【バリアフリー映画の基礎をあらためて学ぶオンライン研修会@「みないろ会」】

 夜は、「みないろ会」でバリアフリー映画に関するオンライン研修会が行われました。
8B99653F-85FC-45D9-BEE1-6367BF7D595B.jpeg

 みないろ会として取り組んできた「ひいくんのあるく町」(音声ガイド)「今日も嫌がらせ弁当」(音声ガイド&字幕)に続く3作目の制作を前に、初心に帰る意味もあってのことです


 講師は、東京北区田端の「シネマ・チュプキ・タバタ」を拠点にバリアフリー映画づくりを展開されているシティライツの平塚千穂子さん。

 視覚障がいのある方でも映画を楽しめるように、と音声ガイドづくりに取り組まれた草分けの存在の方です。
3F2D7339-6545-4ABC-A41A-9C0569743AB4.jpeg

 シネマ・チュプキ・タバタは小さな映画館ですが、座席そのものに音声ガイドを聴ける装置を組み込まれているとのことで、わが「みないろ会」代表の森きみ子さんは、音声ガイドのついた映画がまだ普及していなかった頃、観たい作品のためにわざわざ上京してシネマ・チュプキに出かけていたそうです。


 そういうつながりもあって、森さんを通して平塚さんにオンライン講師を引き受けていただき、音声ガイドや字幕の制作の基本的な考え方について、あらためて学ぶ機会を持つことになりました。


 音声ガイドも字幕も、視覚や聴覚に障害をもつ方のためのものなので、台本作成や録音などにあたっては必ず当事者の方の意見を聞きながら行うのは当然ですが、だからといって「ひたすら解説すればいい」というものではなく、映画の作品性を尊重したものでなくてはならない、と強調されました。


 その上で、当事者を置き去りにしない表現方法を磨くことが大事で、映画を作品として読み解く力量が求められるとのこと。


 また、台本づくりと音声ガイドの収録、編集などの一貫性も大切にすべき、とのこと。みないろ会では全員参加のために、作品を細分化して担当を決めたりしてきましたが、見る側にとっては、落ち着いて鑑賞できるようにすることが大前提なわけです。
76F67E2B-150B-4383-92D5-E37D62954351.jpeg

 事前に、昨年制作した「今日も嫌がらせ弁当」の音声ガイドと台本を平塚さんにチェックして頂いた上での研修だったので、具体的なアドバイスもいろいろ頂戴しました。


 たとえば「美しい夕焼け」などの表現について、「美しい」=どんな様子なのか、具体的かつ客観的に伝わる工夫をすること、なるべく作品の時間軸に沿って表現すること(先読みした表現でなく)など、今後に活かすべき注意点が見えてきました。


 後半は字幕制作についての話でしたが、編集機材やソフトの話が多く、こちらはワタシにはついていけない部分が多く、頭がショートしそうでした。


 秋以降、新作のバリアフリー映画制作に取り掛かる上で、貴重な学びの機会となりました。

#みないろ会
#バリアフリー映画
#シアターシエマ
#シティライツ
#シネマチュプキタバタ
#音声ガイド
#バリアフリー字幕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント