【ワクチン接種】

 「ワクチン、打った?」という質問は、かなりデリケートな問題をはらんでいます。

 ワクチンは義務ではないし、いろいろなリスクを考えて打ちたくない人もいれば、逆にいろいろなリスクを考えて積極的に打つことを希望する人、打ちたくても体質上打てない人、などがおられるので、積極的に話題にするのも何だかなあ…とは思っていますが、とりあえず、今日、1回目のワクチンを打ちました。

 65歳以上を対象としていた6月頃は、佐賀市では集団接種会場がガラガラで「周りの高齢者の方で希望される方にはご案内ください」と協力を呼びかけるメールが議会事務局から送られていたのですが、ワクチンの調達が全国的に厳しくなったら一転して状況が変わりました。

 7月初めに64歳以下が対象になったときの申し込みではすっかり弾かれてしまい、7月下旬にようやく個別接種でお願いできたのが9月11日でした。

 ところが、この頃、総選挙との絡みで市議選告示の日程が10月10日なのか3日に繰り上げられるのかが微妙な時期でして、9月11日に1回目を打ったら2回目は10月2日になるため、下手したら告示前日になるかもしれない…ということで、あらかじめ申し込んだ個別接種とは別に、それより早い日程で打ってもらえるならば、と、7月末の集団接種予約日の正午を期してパソコンに向かったのでした。

 ですが、9月11日より早い日程での申し込みは第3希望まで全て3分で瞬殺でした…。

 こうなったら、市議選の日程が当初予定通り10日告示になることを祈るしかない…と思っていたところ、幸いにも10月10日告示・17日投票で行われることが正式に決まりました。

 ということで、今日は粛々と1回目のワクチンを打っていただきました。

 打った時はなんともなかったのですが、なんだか、腕の奥に鈍い痛みがずっと残る感じですね。こんな調子だと、2回目はどうなるのかしら、とちょっと不安ではあります。

 ちなみに、2回目のワクチンは必ずしも3週間後でなくとも、6週間以内であれば効き目がある、と聞いていたので、市議選をまたいで2回目のワクチンを後にずらしてもらうことができるかドクターに聞いてみました。

 結果は✖️でした。

 3週間目の同じ時間を前提に予約を確保することにしているそうで、もし、当日、体調不良などでキャンセルが発生した場合、別の人をそこに入れ込むことはできるけれど、キャンセルした人自身の2回目のワクチンがいつになるかは保証できなくなるのだそうです。

 ワクチンの打ち方が、インフルエンザのように1人1本なら問題ないのに、6人分1セットという仕組みが柔軟性を失わせているのだなあ…と思います。
 が、仕方ないので、10月2日に向けて体調を万全に整え、ビクビクしないでおおらかに2回目に立ち向かうように頑張ります。
2990A47B-2D21-4ABE-B398-6F5BF940ED6B.jpeg
#新型コロナ
#感染拡大防止
#ワクチン接種

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント