着くと、そこは雨。
画像

画像


ちょっとびっくりしたのは、福井が恐竜のまちだというので、駅のコンコースや駅前にいろんな恐竜がいて、つい心が踊ってしまいました。
画像


駅前の恐竜なんて夜9時過ぎても「ギャオー、ギャオー」と雄叫びをあげていましたが、近所迷惑にならないかしらとか、何も知らずに夜一人で歩いていたらいきなり吠え声とともに動き出して驚くだろうな…と心配な気もします。

#佐賀中部広域連合
#福井は雨
#恐竜のまち
#駅前に恐竜あらわる
画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


松尾和男市議、ご逝去

2018/10/09 23:35
今朝、8時7分に松尾和男市議が亡くなられました。

お昼頃、議会事務局に立ち寄った時に教えていただいたのですが、突然のことで驚きました。


人工透析をされていた松尾市議が、奥さんをドナーとして腎移植を行い、鉄人のように再起されて昨年の改選前は議会選出の監査委員を務めておられたのでした。


また、今年に入ってからはバイオマス特別委員会の東北画像視察や会派の視察にも参加されていて、猛暑の中で行われた8月の栄の国祭りにも顔を見せておられたのですが、9月議会の頃から体調を崩され入院なさっていました。とはいえ、お元気に戻って来られるものと思っていたので、まさかの訃報でした。


松尾和男議員は1999年に初当選され、自民党系会派に所属して来られました。2009年に佐賀市議会基本条例を制定するにあたっての検討委員会副委員長を務められたのですが、その秋の市議選で議席に届かず落選。2013年に復帰されると議会広報公聴委員会の委員長、議会選出の監査委員として活躍されました。


議会以外では、家業の松尾ふとん店さんとして、私の母の県議時代から貸し座布団や貸し布団のお世話になっていまして、思い起こせば99年のご自身の初出馬の時期にも、私の選挙事務所開きの貸し座布団を運んでくださっていたのが印象に残っています。


それから、数年前にご縁があって伊勢神社例大祭の子神を仰せつかった時から、地元伊勢町の氏子さんとして、いつも伊勢神社のお祭りの時にお世話役をなさっていた姿も浮かびます。


もう一つは、毎年11月に行われている佐賀県青春寮歌祭で福岡大学応援団OBとして、福大の校歌と寮歌「七隈トンビ」を優雅かつ勇ましくリードされていた姿が目に焼き付いています。とくに「七隈トンビ」の手振りが素敵で、松尾さんのファンでした。今年の寮歌祭であの勇姿が見られないと思うと寂しい限りです。
画像

画像


議会事務局からの知らせによると今夜が仮通夜、明日がお通夜で明後日に葬儀とのことでしたので、明日から広域連合の視察が予定されていたため、夕方、仮通夜にうかがってお別れをさせていただきました。


松尾和男さん、68歳、まだまだやりたいことがたくさんおありだったはずです。最後まで議会活動を全うされようとしていたお姿を忘れません。本当にお疲れさまでした。安らかにお眠りくださいませ。


#佐賀市議会
#松尾和男さん
#佐賀県青春寮歌祭
#福岡大学
#七隈トンビ
#松尾ふとん店
#伊勢会
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「みないろ会」第5回サポーターミーティング

2018/10/09 22:27
夜は、みないろ会(「みんなでいろいろな映画が観画像たいからバリアフリー映画を作ろう会」)の第5回ミーティングが市民活動プラザで開かれ、森会長、福島副会長、大歯事務局長、重松会計担当ら22名が参加しました。


今回は初参加の方がいらっしゃらなかったので、自己紹介は簡単に名前だけでスピーディーにすませ、さっそく話し合いに入り ました。


まずは先月から始まった「みないろ募金」の中間報告があり、9日のミーティング開始時点で目標100万円に対して541947円になったとのこと。1月末までの募金箱設置にご協力いただいたところが20ヶ所、一口1000円の募金ほか、いろいろな形でご協力いただいているとのこと、私もあちこちお願いしておりますが、本当にありがとうございます。


また、先月取り組んだ「カメラ画像を止めるな」のユニバーサル上映会の振り返りについては、音声ガイド用の機器やシステム上の注意点、ボランティアガイドの誘導方法の講習の必要性、などが重松さんから語られたのち、映画の内容についても活発な意見が交わされました。


・「視覚障がいの立場からは、作品の構成上、音声ガイドがあってもわかりにくかった」
・「子どもでも発達障がいの方でもどうぞ、という触れ込みだったけれど、ゾンビ映画で血なまぐさく感じたので、子どもにはみせられないのでは、と思った。もっと作品を選んだ方がいいのでは」
・「今回の『カメラを止めるな』は、話題作で上映期間中も常に満席だったからこそ音声ガイドや字幕もつけられていったもの。シエマとして取り組んでいる映画作品の中でバリアフリー映画となっているものを上映し、みないろ会にサポートしてもらっているという関係」
・「福祉的なテーマの作品は他でもやっているけれど、一般的な話題作を障がいのある人も一緒に楽しめるようにしたいというのが「みないろ会」の趣旨でもあるから、そこはそれでいいのではないか」

などなど、「みないろ会」の本質的な話にもなっていきました。


その結果、次回のユニバーサル上映会は11月25日(日)の昼と26日(月)に「万引き家族」で取り組まれることになりました。


次に、10月20、21日にひらかれる「さがさいこうフェス」へのブース出店の打ち合わせと役割分担を行いました。


ブースで行う企画として、@バリアフリー映画体験、A音声ガイドナレーション体験、B点字体験、C手話体験、D点字をモチーフにしたグッズ販売などが提案されました。
ここで点字をモチーフにしたアクセサリーが参加者に回され、名前や言葉が粒で表現されたかわいいモノばかりで、とくに女子の面々が夢中になってしまいました。
画像



また、9月30日に予定していた音声ガイド・字幕作りの養成講座が台風で中止になったため、代わりに講師の都合で10月28日に行われることとなり、あらためて出欠確認をとりました。


最後に、みないろ募金に関する事務の役割分担について提案があり、次回のサポーターミーティングを11月5日(月)19時から(会場未定)と決めて閉会しました。


#みないろ会画像
#バリアフリー映画
#みないろ募金
#シアターシエマ
#こんどは万引き家族
#さがさいこうフェス
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【防災士資格、無事取得】

2018/10/09 21:55
今月半ばと思っていた防災士資格試験の結果が届きまして、ちょっとドキドキしながら封を開けたら、無事【合格】とのこと。9月に頑張った甲斐がありました。


これから学んだことを生かしていけるように頑張らねばなりません。

#防災士
#地域防災
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【普通救命講習の受講】

2018/10/09 13:27
先月末に受験した防災士の資格取得の際には、画像救命講習を受講しておかなくてはならなかったのですが、9月の一連の養成講座の前までに間に合わなかったので、同じ事情の数名の方とも一緒に一番近い日程の講習を申し込み、今日の午前中に救急救命講習を受けました。


佐賀広域消防局の中で各消防署が持ち回りで講師を担当されているそうで、今回は多久消防署の担当でした。


実技中心で@胸骨圧迫による心臓マッサージ、A人工呼吸、BAEDの操作、Cこれら一連の流れを続けて行う、ということを5〜6名1組の5つのグループに分けて全員が実施しました。


これまでも総合防災訓練の時や公民館での防災講座、市議会での防災講座などで何回かやったことはあるのですが、これまで地域防災リーダー養成講座を受けてきた上で改めてこの講習を受けると、これまで以上にいろいろな動きの意味がわかって来たように思いますし、胸骨圧迫の正しい姿勢やリズムの刻みなども相当意識して行えるようになったと思います。


救急車が到着するまでの平均9分間に、心停止状態から救い出すための知識を持つ人が増えるほど、命をつなぐことにつながるのだということで、みんな真剣に講習に臨みました。
画像

画像

画像

画像


後半は応急手当ての話を聞きましたが、時代とともにこれまでの常識が変わっているようで、例えば止血の時には、傷口よりリンパ腺に近い手足の根元のところをベルトや紐できつく縛って…というふうに聞いてきたのですが、神経などを痛める場合があるので、きちんとその方法で訓練を受けた人以外はしてはならない、となっているそうです。
今は、止血のためには出血部位を清潔なガーゼやハンカチ、タオルなどを重ねて指先や手のひらで強く圧迫する【直接圧迫止血法】というやり方が主流だそうです。しかも、いったん抑え始めたら途中で「止まったかな」などとのぞいてみたりせず、ひたすら抑えなさい、血が滲んできたら取り替えるのでなくその上に新しいタオルなどを重ねていきなさい、ということだそうです。


応急手当て講習テキストは5年おきにガイドラインが改定されているのに合わせて改訂されるそうで、現在は2015年ガイドラインに対応したものだとのこと。止血方法が変わっていくように、いろいろな検証が進むにつれ、より効果的な応急手当ての方法が編み出されていくということで、この講習も一度受けたら終わりではなく、受講修了証の有効期限は3年だそうですから、また3年経ったら講習を受けることになります。


ともあれ、無事に普通救命講習を受けたという修了カードをいただきました。偶然にもナンバーが99=救急ということで、防災士試験の合否判定の知らせの前に幸先のいい感じがしました。

#佐賀広域消防局画像
#救命講習
#まずは心臓マッサージ
#胸骨圧迫は1分間に110回のテンポで30回
#人工呼吸は2回
#ひたすら胸骨圧迫を繰り返す
#AEDは使えますか
#3年に一度は救命講習を受けましょう
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【カシミールブラックカレー@ATLANTIC CAFE】

2018/10/07 22:13
川副に行くたびにずっと気になっていながら、開店画像時間のタイミングがなかなか合わずにいたATLANTIC CAFE に数年目にしてようやく立ち寄ることができました。


ちょっとログハウス風の素朴な雰囲気のお店でマスターがおひとりで切り盛りされているようでした。


オムライスやパスタも美味しそうでしたが、一番気になった「カシミールブラックカレー」とドリンクのセットを注文してみました。


初めにランチのスープが出されたのですが、こちらは玉ねぎの甘みの効いた優しいお味のスープでした。続いて出されたブラックカレーは、いろいろな香辛料を駆使して、玉ねぎの酢漬けのようなものとシシトウがトッピングされているという辛口好みの一品で、深みのあるサラサラしたスープでした。


デザートのパンナコッタもついていて、遅めのランチとしてはとても満足なひと時となりました。

#佐賀カフェ
#ATLANTICCAFE
#川副町
#カシミールブラックカレー
画像

画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【自衛隊・オスプレイ配備反対で地域住民が集会@佐賀市】

2018/10/07 21:52
8月24日に佐賀県知事が防衛大臣と面会して数時間画像後に「佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備容認」を表明したことに対し、9月には市役所南広場で抗議の集会が開かれましたが、地域住民のみなさんによる抗議と今後の運動の進め方などを話しあう形での集会が7日午後、南川副公民館で開かれ、100名を超える参加者が集まりました。


私は地元の運動会の出番を終えて、急いで駆けつけたのですが、2時からと思っていた集会が13時半からだったということで、ついた時にはちょうど終わったところでした。


地元川副のみなさん中心の集会ということではありましたが、居ても立っても居られない思いで唐津から駆けつけた友人の姿もありました。いろいろな行事も重なっていたからか、議員関係では社会民主クラブの松永憲明市議と私・市民共同の山下明子だけの参加でした。


海苔の漁期に入って、知事と漁協との話し合いは中断しているので、実質的には闘いはここからということになります。空港地元の住民のみなさんだけでなく、広範な人々と知恵と力を合わせていくことが何よりも大事だと思いますが、地元の中での「諦めない」という思いがみんなを励ましてくれてもいます。


世論調査の中で約4割が「わからない」という意見がある中、知事の発言で事態がどんどん一人歩きすることのないよう、佐賀空港への自衛隊配備が佐賀にどんな影響をもたらすのか、県民的議論もじっくり進めていく必要があると思います。私も引き続き、みなさんと連帯して頑張ります。


#佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備反対
#佐賀の空にオスプレイいらない
#日本のどこにもオスプレイいらない
#佐賀の空にはバルーンが似合う
#海も空もみんなのもの
#たたかう主権者
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


台風一過、勧興ふれあい大運動会

2018/10/07 21:38
台風一過、勧興小学校と校区民のふれあい運動会が予定通り行われました。

小学生のプログラムと地域住民のプログラム、合同の競技画像が混じり合って大いに賑わいました。


私は今年はむかでリレー(女性チームの先頭)と尻圧リレー(アンカー)、それに小学2年生と組んでの借り物競走に出場しまして、得点競技のリレーではどちらも2位入賞となりました!


わが米屋町は昨年は優勝(昨年は市議選の告示日で出場していません)、その前も準優勝だったりと近年は入賞することが多かったのですが、今年は残念ながら18町区中12位でした。


ただ、どこでも悩みとなっている高齢化の中で、幸いにも全ての競技に出場することができていることと、一方で「選ぶ」ほど人がいないので、ほぼ参加者全員が何種目も出場するという文字通りの「全員出場」運動会となっているので、後の打ち上げでも「結果は残念だったけど楽しかった」と地域ならではの感想がこもごも出されていました。


台風接近のもとで開催が危ぶまれていましたが、前日からいろいろ準備をしてくださったみなさまに感謝を捧げつつ、子どもたちとも楽しく交流させていただき、ありがとうございました。

#勧興ふれあい大運動会
#台風一過
#勧興皆一家
#米屋町
#地域コミュニティ
#子どもの最善の利益を
画像

画像

画像

画像
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【朝夏まなとさんのマイフェアレディ@久留米公演】

2018/10/06 19:21
台風25号の進路とともに心配されていた「マイフェアレディ画像 」久留米公演は、無事に成功しました。今回の「マイフェアレディ 」は宝塚退団後の舞台女優としての初挑戦となる朝夏まなとさんと神田沙也加さんのダブルキャストで上演されていますが、久留米公演はお二人にとって「里帰り凱旋公演」ともいうべき位置付けです。


しかも、3ステージのうち朝夏さんのバージョンは6日昼公演のみとあって、台風襲来は本当に憂鬱のタネでした。


幸いにも「6日午前からひるにかけて北部九州に最接近、暴風警報」といわれていましたが、心配されたほどではなく、前日から久留米入りされていた遠方のファンの方や佐賀からのファンなどもふくめ、久留米シティプラザグランドホールはほぼ満員となりました。さすが「晴れ女」な朝夏さんの威力が発揮されたようです。


マイフェアレディ は映画を観たことはありますが舞台では初めてでした。
イライザの朝夏まなとさんは、役をしっかり生きている感じで、なんの違和感もなくヒギンズ教授の寺脇康文さんとのコンビで伸び伸び華やかに演じ切っておられました。


そういえは、かつて花組トップの春野寿美礼さんが退団後初の舞台でミュージカル「マルグリット」に挑んだ時も相手役は寺脇康文さんでした。椿姫をモチーフにした作品で、ドイツ将校の愛人となった娼婦マルグリットの物語で、戦後「ドイツ兵と寝た女」として悲惨な目に遭わされる場面もあるなどで、賛否両論となりました。私は重厚で好きな作品だったのですが、現役時代にクールな男役として鳴らした春野さんがいきなり娼婦役なって最後に晒し者となるというシチュエーションにショッキングだという意見も出ていました。(何度も言いますが、私はお気に入りの作品です)


それに比べると、朝夏さんの場合、現役時代に「ME AND MY 画像GIRL」のジャッキー役や「風と共に去りぬ」のスカーレットを演じていて女優になったらさぞかし美人で素敵だろうと思っていたので、とてもナチュラルに移行していった感じがします。


また、イライザという役自体が下町育ちのがらっぱちな女の子が厳しい教育を受けて美しい貴婦人になっていくという流れなので、作品の中でメタモルフォーゼを見ているようで、それも良かったと思います。声の伸びもよく、何より勇ましい表情、いたずらっぽい表情、夢見る表情、幸せな表情、淋しげな表情、傷ついた表情などなど、どれも生き生きしていて釘づけになりました。
いっそ田舎言葉を九州弁にしてみたらもっと面白かったように思いますが、それでは全国を回れないのでしょうね。
美しく変身した時の気品あふれる姿はさすが元タカラジェンヌで、目の保養となりました。


脇を固める春風ひとみさんや前田美波里さんも素晴らしく説得力があり、舞台に存在するだけで安心できるというのがさすがです。


朝夏さんの次の舞台は博多座で、女性シンガーであるグロリア・エステファンの生涯を描いた「オン・ユア・フィート」で、これまたエネルギッシュな朝夏さんの魅力が発揮されることと思います。


その後も若草物語など目白押しな中で、エリザベートを観たいという声も聴こえてきます。私はどちらかというと、朝夏さんと寺脇さんで「風と共に去りぬ」を観たくなりました。


というわけで、見事に女優デビューを果たした朝夏まなとさんの前途画像を祝して、佐賀のファン有志で楽屋暖簾と「まいふぇあれでぃ」の焼印を入れた佐賀銘菓の丸ぼうろを差し入れしました。これからも大いにご活躍いただきたいと思います。

#朝夏まなと
#宝塚OG
#マイフェアレディ
#久留米シティプラザ
#台風を乗り越えて大成功
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


【佐賀県地域防災リーダーの委嘱】

2018/10/05 22:18
帰宅したら、先月末に受講を終えた地域防災リーダー研修の修了者に対して「平成30年度佐賀県地域防災リーダー」の委嘱状が届いていました。

今後、@地域で自主防災組織の結成や充実強化、A居住市町での地区防災会議への出席、B平時からのネットワークの構築に取り組みなさい、ということです。

先日試験を受けた防災士については、今月半ば以降に結果がわかるそうです。
画像


#佐賀県地域防災リーダー
#防災につよいまちづくり
#平時が肝心
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【佐賀市が西友跡地を佐賀駅南一体に開発方針〜全員協議会】

2018/10/05 21:56
本会議閉会後に開かれた全員協議会で、冒頭に市長から富士小学校跡地問題で決算が全会一致で不認定になったことについて関係者8名による謝罪がなされました。


市長は「根が深い問題なので、根本的に解明したのちに再発防止策を検討し、議会にも報告していく。そののちに関係者の厳しい処分をしていく」と述べました。


その後、まずは国民スポーツ大会にともなう県立のアリーナ整備構想について県の担当者からの説明がなされ、質疑の中で私も文化会館との相互乗り入れで多いなイベントの時の駐車場となっている部分にアリーナが建つことによって、駐車場が分散化されると、国道からわかりにくく渋滞するのではないかということと高齢者の方や障がいを持つ方にとっては駐車場が遠くなるのではないか、と尋ねました。



それに対しては、「高齢や障害をお持ちの方はなるべく利用施設に近いところを使ってもらえるよう工夫したい、国道からもわかりやすいような駐車場の空き状況などを示す掲示などを考えていきたい」とのことでした。
画像


次に佐賀駅周辺整備構想についての現時点での報告がなされました。

市は西友跡地の取り扱いについて「土地の取得を目指して地権者と協議してきたが、現時点ではほぼ全員が賃借を希望されており、現在スーパーの誘致で開発を検討している民間(大和ハウス工業)と連携して、駅南広場と西友東側の駐車場と一体的な空間となるよう整備したい」との方針を示しました。
画像


旧西友駐車場についてはJA佐賀市中央と協議し、第1段階として来年度以降3年程度、市が土地を借りて駐車場として暫定利用している間に南北の駅前広場を整備し、第2段階として駐車場の北側3分の1の土地を市が取得し、地権者として開発業者を公募して複合施設の建設をめざすこととし、残りの3分の2はこれまで通り駐車場として整備する、としています。
画像

画像


民間会社とは情報交換を進め、段階的整備構想に理解と協力を求めつつ、駅前との連続性を持った魅力的なテナント構成の実現に向けて市も協力していく姿勢を示しました。



これは私が一般質問で提起したこととも通じるものでもあり、買い物難民解消と佐賀市の魅力を発揮できる街の顔づくりが進むことを期待したいと思います。
画像

画像



#佐賀市議会
#全員協議会
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

山下明子の幸せの黄色いニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる