【一般質問の最終日、そして議案質疑@佐賀市議会】

 佐賀市議会9月定例会の一般質問、15日から始まってようやく今日は最後の27人目の松永憲明議員でした。
F5816EE7-2A42-42AE-BDA3-27BF060413A9.jpeg
 松永議員は、支所管内の社会福祉協議会を統合について、公契約条例の制定について、教職員の働き方改革について、というテーマでした。

 旧佐賀市と7つの支所管内にある社会福祉協議会の体制を見直して、全体を南部、中部、北部の3つのエリアに分け、南部は東与賀保健福祉センター、北部は富士大和温泉病院を拠点としてアウトリーチ型の活動とすることや、コミュニティソーシャルワーカーを増員して、窓口で相談を待つのではなく、現場に出かけて困りごとを抱えた市民の掘り起こしや寄り添い型の支援をするアウトリーチを強めたい、ということのようですが、果たしてそれで地域の実情に沿った対応ができるのか、という懸念の立場からの質問でした。


 公契約条例の制定は、私も求めてきたものですが、現在は5000万円以上の公共工事と2000万円以上の委託契約について労務単価を下回らないようにという要項で対応しています。

 現在のところ、要項での対応で十分との認識から、市長答弁でも「要項のままでいく」というものでした。以前、労務単価が変わるたびに条例改正をする必要が出てくるので、柔軟に対応するために要項で対応する、という当時の総務部長答弁があっていたのですが、実情把握の上で、不適切な対応が起きていくようであれば条例も検討するが、今のところはそういう報告はない、という現状認識は超えられない感じでした。


 教職員の働き方改革は、提出物や研究発表会など現場に負担を強いるようなあり方の業務改善や、子どもたちに学ぶ喜びを伝え、その成果をみとる教師の力量と裁量を生かす方策への認識について、教員出身の議員らしく現場を踏まえたやりとりとなっていました。また、今の東島教育長の任期が今議会限りということもあり、退任される前の教育現場経験者同士の最後のやり取りという感じでした。

 27名の議員の一般質問を終え、今日は休憩なしでそのまま議案質疑に移行しました。

C48084AA-3A4B-41D9-91EA-B019D82CFCAF.jpeg

 議案質疑は私・市民共同の山下明子だけでした。


 取り上げたのは熱気球大会関連事業の予算の減額と柳町思案橋広場整備事業の増額補正についての2項目です。


 熱気球大会は、新型コロナの影響で従来のような大会は開催できないとのことで7700万円の減額をする一方で、国のイベントに対する新型コロナ関連の指針などの動きを見ながら、できる範囲を探りながら対応するため、として約6000万円を残しています。

 私は、減額の内訳や当初予算で計上していたバルーンさが駅の整備事業の実施の有無、残した予算で何をするのか、といったことをただしました。バルーン佐賀駅は当初計画通り、現在整備工事を行なっているそうですが、観客対策として列車を臨時に停めることはできないとのこと。となると、いずれかの形で嘉瀬川河川敷でバルーンを飛ばすことになれば、周辺の駐車場対策などはきちんと検討する必要があると思います。そうした立場から質問しました。


 また、柳町思案橋広場の整備については、長崎街道沿いの東の入り口にあたる牛島構口か350mほど西にある思案橋の側の家屋解体の際に出てきた江戸期から幕末期の舟運の名残である石段や礎石などが良好な形で出てきたということで、市が買い上げて当時の様子をしのぶことのできるスペースとして整備するというもの。
CCF8B1A0-88BE-46DB-BF7A-776E21DE8F6B.jpeg

 そのこと自体はいいのですが、その広場用地は、家一軒分(73m2)くらいしかなく、案内パネルを設置したり歩く人が休憩するようなスペースを設けるには狭い感じがします。

 また、平成30年に同じような状況で整備した長崎街道の東入り口にあたる牛島構口公園は敷地面積607m2で、トイレや駐車場、ベンチなども設置され、地元の方にも街歩きの方にも親しまれているようですが、思案橋広場はそういう活用ができる規模とは思えません。
A047C2BA-25AB-4685-8641-B0BBAD42A4B6.jpeg
904016FA-2891-4204-B994-6CD3EC6D8962.jpeg
3BEF2E97-C953-49A5-91AD-CBA5BD15A02E.jpeg
40576B48-CD3F-4D4E-BE51-B1C864ED0A1E.jpeg
 さらに、石垣や礎石などは思案橋の上に立って見ることになりますが、広場の西側に隣接する民間住宅が丸見えとなり、お困りになるのではないか、との懸念もあります。

 また、道路を隔てて向かい側に危険な空き家があり、広場の整備や利用にあたっての安全面でも心配がある、という点での市の実情把握や対応についても質問しました。
56776190-125E-442C-AC80-E810F40CF5D4.jpeg
 隣接する住宅に対しては、目隠しの塀を設けるなどを意見を聞きながら進めていくこと、危険な空き家に関しても所有者と連絡を取りながら対応中とのことでした。いずれにしろ、図面だけでは分からない、現地を見ながら検討する必要があると痛感しました。

 明日、明後日は決算以外の補正予算と条例等についての委員会審査が行われます。

 過日、国保税の法定減免制度に関する請願書が提出されたので、議案に追加し、文教福祉委員会で審査することになりました。そういう関係もあって、明日の文教福祉委員会は午前9時から始まります。
C1C7513A-1C11-4FD5-8A62-A201B68694FE.png

#佐賀市議会
#9月定例会
#一般質問
#議案質疑
#市民共同
#山下明子

【一般質問6日目と議案質疑の通告締め切り@佐賀市議会】

 佐賀市議会9月定例会の一般質問、6日目の今日も4名の議員が登壇。
E2AFF0D0-E147-453F-A8DA-881FD1279A76.jpeg

 市産木材の活用や木造建築の技術伝承に関わる問題、防犯カメラや緑化推進、河川清掃、ふるさと納税、再生可能エネルギー、中山間地域の活性化や農地保全などがテーマで、興味深いものでした。
9AE16BFF-873E-43D1-B35C-DBE7C6C604A7.jpeg
DAD5D251-FE9E-416F-AAA8-FEE17CA029C4.jpeg

 再生可能エネルギーについては、松永幹哉議員が取り上げました。佐賀市の公共施設でも市役所本庁や市立図書館、公民館、小学校などでの太陽光発電、バイオマス発電、下水浄化センターの消化ガスなど20施設での売電収入が2億6千万円になるそうですが、その98%を占めているのが清掃工場の廃棄物焼却熱の発電とのこと。もしその電力を外から買っていたとすれば2億8千万円かかっていたと見込まれ、それを買わずに済んだことと、売電収入を合わせると5億4千万円の税収効果があったと言えるのだそうです。


 ただし、固定価格買取制がもうすぐ終了することで、清掃工場の場合は令和5年に買取期間が終了することにより、全体の売電収入が2億6千万円が4年後には1億円を割り込む見込みです。


 このことについて、環境部長は「固定価格買取制が終了するのは折り込み済みで、それぞれの施設でのエネルギーを地域で活用したり、災害にも持ちこたえる強靭なエネルギーにもなることから、市民や事業所とのワークショップも開いてきたこと、エネルギーコストが域外に流出するのでなく、域内で循環させることの重要性を念頭において再生可能エネルギーの普及に努めたい」と答弁。

 これを受けて、松永議員が小水力発電の開発可能性について言及しました。発電効率が高く、安定的な供給が可能で、佐賀の地(特に中山間地域)に合っているとの立場から、農業用水路を活用した小水力発電の取り組み推進を求めました。
 
 環境部長は「農業水利施設の維持管理の負担軽減やコミュニティの維持にもつながる利点があるが、一方で河川法での手続きや設置場所の選定調査、ゴミの撤去などの体制整備の課題もある」と従来の答弁を繰り返しかな、と思ったら、「すでに導入している地域や方々のあがっている地域もあるので市としても支援したい」という言葉が加わりました。
 

 私も以前、再生可能エネルギーに関する質問で小水力発電の可能性について取り上げた際は、まだ消極的でしたが、時代が移り変わり、全国的にも取り組みが進んできた中での今回の質問で、一歩前に進む可能性が出てきたのはよかったと思います。


 この課題と中山間地域における農地保全と地域活性化施策とが有機的に結びついていくように、という流れの見える質問でした。


 なお、今日は議案質疑の通告締め切りでした。昼休みに抽選をするというので、とりあえず抽選会場に向かいましたが、私以外にはおられませんでした。
7AE0DDAD-0B0F-42B1-81CE-D9F6091F381D.jpeg

 自分の所属する委員会の所管項目以外で質疑することになっているのですが、私は総務委員会と経済産業委員会所管の項目で質疑をすることにし、本会議の後、ヒアリングも済ませました。


 議案質疑は来週28日(月)に松永憲明議員の一般質問の後に登壇しますので、ほぼ11時頃になると思われます。


#佐賀市議会
#9月定例会
#一般質問
#再生可能エネルギー
#議案質疑通告

【マイナンバーカードへの大いなる疑問】

 マイナンバーカードの普及について、今日も一般質問がなされました。

 私はマイナンバーが通知された時点で郵便物を受け取りませんでしたので、自分ではマイナンバー自体を知りませんし、税の申告をはじめ様々な届け出の際も、別にマイナンバーを記入しなくとも特に不便なく過ごしています。

 しかし、新型コロナウイルス対策での特別定額給付金支給や今後の医療保険との紐付けなど、マイナンバーカードの普及が進まざるを得ない状況が作られています。
 全国的にも、佐賀市でも、この数ヶ月で前年に比べて4倍近いカード申請が行われているとのこと。佐賀市としては現在のカード取得率18%を今年度中に28%にしたいとの目標だそうです。

 今日の昼休みにもテレビで「便利だからぜひ勧めた方がいい」という流れでの情報番組が報じられていましたが、「個人情報をいかに守るか」「プライバシー保護の観点から避難行動要支援者のリストも共有できない」「同窓会名簿も作らない」といっている人々がいる一方で個人の医療や薬剤情報まで丸ごと1枚のカードに紐付けされていく流れがどうして平気で作られていくのだろう…と疑問に思えてしまいます。オンライン決済でなりすましによる被害が報じられているというのに…。

 台湾や中国で、新型コロナウイルス感染予防対策で個人の行動がビッグデータに読み込まれたり、給付金支給がスピーディに行われていることをもって、日本でもぜひ、という論調が強まっていますが、一方で中国の監視社会を非難するという動きもあるわけです。

 それに、マイナポータルによって5000円のポイント還元というのも、民間がやるならまだしも、行政が行うのは平等性において問題ありと思います。

 いつだったか、「新型コロナ対策を契機にあまりにも簡単に個人の監視社会への移行を受け入れているのではないか」と警鐘を鳴らす記事を見た記憶があります。
 そういう観点からの議論が深くなされないまま、利便性が強調されるだけでマイナンバーカードの普及が広がっていくことに、嫌な感じを持つ今日この頃です。
50625CFE-574C-40D7-9F4C-E7E3456453DD.jpeg

#マイナンバーカード
#利便性か監視社会か
#私は自分のナンバーを知らない
#知らなくても生活に不便はない

【一般質問5日目、バイオマス産業都市の今後や長崎新幹線問題など興味津々@佐賀市議会】

 佐賀市議会9月定例会の一般質問、5日目の今日は4名の議員が登壇しました。

 本日もバイオマス産業都市関連や新型コロナウイルス問題、九州新幹線西九州ルート問題など興味深いテーマがありました。
D6DB2F71-560B-4351-808D-D9AD73FDA847.jpeg

 バイオマス関連では今議会で何人もの議員が質問していますが、主に二酸化炭素分離回収事業は投資の割に販売収入が見込みより少なすぎるという視点から「大丈夫か」という提起が多かったのですが、今日は「もともと農地転用をしても農業用にしか使えないのであれば、周辺地域を先進的農業の集積地にすることや、二酸化炭素を活用するために液化してイチゴなどのハウス農業者に運べるようにしてはどうか」という前向きな提言がなされました。

 清掃工場から排出される二酸化炭素を分離回収して産業経済の発展に生かしたいということで平成28年度に14億5千万円(うち国補助5億円)かけて設置した設備で、国補助分を除く9億5千万円を誘致企業への販売収入で17年間で賄うとして、分離回収による将来的な年間販売目標が日量10トンで1億2千万円という計画でした。初年度で764万円の収入を見込んでいたのが、実際には3ヶ月で約7トン、売却益は24万円に過ぎませんでした。

 実はこれを見つけたのは平成28年度決算審査の勉強会で、「大きな項目しか説明しない」となっていた時に、ふと、歳入で売電収入などに比べてあまりにも少ないことに気づき、単純に私が質問したことから始まりました。
 「目標の3%にしかなっていない」「ずさんな計画」と報道され、当時は、アメリカから持ってきた培養藻類が佐賀の高温な環境に合わず死滅してしまったためにやり直さざるをえなかったことなどの事情が明らかにされ、このバイオマス産業都市の取り組みや藻類培養の取り組みに対して「大丈夫か」という懐疑的な目が常に注がれるようになってきたのは事実です。
B1935F02-F6CE-4A3D-81EA-1D93A1D654DD.png
464AE634-9E69-4287-BF8C-1A013EB130C2.jpeg

 ただ、私としては清掃工場から排出している二酸化炭素を資源として生かそうとする発想は画期的で将来性のあるものと考えているので、長い目で見ていく必要があると思っています。
 その中で、以前から清掃工場周辺に藻類培養事業者や野菜の栽培に二酸化炭素を活用する事業者を誘致してパイプラインでつないでいくという発想にとどまらず、市内の営農者に対して二酸化炭素をボンベに詰めて活用できるようにすれば、と担当者に提案して来たこともありました。
 それに対しては従来から「ボンベにするための機械設備の投資費用がかなりかかるので、これ以上の投資は厳しいから、当面はパイプラインでつなぐ方法で事業者を誘致する」という答えでした。

 その後、進出してきた藻類培養事業者が技術開発により必要とする二酸化炭素の分量を半減させるようになったため、市からの売却益も見込みより減少せざるをえないという見通しになってきました。それでもひたすら「進出事業者の誘致に努める」という答弁に今議会中でも終始してきました。

 今日の千綿議員の質問は、今の清掃工場北側の農地転用した場所が農用にしか使えないことから、今後、周辺に先進的農業の集積地とすることと併せて「市内のハウス農家はわざわざ重油を焚いて二酸化炭素を生み出して使っている。イチゴ農家の7割はそう位うかつようをしている。清掃工場の北側に進出したゆめファーム全農佐賀がきゅうりのハウス栽培を始めて、収量は一般の平均収量の2倍となっている。単価が下がっても収量が増えれば農家の収入は増える。今後、二酸化炭素の活用の幅を広げるには液化して市内の農家に持ち運べるようにすることしかない。市長と議員の任期はあと1年であり、この間に、二酸化炭素の液化による販路拡大の方針を出すべき」と迫るものでした。

 これまでバイオマス産業の取り組みに、どちらかというと「採算が取れるのか」という立場からの発言をしてきた千綿議員だったので、ちょっと意外でしたが、私も同感でした。

 これに対し、秀島市長も「将来を見据えたありがたい提言」と積極的に受け止めて答弁していました。「率直に言って以前にも検討したことはあったが、当時の担当者は『これ以上の投資はとても』と引いた感じになっていたが、事業者の事情も変わる中で今後、販路拡大を考える上で避けて通れないものであり、検討していきたい」というものでした。

 まさに、今のタイミングでいい提言だったのではないかと思います。

 新型コロナウイルス感染症に関しては、これまでと違う角度から西岡真一議員が取り上げました。

 新型コロナ感染防止の観点から、ということで地域の行事なども中止になっていたり、いわれのない差別や偏見が生まれているが、その背景に、新型コロナウイルスを感染症法でどう位置付けているかによることがあるのではないか、という問題提起です。

 指定感染症法の「2類相当」とされているが、感染力や致死率から見て、そこまでする必要があるのか、ということです。
 保健福祉部長は「致死率でみればSARSが15%程度、MARSが35%に対して新型コロナは約5%とみられるが、致死率だけでは図れない。感染症法での位置づけを3類以下に引き下げる動きもあるが、そうなった場合に強制力のある対応が取れないことや入院治療などに関して公的措置が取れなくなるという懸念もある」との答弁でした。

 率直に言えば、マスクをしていないとかくしゃみをしただけで非難されると言った風潮から見ると、昨今、新型コロナウイルスの特性が見えてきた中で、手指消毒やマスクの着用、3密を避けるといった標準的な対応をすれば、過剰とも思えるようなガチガチの対応をしなくてもいいのではないかと私も思います。

 この議会中も、1人質問するたびに休憩を入れてマイクや座席を消毒しておられますが、新型コロナだけを恐れてこういう対応をするのは、果たしてどうなのかと思えてなりません。今までできなかった手指消毒などを多くの人が標準行動として取り入れるようになるだけでも、おそらく季節性インフルエンザの蔓延もかなり減るのではないかと思います。むしろ逆に、除菌や殺菌ばかり強調すると免疫力の低下にもつながるのではないかという心配もあります。

 そういう心配をする立場から見て、西岡議員の問題提起は、一石を投じるものとして傾聴に値するものだったと思います。
75D4AA3B-4A06-41C2-A950-BAFB815DA372.jpeg

 その西岡議員の質問のもう一つは長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)問題です。
 西岡議員は、フル規格での事業推進を進める立場からの質問なのですが、同じ自民党会派の中でも意見が大きく分かれているようで、長崎新幹線は佐賀にはメリットはない、という立場の方の方が多いと見られます。

 西岡議員は、昭和40年代に新幹線を整備するとした規定方針であり、関西と一本に結ぶことで西九州全体の発展につながるという立場から、佐賀市のまちづくりにおける重要なファクターとして国と県が前向きに協議するように働きかけてほしい、という主旨で質問されました。


 佐賀市の立場は「もともと合併前の佐賀市ではメリットがあまり感じられないことから積極的に考えていなかった。合併後の佐賀市に対して『フリーゲージ方式での整備に協力してほしい』という県からの要請があり、それなら、と応じていたが、『フリーゲージで技術的に大丈夫なのか』という質問もあった(私もそういう質問をしました)。当時は『将来的に技術開発されるとおもう』と答えていたが、結局フリーゲージ方式では断念となった。本当にダメなのかはわからないが、だからといってフル規格での整備ありきで進めるのは筋が違う。県に対して国が誠意を持ってやり取りする必要があると思う」(秀島市長)「ルートも整備方法も何も決まっていない中で将来の佐賀市への影響を考えることはできない。これまでどおり、博多との利便性魅力ある街づくりを磨いていきたい」(規格調整部長)というもの。


 私の周囲の議席からは「佐賀から頼んだ覚えはない」「特急が無くなって高くなるし、市民にはメリットがない」「駅が多過ぎて新幹線にならない」など新幹線に対して批判的なボヤキの声が沸いていました。


 県の商工団体連合会や県議会の自民党県議団からは国と県の協議を要望する意見が出されているようですが、少なくとも佐賀市においては自民党といえどもそれに同意する意見が多数とは思えません。


 昭和40年代に計画された整備新幹線としての長崎ルートですが、経済成長の時期に計画されたことが今もそのまま生きるとは考えられません。
 むしろ、今は頻発する災害に対しての防災・減災事業や老朽化している公共建築物・道路・橋梁などの更新時期であり、また、少子高齢時代でのきめ細かな交通体系の整備など、生活を守るためにやるべきことが山積みで、新たな新幹線やリニアとかオリンピックや万博などといったことに使うお金は抜本的に見直す必要があると思います。
 市長はそういう立場からきっぱりとものを言ってほしいものだと思います。この問題における山口知事の立場は毅然としたもので、正直に筋を通す立場の発言は気持ちがいいと思います。(願わくば、オスプレイでもそういう風にしてほしいのですが、そちらになると途端にテンションが逆になるのは残念です)


#佐賀市議会
#9月定例会
#一般質問
#バイオマス産業都市さが
#二酸化炭素分離回収事業
#藻類培養
#農業に積極的に生かす方策を
#新型コロナウイルスを正しく恐れる
#長崎新幹線は佐賀にはデメリット

【4連休の最後はzoomミーティング@佐賀の障がい福祉を考える会】

 シルバーウィークとも言われた4連休、みなさんはいかがお過ごしでしたか?


 4日の休みといっても、あっという間に過ぎてしまうもので、今日は19時から「佐賀の障がい福祉を考える会」のzoomミーティングに参加しました。


 前回は他の用事と重なって参加できなかったので、今回を楽しみにしていました。


 今日は先般の台風10号で福祉避難所が佐賀市で初めて立ち上げられたことを踏まえて、それぞれの体験や福祉避難所のあり方として望む事、避難するための段取りや避難所情報をわかりやすくする事、など障がいの種類によって違うニーズに合うように、と言ったことが活発に話されました。
77C5BDE7-BAE5-4FEE-9310-E5BCA56BE053.png
8FF9B2A4-3DA8-4AF2-AC08-C03919B7288B.png
E4922A85-906A-44D5-B9D0-813AB49B14E8.png
9FDC7DC9-860A-421D-B22A-41679DE7E99E.jpeg

<出された主な意見>

◯福祉避難所と一般の避難所を明確に分けた方がいいのではないか。

◯台風のような事前避難のできる場合、地震など突発的な災害の場合の避難、地域の避難所をいかに充実したものにできるか、などの角度で考えていく必要がある。


◯避難所の情報ができれば写真や動画でほしい(どういう施設なのか、マットや電源、蓄電設備、ベッドなどどんな備品があるのか、何を用意したらいいのか)

◯障がいのある人が福祉避難所に避難するための段取りをわかりやすくしてほしい。

◯行政としても具体的に福祉避難所の立ち上げや、実際の避難をどうするかなどの訓練をして、課題を洗い出して改善できるようにしてほしい。

◯在宅の障がい者で、ヘルパーや介護者がいない場合、「介護者と同伴で」と書かれていると避難しにくい。その場合の対応策や、避難所には介護できる専門職の人にいてもらいたい。

◯ストレッチャーのような簡易ベッドになっていたが、障害によっては寝返りがうてるような幅や強度のあるベッドが必要。段ボールベッドは幅が広かったが、起き上がるときに力を入れると凹んでしまった。

◯ほほえみ館では発電機もあったが、そこにいた職員の方が使い方がわからないという状態だったので、ちゃんとわかる人にいてほしい。

◯福祉避難所15ヶ所(市の施設)と福祉避難施設32ヶ所(介護施設や福祉施設など)が指定されているが、どこにどれだけ受け入れられるのか、また、介助や介護を必要とする人がどれくらいいるのかを行政として把握して調整できるようにしてほしい。

◯避難行動要支援者の登録と個別支援計画の情報が集められても、それがいざというときどこまで生かされるのかがまだこれからという状態。個別支援計画の内容をもっと現実に沿った具体的なものにする必要がある。

◯高齢者の方に発想が集中しているようだが、介護保険にかからない子どもや若者の障がいある人への対応をもっときめ細かくしてほしい。

◯指定避難所に盲学校、聾学校、肢体不自由などの特別支援学校も加えてほしい。その現役生徒だけでなく卒業生も受け入れて貰えば、慣れたところであり、必要な設備もあり利用しやすくなる。


◯福祉や医療的ケアの必要な避難者を受け入れた医療機関や施設に対する報酬(医療報酬や介護報酬など)を検討してもらえば積極的に受け入れてもらえるようになるのではないか。

◯人工内耳を装着しているが、夜間は外すので全く音が聞こえない、台風10号の時も暴風の音は全く聞こえなかった。避難してください、と民生委員さんに声をかけてもらったが、避難所に行っても聞こえにくく、自分がどこに行けばいいのか、どうすればいいのかがわかりにくかった。情報保障をしてもらうことが必要。


◯台風10号の経験を踏まえて、佐賀市としてもいろいろ検討していくときだと思うので、当会としてもいろいろな障がいの立場から気づいたことについて声を上げ、改善につながるように提起して行こう。


 メンバーの中に難聴の方がおられ、途中で聞こえにくいから退出を…と迷っておられたようでしたが、途中からではありましたがzoomの主催者である鈴木副会長がUDトークも取り入れでくださり、文字情報でも会議ができるようになったのもよかったです。


 活発に盛り上がって、あっという間の2時間でした。今日のやりとりをぜひ、実際に生かせるようにしたいと思います。
65F2E331-E4A0-46B0-AE0B-BE8710005A79.png
CAA0D20D-DA03-41EC-8D33-2C16C6A38E77.png

#佐賀の障がい福祉を考える会
#zoomミーティング
#UDトークも取り入れ
#福祉避難所のあり方
#避難の仕方
#避難情報
#支援を必要とする人の情報を具体に活かす
#個別支援計画をきめ細かに

【月刊「幸せの黄色いニュース」9月号】

 朝夕もかなり涼しくなり、すっかり秋が深まりつつありますね。


 9月も下旬になりましたが、月刊の議会報告「幸せの黄色いニュース」9月号がようやく刷りあがりました。


 まだ9月定例会が行われている最中ですが、9月議会の初めに可決した新型コロナ対策関連の補正予算のことや台風10号での避難所のことなどを掲載しております。



 お手もとに届かない方のためにも、こちらでご紹介いたします。
C65CE8FE-EA21-4C5D-8757-60705D7FFD74.jpeg
E776F27D-E95C-4B4E-8651-EE7E8A52523E.jpeg

#幸せの黄色いニュース
#月刊もあるよ
#2020年9月号
#佐賀市議会市民共同
#山下明子

【9.21世界アルツハイマーデーのオレンジライトアップ@佐賀】

 今日、9月21日は敬老の日でもありましたが、世界アルツハイマーデーということで「認知症になっても安心して生活できる社会」をめざし、認知症に対する正しい知識と理解を広げ、介護家族と本人の支援を考えていくきっかけとする日とされています。


 公益財団法人「認知症の人と家族の会」では全国30数ヶ所で、シンボルとなるような場所をオレンジでライトアップしながらYouTubeでライブリレーする、ということで、佐賀県支部では佐賀大学美術館、吉野ヶ里遺跡など4ヶ所で行うと聞いておりました。
4D3E6D21-ED4A-4D65-8D8C-B539E7B70C53.jpeg

 私も7時半ごろ佐賀大学美術館前に様子を見に行きますと、ちょうど佐賀にリレーが回ってくるところでした。


 家族の会のみなさんや県、市、作業療法士会の方々など子どもも含めて約30人の方が集まっておられました。私も会員のひとりとしてこの場に入られてよかったです。
B39F218E-6EB6-4EFE-A6EC-F90EF8894B3A.jpeg
98EFA548-60BE-43C5-AFED-3B68D15350EB.jpeg

 全国のライブリレーの模様はYouTubeでご覧いただけます。佐賀大学美術館はちょうど1時間のあたりに登場します。

https://youtu.be/Mpl33PM8dmY

845CD1CA-D8D0-4636-B924-3EB07E64225F.jpeg

#世界アルツハイマーデー
#認知症の人と家族の会
#認知症になっても安心して暮らせる社会
#佐賀大学美術館前

【今夜は大雨に警戒を!】

 今夜は大雨による土砂災害が起きる可能性がある、とのことで18時に佐賀市北部地域に警戒レベル3の避難準備・高齢者等避難開始情報が出されました。

 空が真っ黒な雲に覆われてきました。
9035139F-79AA-4A23-BE01-32380AD90312.jpeg

【昨日の一般質問、記事に掲載@オスプレイ問題】

 昨日の一般質問で取り上げたオスプレイ問題の記事が佐賀新聞と西日本新聞に掲載されていました。

 いずれも、一般質問でのことと、本会議後の囲み取材での市長のコメントが紹介されています。

 私も昨日書きましたが、一般質問と記事後のコメントは一体のものだったな、と思います。
5D33736D-4022-4E28-AEC6-29D20AF5E2F3.jpeg
21A5E891-7B72-4B43-8420-5312FEEF21A3.jpeg

#佐賀市議会
#9月定例会
#一般質問
#市民共同
#山下明子
#佐賀空港自衛隊オスプレイ配備反対
#公害防止協定覚書の尊重を
#佐賀新聞
#西日本新聞

【昨日の一般質問、記事に掲載@オスプレイ問題】

 昨日の一般質問で取り上げたオスプレイ問題の記事が佐賀新聞と西日本新聞に掲載されていました。

 いずれも、一般質問でのことと、本会議後の囲み取材での市長のコメントが紹介されています。

 私も昨日書きましたが、一般質問と記事後のコメントは一体のものだったな、と思います。
5D33736D-4022-4E28-AEC6-29D20AF5E2F3.jpeg
21A5E891-7B72-4B43-8420-5312FEEF21A3.jpeg

#佐賀市議会
#9月定例会
#一般質問
#市民共同
#山下明子
#佐賀空港自衛隊オスプレイ配備反対
#公害防止協定覚書の尊重を
#佐賀新聞
#西日本新聞

【やっぱり時間が足りませんでした!@佐賀市議会一般質問】

 佐賀市議会9月定例会の一般質問2日目。今日は4名が質問に立ち、私・市民共同の山下明子は4番目に登壇しました。
56FC03AA-FD83-4BF7-9AE8-C4577E117C55.jpeg
9C9F9C3D-D52E-42D3-BFE6-F20AA4F1ABC7.jpeg
7AF7EEF1-9FB7-47E2-91CF-34E2FC1BB215.jpeg

 もともと新型コロナ対策で盛りだくさんにしていたこともあり、オスプレイ問題や平和行政、本庄こども園(仮称)と4つもあって大丈夫かというところでした。


 その中で、本庄子ども園については午前中に質問された議員と100%内容が重なったので、議場で取り下げまして、全部で3項目になったのですが、それでもやっぱり時間不足となり、最後はかなり大胆に質問を端折ることになってしまいました。
 いかに「答弁を聞いた後に余計なリアクションで再質問をしないように、喋りすぎないように」と肝に銘じていても、答弁のありようによっては流せない時もあり、ついつい「語って」しまう悪い癖が出ました。


 今回は、新型コロナ問題、オスプレイ問題、平和行政の全てにおいて結果的に市長答弁を求めたのが特徴とも言えます。


 質問の詳しいやり取りは別に掲げますが、オスプレイ問題を取り上げると、必ずメディアが市長の囲み取材をするので、質問後に私も市長の「ぶら下がり取材」の様子を拝見しました。


 8月に空港所在近隣の自治会代表が県に対して「漁協だけでなく地元住民にも説明を」と求めたことと9月に入って漁協の中で「まず地権者に優先的に説明を」という方向が出されたことに関しての取材でした。
 私の質問は、あえて地権者の問題には触れず、地元住民への説明という部分に絞ったのですが、市長の考えは一貫していて、「まずは自衛隊との共用はしないという県と漁協との約束事の整理が優先。住民の不安の気持ちも理解できるが、逆にもし住民説明会の中で『協定見直しOK』という声が出されていけば、協定の当事者を差し置いて話が進んでいくことも懸念される」というものでした。
 地権者に関しては、漁協の中での話であり、そこについて市としてコメントする立場にはない、もし、漁協と県との間で協定の見直しなどの動きがあれば、その後に市としてもいろいろ市民の意見を聞く場や市としての検討材料を提示することも出てくるだろうし、いずれにしても、そう簡単に進む話ではない、という趣旨で市長はコメントしておられました。
63A6FF4B-F055-4006-97B4-B9D3E17788F7.jpeg
E2D3A5A8-6309-457A-92FA-15968686B063.jpeg

 一般質問の後は、決算審査に伴う委員会からの付帯意見に関しての協議が行われ、文教福祉委員会からは、障がい者就労支援施設等支援事業についての意見・提言をまとめあげました。
 決算審査の委員会採決は、他の議案と一緒に9月30日に行われる予定です。


#佐賀市議会
#9月定例会
#市民共同
#山下明子
#時間が足りない
#新型コロナ対策
#オスプレイ配備反対
#平和行政

【夜はみないろ会のzoom交えたミーティング】

 夜はバリアフリー映画づくりの「みないろ会」(みんなでいろんな映画を観たいからバリアフリー映画をつくる会)のメンバーミーティングに参加しました。
099F2DAA-DDFB-4F3C-992B-4534E5E05AB2.jpeg

 先月に続いて、会場参加とzoomでの参加で運営され、会場に10名、zoomで6名が集いました。
 しかも、聴覚障がいの方向けに、UDトークを連動させて字幕もついたというナイスな対応で、当事者の方はご自宅からのzoom参加で「聞こえやすいし、字幕も助かる」とおっしゃってくださいました。会議のあり方が毎回進化しているのに驚いています。
4C19F893-7086-4F99-B6CC-A7BB74444377.jpeg
C8E6CC2A-14EF-41BB-9417-88CB44E80238.png


 今回は、懸案となっていた「今日も嫌がらせ弁当」の音声ガイドと字幕について、それぞれ視覚障がいの方、聴覚障がいの方にモニターとしておいでいただき、チェックしていただく「モニター会」から、完成上映会までの段取りを話し合いました。
 モニター会を踏まえて音声ガイドの録音や字幕の手直しをし、コロナ感染が落ち着けば、来年3月末には上映会にこぎつけたいと考えています。


 また、11月ごろに「みないろ会」として正式な総会を開くこととし、そこで提案する規約や財政関係についても叩き台を吟味しました。
6FAB963B-15E8-4516-98A2-28152C6B6861.png
91EC90F3-2FB6-4DD6-BCCE-8A1D354088FB.jpeg

 会場だけでなくzoom参加の方からも活発なご意見を寄せていただき、約3時間の会議が終わる頃にはヘトヘトな感じでした。進行役の南さんには頭が下がります。
B2B4123C-7B8B-41EA-88E1-C70B6B167495.jpeg


 私の担当する音声ガイドのモニター会はさっそく9月中に行われる事となりました。議会中でもありますが、ここを超えなくては先に行けませんので、みんなで乗り越えていきたいと思います。

#みないろ会
#バリアフリー映画づくり
#音声ガイド
#字幕
#zoomで会議

【今日から一般質問@佐賀市議会】

 1日から開かれている佐賀市議会の9月定例会ですが、新型コロナ対策の補正予算の先議や決算の委員会審査を経て、ようやく今日から一般質問が始まりました。

 今議会は27名が質問通告を提出しており、今日は冒頭にコロナ対策の補正予算の採決を済ませてから3名が質問に立ちました。
FB2A2D44-0648-40CB-BA9A-3DBC98C68A64.jpeg

 今日は中心市街地活性化やスポーツ施設の整備、キャンプ場の利用促進、教職員の負担軽減、神野公園の再整備などについてのやりとりがなされました。


 その中で気になったのは、神野公園のこども遊園地の遊具の管理の件です。神野公園は佐賀市の公園で、こども遊園地は観光協会に委託しているということですが、その遊具のリニューアルに関して、「観光協会での協議を見ながら」という答弁が他人事のように聞こえてしまいました。


 昭和39年に開設された時に7つの遊具がすでにあったそうで、それを観光協会からしに寄贈したという新聞記事や観光協会の「あゆみ」の資料も質問の中で紹介されたのですが、市としては「寄贈を受けた書類がないため、その認識はない」という答弁なのです。いやいやいや…そしたら、いったい遊具の所有者は誰で、事故のあった場合の責任は誰になるのか、という問題になるわけですよね。


 以前、神野公園のこども遊園地のリニューアルに関しての質問がなされた時は、こんな面倒なやりとりになっていなかったように記憶しています。観光協会だけでには任されないので、ノウハウを持った民間の知恵を借りよう、という話になっていたのだと思うのですが。しかも、整備不良や老朽化などで事故などが起きたら、市の公園ですから市の責任になるものと認識していたのですが、果たしてどうなるのでしょうか。


 市の財産目録に含まれていない、という話のようなのですが、そこは改めて観光協会にも裏付けをとっておく必要があると思います。


 今日は3名の質問でしたが、一人の質問が終わるたびに「コロナ対策」で換気休憩が入るので、最終的には14時過ぎに終わりました。この換気休憩は、頭の切り替えにもなるので、コロナ関係なしに今後も継続してもらいたいな、と思います。

C742277C-29EF-4327-9C73-055DE2D8BAC7.jpeg
FBDEBF76-5D47-46B0-B836-895260D34A2F.jpeg

 本会議のあとは代表者会議が開かれました。


 明日はいよいよ、4番目に私・山下明子も質問に立ちます。取り上げる項目が盛り沢山なので、いかにスリムにやり取りができるようにするか、というのが工夫のしどころとなりそうです。
ぜひ、傍聴にお越しください。またはケーブルテレビやネットでの中継もご活用ください。(ネットでの動画配信はリアルタイムでの中継以外はおおむね3日後くらいに議会のホームページで見られるようになります)

<山下明子の一般質問項目>

1、新型コロナウイルス対策について〜「コロナ後の社会」のために
⑴くらし・経済対策は十分か
⑵住宅確保支援は
⑶国保税・医療費一部負担金の軽減
⑷障がい者福祉・介護施設や当事者・家族への対応
⑸文化・芸術活動への支援
⑹市民への広報のあり方(インターネット弱者や聴覚障がい者への対応)

2、佐賀空港への自衛隊・オスプレイ配備について

3、佐賀市の平和行政について
⑴終戦75周年の平和展の総括
⑵戦争体験を語り継ぐための動画アーカイブ
⑶ホームページにも独自のアーカイブ設置を

4、本庄こども園(仮称)の設置に関して
⑴地元への説明のあり方
⑵移転後の跡地活用策は
⑶周辺地域の浸水対策は

#佐賀市議会
#9月定例会
#一般質問
#市民共同
#山下明子

【委員会の決算審査が再開@文教福祉委員会はロングラン】

 台風10号接近のために日程をずらした常任委員会での決算審査が今日から再開されました。


 わが文教福祉委員会では、保健福祉部所管の決算で、国保、三瀬国保診療所、後期高齢者医療保険の特別会計、一般会計のうち民生費(社会福祉、高齢者福祉、障害者福祉、生活保護、災害救助)、衛生費(保健衛生、母子保健、健康増進、予防、救急医療対策)に関して審査しました。


 文教福祉委員会はいつもボリュームがあって、当初予算や決算の審査の時は、他の委員会より時間がかかるのが定説です。


 今日は最初の国保などの特別会計の時は、率直にいって私以外、どなたも発言されないので逆にプレッシャーを感じてしまったのですが、一般会計になると徐々に発言が増え、新たな資料要求も重ねるなど、午後からはかなり活発な質疑となりました。


 私は、国保や後期高齢者医療特別会計については、保険税・料の未納、差し押さえの実情や納付相談のあり方などについて質疑しました。


 また、地域福祉に関して福祉協力員やコミュニティ・ソーシャル・ワーカーの配置状況とその活動状況、災害時の避難行動要支援者の支援計画、障害者就労支援施設への支援事業のあり方、障害者地域生活支援のうち意思疎通支援事業(手話通訳・要約筆記派遣事業)、現金支給からカタログ方式に替わった敬老祝い金事業の実情、緊急通報システムの設置・普及の状況、生活保護の訪問活動やケースワーカーの相談体制の実情、生活保護扶助費の実情、休日夜間こども診療所の設備整備、看護師育成支援事業のあり方などを取り上げて質疑しました。


 終わったら17時となり、「やっぱり文教福祉委員会やね」という状態でした。


 明日は教育部所管の学校関係の項目を審査します。


 委員会審査のあと、一般質問のヒアリング (オスプレイ、平和行政、新型コロナ関連の経済対策部分)をこなし、生活保護に関する電話相談を受けて、気がついたら19時。「頭がウニ」の状態で議会を後にしました。
6267CF4F-5C34-4F85-BCB7-A6D907CB185B.jpeg

#佐賀市議会
#9月定例会
#常任委員会の決算審査
#今日は保健福祉部所管
#一般質問ヒアリング
#生活相談
#市民共同
#山下明子

【台風一過】

 昨日の台風10号は、幸いにも予想より被害が少なく、ほっとしたのですが、その後の報道によると、台風の影響が当初の予想より小さくなった理由として、進路が西寄りになったことと、台風9号の力で海水がかき混ぜられ、見込みより早い時点で中心気圧が上がっていったということだったそうです。

 2つの台風のタイミングや風の向きなどが予想通りだったら、やはり甚大な被害が出ていただろう、という報道に触れるにつけ、結果論としてOKだったけれど、今後やってくるであろう台風の規模は、やはりスーパー級を覚悟しなくてはならないのだ…と気を引き締めております。
6D7256D7-B64E-46B0-9CE1-ACFCD1D6B8D2.jpeg

 佐賀市内でも、あちこちで風対策が施されていましたが、「風の通り道」がどうなっていたかによって、思わぬ被害が出ていたり、壊れそうだった空き家がそのまま持ち堪えていたり、と色々なケースを見かけました。
04399ADE-A42A-4419-8FB1-DCF4CD55D4F2.jpeg
E5A048B2-3826-4159-8DD8-583A6D8B7692.jpeg
C8CD77F2-F501-4E70-8CD1-DE322B3D4603.jpeg
49E6DF29-A4D3-47A0-8940-96058AE4FA32.jpeg
A39B1325-1FF7-46A3-9115-A6BBED5EE58C.jpeg
71B8F61C-23DD-42E4-A974-F54280F62A86.jpeg
2E513310-4452-49F1-A573-7511CDDF3435.jpeg
28E1A1CE-DD31-44B4-9D70-DFE6C7BF00AA.jpeg
4E322240-1F2D-4037-998F-6E5E6EDE8095.jpeg
667A2F06-8CC5-452A-BFD7-7950314B4114.jpeg
2DE63CDA-EA22-44B9-BD4A-EA23ECCC74BF.jpeg
3A4BF43F-E006-436F-9329-C000DEE454FB.jpeg
D55217B5-F84F-4B3E-9A9F-8DC0902218D2.jpeg
 
 自然の脅威を真摯に受け止めながら、いかに賢くやり過ごしていくか、という知恵を身につけていかなくてはならないと思います。同時に、倒壊しそうな危険な空き家に関しては、二次災害を防ぐ意味からも早めの対応が求められます。


 今朝は、議会に向かう途中で、以前から屋根に網がかぶせられて、暴風時の倒壊が心配されていたお堂が解体・撤去されているところに遭遇しました。
62048EC3-47DC-427D-B693-EC93B90F7993.jpeg

 「被害は少ない」と言われる中でも、屋根や看板が飛ばされたり、施設園芸のハウスが壊れたりなどの被害を受けられた方々には、お見舞い申し上げますとともに、1日も早く復旧されますよう…。


#台風10号
#予想より規模が小さくなった理由
#今後もスーパー台風への覚悟
#風の通り道
#災害復旧

【防災食ストックのローリング 彩りそうめんのサバの水煮缶添え】

 日頃から防災食として役立つ乾麺やパスタ、缶詰を使ってローリングストックをしていますが、今日もそんなローリングランチにました。


 今日は野菜を練り込んだという彩りそうめんを使って、飲料水タンクに蓄えていた水で茹で、サバの水煮缶をスープも丸ごと添えまして、刻んだ大葉とミョウガをパパッとふりかけ、柚子胡椒を添えたら出来上がり。


 カップ麺よりさっぱりしてるし、塩分も控えめだし、疲れた身体に優しいお気に入りの一品です。
11D1E3ED-1578-4FD5-BB4D-E4726FB2501A.jpeg

#防災食
#ローリングストック
#特別でなく日頃からのストック
#ストック品でお料理
#貯めていた水も有効活用
#5分ちょっとで出来上がり
#ぶっかけそうめん
#鯖の水煮缶

【台風10号の後始末】

 ようやく風が落ち着いてきたので、外から施していた窓の風対策を外すことにしました。


 外さないと、ベランダの様子もわからない状態だったのですが、今回は本当に被害が少なく、水の重石をしっかりしていた物干し竿は無事だったし、風のあたらないように置いていた鉢植えも、一つだけ転がっただけだし、空の植木鉢も散乱というほどではありませんでした。
AE89DA21-4AC9-45F3-B8B8-A13E5CFAC25C.jpeg
97D05AA3-D7BC-4223-894E-53FB8C33D57D.jpeg
53889C48-E1D6-467E-B801-AE224841AD6B.jpeg

 今回はご近所のお力を借りて窓の風対策を施すことができたので、いただいた材料はそのまま丁寧に外して、次に備えることにし、どんな風に止めていたか、何が必要か、などをしっかり記録しておこうと思います。こういう部分では、行きあたってから慌てて調達しないで済むように、ストックを管理しておかなくては、と改めて肝に銘じました。
0FD40FDD-18D7-4E69-9A1A-8212BE0A9B38.jpeg

 食糧や水関係は、日頃からローリングストックしているので、今回はさほど困りませんでしたが、お一人暮らしの高齢の方で、ラジオがないとか昔の懐中電灯のままだとか、乾電池の予備がないとか、飲料水を貯めるボトルやタンクがないとか、そういう事態に直面したので、こうしたことも含めて日頃からの備えについては周りにもお伝えしていきたいと思います。


 というわけで、とりあえず養生テープや風除け網を外し、元の姿に戻った我が家です。
CC4A6BC8-EC58-4BB4-B0F8-CD5886397B1F.jpeg

#台風10号
#佐賀市
#風対策のあと
#日頃の備えは大切
#ご近所の声掛けあいも

【暴風警報から注意報へ 避難所が順次解消へ】

 佐賀市の暴風警報が注意報に切り替わった為、11時45分に避難指示レベルを4から3に切り替え、指定避難所は避難者の状況を踏まえ順次閉鎖とのこと。

 ただし、大気が不安定なため、引き続き気象情報には十分ご注意ください。

#台風10号
#佐賀市
#暴風警報から注意報へ
#避難所情報

【避難所のいま @台風10号の佐賀市 7日10時の情報】

 風雨の状態も落ち着く中、10時時点の避難所情報が送られてきました。
DF03DE32-CC93-427E-9891-05A1E4F15562.png

 避難されていた方の多くが帰宅されたようです。

 なおこの時点でも、まだ被害報告の情報は掲載されていません。


 これからの後片付けなども、どうぞお気をつけて。

#佐賀市
#台風10号
#避難所情報
#議会の災害組織

【一夜明けたら@佐賀の台風10号】

 3時に目が醒めて、6時過ぎまでは暴風の音に苛まれていたのですが、その後、目が疲れてしまったのでホットアイマスクをしてしばらく眠ることにしました。


 疲れていたのでしょうね。目が覚めたら10時でした。どうやら停電にもならず、なんとかガラスも持ち堪えていますが、時折ひどい風が吹くので、まだ窓の保護は外せないままで、開けられないためベランダの様子を直接見ていません。


 なので、玄関側に回ってみました。外に出てみようと思いましたが、また雨が降ってきましたので、断念。駐輪場の自転車は軒並み倒れています。ゴーゴーという音は相変わらずでした。
3E93C3F6-6D91-48E2-9F1B-C2D5D2E02FD8.jpeg
7BAC850A-69B4-4CB2-8380-08DBAE85DD34.jpeg


 みなさまのお宅やご近所は大丈夫ですか?
 避難所などにお泊まりの方は眠れましたか?


 議会からのメール、早朝分はスルーしてしまいましたが、8時時点の避難所情報が流れてきたので、掲載しておきます。この時点では、まだ被害情報は載せられていませんでした。
 これからいろいろと実態が見えてくると思います。
AABA6651-7F61-4C70-875B-5908D2C73527.png
16E757BF-E0B3-4EA9-B2E8-B26613B23D72.png

 まだ風の状態が完全には収まっていないので、気をつけながら過ごしましょう。

#台風10号
#佐賀市
#被害はありませんか
#まだご用心
#佐賀市避難所情報

【佐賀市のこれまでの歴史的な最大瞬間風速は平成3年の54,3m/s】

午前3時半に佐賀市で41,6m/sの風が吹いたというニュースにドキドキしながら、平成3年9月の台風17号では、明け方6時台に54,3m/sの風が吹き、佐賀地方気象台始まって以来の最大瞬間風速だったこと、2週間後の台風19号でも52mと記録2番目の風が吹いたという記事を掘り返しました。


 「体験したことのない最大の台風」と言われる今度の10号台風ですが、今のところ、まだ最大記録までには至っていないということで、このまま過ぎてくれることを祈りたいのですが、それこそますます佐賀に近づく6時台にどうなるのか…緊張します。

BE25A748-7978-41D3-89D2-D8D812581D29.jpeg

#台風10号
#体験したことのない台風
#佐賀市の記録的最大瞬間風速
#平成3年の54m超え

【避難所のいま @台風10号の佐賀市 午後10時時点の避難所情報】

 午後10時時点での佐賀市内の避難所情報が流れてきました。
4A542C8C-6078-4B65-ACB5-2D0C40295F94.jpeg
642B4258-ABEB-4672-AE0A-BAC01D32B1D2.jpeg

 避難所の数は指定避難所49ヶ所、指定外避難所11ヶ所と変わりませんが、避難されている方は8時より若干増えています。


 本日の避難所情報リリースはこれが最後です。


 明日は午前7時時点の情報となります。

#佐賀市
#台風10号
#避難所情報

【避難所のいま @台風10号の佐賀市 午後8時時点で49ヶ所に5071人】

 議会の災害組織より、市の対策本部の情報が送られてきました。
BB4D0E72-D7C8-407F-A3B7-663FE1C48CB1.jpeg
94EA6079-FBA7-403C-807C-884C773E873F.png
650DBB64-598D-46CB-8238-89B1CF0603D9.jpeg

 午後8時時点で、指定避難所が当初の40ヶ所から49ヶ所に増やされ、2,478世帯5071人が避難されています。


 この中で、16時時点の南部地域の4ヶ所に加え、北部の三瀬保健センターも定員いっぱいとなったため、新たな受け入れができなくなりました。それに代わる近くの避難所を案内されているようです。


 福祉避難所への避難者数も増えています。


 また、セラピー犬など、どうしてもペットを連れている必要のある方も、避難所での相談によっては、一緒に避難できるケースもあるようです。


 指定避難所以外の自治公民館などへの避難も16時の6カ所21人から11ヶ所97人へと増え、指定避難所に入れなかった方への受け入れが進んでいるようです。


 暗くなってからの避難は危険ですが、どうしてもご自宅では不安な場合、前もってお問い合わせの上、ご相談ください。

◯問い合わせ➡︎総務部 消防防災課 防災対策係

〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階
電話:0952-40-7013 ファックス:0952-24-3187


#佐賀市
#台風10号
#避難所情報

【明日、7日のゴミの回収はありません】

 市役所からのお知らせです。

 明日、7日はゴミ回収はありません。月曜収集になっている地域のみなさまはご注意ください。
AF540FEF-4BF4-492A-A159-4DA7EA0F6EB2.jpeg

 実は、今日、知り合いのお一人暮らしの高齢の方のお宅に伺ったところ、小さな燃えるゴミの袋を玄関先に置いてありましたので、念のために後で電話したら、「明日はゴミ出しの日だから」と思っておられました。


 暴風の中をゴミ出しに出られませんように!

#佐賀市
#台風10号
#燃えるゴミの回収
#7日のごみ収集は中止

【避難所のいま @ 台風10号接近の佐賀市】

 今日の正午から市内40ヶ所で開設された避難所ですが、南部地域ではすでに定員に達したため16時段階で新たな受け入れができない状況になっているとのこと。


 地元の自治公民館や他に移動できる場所があればそちらを選んでいただくか、もし、お身内やお知り合いで頼れるところがあれば、声を掛け合っていただければ、と思います。
B6F5384E-8295-4214-AE8B-40DA8601CE67.jpeg
00C65DE6-C5AB-407A-B580-0B37E9E81AD6.png
BE891340-98B8-4DDD-9DC3-42E13F264336.jpeg

 午後から福祉避難所となっているほほえみ館や医療的ケアの必要な方向けの電源確保のできる本庁4階の避難所、地元の小学校の様子を見てきました。


 ほほえみ館は福祉避難所となってはいますが、近隣の方もおられるようで、車椅子などケアの必要な方と、一般の方、また具合が悪くなられた場合の部屋などを分けて対応されていました。
BAC11EC6-B147-4AD2-9967-9E20443B00D4.jpeg
D7878AC6-5071-41F3-A82C-2263F1AB2A43.jpeg
8C6B078E-C69B-43FC-A5D1-583F61F70F13.jpeg
20A1A26D-932E-45C0-A21E-81C166D276A0.jpeg
D27ACA93-FCA5-4C11-BBA0-55E3C46949ED.jpeg

 ただ、床に敷きマットということで、土足で往来する地面に近いのは気になります。また、高齢で低いマットでは寝起きがきついという方は、自主的にロビーのソファに休んでおられる方たちもありました。

 透明のエアマットは、1枚では体重が乗ると沈んでしまうので、2枚重ねないときついのではないか、という気もしました。やはりダンボールベッドやそれに代わるベッド式の寝床はもっと用意する必要があると思います。


 本庁4階では、当初ほほえみ館で受け入れを予定していた人工呼吸器や電気式たん吸引器を利用される方の電源確保で、最初に4世帯分のスペースを作っておられ、17時時点で3世帯の方が避難されていました。もし増えたら、最大で8世帯まで受け入れられるとのこと。
C1E5B771-9973-404E-85DC-8C8D170B0C07.jpeg
F08F140E-0AB1-4918-ABEC-6D4659F18C8B.jpeg
6F414067-02D7-4777-A653-C2EDBB3B6D1A.jpeg

 実は、福祉避難所については、これまで障がい者福祉施設を受け入れ先としていて、「元々の利用者がおられるのに、そこにさらに別の方を受け入れできるのか」と実現性に疑問を持っていました。
 今回、医療的ケアが必要な方たちの避難所の問題で、連続して72時間電源が確保できる環境として、非常用電源のある本庁舎が対応したことは良かったと思います。


 そして何より、実際に重装備で避難されている姿を多くの市職員が目の当たりにすれば、何が必要なのかがリアルに見えてくるという意味でも、本庁舎での受け入れは良かったと思います。


 市役所を改築してフローリングの床にしていたことや、窓際にカウンターが取り付けられているので、ポットや介護用品などを置く場所もあって、避難されている方のご家族も「ここなら安心して過ごせます」と喜んでおられました。


 途中で議会事務局に立ち寄って、議員からの要望の取りまとめや執行部から情報をつないでいただいている事にもお礼を伝えました。避難所が増える場合に、さらに派遣をする必要があるから、と待機されていた2名の事務局職員が、ちょうど東与賀での避難所拡大に伴う要請があって東与賀支所(保健福祉センター)に向かわれるところでした。
 

 7日の被害の状況によっては、8日の決算審査再開ももしかしたら難しいケースも出てくるのかも、という気もします。事務局のみなさまもお疲れ様です。
CA84DB0A-1F05-4355-A1A7-76891A0364E6.jpeg
2C9A0AC0-2F49-49F7-A2E5-DD0A2B8D121B.jpeg 


 地元の小学校では、他の学校避難所に比べて30名前後と避難者は少ないようでしたが、市職員が7名スタンバイしておられました。
 地域では1次避難所の公民館では狭いので小学校に、としているのですが、これも普通は体育館が指定されているのが、今回は学校の教室に分散避難となっています。それというのも、体育館にはエアコンがなく、教室にはエアコンがある、ということですが、うちの地元では、女性だけの部屋、ご家族での避難者の部屋、男女混合でも構わない、という方たちの部屋、と使い分けてありました。
83EC44F6-A912-4714-A91D-E925718149A6.jpeg
7C18DFE5-3CAC-4531-A21F-99159E1E881D.jpeg
1D087C80-4824-4432-86DC-CC37E661B9BA.jpeg
6F6E26D6-051A-4915-B402-A2DF2E139C32.jpeg

 そういうわけ方ができるのはいいのかもしれません。ただし、全体を把握するのには、1階から3階までフロアが分かれているので担当する職員の負担にもなるのかな、と思います。


 また、避難者の中でリーダーさんを作って、というような避難所運営訓練のようには現実にはいかないのかも…と感じました。これも、日頃からの地域ぐるみでの意識づくりが大事ではないかと感じました。

 もうひとつ気づいたのは、学校の教室を避難所としている場合、停電時の対応などの装備がほとんどされていないということです。体育館は2次指定避難所となっているので、それなりに防災備蓄を進めているのですが、毛布や防災食料品などは教室廊下に揃えてありますが電源関係では対応されていないようだというのがわかりました。


 ちなみに、学校の避難所で賄えなくなった場合や、学校が再開された場合の移動先として、1次避難所の公民館ということになるのを見越して、公民館にも職員が待機されています。


 ただ、それが公民館の主事さんとは限らず、行政職の担当職員が派遣されていて、今日は各公民館に1名ずつ待機されているということでした。たまたまうちの地元では主事さんが市の行政職員なので、そのままでよかったのですが、場所によっては全く公民館とは関係ない方が張り付いていなくてはならず、その方にとってはアウェイ感満々ではないかと心配します。



 今日も、学校の避難所で「あぶが飛んでいるから殺虫剤か何かあれば」と相談があったのに対し、学校担当の職員さんが公民館の主事さんに相談して貸してもらったという場面がありましたが、一時的な職員さん貼り付けだと、そういう臨機応変な対応がしにくいかもしれない、と思いました。


 ちなみに、うちの地元は昨年の8月豪雨の時に一部床上浸水したこともあり、今日は夕方から止水板の取り付けと土嚢を並べる必要があったそうで、当番の主事さん一人でそれをやってのけたそうです。
 そういうことを考えたら、やはり地元の主事さんと応援の行政職の複数体制にすべきではないか、という気がしました。
62A591AB-46B0-4A46-88A3-2D82808DA530.jpeg
596DEDB3-2B8F-49A7-AE93-A7BB23861570.jpeg
CAEAEBD1-802C-4320-AB94-C635187354DE.jpeg

 ということで、6時過ぎになったので「そろそろ議員も自宅に帰った方がいいですよ」と促され、帰宅の途につきました。


 避難所や自宅外に避難されているみなさま、家族から離れて職場や避難所などに待機されている職員のみなさま、どうぞ明日までご安全に!


#台風10号
#佐賀市
#避難所
#福祉避難所
#72時間の電源確保
#学校の避難所
#体育館にもエアコンを
#公民館
#公民館待機職員は複数で

【佐賀市の避難所、正午から受け入れ開始  人工呼吸器などの必要な方は本庁4階へ】

 いよいよ正午から台風10号に備えての避難所が開設されました。

 今回は、公民館ではなく、各校区の小学校体育館などが開放されていますが、もし、そこで収容できなくなった場合は、公民館に行っていただくこともあり得ます。


 また、福祉避難所としてはほほえみ館、東与賀保健福祉センター、春日公民館の3ヶ所を開放していますが、人工呼吸器や電気式たん吸引器などの電源が必要な方は、当初予定していたほほえみ感ではなく、市役所本庁4階で受け入れることになりました。必要な準備のうえ、介護者とご一緒にお越しください。
01141A00-1C7A-4304-839D-1C296034E058.jpeg
8DE70B24-FB14-4EAD-9462-5BAE7FDA36D2.jpeg

 午後になって風雨が強まってきました。


 避難所や安全な場所への避難は、明るいうちにお済ませください。
AD35F221-6665-425F-BB32-EF5BC8844AAB.jpeg
DDDB4DA1-822F-497B-9292-183738BE5C17.jpeg

#台風10号
#佐賀市
#避難所
#命を守る

【台風への備え その2】

 台風の風に備えて、ベランダの鉢植えや、飛んでしまいそうなものの固定、という話がありますが、我が家には盲点がありました。


 さっき、養生テープのお礼に上の階の方のところに行ったら、ゴミ箱と自転車を玄関ポーチの中に入れて固定されていました。


 そういえば、前に大風でゴミ箱が散乱したことがあったのを思い出しました。


 玄関は北側にあって、全体のフェンスもあるし、と部屋の前に自転車を置いていたのですが、これが倒れてはいけない、というのも気が付きまして、さっそく私もゴミ箱と自転車の固定をしました。
0ED3E2EC-2106-4727-B8A2-294B9C07C48A.jpeg

 アパートの横などに自転車を置いていらっしゃる方も、どうぞお気をつけて!


 昼過ぎまでは晴れていたのに、作業をしていたら、どんどん空が暗くなり、雷も鳴り始めて、土砂降りの雨が降り出しました。


 ええ…っ、明日からひどくなると思ったのに、もう来ましたか?


 様子を見ながら、対応しましょうね、みなさま。
7B22C334-F47D-4747-B0B3-385A14E47FE7.jpeg

#台風10号
#防災対策
#風対策