3・11から3年~講談師・神田香織講演会故郷フクシマを語る

画像
女性講談師・神田香織さんが佐賀にやってきます。
神田香織さんは1954年、福島県いわき市生まれ。舞台女優を経て1980年に2代目神田山陽門下となられました。
2つ目以降ジャズ講談や一人芝居の要素をとりいれた独自の講談を次々発表し、講談の新境地を切り開いておられます。

1986年「講談はだしのゲン」公演で日本雑学大賞受賞、89年に真打ち昇格、2002年「チェルノブイリの祈り」を発表。戦争や防災をテーマにした社会派の講談を数多く演じておられます。

今回は「3・11から3年~故郷フクシマを語る」として、「チェルノブイリの祈り」などの講談の抜き読みもあるそうです。

◎3月27日(木) 14時開演
◎願正寺(佐賀市呉服元町)
◎チケット 大人 1500円、学生 1000円(当日は500円増し)

◆主催 講談師・神田香織 講演会実行委員会
◆お問い合わせ 佐賀中央法律事務所 0952-25-3121

"3・11から3年~講談師・神田香織講演会故郷フクシマを語る" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント