視察研修先のお褒めの言葉と議会改革検討会

総務委員会の所管事務調査が予想以上に早く終わってしまったので、13時半から予定されていた議会改革検討会までまとまった時間が空いてしまいました。


とはいえ、その間に所属委員会の連絡事項など、事務局や執行部とのやりとりが結構ありまして、あっという間に時間は過ぎて行きました。


ちなみに、昨日の(株)会議録センターの方と事務局画像担当の方とが今朝、お礼の電話のやりとりをされたそうですが、それによると、これまで多くの議会の研修を受け入れてこられたそうですが、たいていは「ほうほう…」と聴いておられるだけなのが、佐賀市議会の広報広聴のメンバーが、みんな食いつくように話を聴き、時には合いの手を入れながら研修を受けていたことに感心されたとのこと。


それから、随行の事務局職員の方と議員との関係があまりにもフランクだったことにも他の議会と比べて驚かれたそうです。たしかに、佐賀市議会事務局職員の方は、他市議会の方から羨ましがられているとききます。議員の側からもサジェスチョンを求めたり、視察に行った時に事務局からも質問をしてもらったりすることもありますし、結構率直な物言いをお互いにしているので。
そういうところは今後も大事にしたい部分です。


視察研修先の態度をお褒め頂き、広報広聴委員会としては嬉しい限りです。あとは研修の成果を実物の議会だよりに反映させることが最も大事ですね。


さて、午後からは議会改革検討会で議会基本条例の条文ご画像との検証作業で、前回に続き条例後半についての検証協議を行いました。


議会基本条例を制定して10年目になりますが、改革検討会でじっくり検証するのは改選前に続いて2度目です。改選前は2年に一度の検証を、としていましたが、実際にやりながら感じるのは、改選直後に議会基本条例の研修をきちんと行うこと、それに基づき日常的にどう具体化していくかを意識すること、気づいたことを随時反映させていくことでいいのではないか、ということです。


いずれにせよ、改革検討会があったから日常的に議会基本条例を意識して考えることができるのだという意見も出され、私も全く同感でした。

今日の話し合いの結果を各会派に持ち帰って、今後の運営の方向も決めていくことになります。

#佐賀市議会
#広報広聴委員会
#視察研修先からのお褒めの言葉
#議会改革検討会
#議会基本条例

"視察研修先のお褒めの言葉と議会改革検討会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント