【ちょっと波乱の11月定例会、終了!@佐賀市議会】

 改選後初めての11月定例議会が無事に終わりました。

 今日は、子育て支援の臨時給付金の追加補正議案が提案されるということで、9時から議案勉強会が開かれ、質疑が交わされました。

 本来なら議場で行う質疑も、この勉強会に代えるという位置づけになっていたので、この議案についてはこの場での活発なやり取りとなりました。

 18歳以下の子どもへの特別臨時給付金10万のうち、5万円分については定例会初日に補正予算を議決しており、今回は残り5万円分を当初予定されていたクーポン形式ではなく現金で給付する、ということで、すでに児童手当支給世帯に対しては、初めの5万円は21日には振り込み予定であり、残りの5万円も27日に振り込む見込みなど迅速に対応できること、事務的経費も現金給付の方が軽減されること、という理由が示されました。

 多くの自治体が、このように現金給付を採用することになると思います。これなら最初から現金給付で対応すればよかったものを、文字通り国に振り回されたと言わざるを得ません。

 なお、児童扶養手当支給以外の16歳から18歳の子ども、公務員の世帯については、申請により年明けの1月以降の振り込みとなる予定です。

       ※ ※ ※   ※ ※

 10時からの本会議では、冒頭に子育て支援部長から「12月3日の山下明子議員の一般質問での緊急保育に関する答弁で、実態にそぐわない部分があったので発言の一部を削除したい」との申し出がありました。これは、私の質問を契機に、緊急保育についての佐賀市の対応のあり方を問う新聞記事が出たことを踏まえ、取材記事の内容と部長答弁に実態との乖離があるという声が議会内で問題になったことが要因でした。

 私としては、保育の問題だけでなく、どの現場でも、必要な人が誰でも安心して頼れるような仕組みと環境が整えられることができれば、という思いなので、実質的に今後に生かされていくことを願っています。

 このあと、各常任委員会からの議案審査に関する口頭の補足報告が行われたのち、最初に提案された21議案の採決に移りました。

 私は職員の期末手当引き下げに関して、定例会初日に引き下げ条例に反対したこととの関係で、「賃上げの流れに逆行する」という立場で、期末手当ての引き下げ分を反映した人件費削減を含む一般会計と国保特別会計の補正予算の2議案について討論し、反対しました。

 その後、子どもへの臨時特例給付金の補正予算と監査委員の選任案が追加提案され、これについては全会一致での可決となりました。

 ここで、またもやちょっとしたハプニングが。

 いつもなら、議案の採決に関しては事前に議会運営委員会が開かれ、賛否の確認と採決の方法が協議されます。ちなみに佐賀市議会では、賛否が分かれる議案については起立採決を行い、全会一致の場合は「異議なし」という簡易採決を行うのが通常の習いとなっています。

 起立採決の場合は、賛否の状況によって「起立多数により可決」あるいは「賛成者少数により否決」とい議長宣告が行われます。

 ところが、子どもへの臨時特例給付金の補正予算については、緊急の追加提案であり、開会前の議案勉強会を踏まえ、全会一致でいけると思われていたのですが、議運での確認をしていなかったからか、丁寧に「起立採決」となりました。全員起立したのですが、「起立多数」という議長宣告がなされまして、一瞬、「誰か反対した?」という感じで辺りを見回す議員も少なくない状態となりました。しかも、直前に、補正予算議案への反対討論をした私に視線が寄せられてしまいました。いやいや、私も起立しましたけど…。

 実は、以前、佐賀市議会では起立採決の際に「出席議員◯名、賛成者◯名により…」と人数を報告していたので、後で会議録で賛否の状態をおおよそ確認することができていました。

 しかし、その人数確認作業が議会事務局職員の負担になるということで「起立多数」「賛成者多数」などの表現に変更されました。その代わり、議会だよりの中で賛否の分かれた議案についての各議員の態度が掲載されるようになりました。

 そういう流れがある中で、「起立多数」という議長宣告がなされると、賛否が分かれたような印象があるのではないかしら…と、私の周りの議員の中でソワソワと話が広がり、誰か議長に訂正を求めた方がいいのではないか…という空気が広がりました。

 その間にも議事が進んでいき、いよいよ最後に「会議録作成のために字句等の修正に関しては議長に一任を」という議長の発言に入るところで、「あっこさん、あんた言って!」との声に押され「議長!」と手を挙げてしまいました。

 議長の指名を受け、自席から「先ほどの子どもの臨時特別給付金の補正予算は起立採決の結果、全員賛成だったので、『起立多数』ではなく『全員一致』とする方が会議録としてもわかりやすいのではないか」と提案しました。

 議場からも「賛成」との声もあり、堤議長もこれを受け入れていただき、無事に修正されることとなりました。

 ということで、なんだか細かい話になってしまいましたが、今議会は初日の条例議案への質疑と討論に始まり、最終日の討論と自席からの動議など、最後の最後まで、何かと発言してしまう羽目になりました。

 改選後、初めての定例会は、新しいメンバーでいろいろ刺激も学びもあるものとなりました。ひきつづき、市民のみなさまの声を聴き、市政に届けてまいります。みなさまのご支援をよろしくお願いいたします。

52ADB9DA-8D34-471D-B6AD-EF97855601B8.jpeg
5BA5FAF1-360B-4429-A347-170E386AA533.jpeg
349170C9-E325-461A-B536-DF244F09BD72.jpeg
1BA39B28-343E-4B1A-BF27-6EEADA6EE0EB.png
7FDB5270-6438-4B38-B2F8-85AE7E79790B.jpeg

#佐賀市議会
#11月定例会
#住民こそ主人公
#市民共同
#山下明子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント