【マイナンバーカードへの大いなる疑問】

 マイナンバーカードの普及について、今日も一般質問がなされました。

 私はマイナンバーが通知された時点で郵便物を受け取りませんでしたので、自分ではマイナンバー自体を知りませんし、税の申告をはじめ様々な届け出の際も、別にマイナンバーを記入しなくとも特に不便なく過ごしています。

 しかし、新型コロナウイルス対策での特別定額給付金支給や今後の医療保険との紐付けなど、マイナンバーカードの普及が進まざるを得ない状況が作られています。
 全国的にも、佐賀市でも、この数ヶ月で前年に比べて4倍近いカード申請が行われているとのこと。佐賀市としては現在のカード取得率18%を今年度中に28%にしたいとの目標だそうです。

 今日の昼休みにもテレビで「便利だからぜひ勧めた方がいい」という流れでの情報番組が報じられていましたが、「個人情報をいかに守るか」「プライバシー保護の観点から避難行動要支援者のリストも共有できない」「同窓会名簿も作らない」といっている人々がいる一方で個人の医療や薬剤情報まで丸ごと1枚のカードに紐付けされていく流れがどうして平気で作られていくのだろう…と疑問に思えてしまいます。オンライン決済でなりすましによる被害が報じられているというのに…。

 台湾や中国で、新型コロナウイルス感染予防対策で個人の行動がビッグデータに読み込まれたり、給付金支給がスピーディに行われていることをもって、日本でもぜひ、という論調が強まっていますが、一方で中国の監視社会を非難するという動きもあるわけです。

 それに、マイナポータルによって5000円のポイント還元というのも、民間がやるならまだしも、行政が行うのは平等性において問題ありと思います。

 いつだったか、「新型コロナ対策を契機にあまりにも簡単に個人の監視社会への移行を受け入れているのではないか」と警鐘を鳴らす記事を見た記憶があります。
 そういう観点からの議論が深くなされないまま、利便性が強調されるだけでマイナンバーカードの普及が広がっていくことに、嫌な感じを持つ今日この頃です。
50625CFE-574C-40D7-9F4C-E7E3456453DD.jpeg

#マイナンバーカード
#利便性か監視社会か
#私は自分のナンバーを知らない
#知らなくても生活に不便はない

"【マイナンバーカードへの大いなる疑問】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。