茅ヶ崎で自由に意見交換

画像
茅ヶ崎市議会では、平成23年度から議会基本条例が施行され、その任期中に「請願や陳情の提出者が希望すれば委員会で趣旨説明ができるようにする」「常任委員会や特別委員会の他に、全員協議会や広報広聴委員会も公開の対象にする」などの改革を重ねながら、それらの根拠規定となるような項目を加えるなどの条例改正に取り組んでおられます。


通常は議会改革や基本条例に関するテーマでは、議員が対応されることが少なくないのですが、今回は議会事務局のみなさんが説明をしてくださいました。



佐賀市議会が平成21年に議会基本条例を制定して以来、ようやくこの間、条例の検証作業に入っているのに比べると、なかなかテキパキとした対応になっているように感じました。


質疑では、請願と陳情の取り扱い状況、政策提言に向けた委員会での政策討議、一般質問や議案質疑、代表質問のあり方など、多岐にわたる質問がなされ、茅ヶ崎市と佐賀市の議会の慣習の違いなどをふまえながら、お互い自由に意見交換ができました。


質疑応答のあと、今年1月に庁舎を建て替えたばかりの議会フロアを見学させていただきました。
この中で、ちょうど居合わせた日本共産党議員団の控え室にもご挨拶をすることができました。28名中2名の議員団で、中野幸雄議員(右)、沼上徳光議員(左)のどちらも昨年4月に初当選されたばかりです。沼上議員のお父上は湘南地区委員長で私がFacebookを始めて間もないころからのFB友で、今回、茅ケ崎に向かう、と書き込んでいた時から話がつながっていました。昔では考えられないことですね。

画像
画像
画像
画像

"茅ヶ崎で自由に意見交換" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント