【さよなら原発 300回目の金曜アクション】

毎週金曜日の夕方、県庁前の楠の栄橋で「さよなら原画像発佐賀連絡会」で続けてきた金曜アクションが300回目を迎えました。


今日は久々に30名ほどの参加者となり、訴えにも元気が出ました。


東日本大震災・福島原発事故から7年経ってもなお原発の炉内の全容が掴めず、4万数千人の方が故郷に帰れぬ日々を送っておられるというのに、原発を将来もベースロード電源として位置づけ再稼働に躍起になっている政府に憤りを感じます。


福島の事故の全容解明とすべての原発を安全に廃炉に導くための研究をこそ急ぐべきであり、福島原発事故によるすべての被災者の生活と心のケアを誠心誠意取り組むべきです。そういう社会とそういう政治をもとめて、これからもアクションに参加し続けます!


#さよなら原発
#金曜アクション
#300回
#これからも諦めない

"【さよなら原発 300回目の金曜アクション】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント